メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

U-22日本代表-U-22サウジアラビア代表 とか

北京五輪男子サッカー最終予選、U-22日本代表-U-22サウジアラビア国立霞ヶ丘競技場へ行って来ました。U-22代表見るのはカタール戦以来、結局最終予選のホームは全部見たなぁ。まずは結果から。予選突破、オリンピック出場おめでとうございます。なんだかんだ言って、結果が全てだから。でも、それもここまで。一つの結果が出たに過ぎなく、出場が決まった以上これは通過点。果たしてこのチームのサッカーは本戦で通用するのか?まともに戦えるのか?相当厳しいでしょう。全く良いサッカーなんて出来ていない。2004年のオリンピック、2005年のワールドユース、2006年のワールドカップ。一体どうだった?全て楽観的予想、ポジティブキャンペーン、メディアがスターを作り、結果・内容も全てご存知の通り。今回の予選だって、今日なんて負ければ敗退だよ?でも一言でもそんな話題出た?危機感あった?無いよね。忘れられてるんだよね、もう。

だって単純に面白くないもの。この世代で持ち上げられていた代表的な存在と言えば、平山、カレン、森本だと思うのだけれど。誰一人今日の試合に居ない(笑)あとこの世代のワールドユースの時の代表FWって前俊だっけ。まあ考えてみるとアテネ世代も2001年WY時のFWは居なかったんだけれど、今回の代表はあまりにも平山、カレン、森本が持ち上げられすぎていたと思うよ。んで、平山心中ぐらいの勢いだったはずなのに、気付いたらもうベンチ外。平山なんて最初からずーっと物足りなかったわけじゃん。今日のこの2トップも17日が初めてのコンビでしょ?持ち上げるには遅過ぎるよ(笑)一体この1年間は何だったわけ?

李も岡崎も決して抜けた成績を残しているかと言うと全くそうでもないしさ。来年の本戦に居るかって言うと結構微妙でしょ。変に和製メッシとか持ち上げられてた家長も居ないし、なんか“居るべく人が居ない”っていうかさ…。Jリーグ見てる身としては当然彼らがどういう良い選手かは分かっているけれど、でも本当に実力、実績でヒーローに上り詰めた選手が居ない。全部無理矢理作り上げられて、逆に今回の世代は小粒になってしまった。逆に言うと、本田や水野はもっと大きな存在だと思うのだけれど…。まあ、谷口呼ばずに大学生呼んでいる時点で、ねえ。

ほぼハーフタイムに到着して、アウェー側ゴール裏のバックスタンド寄りへ。友人が席を取ってくれていたのでそこで観戦。この世代で初めての国立満員だけれど、「なんか…負ければ予選落ちなのに殺伐とした感じがないですねぇ。スポンサーのKIRIN様のビールの泡で出来たとかいう商魂たくましいキャラクターとかがPRしてるしさ(笑)」なんて言いながら。隣のおじさんが「前回の予選の時は、もう少しスタジアム全体が熱い感じがしたんだけど…」と言っていた。試合中他にもこのおじさんと話をしていたのだけれど、顔、話し方、なんか以前にも話したことがあるような…。全然覚えていないけれど、本当にそうだったらすごい偶然。

なんかでもその盛り上がりっていうのも…前にこの世代の試合を見た時に書いた気がするんだけれど、今までは前売りが全く売れない割に当日に結構人が入るんだよね。「協会登録者に撒いていたりするのかな…?(もしくは相当な割引)」みたいなことを書いたことがある気がするんだけれど、そういうのが根付いちゃって、そういうお客さんが増えたんじゃないかなぁとか。ゴール裏の盛り上がりもなんか嘘臭いんだよね…。「バイトで雇われてたりするんじゃないか?」とか書いたことがある気もするんだけれど(笑)、うーん、今日もやっぱりそう思うような…。

