メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

先の知れた未来を信じたくなくて少しだけあがいてみる

タイトルはMr.Children "未来"のワンフレーズ。今年の夏、J-POP/ROCKで聴いているなぁって印象がある曲は、bloodthirsty butchersの"7月"と、この"未来"。2年前の曲で出た当時はそんな好きでもなかったんだけれど("ランニングハイ"が一番好きだった)、なんかこの夏になって急上昇。別にap bank fesで聴いたからではなく、それ以前からよく聴いていたし前回帰省に友達と行ったミスチルオンリーのカラオケでも、唯一歌ったシングルA面曲が多分この曲だけだったんだよね。と言うのも、歌詞が今の自分をすごく投影出来るからなんだと思う。最後に"自分を信じたなら ほら未来が動き出す"って前向きになれるところもそうかも。

新しい順に。金曜、また親会社の人たちとフットサルをやった。神宮だったので外苑前まで行ってタクったんだけれど、普通に大江戸線で行けばよかったし、むしろ青山一丁目で良かった。夜とは言え蒸し暑いのでまた尋常じゃない汗をかいて、最後は左足をつって交代したんだけれど(笑)当然、楽しかった。でももっと足を止まらないようにならないとな、とはすごく思う。親会社の新人くんの急にボールが来た感じの低いクロスをダイレクトで決めたのは気持ちがよかった。身体はフジの時の方が切れていた気はするけれど長時間やったので数字はそこそこ。

今回うちの会社からは参加が少なかったんだけれど、でもやっぱこういう機会は(サッカーありきでも)嬉しいもので。でもなんか僕も少しずつ物怖じしなくなってきているなぁって思う。当然もう何度も話している人も居るからスッって入っていけるようにはなっているんだけれど…それでも以前だったらなんかそれも出来なかったと思うからねぇ。そういう関係の構築も出来なかったと思うし、今なら一人でも行けると思うけど以前じゃ絶対無理だったと思うし。

基本、ここまで自分から人に話し掛けること自体考えられないことで(笑)ましてや親会社の新人くんとこんな風に会話するのも考えられなかった。ていうか色んな要素的には立場は正直向こうのが上なのに(笑)、でもやっぱ相手は年下、新人だから敬語じゃなくてタメ語で話すようにしていたりするし、それを意識出来るのも意識して出来ているのも僕としては有り得ないことだと思うんだよ。これはちょっとした自分内革命が起きていると言っても過言ではない(笑)

すごいちょっとした事なのだけれど、親会社の新人くんに名前覚えられてたのは嬉しくてね。チーム決めの時「じゃあ、○○さん」って言われて「あれ、マジで?名前知ってたんだ」みたいに思って。頑張って走り続けるだけで足元下手ですごく申し訳無いんだけれどさ(笑)言う程体力あるだけでもないしさ(笑)いやでもほんと良いクロスありがとうと思うし、何より覚えてくれてありがとうだよ(笑)何より感謝しているのは、繋いでくれている主催の人…これはフットサルだけじゃなくボウリングや野球もなんだけれど…本当にありがたい!

でもほんと僕も変わってきている・(意識して)変わろうとしているとは思うし、それは移転や親会社さんとの繋がり、そして年下の人間の存在というのはすごく大きいと思う。自分が居易い環境にする為には知っている人を増やすこと。その為には覚えてもらうこと。関わる時には出来る限り明るいとか良い印象を残すこと、その為には笑顔とよく話すこと、振ること、よく聞くこと。壁をなるべく薄める為に敬語じゃなく、なるべくくだけた話し方にしよう…とか。あとは年下よりは年上から声を掛ける・反応して気遣ってあげることだよな、とか…。

僕は結局あんまりまともに人生歩んで来れている人間ではないし、人間性も良くはないから自然とそれが出来る人間ではない。でも結局、ポジティブな事柄が繋がっていってくれた方が…単純に「そっちの方がいいと思う」から。だからある程度ロジカル?にでも、そういう事を意識出来るようになったなぁと思う。当然他にも要素があって、自分が“もし”遠くない未来に転職するとしてね。25近くになって(以前の21の頃の僕のように)年下、後輩に壁作っちゃう人間であれば、要らないなぁと思ったんだよね。それ変われないとどこへ行っても、何歳になっても同じ。

