メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

瀬戸内国際芸術祭2016 秋会期へ行ってきた。小豆島後編(土庄本町〜土庄港)〜直島編

瀬戸内国際芸術祭2016、小豆島後編〜直島編です。前編はこちら

小豆島・池田港エリア

078「Someone's Coming!」ポーズ・アンド・ラオ


草壁港から土庄港方面へのバスに乗車…するも、乗ったバスが土庄本町は経由しないことに気づき池田港で降車。次のバスを待っている間に池田港の唯一の作品をばたばたと鑑賞。

小豆島・土庄本町エリア

土庄郵便局舎アートプロジェクト


071「つぎつぎきんつぎ」岸本真之

073「大岩島2」大岩オスカール


072「迷路のまち~変幻自在の路地空間~」目

「目」の作品、時間の都合で2箇所あるうち片方しか寄れなかったんだけど、超楽しかった…!迷路ってワクワクするし、家の中をあんな風に動くって無いから面白かった。

土庄本町の町並み(迷路のまち)



土庄本町には「迷路のまち」と言われる複雑な区画の町並みが残っている…もうそういうの歩きたいに決まってるじゃん…!と思って来たものの、フェリーの時間が迫っていたので歩き切れなかったのが残念なことこの上ない…!瀬戸芸関係なくまた来たいなー。でも「目」の作品も大岩オスカールさん作品も素晴らしかったし、土庄本町でバスを下車した甲斐はあった。

小豆島・土庄港エリア

土庄本町から土庄港へは徒歩15分ぐらい…走って10分ぐらい。向かっている途中レンタカー店の前でアジア系の観光客が止まって写真を撮っていて…なんだろう…と思ったら、マリオカートに扮した女性3人組が!小豆島にはこんなサービスもあるのかー。今回は本当にアジア系の観光客が多かったけど、瀬戸芸以外にもこうしたレジャーがあると楽しめるよねえ。

070「アートノショーターミナル」コシノジュンコ/アトリエオモヤ



069「太陽の贈り物」チェ・ジョンファ

写真では何度も見ていたチェ・ジョンファの作品。スタート感もゴール感もある。予定通り14時15分の直島行の高速船に乗船。で、「月曜日は直島は施設休館日なんですが良いですか?」ときっぷ売り場でも案内されたんだけど、意外と乗客が少なかったのはその影響なのかそれとも単に平日だからなのか。

直島・宮浦港エリア

てことで直島へやってきました。施設休館日だとしても「直島をレンタサイクルで走る」という行為が自分にとってはとてもトリップ感があることなんだよね(逆に休館日だったお陰でベネッセハウスエリアに乗り入れ出来たのがラッキー!)。直島を自転車で走るのは3年前の瀬戸芸以来です。

001「直島銭湯I♥湯」大竹伸朗

005「直島パヴィリオン」藤本壮介

直島・本村港エリア

本村港に新たな(不思議な)建物が建設中(ターミナル)。今回の瀬戸芸合わせではなかったのかな。

014「はいしゃ / 舌上夢 / ボッコン覗」大竹伸朗

家プロジェクトも休館日。ざんねん。

007「直島ホール」三分一博志

いつのまにこんなおしゃれ建築が!(昨年できたそうです)

008「ANDO MUSEUM」安藤忠雄

011「南寺」安藤忠雄

休館日なので中のタレル作品は見れません。

010「護王神社 / アプロプリエイトプロポーション杉本博司

本村の町並み



何度か来ている直島だけど、これまではあまり町並みの写真は撮ってなかった。町並みに興味持ち始めてからは初めて…ということでそんな写真も今までより多めに。文化遺産オンラインで見ていると登録有形文化財長屋門なんかがあったりする(「碁会所」の向かい)。

直島・ベネッセハウスエリア

ニキ・ド・サンファル


パーク棟に泊まったのももう5年近く前になるのか。余談ですが「ベネッセハウス 一人」(1人、ひとり)でググるとこのブログのエントリがトップに引っ掛かります(笑)また泊まりたい…けど、次は誰かと行くまで泊まらない、と決めてその兆しが見えません。



蔡國強「文化大混浴」


021「彼方の気配」戸髙千世子


直島それ以外


直島小学校・中学校ってあんなおしゃれな校舎だったっけ?これも3年の間に改築したのかな。

ということで約2時間、直島を自転車で走り回って終了。レンタサイクルを返して17時のフェリーで高松へ戻る。これで僕の今回の瀬戸芸は終了――ああ寂しいな!最近は色んな芸術祭があるので「なんかちょっとアート熱が落ち着いてきたかもなあ」と思っていた――のだけどやっぱ瀬戸芸は別格に楽しいです!作品のクオリティが高いのはもちろん、島を巡るという行為が楽しい――なんだろう、多分やっぱ育った場所的に島というものが珍しいものだからというのと、瀬戸内海の風光明媚な景色がそうさせるのか――。今回は小豆島以外は「行ったことがある島」ばかりだったけど、次回はまだ行ったことがない島へ行きたいな。

ちなみに瀬戸芸は高松の栗林公園でも作品展示があり、翌日は栗林公園へ行きました。まあその作品展示と関係なく栗林公園の再訪がしたかった――ということで、旅はまだ続く。次のエントリから西国庭園巡りが始まります

romitou.hateblo.jp