メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

大分旅行(3)。大分の城下町の古い町並みを巡る。杵築のサンドイッチ型城下町 / 日出の城下町と松屋寺庭園(雪舟庭) / 竹田の城下町 / ブンゴ・アート・トレジャーなど

大分旅行その3・大分県の城下町の古い町並み編です。その2・別府と大分のアート編はこちら

杵築。全国で唯一の「サンドイッチ型城下町」を巡る。



杵築の城下町の町並み。「豊後の小京都」。大分空港から比較的近いので(といってもバスで20分ぐらい?)、今回最初に行った場所。全国で唯一の「サンドイッチ型城下町」と言って、中央の谷を挟んで左右の高台に城下町(武家屋敷)が形成。雰囲気の残る坂にまずぐっとくる。まず、上の写真のエリアが「南台武家屋敷」エリア。そして下の写真が「北台武家屋敷」エリア。



北台武家屋敷エリアから、お城から離れる方角へ歩いていくと遊郭跡があります。「近藤家」として観光マップにも載っている和洋折衷な建物も元妓楼。(だったかな?)調べると明治時代からの建物で、昔の著名なオペラ歌手が幼少期暮らした場所でもあるそう。

武家屋敷の町並みもさながら、高台への坂の雰囲気や武家屋敷に挟まれた谷にあたる商人街も、お城からは離れた場所にある寺町も、河に面した住所が「魚町」のエリアも、それぞれに町並みが残っててすごく歩き甲斐あって楽しかった…。前週のジュビロマラソンから患った膝の炎症で沢山歩くのはなかなか辛かった(特に坂が多くて!!)けど、歩いていて楽しい町だった。


お城(復元天守)の近くもなんとなく往時の面影を感じられます。



長昌寺庭園


杵築は立派な城下町だけあって庭園も幾つか残っていた。その中でも最も立派なのが、長昌寺庭園。江戸時代初期に作庭された枯山水庭園。市の指定名勝。想像していたより大きく、そしてきれいに整備されていた。築山の茶室の場所がいいなあ。
oniwa.garden

日出。城下町と松屋寺庭園(雪舟庭)と的山荘庭園




杵築から少し別府寄りに移動したところにあるのが、日出の城下町。目的は後述の雪舟の庭園なのですが、来てみたら城下町だった。日出城跡は櫓とかは無いけど、立派な石垣が海岸沿いに造られている。こんな海に近い城址は初めてかも…(高松城以上に海沿い!)。なお「日出」という駅があるけど、最寄りはその隣の暘谷駅。「ようこく」と読むらしいです。これは知らないと読めない!当初は電車で杵築駅から暘谷駅へ――と考えていたけど、杵築のバスセンターから日出まではバスの路線もあったのでそれでの移動。

松屋寺庭園(雪舟庭)


日出・松屋寺庭園。雪舟の作庭とされている庭園で、これが日出に寄った目的でした。雪舟は明から帰国してまず大分に滞在したとのことで、その際にこのお庭は造られた。今までも幾つか雪舟作庭とされている庭園を見たけど、雪舟庭園の中でも最も初期のお庭。だから福岡や山口、島根の庭園ともまた雰囲気が違う。保存状態の問題もあるけど。比較的近い英彦山の庭園群の雰囲気とは近いかな?宝物殿には雪舟水墨画もあった(あと秀吉の朝鮮出兵に関連したものも沢山)。雪舟の庭園は島根〜山口〜福岡に集中して多いので、京都の芬陀院って本当に雪舟庭なのかなと思うぐらい浮いた場所にあるんだよなあ。
oniwa.garden

的山荘庭園



日出・的山荘庭園。的山荘そのものは国の重要文化財で、大正時代に建てられ昭和天皇が宿泊されたこともある数奇屋風の豪邸。その庭園も広大だし、海から沿った斜面や海の眺めも素晴らしい。名勝指定とかはされてないようだけど、こんな町にこんなに素晴らしい場所があるんだ!?と思う程の壮美さ。観光マップに記載はされているけど、目玉という感じではなかったのであやうく見逃すところだった!
oniwa.garden

竹田。城下町の町並み







豊後竹田の城下町の町並み。竹田は大分駅から豊肥本線で一時間ぐらいで、滝廉太郎の出身地として有名。さっきまでの杵築や日出と違って山側の城下町。岡城という山城跡がある(行かなかったけど)。城下町っぽい駅舎からは滝も見える。そして↓が武家屋敷跡の町並み。少し汚いぐらいの塀が時代とリアルさを感じさせてとても良い。1時間ぐらいの滞在でバタバタだったし、豊後竹田には(駅から遠いけど)「ラムネ温泉」という藤森照信建築のかわいい温泉があるので、そちらにもいつか行きたい。

ブンゴ・アート・トレジャー

大分×アートで今回巡ったのがJR九州の「ブンゴ・アート・トレジャー」。キャビンカンパニーの絵のかわいさは、アート目線でなく子供もワクワクできそうで、すごく良いなあって思いました。(ラッピング列車は見れなかったけど…!聞いたら延岡の方へ行ってた…宮崎県じゃないか)

大分編はここまで。行ったことのある中津、湯布院、豊後森、日田には行かなかったけどそれらにもまた行きたいし、今回行けなかったけど大分には臼杵という城下町もある。地理的な不利さによるものかもしれないけど、残って欲しい風景が沢山ある。大分アウェーと大分旅行、また来たいから――トリニータも頑張ってほしいなあと思います。

九州旅行はまだ続きます