メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

いたくない いたくない

週末はサッカーの試合のタイトルのエントリが出来るはずでしたが…大宮-磐田戦のチケットを買えず、サッカー観戦が出来ず。前日にもうチケットが売り切れていて。近しい規模で言うと、フクアリでのジェフ戦は問題無く買えていたから甘く見ていた…。…でも売り切れてるのに1万2千人ってなんだよー。あの規模のスタジアムで撒くなよ…と思いつつ…あーあ、前田とカレンとジウシーニョのトライアングル見たかったな。映像見る限り、ジウシーニョのトップ下からの飛び出しって結構合ってるんじゃない?マリノス戦もトップ下になってからのゴールだったし。カレンも復帰後、絶好調。他の北京世代FWがこぞって不発なだけに、うーん…と思わせられる。

今週末、いつのタイミングで帰省しようか迷っていたけれど、ジュビロの試合見れないんだったらと思って、土曜の夜から帰省。本当は日曜の夜に実家泊まろうかと思っていたけれど、日曜に出社したかったのもあり(初盆終えて、新幹線飛び乗って――って感じで出社しようと)。土曜も夕方過ぎから出社した後、最終の22時の新幹線で帰省。隣に座っていたグラサン、マスクのイケメンっぽい男子2人組がどう見ても風邪ではなく、一回も咳き込んでいる様子もなくてスケジュール見ながらコソコソ話していたので割と有名な人だったのかもしれない。バッグも高そうだったし。かと言って有名な人なら自由席なんかに座らないだろう、という気もする。

うーん、ライヴも行けずサッカーも見れずで、そんな状態でフジロックのタイムテーブルとか見ていると、やっぱ初日行きたい。午後半休とかでどうにかならんかな…。ラスカルズorリトテンに間に合うコース、ブロパorエゴorオゾマトリに間に合うコース辺りで時間を試算しておくかなあ…。んで、マイブラ見終わった後の足を考える。深夜バスとかってその後の時間にあるんだっけ。電車はもう無いわけだから、帰るとしたらそれ。なーんて考えているけれど、やっぱり無理だろうなあ。調べた感じだと、ブロパorエゴorオゾマトリのいずれかに間に合うコースは、これ。15時発なら…いけるか?ラスカルズコースは12時発になるので厳しい。帰りはこれ

浜松着いてから友人とメールしてたら、何とこの日、group_inouとグッドライクヘイワのライヴがあったそうで。「招待券1枚余ってたのに」と言われてしまった。…まあどうせ実際のライヴの時間には帰って来られなかっただろうけど、ちょうど今週外の人と話していた時にgroup_inouの名前が出ていたのに、ちょっと見てみたかった気持ちもあったというか。でも友人曰く「20人ぐらいしか居なかった」とのこと。まあ、そりゃそうかもなあ。今回の帰省は、ほんと寝るだけ、あとは家族に会って猫に会って親戚に会うだけのバタバタした帰省だった。まあ来週も帰ってくるんだけど…かと言ってゆっくり出来るわけじゃなく、今のところ1泊2日の予定。

普段中央線と山手線を使用する僕としては、遠州鉄道の車内の広告の無さに寂しさを覚え(バンビツアーしか無ぇ)、やっぱり、とてもじゃないけど街が活性化しているとは思えないよなあ。これは遠鉄の広告代理店(?)が頑張っていないのか、単純に枠が高くて売れないのかわからないけど、せっかくの消費者にとっての情報源となる枠でもあるわけだから…安くしてでも埋めるようになっていかないと、なんか…盛り上がって来ないよねえ。広告とかよくわかんないけどさ(笑)まあ首都圏でもちょっと東京外れれば別に埋まってなかったりしていたような記憶はあるんだけど(内房線)、でもJRと、遠鉄みたいなローカル線じゃワケが違うと思うしなあ…。