あのー、やっているサッカーがまずつまらないって僕は思っているので…「負けたら予選落ち」という状況になってしまっていることも、そのつまらないサッカーのせい(カタール戦で負けたのも、内容が悪かった為の必然であって、“ドーハの悲劇”だとかそんなもんでもなんでもない!一緒にするなって怒れた人は少なくないんじゃないか?)だと思っていて。だから…厳しいかもしれないけど、苦しんでいるのは自分たちのせいなのだからギリギリ突破したとことでなんか別に感動する要素がないと思っていて。僕は。だから僕は感動も何も無かったんだけれども…。

でも試合が終わってみると、バックスタンドは青い旗を何かの決まりかのようにやっているし、ゴール裏のさ、あの日の丸の旗をやたら振るのっていつから始めたんだっけ?なんか示し合わせて急にやり始めたのが…なんだろうなあ。すっごい、感動の押し付けというか、感動の安売り、いや、特売みたいな(笑)スタジアムで見ていてもそうだったのだから、きっとテレビだったらすごかったと思う。これは何かの宗教か?ってぐらい、“日本代表”は悪いところに目を瞑り、良いところだけアピールされるものになっているし、人々がコントロールされている…。

で、その安売りされた感動を受取ったらその後は――スタンドの通路にはゴミが溢れているわけ。そこいら中に転がっていて、中には入場時に配られた青いフラッグもそこら辺に転がってる。その裏ではクリーンサポーターとかを募集していて――じゃぁこんなゴミになるもの配らなければいいのに!と思っていると、最近始まったマンオブザマッチが、「SAMSUNG MAN OF THE MATCH」なんだよ。サムスンがクライアント。…日本代表の試合でサムスンをクライアントにするなよ、って思わない?別にこれがクラブの試合やナビスコ杯ぐらいだったら何も言わないよ。でも、これは日本代表の試合だよ?なんでライバルであろう韓国の企業なのさ…。

なんかこんなゴミになるような旗やバンダナを作ったり配ったりしなければ、もうちょっとコスト浮くんじゃないの?しかも大体毎回いつも同じメンバーが観戦しているわけで、そういう人(僕もだけど)は毎回もらうわけじゃん。邪魔だよー。そもそも好きならお金出してグッズ買ってるでしょ、いちいちこんなん配らんでもさ。青いアイテムとか意識して持ってくるだろうし、毎回もらってりゃもう要らないから捨てちゃいたいと思うよ(僕は律儀に?毎回持って帰って保管してるけどさ…)。なんかすごい色々なことが無駄で気持ち悪いんだよね。これじゃエコじろうも浮かばれんよ(笑)

なんかそんな風に試合の中身以外のことでも色々ガッカリしてしまったし、肝心の試合も…後半しか見ていないけれど、相変わらずイライラする試合だった。ほんと、攻撃面で全く試合を組み立てられない!3バックも全然前へ出ていかない、中央に固まってるから中盤との距離感が悪いし、ボランチもポジショニングが悪くて全くボールを受けられない、だからすぐ縦ポンになる。ていうか伊野波ってそういう組立てを期待されて3バックの真ん中やってるんじゃないっけ?なんか、全く組立てっていうものがないんですけど。横パスか縦ポンだけ…。

3バックで、右WBの水野がかなり後ろの位置取りになって全然攻撃の良い面が出ない。左の本田は孤立しまくりでフォローがない(本田は悪くないが)。柏木は色んなところに顔を出してくれるものの、キープ出来ないシーンも少なくなく(船谷みたい)決してMOMと言えるものでなかったような。何とか王子とか言って、マスコミが持ち上げたいだけじゃないのか…?2トップは悪い選手じゃないけど、決定機外していたし別に確固たるというわけではない、小粒。岡崎も清水の選手だから応援したいけど、「でも岡崎が出ているようじゃなー…」という部分も否めない。

全体的に運動量が少な過ぎる。だからパス出した後はちんたら歩いてるし、パスのない部分でも歩いている選手が多過ぎる。だからボールも回らないし、「ノーアイデア」とずっと試合中言われっ放しの、人もボールも動かないサッカーに終始する。パス&ゴーが無いからボールも繋がらないし、攻撃も組み立てられない。ほんと点取れる気がしなかったもの。セットプレーだけだ。そりゃ、ベトナムも崩せないわけだよ。チャンスが無いことは無かったけどさ、でも点を取れないのだからこんなものだったんだよ。これで世界でどう戦えと?サウジとは充分互角だった。