やっぱ僕は今後東京圏に居られることを保証されているわけではないからさ。自分のVer.をアップデートしていけなければ残れなくなってしまう。そういう意味で、“良くなる”要素のことは少しずつ近付いていきたいときっと身体が自然に思っていて、そう動けるのかもしれない。変われなければ、残れない。この間「生き残ろうとして動いている」なんてこと書いたけど、それに繋がるかな?もし、親会社で比較的親しくさせて頂いている人に…明るいとか話す人とか思われていたら操作成功だよ(笑)でも覚えてくれていたことが本当に嬉しかったし、なんかほんと…それでもう東京来て十分満足だなーみたいなところもあったりする(笑)

フットサルの前である本日昼間は某大手ポータルというかYahoo!さんに初めてお伺いしたんですが、そこの受付でバッタリと最近よく連絡を取っているレーベルの方と会ったりして。「なんか後姿が似ているなぁと思って」。すごいよね、こんな風に知っている人に会えるんだよ。僕を知ってくれてるんだよ。本当にさ、有り得ないよ(笑)Yahoo!の方とこんなレベルの打ち合わせが出来るだなんてことも思いやしてなかったし、こうしてまた知っている人が増えた。すごいことだ。

誰の記憶にも残らない程鮮やかに消えてしまうのも悪くない――なんて歌を聴いて育ってきて、本当にそう思っていたのもほんの何年か前だ。でも今はせっかく生きているんだから、覚えられたいし名を刻みたい。せっかく東京に来ている(そしてきっといつまでも居られるものではない。それは当然、何もしなければさ。)のだから尚更そうだ。そうなっていくには、どんどん良くなっていかなければいけない。良さを理解してもらえるようにならなければいけない、良さを理解してもらうには、自分が対・相手の良さを理解してあげられるようにならなければいけない。何でもそうやって連想していけばベターな答えに辿り着くもの。

フットサルに関してはそんな感じで…いやでもなんだろね、今度はバスケもやるみたいな話をしてて、僕ってそういうの参加したがるんだけれど、全く以って僕は運動神経が良い方ではないんだよね。むしろ全然悪い方。子供の頃とかは足もかなり遅い方だったしさ。でも元々長距離は比較的得意な方で。走り続けるのは…苦しいけど(笑)、気持ち的に苦にならなかったし、だから野球もサッカーもバスケも大会終わりとかまでずっと続けられて楽しかったし楽しみ。

センスが悪くても、練習で鍛えられるものは鍛えられる。走りをサボろうとは思わなかったから、バスケで背は伸びなかったけど(笑)、切替えの瞬発力は絶対あそこですごい伸びたし、多分短距離で足が速くなり始めたのもその辺から。野球も、筋力はつかなかったけど守備やミートは鍛えられたものだし、自分は何を伸ばせばよいかって、なんだかんだで努力したんじゃないかなぁと思うよ。走ることに関しては楽をしようと思わなかった。さすがに今の歳ではバテるのが早くなってしまっているけれど、バテていればそれはチャンスなのだから。僕はそれしかない。

最終的に一番足が速くなったのは高3の時、初めて6秒台を出したのかな。6秒幾つだっけ。高校の時は一切運動はしてなかったけど毎日アホみたいなスピードで朝自転車をこいで且つ校舎の階段を走って登っていたからね。多分そこで鍛えられたんだ(笑)そしてそういう走ろうと思う気持ちが続き易いから、フットサルも結局走りメインだからやっていて楽しいし(まぁ結局多分Mなんだろうけど)、ボールの扱いも上手くなってきている実感はすごくある。ルックアップしながらのドリブルとかキックフェイントとかさ、そういうレベルからなんだけど(笑)通用するようになると楽しいから、つい公園で一人でボール蹴ったりしてしまうのだ。んで、ちょっと良くなるとやっぱ分かってくれるからね。嬉しい。原点。

