メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

雨は名ばかりの月の雫だから 今日は星が見えないんだろう

こんなキーワードが出来ていた(笑)あれ?僕のこの間のが無いぞ?と思ったらそれ以降に出来たのか。でも案外これって渋谷系世代じゃない人の方が使いたがったりしてません?僕は確実に渋谷系世代では無いし(やや若さをアピール)、このキーワードの含まれる日記から見た人も、渋谷系世代どころか僕より幾つ下だって人が居ますし…(僕ももう若くないってことか…)。

つーか、この年代じゃ周りは普通にもう小沢健二知らないんじゃないか…?と思いながら今「小沢健二の含まれてる日記」見たらまだ結構あるんだなと思った。でもまあなんと言うか…好きなアーティストを幾つか挙げるとすれば真っ先に上がるのはフリッパーズ(小沢、小山田のソロ含め)って感じにはなるんですけど、でもフリッパーズや小沢が僕の「青春」だったかと言うと確実に「否」だ。青春よりはちょっと後。

台風は西日本だけ抜けていくのかと思っていたら、東側にどんどん向いてきているようで…水曜日の天気が暴風雨だ。今年今までに来た2回の台風は直撃するかと思ってたら結果東の方へ抜けていったのですが、これはどうなるんだろうなー。関東はそれどころじゃなく大雨だったみたいですが…。

先日バックアップを取ろうと思ってCD-Rを漁ってる最中に、2003年の終わり頃か2004年の初め頃に作ったCDが出てきた。多分友人に「今年(去年)はどんな曲が良かった?」みたいな会話をして、聴かせるつもりで作ったCD。聴かせたかは覚えてない(手元にあるってことは聴かせなかった気がする)のだけれど、「ギタポギタポしてるなあ」と思って。

01. Roger Nichols & S.C.O.F - Don't Take Your Time
02. Fantastic Something - The Night We Flew Out The Window
03. Cymbals - Show Business
04. Kahimi Karie - One Thousand 20th Century Chairs
05. Crooner - Love Makes The Sunshine Bright
06. Neil & Iraiza - Age 8 And Up
07. Pendletones - Problems
08. Crooner - Spend This Lovely Day With Me
09. Beezewax - Dyning To Hit That Note
10. Wannadies - You And Me Song

11. Phoenix - Too Long
12. Neil & Iraiza - Wasted Time
13. Ivy - Streets Of Your Town
14. Starlet - Late March
15. Gomes The Hitman - Calorina
16. Gallygows - All About You
17. 小沢健二 - 天気読み
18. Pizzicato Five - Questions
19. Manou - L'eminent Meconnu
20. Gomes The Hitman - 雨の夜と月の光

20曲で70分ちょい。今じゃ1曲で15分近くある曲が一つあるから(笑)、似たようなのは作れないなあ。昨日蒸し暑かったので、今日は涼しげに、軽い気分で…とか思い、これを行き帰りに聴いた。雨も結構降っていたし、"天気読み" "雨の夜と月の光"が良かった。しかしピチカート、カヒミ、小沢と入っていてこれで「僕は確実に渋谷系世代では無いし」って書くのも変な感じなのかも(笑)

んで、久々にmonoblogを見たら、山田氏はライブで"天気読み"をカバーしてたんですね!いいなぁ。そして今日の日記に「気晴らしに外に出たところでadvantage Lucyのふたりにばったり」と言う記述があるのですが、ふと思った。「誰と誰だろう」と。ま、もう2005年の今なのでどの二人だろうが良いんですが、99年頃にこういう日記がポッと出たら、あれだよね?あらぬ様々な憶測等を呼ぶ可能性は充分あったんじゃないだろうか(笑)

山田氏は一応アーティスト側の人間なので、まぁそれとはちょっと違うんだけど…最近ジュビロ絡みでも、ブログの何気無い日記から発展してる事件?がありますよね。ブログはアクセスが増え易いし、検索で引っ掛かり易いからなあ。やっぱ、書いていいこと/悪いことってあると思う。ああいう類のことじゃないけど、やはり内容にはある程度気を付けなきゃなって思います(そこまで気を遣っても無いけど)。僕も色々声を大にして言えないことってあるし。