そしてガッカリしたのは、勝ちに行くと言っていた割に、全然引分けでOKのチキンな戦いだったということ。「このちんたらした流れ、これで結局41分ぐらいに点を取られて、攻めに出るも時間が無くてタイムアップって流れですよ。ぐだぐだな試合の進め方は自分たちの首を絞めるだけだ」なんて試合中に言っていたりして。ま、結局逃げ切れた(=引分けた)んだけれど、でも交代も全て後手後手、というかうちは一つも交代の枠を切らなかったし、一体どこが「攻撃的」なのか…?ま、守備的だったというより…普通に実力で攻め手がなかったと思うよ…。

なんかもうそんなとにかく残念な戦いぶりだったので。別にどんな結果になろうとも構わなかった。とは言え、実際は突破出来たんだからね。きっとメディアはまた本大会に向け煽るんだろうから、期待はしていなくともまともなチームになってくれないと、とも思うんだよ。楽しめる為には。2005年のワールドユースでオランダにボコボコにやられて、涙流した選手だって居たのに。あの頃と比べてチームはまともになっているか?余計に世界から離されていないか?アジアでこんなのでは、他の大陸相手では3戦全敗じゃないか?2年経過してこれだけ退化しているのなら、この世代がA代表になった時、果たしてW杯予選を勝ち抜けるだろうか…?

帰ってきてテレビ見ていたら今日のこの試合のダイジェストが流れていて、その際の実況ではさも良いサッカー、良い攻撃をしているかのようなことが語られ、そういう場面だけ切り取り編集をされていて。その終わりに、コメンテーターが「日本のサッカーは世界に近付いてきている」なんて言って。ええっ…!?なんでそこまで日本のサッカーを誉めなきゃいけないの…?こんなので世界なんて言っていたら、それこそ先週のACL決勝に失礼だ。あの試合の方がよっぽど両者必死だった。

本大会までのあと数ヶ月、その為の強化資金とあるわけだけど。それを無駄にしない為のことは出来るだろうか。でも批判があまり出てこないのは、結局2006年W杯惨敗後の一連の批判で…サッカー協会もマスメディアも一体何にも変わらなかったことが、サッカーファンの熱意を奪い、批判へ向けるエネルギーを使われないという状況になっている=白けさせているのではないかと思う。サッカーファンだけではない。一般のファンがまず興味を失っている。このままではサッカーは過去のものになっていくのではないか。人はいつまでも騙し切れない。

なんかそういう不満というか…楽しくなかったーって話を友人としながら原宿/明治神宮まで歩いた。途中猫を二度見つけた。もうほんとさ、これでチケット代3,000円だもんなー。これで五輪惨敗して、次回の五輪世代もチケット代同じにしてたら100%今回よりも客が入らないと思う。いや、でもほんと…バイトで斡旋されたお客さんも居たんじゃないか、とか勘繰ってしまうぐらい、今日はJリーグの試合のスタジアムの雰囲気と比べると不自然な感じがしたんだよ。何かなあ。さて、この世代は…あまりに未完成過ぎる。結局今後どういうメンバーに落ち着くのか…?

サッカーの話はそんな感じ。火曜日はサーバーメンテナンスとかそういう類のお仕事で、朝4時前には起きて、5時前には部屋を出て、6時前にはデータセンターという行動。朝4時なんて下手したら“まだ起きている”時間だ。正に生活逆転。今の時期、5時前なんて外は真っ暗だ。もうとにかく寒くってねえ。ちょっと泣きたくなる(笑)でも、別にそれが嫌だってことはなくてね、あくまで「真っ暗な冬の朝5時に部屋を出る」のが泣きたくなる感じがしただけで(笑)こういうのは、こういう仕事である以上当然あることだと思っているから、それは深夜であっても同じで。