まあそんな感じでね…次回のサッカーもバスケも野球もほんと楽しみで。仲間とワイワイ出来るのも当然楽しいし、気が滅入り易いと言われるシステム屋としては(僕も身をもって体験しているというか今も消してそういう要素が消えているわけではきっと無いので)気分転換としてこういうの超重要。締め切ったオフィスで悶々と仕事し続けるより、こういうところへ参加していきたいと思うし、でもほんと僕は移転してよかったなって思う。限られた人数の中で人が減っている状況だけに包まれるのと、こうして新たな出会いがあったのとでは全く違ったと思うから。本当にこういう機会には救われているし、これがあるから頑張れているようなもの。

木曜は今の会社に入った時の元々の部署のメンバーで、1年以上ぶりに会う方含めての飲み。懐かしかったけれど変わっていなくて、本当に楽しかった。この2人の存在はやっぱり大きかったなぁ。懐かしい人と会って、懐かしい駐輪場、懐かしい井の頭線の0時過ぎの電車、井の頭公園からの道と…なんかちょっとしんみりしてしまったけれど、(上で、年下と関わるようになって変わった。良くなっていると思う。みたいなこと書いているけれど、)でもやっぱこの人たち、年上に囲まれている方が楽というかホッとするなぁってのはあった。

だからこのメンバーの中では結局のところ僕はそんなに変わっていない(笑)もっとこういう大人の社会人に囲まれて仕事したいよなぁみたいなのは少なからずあるよ。どうしたって。年上年下、社員非社員、学歴だのなんだの「相変わらずコンプレックスが多い人間だね」みたく言われるような人間だから(笑)、やっぱ自分では自分は全く頼りにならないんだよな。だから同年代や年下より、年上と関わりたい部分は…あるんだと思う。自信が無いからだろね。

あとなんか活き活きしているように見えると言われたのだけれど、どうだろうなぁ。僕自身ではわかんないけれど(だって毎日すごい色々文句言ってるもんな(笑)決してモチベーション高い状態なわけでもないし、とは言えせっかく何万とある会社の中から選んで入っている会社、その気持ちに沿って居ようと思わないと時間の無駄だと思ったからね。何度も書いているけど、いつまで東京に居られるわけじゃない)、でも変わろうとしていて、色々動こうとしている、動いているのは確か。

動いたらその分変わるし、新しいことがある。失うものも僕は別に無いし、いつまで今が続くかもわからない。そういうところで吹っ切れている部分があるのは確かだと思う。あとは…素の僕がどうかはわかんないけれど、意図して会話を増やしたいなと思ってそうしているとこともきっとあるしねぇ。

そんな感じで、あとは元々他の日に書いてあったこと。相変わらず暑い!暑さなのか、疲れなのか、体調が相変わらず悪いからなのか、3日間居ないとメールが山のようだからかわからないけれど。集中力が高い時と比べると頭のネジが外れているというか上手く働いていないのは間違いない。色んなことが頭に入っては抜けてしまっているから、本当にフジもRIJFもメモを取っていなかったらどうなっていたことやら。もう色々なことを記憶していられる程若くない(笑)

今週書いたレビューは渋谷系コンピ。長く書き過ぎて削られましたが、知らない曲ってまだまだあるもので。スムースエースの"これから逢いに行くよ。"という曲は今回初めて聴いたんですが、超良い。ピチカートの"新しい歌"や"華麗なる招待"辺りっぽいサウンドというのも勿論良いにしても、“きっと今日はいい日さ なにもかもがうまくいく きっと今日なら女神は ぼくらふたりに微笑むはず ぼくらふたりに微笑むはず”。こんな無根拠なポジティブに支えられてようやく僕は気持ちのバランスを取れるようになったのだから、やっぱ渋谷系は大きかったですよ。所々で「ごめんね」という何故か無意味に謝るフレーズが出てくるのも良いんだよ。