今日のタイトルは行き帰りにも聴いたゴメスの"雨の夜と月の光"より。最近聴いてなかったけど、やっぱ良い曲だなあ。2002年の半ば〜2004年の半ば頃まで、プレイリストを作る時は必ずこの曲を最後の曲にしていたような印象がある(リピート再生するから、最後の曲であり、次の始まりの曲でもあって)。明る過ぎない、軽快なピアノとギターのカッティングが雨に合う、本当に絶妙なバランスのポップソングだと思います。

このブログ以上の自己満コンテンツであると思われる(どっちもどっちか。)、My CD Listを色々更新しました。感想ではなく、中身の部分。…感想も進まなければPHPも進まないし、今後一ヶ月はもうそれどころじゃなくなるでしょう。全部きれいになるのは一体何年後だろうね(笑)以下は更新情報にも書いたのをコピペ。どっちに書こうが同じですけれども。↓

    • -

■作品詳細のページの「(アーティスト名)のその他の作品」に加えて、「(アーティスト名)がコメントに含まれる作品」を追加。例えば、Grapevineの"退屈の花"のコメントに「"君を待つ間"がMr.Childrenっぽいと思って。」と言うような感想を書いているのですが、Mr.Childrenの作品の詳細を見た時に、「コメントに含まれる作品」として"退屈への花"へのリンクが出来ているような感じ。

■前々からやりたいと思っていた、売ったCD用の区分を追加(同時にこの区分の切替ページを裏に追加)。この区分にフラグが立っている場合はもう持っているCDとみなしていないので、「全件数にもカウントされない」「頭文字別の一覧ページに表示されない」「Title Listにも表示されない」風になっています。

感想を消すのがもったいなかったのでこういう区分を持たせるようにしたのですが、よってデータ自体は消していないため、作品詳細ページ自体は存在しています。これはArtist Listからのみ行けるようになっています(アーティスト別一覧ページには表示される)。でも作品詳細ページでは「*この作品は売ってしまった為、現在手元には有りません。」と言う風に表示を加えました(フラグが立っている場合)。

■あと、作品詳細ページのコメントの欄、アーティスト名が含まれていた場合はリンクになるようにしていますが、元々あまり良い出来ではなく。「なんではてなのキーワードってあんなに上手くキーワードがリンクされるんだろ?」と思ってたんですよねー。「キーワードを長さ順にソートしてからループで置換え処理掛ければ、少し近付くかな?」と思い、その処理を加えました。

フィールドの長さ順にソート…と言う処理が僕の知識では出来なかったので(ActualSizeはRecordSet抽出後に使用出来るものだったので、駄目だった。配列にしてソートって案もあったのですが、ASPだと配列のソート関数って無い…?)、新たにアーティスト名のサイズ用のフィールドを持たせることになったけど…。←しかもこれ、作品毎に持たせてるのですっごい無駄。アーティスト名用のテーブルを作ってそっちにこのサイズも持たせて、このテーブルとメインのテーブルと絡ませるのがベストなのですが…変更箇所が多すぎるのでやめておいた。

■あとだいぶ以前ですが、画像のURLをAmazon以外のものを登録した場合に各一覧画面で上手く置き換えられていないバグがあった(エラーとしては出てなかったけど)ので、それをいつだったか修正しました。そんな感じかな。

    • -

それにしても自分のことながらソースが汚い!でもまだオブジェクト指向よりはこっちの書き方の方がしっくりしちゃってる部分はあるんだよなぁ…。PHP始めた頃からの課題ですが、クラス難しいです。構造が複雑になると駄目だ(笑)でも、オブジェクト指向でクラス理解しながら書いた方が絶対ソースも流れもきれいになるんだと思う。