久々にこんな時間に起きるのは大変だったし、朝にいきなりデータセンターってのもなかなか身体はきつかったけれど…うん、でもたまにはこういうのも良いなとは思うのだ。真っ暗な朝5時でも井の頭公園にはもう人が居るし、中央線上り電車にももう乗っている人は結構居るのだ。中野方面から東西線へ乗っていったのも久々な気もするし(なんだか昨年のサマソニを思い出す)、作業後は逆に通勤ラッシュの東西線に巻き込まれ。でもこんな通勤ラッシュも久々で、新鮮と言えば新鮮…。

朝8時にまだ殆ど誰も居ない会社というのも新鮮で、人が居なくてもう明るいのは集中出来ていいなと思った…けど暫くしたら眠さが勝って皆が出社してくるまで机で眠ってしまった(笑)そんなことから始まった一日はやっぱり相変わらず上向いたり下向いたり。必要としてくれている人も居るなぁと思うのは上向く要素ではあるので揺れる部分ではあるし、「結局必要とされたいのか。」と思うと、イコール僕も誰かに必要だって言えるようにならなきゃいけないってことで。その割に僕は「一人で何でも出来るようになりたい」なんて言っているんだよね。違うじゃん、っていう…。

これは先日も書いているけれど、自分は――ビジネスパーソンとしてどうこうって以前に、まず人として自信がないし、何が正しいのか?とか、どうしたらいいか?とかもわかっていないもの。だからなんか…したいことはしたいのだけれど、でもこれだけ自由な環境に自分を馴染まない気がする、というより、自信がないので管理されたい、もっと。決して僕は管理管理したい人間ではないのだけれど、今があまりに自由・放任過ぎて。結局一番大事なのってバランスだと思うので、そういうバランスが今は取れていないと思う。「見れていない」のだ。だからあんな「今更そんなこと聞くの?一体何見てたの?」なんてことを思ってしまうのだけれど。

「プロセスより、結果が大事」と言われても、結果のためにはプロセスが必要なわけで、どんなプロセスを経るかってのを学ばなきゃいけないわけじゃない。既に自分のスタイルをある程度確立しているならともかく…自分はまだ全く確立出来ていないし。幾らやりたいや力になりたいことがあったって――こんなに人によって向いている方向が違っては。会社として、どっちなの?っていう…でもやっぱ別に、僕は「人材として云々」と思って仕事なんてしないもんさ。コンテンツがやりたくて、面白いことがしたくて、頭使って仕事がしたいのであって。

でも無理にロジック学ぼうとしなくたって、いつか学ばざるを得ないものだと思うし、別に専門用語なんて覚えなくたって「それって当然のことじゃないの?」ってことが…前に本読んだ時には多いなって思って。逆にそういう知識として頭に入れ込まなければ、気付けないことなのかな…。そして一体誰がそれを実践出来ているのって。理屈じゃなく全力で走れることで走らないと、やっぱり勿体無いと思う。だってそうじゃないと、世の中には他に幾らでも寝る間を惜しんで全力で走っている――人に喜ばれるサービスを考えている、作っている人は居るのだから。

どういうことかよくわかんなくなったけれど、“必要とされているかも”“でも、絶対この環境に合わない”ということに対して、自分の中でぐるぐるしていると。そんな中、仕事で――僕が大好きだった某Pバンドの元メンバーの方から名指してメールもらってさ。うっわー、なんだこれすごい。興奮した(笑)なんだろうなー、神様はお土産をくれたの?それとも、まだ僕をこの場所に居た方が面白いって止めようとしているの?とか思ったりしてねえ。うーん、実際にこんなことがあると迷うよなー…仕事は大好きだし。うーん、なんか…面白いな(笑)そう、前回の五輪代表のさ、僕の学年の選手って…大久保、田中達也、今野。皆、背は高くないけど、よく走る選手だ。僕ももっともっと走らなければいけない。体調崩している場合ではないし、本来はきっと迷っている場合でもないなあ。何がモアベターな選択肢なのだろう…。