いつも通り、浜松地域のフリーペーパーを幾つかもらって帰りに読んでいたんだけれど、別に僕は地元に友達が多いわけでも決して無いんだけれど(笑い、いや、あんまり笑えない)、やっぱり地元魂みたいなものはあって。ましてや、家族も従姉妹もけっこうライヴとかには足を運んだことがあるような、そういった地方の純粋な音楽ファンなわけで。だから浜松に帰るたび思うのは…東京は特別なんだけど、特別だと思いたくねえなあというか。いや、特別だから、基準として考えたくないな…ってのは思う。タワレコでもHMVでもTSUTAYAでも無いような、CD屋さんだってあるわけで。そういうお店でCD買う人だって全体では滅茶苦茶多いわけじゃん。

そういうCD屋さんは、そりゃタワレコHMV程、メジャーじゃないものや洋楽は扱っていないかもしれないけど、そういうCD屋さんでも骨のあるコーナーというか…そういうのがあって。やっぱ僕はそこで育っていて、自分自身、ああいう田舎でだって、メジャーじゃない音楽を掘り起こそうとしていた人間なわけだから…(んで、僕の周りもそうだった)。そういうの好む人の大多数は東京に集まっちゃってるかもしれないけど、でも、そういう人たちに届くようなことしたいよねって。いわゆる、街のCD屋さん。そういうところの並びを見るのは、意外と面白い。で、今回で言うとジョニー・フォリナーがプッシュされてたお店があって超ビックリしました。

今は結構な音楽好きが集まりまくっている会社だし、外を合わせても結構な音楽好きとばかり話をしてきているから…僕自身感覚が麻痺しちゃってんな、とは思う。本当はそんなにライヴとかコンサートとかフェスって当たり前のものじゃないはずなのね。そういう人たちの日常のどういうところに、音楽ってあるんだろう。どういう時に、新しい音楽を欲するんだろうなあ、なんてことを地元のフリーペーパー見ながら思った。その中のCDのリコメンドで、P-vineものが4つ中2つの枠取っててビックリ。そういう人でもDaishi Danceとか買ったりするのかなぁ。今更ながら、一体どれだけの人が、ファッションとしてCD買ったりするんだろう?とか思う。

そういえば6月のプッシュがThe Baker BrothersだったK-MIXは、僕の情報が正しければ6月全国で唯一P-vineものをプッシュしていたFM局になる(笑)たぶんそれはオリコン業界紙バージョンみたいなやつを読んでいて思ったのかな(普通のオリコンと比べて高いの)。全国のラジオ局のその月のパワープッシュの一覧みたいなのが載っていたんだけれど。ちなみに関西ではThe Ting Tingsが強くて。なんだその傾向は、と思った(笑)浜松のフリーペーパーは発行部数自体は結構多いと思うんだけど、音楽ネタの量と質はどうしてもやはりこんなもので。逆に言えば、消費者にとって音楽の比重ってそんなものなのかな…とも思うし。

僕はいくらメジャーなアーティストだって好きだ、みたいなこと言ったところで、こっちと向こうと分けたら、完全にディープな音楽ファンなわけで(笑)向こう側には絶対に戻れないんだよ。もし、今後好きになった子が音楽とか全然興味無い子だったら、絶対僕は音楽を洗脳するだろうなあと思うし。たとえば僕の全然興味の無いアニメとかだったりしたらば、まず(間にある)フリクリを見よう、みたいな。もし映画だったら映画に使われている音楽について僕は話すのだろうし、もしスポーツの中でも僕があまり興味の無いバレーとかだったら、会場やテレビで流れている音楽について僕は話すんだろうし。どんな要素だってきっと音楽に結び付けちゃう。

…とかなんとかで今週はこのエントリにぐだぐだ書いていく予定。タイトルはクラムボンの曲名です。そういえば、親に「RIJFの時、水戸(の親戚の家)に泊まれないかなあ、という話をしたけど無理っぽい。「あの家も大変そうだから…」って、子供二人とももう外で一人暮らし(?)しているのに、定年前の夫婦二人で大変そうってなんなのさ(笑)嫌だなあというか…何が変わるかわからないものなのかね。あと帰省して知ったこととしては、妹が正月の時と比べて「かわいくなくなったなぁ」と思って(笑)したら、実家帰ってきて10kg太ったんだとか。元々が痩せてたからパッと見太くなったって感じがするわけではないけど…さすがに10kgはすごい。

