メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

Yesterday Went Too Soon

タイトルを考えるのが面倒だったから最新の日に全部書くことにする。

日曜はなんだか身体の疲れが半端無く、13時間半眠った。12時間以上眠ったのは久々な気がします。起きてからもなんか疲れて何もする気起きず…。眠っている間の夢はよく見る方なんだけれど(見ない日の方が珍しい。覚えてる時、覚えてない時とあるけど)、それって眠りが浅いってことなのかな。元々よく眠る方だけど、6時間では十分とは言えないぐらい。

この日も長い長い夢を見ていたけど、最後の方に見たのは何かの野外ライブへ行った夢。ステージが、腕を掛けられるぐらいの近さ&低さ。出てたのが、ミスチルミスチルをこんな距離で見られるなんて有り得ないから(笑)もしかしたら、つま恋のような景色だったかもしれないし、RIJFのLAKE STAGEのような景色だった気もする。

アンコールの2曲目で何故かピチカートの"Questions"をやって(笑)、でもその前の曲との流れが素晴らしくって物凄い涙腺を刺激されてた夢だった。そういえば何日か前もミスチルのコンサートへ行ったような夢を見て、"Tomorrow Never Knows"に超感動したような夢を見たなー。夢日記とか書こうと思えば書けるんだけど、高校生の頃ならともかく今書いてもね(笑)

Feederのタカ、「トップランナー」に出演。そして単独公演決定!
と言うわけで見ましたよ。フジロックの映像あったね。僕がFeederを知ったのは多分初めてフジに出た頃。アングラ系音楽サイト(Gomes The Hitman七尾旅人を好きになったきっかけのサイト)で、イギリスにそういうバンドが居るってのを知ったんだった気がする。

ジョンの自殺の話のところは切なかったなー。僕はこれはHMVで何かの雑誌を見たんだったかな…。フジの感想の時にも書いたと思う…と思ったら書いてなかったけど(笑)、Feederを見ているとバンドをやりたくなる。デートコースとかタヒチとかは、どれだけ好きでもそういう感情は起こらないから。やっぱ、ロックバンドが好きなんだと思う。

ところで菊地成孔氏の速報の中にある「*地上派1、衛星1と、国○放○局様より番組出演のオファーが来ております。」は、多分トップランナーなのではないかと思ったり思わなかったり。デートコースに関しては「初の「完全シークレットギグ」を年内に2回ほど行うことになりました。」となっているけれど…地方人には正にノーチャンスで残念なり。1月のは行けたらいいなあ。

最近何故か"青い空"を練習している。誰かと合わせるわけでもなく…でも友人も曲も全然分かるはずだし、久々にスタジオ入りたいなー。なんかこう、結構久々に最近はよくギターを弾いている。あ、結局昨日のMステは見てません(録画予約せず)。どうだったのでしょうねー。「くもり」が「くるり」に見えた。

Swedish Style
今年は11月なんだー。例年と同じ10月中旬までだったら無理だなって思ってたので(←まぁ別に今までも日程だけ見て別に行ってないんだけど)、ナビスコ決勝とかぶるのならちょっと興味あるなーって。

で、今日(13日)に借りたCD。Grapevine "Deracine"、くるり "青い空" "スーパースター"、サンボマスター "世界はそれを愛と呼ぶんだぜ"、ブサンボマスター "言いたいことも言えずに"、なんばあきひろ "夢よ、舞いおどれ!"(正式タイトルなんだろこれ)、Bagdad Cafe The Trench Town "Everything"、野宮真貴 loves m-flo "Big Bang Romance"。

バインは予定通りとして、くるりは「最近練習している」と書きつつも原曲が実はあんまり覚えていなかったので、確認。ついでだから新曲も。サンボは…元々は後者を借りるつもりで(笑)、ついで。難波氏のはこっちはあるんだけどTYUNKはレンタルに無いです。Bagdad〜は…Wack Wack Rhythm Bandとごっちゃになってたかも(笑)

で、m-flom-flo自体が…「良いんだけど、興味はそんなに無い」って感じでずっと来てたので、借りるのは(TAKU TAKAHASHIのソロワーク除けば)"Come Again"以来ぐらい。そんでまぁ、今回に関しては後期Pizzicato Fiveファンとしては借りるしかないでしょう!出来も超期待通りで大満足。C●psuleよりピチカートっぽい感じ、そりゃそうか(笑)m-floにはありがとうと言いたい。

あと今日は…CD屋さんで元Cymbals土岐麻子の初の?オリジナルアルバム、トルネード竜巻のシングル、シガー・ロス(2度目。買えよ!)を試聴。土岐さんのはね、個人的な感覚としては…物凄く小沢健二の"球体の奏でる音楽"と重なった。1曲目が"ブルーの構図のブルース"っぽかったのかな…。カバーアルバムはあんまりしっくり来なかったんだけれど、これは良さそう。…買うには高いんだけどねえ。

トルネード竜巻はようやく試聴出来たって感じですが、やっぱいいなー。個人的には"パークサイドは夢の中"の方が好きですが、こっちも…切なさ、ポップ感、繊細さ、ギターの歪み具合、なんか絶妙のバランスなんだろうな。好きとしか言えない(笑)レンタルに無いかな…(前回"パークサイド"を借りたところには置かれないようです…)。シガーロス共々、欲しいのは欲しいのですけどね。

今日は主にこの間買ったスキャフルを聴いていた。"Save You Love"は勿論として、"We Are The World"とか素晴らしいですねー。あまり懐かしいとか言いたくないな。今日は本当は過去の色々なアルバムも借りようかと思ってたのですけれど、旧譜かと思ったらそうではないアルバムが何枚かあったので見送り。そんな感じかなー。あ、タイトルはFeederを好きになったきっかけのアルバムタイトル。

広告を非表示にする