翌日木曜のお話。また試合の話に戻るけど、会社の子に聞かれたんだよ。「サッカーがオリンピック決まったのって、盛り上がってるんですか?」みたいなことを。で、まぁ僕は「全然盛り上がってないよ」みたいなことを言ったんだけれど(笑)、それで思ったのがね――僕とか、スタジアムに居た人たちが盛り上がっていたかどうかよりも――そうじゃない人が認識しているかどうかが、やっぱ盛り上がりのバロメータなんだと思った。だから、やっぱ盛り上がってないんだよ(笑)周りに流されて、一時的に盛り上がって、すぐ忘れて。っていう人を、僕みたいな人は馬鹿にしたりするわけだけど(笑)、でも結局のところ“時代”はそんな人たちの為にあるのだよね。そういう人たちの目線を読めるかどうか、意向を汲めるかどうかなのだと。

以下、ヴェルディ昇格決定が近付き、日テレが勝手に盛り上げようとしている(←?)日本テレビタワーにあったJ2の順位表。さて、Jリーグファンならどこがダウトかわかりますよね?あ、順位ではないです。ちゃんとヴェルディの上にはコンサドーレが居るんだけれども、そんなこと言わないでもわかるよね?(笑)

f:id:airgyan:20071120200729j:image

金曜日みたいな木曜日。給料日だけど今月は部屋の更新のお金が掛かるので節約しないとなぁと。でも今月はやっぱほぼ毎日お弁当(ご飯)を持っていったおかげと言えるか、ここ何ヶ月かと比べると余裕があった気がする。16日で思いのほかお金がポーンと飛んでしまったけれど(笑。結構飲んでタクシーでって感じだったので)、それがあってもこの状況と言えるかもしれないし。んー、でも最近はサッカーもさして見に行ってやしないし、チケットやCDを買っているわけでもないので、もっと積み上げられると良いんだけどなーとは思うんだよね…。

木曜はお台場でボウリング。全然ヘッドピンにいかなくて参った。ここ何日かが特別寒いのだとは思うけど、今これだけ風が強くて寒いのだから、12月頭の早朝なんて体感温度は限りなくゼロに近いんじゃないだろうか(もっと風が強いと思う)。3ヶ月続けて月初に体調崩したくはないな…。気をつけよう。その後会社に戻って終電ギリッギリまで仕事をしていたりして(3連休前だとなんか色々残っている←ならボウリング行かなければいいのに←だって身体動かしたいんだもの)。

この3連休は取材と称して行くライヴが無い。別に今までも毎週あったわけではないんだけれど、なんか今週は…いざ無いと気が抜けるというか…流れが止まると不安な気持ちになる。不安になるか、「あー恋愛したいなー」とかそんなことしか考えなくなる(笑)別にライヴなんて仕事じゃないだろと言えばそうなんだけれど、だから気持ちとしてで…やっぱONとOFFってあると思っていて。ONな状態だと、したい仕事のことばかり考えていられるから楽しんでいられるんだけれど。OFFになると、気持ちが切れるというか…何も考えないわけじゃなくて、もう11月も終わりだよ、一体何してるんだろう?とかそういうことを考えてしまう。

ああ、結局今週中のフィードバックは無かったな。どんどん先延ばしになっているんだけれど、何なの?みたいなこと考えてすっごい嫌な気持ちに一人で勝手になるんだよね(笑)僕にプライドが少しでもあったとしたら、放置されている時が一番貶されている時じゃないか。2年も居るんだからバイト以上にする価値があるかどうかなんて、普通すぐ判断出来ることじゃないのかな。もし、あんまりまともに見ていなかったからすぐ判断出来ないのだとしたら、そんな会社でこれ以上働くだけ無駄だってことでしょう。まあ、それが分かった上で話をしてるんだけど…。