実家でだらしない妹の姿を見て思ったのは(笑)、東京の女性ってのは、「おしゃれしようとしているんだなぁ」というか…。“おしゃれである”という以前に、やっぱり“そうしようとしている”んだなぁと。きっと誰しもそれなりにピンと糸張ってるんだろうなーって思った。一気に太ったのもそういう気が抜けた部分もあるんだろうしね(まあ普通に、実家はご飯がちゃんと食べれるので。男の僕ですら帰って最初は5kg太ったからな)。そう思うとね、普段当然のように目にしている会社の女性陣も影で努力してんだなあというか。なんかリスペクトすべきなんだろなそういうの。…でもやっぱり吉祥寺に帰ってくると、かわいい子多いよなあ。と思う。

見た目の話がらみで思い出したこと。これはどの街とか、誰とか、男女とか、そういうのは全然無しに…チョッキみたいなのあるじゃん。あれの良さが僕全然わかんないんだよなー。着ている人は、グッと来るもんがあったから買って着ているんだけど、うーん、良さがわかんないなあ…。…とかそんなことを、このクソ暑い日でも(男のくせに)カーディガン羽織っている僕が言うな、という話であって(笑)ま、価値観ってやつだよねぇ。今年はセールとか全然行けてない。吉祥寺ヨドバシユニクロで1,990円のカーディガンを1,490円で買っただけだ(笑。ユニクロで服買うの久々)。超愛用中。ずっと値下げを待ってた柄のコンバースももうどこにもない…。

親戚の家に行っている間にテレビを見ていたら、お昼の番組にプリンプリンが出ていた。超久々に見たなぁ…と思って。その後、浜松の街中を歩いていたら、「プリンプリンのワンタン麺」みたいなのぼりのあるラーメン屋さんがあって。それでちょっと思い出し笑いしたら、急に「今一人で笑っていたけど大丈夫か!?」と知らないおじさんに声掛けられた。一人で思い出し笑いしていたら悪いのか…!(会社の人にも「なんで笑ってんの?」と時々言われるので、相当一人で思い出し笑いをしてしまう方の人間なんだろうけど…)でもその声掛けられた直前に頭に思い浮かんでいたワードが「うな加藤」で、なんでそれでニヤリとしちゃったんだろうなぁ…。

ところで、浜松にプロバスケチームが出来たらしいんだけど、チーム名に入っている地域が「浜松・東三河」。それって広すぎないか?県越えちゃってるじゃん(東三河豊橋とかってことだと思うけど)。逆に、磐田袋井掛川あたりは無視かよ、っていう…。まぁ確かに豊橋掛川も電車乗っている時間なんてそう変わんないけどさ。磐田や掛川を相手にするより豊橋や岡崎を相手にした方が人口が多いのはわかるんだけれど、さすがに県を越えちゃうのは違和感あるなー。果たして豊橋や岡崎の人が、冠に浜松と名乗るチームに思い入れ持ってくれるもんでしょうか?しかも東三河なんて括られちゃって(笑)プライドがあるだろうしさ。名古屋も近いし。


東京に帰ってきて。井の頭公園口のサンクスが閉店した代わりに今週末でファミマがオープン。正直、サンクスが閉店したおかげで公園に落ちているゴミが減っていた気がするので、今週末からまた増えちゃって、それは切ないなあ。と思った。道が明るくなったから嬉しいのは嬉しいけど。火曜日の朝だったかなあ、井の頭公園のいつも猫さんたちが居るエリアに、初めて見る子猫が居て!ほんとちっちゃくて。まだ生まれてそう経っていないんじゃないか?すごい好奇心旺盛に小さな塊とか草とかでごろごろ遊んでて。一匹しか居なかったからはぐれたのかなあ。それ以降の日は見ていないけど…うーん、人を嫌いにならずに育ってくれればいいねえ。