ただちょっと思ったのは、こんな曲ばっか聴いて心を埋めてたから、もうかれこれ何年だとか言いたくもないけれどずっと新しい恋愛が出来ていないんじゃないかという気がするなあ。渋谷系聴き始めたのはその後だもんね。フジの時に何年ぶりかに会った知人になんかそんな愚痴をたれていたんだけれど「記憶をアップデート出来ないのがいけない」なんてお話をしたんだったりした。いやはやその通りで、そんな状態でこんな音楽を聴いているのだから、尚記憶が固まっちゃうんだと思う。ただそうは言ったって急に変えようと思うもんでもないな、というところだけれど。

そんなこと思いつつ迎える今週末のサマソニは、僕は取材枠じゃなくなるかもっぽい。まあ、溜まっている量と疲労考えれば全くそれで構わないところがあり、ただでも雰囲気だけは楽しみたいので…とりあえずBeach StageとRiver Side Garden、あとはSide Showをタダ見しに会場へ行くつもりです。ap bank fesの時みたく一人でお酒でも飲んでふらふらするよ(フジ、RIJFで飲まなかった分を…)。B'zも会場の外で聴く(笑)B'zは絶対盛り上がると思うんだよねー。絶対皆好きだって。Side Showはザ・50回転ズも出るみたいで…どんだけ人集まるかな。隠れられないのでなるべく気温は下がってくれるといいのだけれど。初日はそのままフクアリにでも行こうかなと思ってます。2日目はまたyanokami見たい。

とかなんとか書いた後にこういう夢を見るのもなんだかなあ。"涙のふるさと"が流れている場合ではないだろう。会いに来たよ会いに来たよとか言ってる場合じゃないというか会えないし行けないし。この事柄以外の記憶はかつてないスピードで色々なことが頭の中で塗り替えられているんだけれどなあ(笑)これぐらいスパッと切替えていくべきなんだよね、本当はきっと。咳と頭痛がおさまらないそんな水曜。だと言うのに金曜にフットサルの予定を入れたりして。いやー、フジの時に思ったより身体が切れていたから今ならちょっと良いんじゃないかと。

資料が増えてきているので思いつきで資料の整理をやっていたんだけれど、それを見て怪しまれるようなことがあったら会社として良くない流れなのかもななんて。ただ資料を整理してて、改めて自分宛にレーベルから来ている資料を見たりすると…本当にすごいことだと思う。自分がこういうところまで来れていることがやはり何よりビックリだし、いつまでもここに居られるとも思っていないとして次はきっとまたもっと技術寄りの方向性になるとしたら、もうこんなことは無いと思うからさ。やっぱなんていうか、憧れとか好きで動かされているのは違いない(笑)

現状に不満があるとしたら、どうしたらいいか。変えようと思うか、変わろうと思うか、目を瞑ることにするのか。何かを変えようと思ったら、(本当はやっぱり)ポジティブでキャッチーな姿勢・伝え方をしなきゃいけないと思う。というのは、今日関連企業さんの環境報告書を見ながら思ったことでもある(こういうのは伝えてこそ、なので。すごい面白いし勉強になる。)。僕のデフォルトもどちらかと言えば確実にネガティブなんだけれど、でもなるようにしかならんものだし、ネガティブな考え方で得することなんて無いって思い知っているからなぁ。いや、後ろ向きなことだって言うけれど、でもそれは良くなってほしいからだ、絶対。

牛乳って放っておくと本当にヨーグルトみたいになるんですね。さっき初めて見た(賞味期限より6日経過。丁度暑い日が続いているからなぁ)。これは何気に女の子だったらお嫁に行けないぐらいのレベルだと思ったがどうか(笑)そういえばこの一ヶ月は家を空けている時間が長かったから電気代2,000円切るかなと思っていたけれど、残念ながら2,006円。惜しい。クソ暑いですが、今のところまだエアコンは一度もつけてない。てか、暑いからむしろ外出た方がいいや…。