メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

ジュビロ磐田-湘南ベルマーレ @ ヤマハスタジアム / イケムラレイコ“PIOON”展 @ ヴァンジ彫刻庭園美術館 / Hostess Club Weekender @ 新木場スタジオコースト

J2天王山。ジュビロ磐田-湘南ベルマーレヤマハスタジアム

J2天王山、ジュビロ磐田-湘南ベルマーレヤマハスタジアムでした。ジュビロを見るのは前節の岐阜戦以来ベルマーレを見るのは昨年の平塚での対戦以来。今季一番の相手を迎えるカードなのに前売りあんまり伸びてないかなーと思ってたけど(アウェー側は売り切れていたけど、ホーム側は。)、なんだかんだ久々にバックスタンドの通路に立ち見が出る盛況ぶり、ベルマーレサポも本当に一杯で、すごく良い雰囲気の中での天王山!(しかし開始15分ぐらいになってもバクスタ裏の売店の並びが割とあるのが気になった…(笑)このキャパ入った時の捌き方を忘れてしまったのか)

今季ベストの内容、クオリティのゲームも、悔しい敗戦。

ジュビロのスタメンは前節と同じで、八田、駒野、藤田、駿哉、宮崎、フェルジナンド、祐希、松井、山崎、ポポ、前田。前節の岐阜戦があまりに快勝過ぎて、試合開始から相手がギアを上げて前からプレスにきた時に失点しないかが一番の心配だった。実際相手の前からのプレッシャーに対し祐希が何度か中盤でボールを失ったものの(交代の原因はこれか)、それでも全体的には相手の運動量や当たりに対抗できていて、攻撃面でもポポが左サイドをフリーで突破するシーンや(切れ込んでシュートが読まれ過ぎてた…)、山崎も深い位置まで切れ込んでシュートを放つシーンがあり、悪い内容ではない――それどころか、相手のクオリティや、満員に近い(実際は13,000人なので8割ってところだけど)スタジアムの雰囲気からして、この時点から今季のベストゲームだなこれは。と思いながら見ていた。

1失点目は左サイド深い位置でファールを与えたところから、陣形が整わないうちに(集中が切れているうちに)早いリスタートをされ、どフリーのヘディングを八田が一度は止めたもののもう一度詰められて先制。後半にフェルジナンドのワールドクラスのスーパーミドルで追いつくも、その後セットプレーからのオウンゴールで、1-2で敗戦。うーん。難しいな…、とても悔しいし残念だけど、正直今季一番気持ちの入った良いゲームをジュビロはしたと思った。前からプレスに来られて前半早々にあっさり失点し、試合全体で完全に走り負けてた山雅戦と違って、今日はまだ走れてたし球際で負けてなかった。前田や山崎も守備で走れてたし、松井も見るからに気合い入ったプレーぶりだった。

けど、勝てるチーム…今のベルマーレは少しの気の緩みを突いてくるし(1失点目)、そういう隙を見せる守備力だから今のジュビロはJ2に居るわけだ。相手の巧さ以上に、やはりそれがジュビロの弱さなのだ。オウンゴールが不運かどうかはわからないけど、その後のベルマーレ…勝ち続けられるチームには「ちゃんと試合を締める」力がある。惜敗だったといえば惜敗だし、完敗だったといえば完敗。…それでも今季一番締まった良い試合だった。だからなんか清々しい悔しさ。今日みたいな試合が出来れば次ベルマーレとやるまで負けない!――と思えるんだけどそこで楽をしちゃうのが今のジュビロな気はするけど…。

まあ細々とした文句を言えば、ポポの当たり外れが完全に宝くじだってことと(笑)、金園入れてのパワープレーが機能しないなーってことと(山雅戦では結果的に1点差に詰められたんだけどねー)、1失点目のシーン…ああいう場面で駿哉も藤田も足止まっちゃう。そんな場面をこの3年ずーーっと見てきてる。結局そこまでだってことなのかなあ…?と思ったりはする。プロでJ1クラスでやっている選手なんて全員がスーパーな選手だと思うんだよ。僕には死ぬまで理解できないことだけど、でも多分あそこで無意識にクリアにいけるかいけないか、勝手に身体が動くか動かないかが、一流かそうでないかの差なのかもしれない。それはトレーニングの差なのか、メンタルの差なのか…それはわからないけど。