月曜。“マイブラ見てええええ”ってことばっかり考えて前日なかなか眠れなかったのだけれど、身体が感覚を覚え始めたのか、早く目覚められました。ランニング期間を考えれば、25日の昼になら苗場行っちゃえ的な決断出来るのではないか!?と期待し始めてしまってます。…とか思ってたら、月曜日にキヨシローキャンセルの報…。率直なところ「枠どうすんの?」ってところになるわけで…。「前日出演する海外アーティストか、日本人で交渉中」から妄想すると、SET STOCKに名前のないGREENクラスの日本人となると…、民生、アジカンコーネリアス東京事変あたりか、復活ミッシェル、ブランキー、ハイスタとかそれぐらいでしょ(笑)、正直。

永ちゃんとかみたいな大御所はバックバンドのスケジュールがもう抑えらんないと思うんだよ。あとはボアとかスカパラは去年出てるしなあ。渋さもそれを求められている枠でもない気がするし…あとは電撃ネットワークぐらいかなあ(笑)そこで前日に出る海外アーティストっていっても、プライマルあたりしかつとまらなくね?って気が…したけど、もうさこの際イアンとマニが一緒にやればいいじゃん。んで"ELEPHANT STONE"とかやっちゃえばいいじゃん。という妄想。…本気で実はTBAってそれなんじゃないかと思えてきた(笑)"Where Angels Play"は、"I Only Said"と並んで、これ聴けたら泣くわーって曲。(という妄想は残念ながら外れ…)

月曜、仕事が終わった後、久々に行った街で人と会ってお茶。(都内で、)会社以外で会社(仕事)以外の人と会うのってなんかすごい久々な気がする。3ヶ月ぶりとか!?それぐらい僕には会える人、話を出来る人というのが居ないから…なんかすっごい癒された。こんな風に仕事の後に外の人と会えるのなら早寝早起きしたくなる!(とは言っても別に理由無ければなかなか会えないだろうけど…。)“大丈夫、晴れるよ。”って言ってくれたんで、きっと晴れる気がします。22時半が閉店じゃなければもっと話してしまっただろう。ともあれフジロックで会えそうな人がまた増えたのが嬉しい限り也。…って僕が行けるって決まったわけじゃないのか(笑)

今週は火曜日にほぼ徹夜(会社には泊まらず、サウナのリクライニングシートでちょっと眠った)して以降、今週は疲れがどっと…。水曜の朝は意外と元気だったんだけどなー。「たまにこういうところ泊まるのもいいよなぁ」とか、大浴場でひとっぷろ浴びた後に30分以内に会社行ってるうちは気分良くて目も覚めているからそう思えるんだよ。夕方以降死んだ(笑)何はともあれ、システム関係含めて一気に色んなものが片付いて気も抜けてそのおかげで疲れ増幅中。これでもうフェスシーズンか!早い!そいや上の人もだけど、今現在の周辺の近しい人たちは、フジ行くっつっても月曜日は貴重なフェス稼動日だとかそういうのらしく、休む間もありません。

…そんなわたくしも今年もかりだされる気満々というか、もう一気に発散するかのように音楽関係のスケジュールひきまくり…。なんだかんだでわくわくしているのですが…そんなことを思いながらふと思ったのは、なんだろうなあ。たぶん1年半前の段階では、今僕そんな風に話しているこういうことは、“この人が今後やることになるんじゃないかな”、と思っていたひとがいた。だからなんか、僕は自分を殺さなきゃいかんと。そういう先の可能性を潰すことはしちゃいかんなぁとすごく思っていた。けれど、結果的に今、そのひとはいないし、僕がそこに居る。果たしてそれって、上手くいった結果なのだろうか?そう思えていない自分が時々顔を出す。