逆に要らないなら早く要らないって言ってくれればその分早く動き出すことが出来るわけだから。話がぶっ飛んで、1999年のエゾの映像をYouTubeで見ていて(ちなみに、ブッチャーズの"7月")。やっぱし来年はエゾ行きたいなと思ってですね…そうすると有給発生を逆算するわけです。フジも考えると、半年だとしたら1月から働いておきたくて、だからそういう意味でも(笑)、◆月一杯でって話を◇月半ばにはもうしていたんだけれど。もう流れ的にも雰囲気的にも無理だよなあ…。逆に言うと、■月からという話もしていたのだけれど、このスピードじゃ□月からも無いでしょう。意図して遅らせているのもありありで気落ちする…。

でもなんかほんと、5月には最後の有給消化をフジに当てようなんて考えていて、7月には9月で契約終了の方向かと思っていたけれど勿体無くなって、友人に「後悔したくないのなら、年内は続けた方がいいと思う」と言われてそうだよなあって思って――まぁ、自分で先延ばしにしてきたところもあるからね。厄介なのが、仕事は嫌じゃないということで。WEBにも、音楽にも、メディアというものにも関われている。だからすごい僕自身未練たらたらだからずるずるしてしまっているんだよなー…。はー。2年前の今日の日記読むと当時の気持ちってのは今も覚えているんだけれど、3、4ヶ月ぐらいで正社員になる気で居たからなぁ(笑)

これに関しては僕の思っていたものと違ったということなので、入る時に基準を聞いておくべきだった(今後の教訓?)として。ま、当時は東京へ来ることが第一だったし実績がまず欲しかったからどちらにせよそれで左右されたわけじゃないんだけど。なんだろな、僕個人としては――この業界の流れが速いってのは前の会社でも経験しているから、下からの押し上げのないベンチャーなんてすぐ置いてかれると思っていたの。で、正にここがそうなので(笑)会社としてうちがどうなりたいか、どうしたいかも全然見えてこないし、わかんないもんなー。

なんかほんと、そういうことばかり考えてしまって辛くなってくるので…仕事や音楽のことで頭が埋められている間は幸せなもので。来週からは平日含めてライヴが立て続けにあるので…良くも悪くもまた色々忘れてしまうのかな(笑)昨年12月に9本ライヴ行ってて「来年は絶対そんなに行かない」とか書いていた気がするんだけれど…全然そんなことなかった(笑)まぁ立場が違うとは言え。会員になったスポーツバーも、結局6月以降はライヴ中心の生活になっちゃったから全く行かなくなってしまったし。仕事以外で、僕個人で行きたいライヴなんて探そうと思うと、26日のO-NESTのGuitarのライヴとかものすごい行きたいんだけれど…。

ほんと、今の立場から変わればそんなにライヴに行かなくなると思う。フェスは色々行こうと思うだろうけど(笑)あ、でもすっかりCDJの先行忘れてて…。一般にかけるしかない…。んで、「2月のライヴはどうなるかな」みたいなことも書いていたんだけれど、3月頭に僕が思わず「きゃー!」なんて言ってしまった魅惑の組合せの来日が決定しておりましたよ!…多分それまで居れば、絶対仕事で行けるんだよな…なんて淡いことを考えてしまったりして…なんかほんと駄目だね(笑)

久々にこの間"くだらない唄"を耳にして、背広もネクタイも見たくないよ…って、ほんとねえ。スーツ着たくないんだよな(笑)着たくなかったなあー、ともうそうは言ってられんかな。これだけシステム背負わされているのに、会社に自由に出入り出来ないのがまず不自由で、これで年末年始にまたトラブル起こったらどうするんだろう。結局うちがお金生んでいるのってそこの部分でしょう?それに対するリスクヘッジが出来てなさ過ぎる。情報の管理に関しても前の会社と比べても未熟過ぎる(勉強させられたからなー。でも、別に勉強しなくても、これって当然のことだよな?ってことばかりなのだけれど…)。なんか、駄目だなー…。

こんなことばっかり考えていても仕方無いな。まだ恋愛したいなーとかそういうこと考えてた方がマシだろう(笑)でもそこでもさ、結局まだ正社員で働いていないっていうのが自分の中で引っ掛かったりするからねー…。話がまた飛んで、音速ラインの新しいアルバムの中の曲で「あの日の君に逢いたい〜」って歌っている曲があって…なんか、この発想は無かったなぁと思って。今どこで何をしているかわからない誰かにはすごく会いたいけれど、別にこう…あの日の君に逢いたいとは思わないよなぁと(笑)んなことを思っていたんだけれど、まぁ仮に逢える時が来たとして、自分が今好きなことを出来ていたって、この立場じゃ後ろめたいし…。