ベルマーレは前からの守備も激しいし、ボランチに対して囲むのも速いし全体の戻りも早い(フェルジナンドのゴールのシーンも、トップスコアラーであるウェリントンが身体を当てに戻ってきてたんだよ。良い選手だわー)。まあ良いチームだったよね…。そして本当にサポーターも大勢だった。さわやかがベルマーレサポだらけだったということで。おつかれさまでした。絶対8月の平塚で借り返したい。でも1年ちょっと前はヤマハで4-0だったんだよね、このカード。そこからお互いメンバーが殆ど入れ替わっているかと言えば、そうでもない(こともない?)。あの頃のベルマーレはきっとJ1に対して引いた気持ちがあったんだろうし、それに対し今は自信に満ちている。つくづくサッカーはメンタルだなあ、と思う。

余談ですが、この日小田原の金券ショップで、まさに今日のベルマーレサポのためにあるような激安の新幹線きっぷが…(小田原-掛川で2,400円…!)。今回は熱海から休日乗り放題きっぷ、日曜は高速バスで帰京の予定だったけど、そのきっぷ買って行程を変更した(笑)あとJ2順位表を見ながら。前節ギラヴァンツジュビロに次いで山雅も撃破したのかと思ってたら、その2チームの下の4位。強かったのねー。ジュビロは湘南、山雅、北九州、岡山、大分…とプレーオフ圏内の上位相手には1つも勝ててなくて、それ以下相手にしか勝ててなくて2位。リーグ戦ってそういうもんだけど…うーん、頑張れ!

イケムラレイコ“PIOON”展 @ ヴァンジ彫刻庭園美術館


この日は試合前、三島で途中下車して(清見寺庭園と迷って…県内は結局行けていない場所が多い!)、イケムラレイコ“PIOON”展@ヴァンジ彫刻庭園美術館へ。ヴァンジへ来るのは2年ぶりでした。この日は曇りで富士山はのぞめなかったけど、やっぱきれいな場所。お目当ては勿論この企画展。

この展示、(僕が静岡の美術館行き始めてからは初めて)街の他のスポット…三島や沼津のカフェや雑貨店やホテルにも、関連展示として他のアーティストの作品が展示されたりしていて。その中に川内倫子さんの写真もあったりして、すごい良かった!



電車まで少し時間があったので、源兵衛川を歩く。三島に来ると毎回見たくなる風景。


次の帰省は8/3の山雅戦のつもり。その次週は福岡アウェーだから、ひたちなかは行くなら8/2の初日かな…と思いつつ、博多は4月に割とちゃんと滞在したし行かなくてもいっかーって気持ちにも多少なっている。飛行機高そうな時期だし、どうせ9-10月に長崎熊本大分があるからねえ…。そう思って調べたら、8/9-10週の福岡行きの航空券はLCC含めもうすでにどこもバカ高い。

新幹線の回数券は使えるけど(11日から使えなくなる)、2万だったら航空券と同じ。土日使えば18きっぷで(試合開始までに)博多に行ける、けども…。ひたちなか、面子的には8/9が一番だよなあと思うとその前週はちゃんと帰省できる気がするし、サマソニがこの週なら大阪寄り道して行けたのになあとも思うし、でも別にそうじゃなくてもサマソニ大阪行ってみたい気もするし…。とか考えてると結局そこまで自由な身な気がしてくるし。行きづらいと思って色々調べていると、せっかくなら行きたくなる…。

6/22 Hostess Club Weekender @ 新木場スタジオコースト

帰京して、Hostess Club Weekender@新木場STUDIO COASTCat PowerCloud Nothingsを見ました。キャットパワーは昨年フジロックでも見たけど、クラナシは見ていないので初見。ドラムがすっごい迫力あった!帰ってきて久々に変な耳鳴りがしたのはクラナシの爆音のせいな気がする。そしてトリのキャットパワー。ライヴの最後に赤い布?をひらひらさせて…「キォシオ!」って言ってて、うん?なんだろ?と思って、場内が割とノーリアクションだったんだけど、本人もそれを感じたのか日本人スタッフを呼び寄せて何やら話している。もう一度発した言葉は、「イマワノ、キォシロ!」。あああ!それか!赤い布はそういう意味か!と辻褄があって、場内からは大きな拍手。キヨシローのこと知っているんだなー。

※W杯のことも一緒のエントリに書いちゃおうかと思ってたけど、それだけでも結構な長さだったので別エントリで…