こういう気分の3連休は長いな。23日はなんかボケーっとしながら外出していた。上着が欲しいなあと思って色々見ていたんだけれど、何も買わなくて…んで、やっぱ黒とか紺とかはつまんなくて嫌だと思って。そこで思ったのだけれど、君の目ーにーうつる僕を僕は見ーれなーい♪わけで。僕は好きでこんな色のカーディガン着ちゃうわけなんだけれど、外から見たらどうなのかってのが全く分からんわけだよね。この試合の時も、多分友人にとってはスタンドに入ってきた僕を非常に見つけやすかったと思うんだけれど(笑)実際のところどう見えるもんなんだろな。

明日はサッカー見に行く前に競馬場行きたい。あとは売り切れてなければthe chef cooks me見に行きたい。新宿の金券屋で幕張メッセのチケが定価以下だったけど、多分行かないだろう(5,000円ぐらいまで下がっていれば考えようかな…)。明後日は味スタ行った後に法政の学祭のライヴへ行こうかと思いつつ、その前に部屋の更新へ行っておきたい。ってこれ明日でも良いな。準備しとこう。あと気付いたのが、定期が30日までだから1、2日の週末はあんまり電車乗りたくないなと思った(そうはいかないけど)。8日はdafest行きたかったけど多分渋谷AXだ。9日は決まっていたけれど、トクマルシューゴも今更ながらアルバムがすっごく良い。残念…。泣く泣く断念ってのはこういうものか。あとは平日にも色々。

23日、フジテレビ「僕らの音楽」にKEMURI。うわーなんかもうほんとにあと少しで解散なのかと思うと泣きそうだった。サンストリートとかあんなものが無かった頃、本当に何もないあの辺をKEMURIも何度も何度も聴きながら自転車で走っていたよ。自転車乗りながら、片腕だけスカダンスっぽく振ってさ…(笑)KEMURIPOTSHOTから学んだ精神的な考え方って、マジで結構大きいんだよね。ほんと、僕は(当時で言う)「コア」の中でもメロとかハードとかより、スカが圧倒的に一番大好きだったから…僕も何度も倒れては起こしてもらったしさ(笑)

まあ、青春の頃大好きでまだ残っているバンドはまだ全然居るっちゃ居るんだけどさ。でも僕がライヴにそこそこ行き始めてからの一年で一番ハマってたのはやっぱスカパンクのバンドだったから。そのライヴに行けなくなる、ってのが…あの空間がもう味わえない、空気が吸えない、集えないのが淋しいのだ。9日はチケット無いし新木場行っちゃうけど、帰りに青海行こうと思う。新木場からなら青海じゃなくて東京テレポートから行った方がいいか。プリの最後の時、わざわざ東京まで来ておいてロッカーに荷物入れられず後悔して以来、なんか後悔しちゃいかんなと。せっかく東京に居るんだから会場までは行っておこうと思うのだ。…プリがもし仮にライヴやるとかってなったら――クアトロぐらいは埋まるよね?なんかここ何日かまたちょいと聴き直していて、そんなことを思ったんだったり。でもまだ押し合いへしあいやら、ダイヴとか出来るのかなあ。と思うと、やっぱ年取ったなー。

f:id:airgyan:20071124005919j:image

木曜、中央線(の終電)に乗っていたら、eastern youthの広告が!すごい!一体何故?あ。あと木曜日のスポーツ新聞はやっぱり早速、反町ジャパンに対して「メダル獲得のために」云々というようなことを書いている記事も。“メダル”フラグきたこれ。こうやって、試合をフルで見ていない人に対しても有り得もしない無駄な期待を煽るんだよねー…。んで、惨敗して勝手に白けられてしまうっていう…。