私欲は押し殺そう、押し殺そう、って思っているのに、片方殺した分はまた別のものが増幅しちゃう。去年の初夏あたりで1週間で一気に気分が変わった時なんか、やっぱあれこそ反動だったんだよな。結局自分だってエゴイストなんだよなあ。判断誤って後ろを振り返るわけじゃないんだけど、果たして上手くいった結果がこれなのか?というのは問わなきゃいけないな、って思う。いくら話をもらってテンション上がっていようが…ね。この辺なんか上手く言えないんだけど、僕の夢はきっともう叶ってしまっていて。次の夢が何かはまだ決まっていなくて、誰かの夢が僕の夢になるのだと思うのでそういうこと心を開きたいと思える人にあいたいしたい。

木曜あたり。フジ最終日のメンツに(期待抜きの)予想通り過ぎてがっくりしてしまった(笑)まぁさ、なんだかんだでグリーンのエルレの後でトリ前がつとまる日本人なんて、The Birthday…ってよりは、チバしか居ない気はするんだよ。もしくはベンジー。でもこうなるとさ、きっとTBAだったところもプライマルだったんだろうなあ。ADFもだけど…格的には充分なんだけれどさ。でも名前の大小より“使いまわし”にはガックリ来たよ(笑)せっかくのFreeTEMPOだけどもう見ずにバスで帰る方がいい気がしてきた…。むしろ初日行ければ最終日行けなくてもいいぐらい…(Ben FoldsとFutureheadsかぶってるし…)。でも今更チケット売れないしねえ。

親会社の人たちとランチ。「どのぐらいの方が別々になること知ってるんですかね?」「ん?もう皆知ってるよ」。そうなのか(笑)ちょっとしんみりしてしまって、いかんなーと思った。しかもおごってもらってしまったし。まあほんと寂しいのは寂しいんだけど、でもそれに対して気持ちが盛り下がったとしたら、「それは僕らしくないぞ!」って気がした。僕なんて絶対、「親会社とかそんなもんはクソ食らえだ」とか言いそうな人間じゃん(笑)思っているか思っていないかは別として(勿論、思っていないから寂しいんだけど)、大きなものに対するアンチテーゼでねじを巻いているというか。だから、そんなことでテンション下げてちゃいかんなと思った。

今の会社に居るとなかなか信じ難いけれど、世の中には「大卒の正社員とかマジでしねよ」みたいな環境は今だって別にあるわけでさ。で、僕はそれを言っている側なわけだよ、絶対(笑)なんか、「そうあれ」じゃないけど、そういう気持ちを抱いている人の気持ちも忘れちゃいけないよなぁというか。ほんとね、今は皆すっげえ高学歴の人ばかりでそういうの麻痺してる(笑)本人達がさ、謙遜したニュアンスで別にそんなに頑張ったわけじゃない、みたいなこと言うからさ。でも「それは余計にすごいんだよ!」ってことなんだけれど(笑)僕だって勉強頑張ったりつもりだもんなー。サボってたつもりないし…まあそういうのは結局運動神経と同じだよね…。

マジで僕は場違いなんだけれど(笑)、でも勿論仕事中にはそんなことは思っちゃいない。そういうことは帰りの公園あたりでふと思うだけであって、駅に着いて仕事にスイッチ切替わっちゃえば、ね。週末や深夜に4人ぐらいで居たりすると、そういう人たちが必要としてくれるんであれば期待に応えられるように頑張らなきゃなってことしか思えなくなるし。それが僕の居る意味、なのだと思うし。(現状は。)そういう子たちがやりたいこと出来るように、どれだけ踏み台になれるか、が僕の存在意義で。で、いつまで踏み台でいられるのだろうか?みたいなのが、自分のエゴとして、どこまでだろう?みたいなことはなんだかんだで考えちゃうんだけれど。

…そんなことを思ったきっかけは、年齢が倍ぐらい上の人と歩いていて、「この間○○の○○(忘れたけどすごい会社のすごい役職)がそこで煙草吸ってたんだよ。東大クラスじゃなきゃあんな人になれないんだろうなー」みたいなこと言ってて。んで、その人はW大OBなわけです。僕にとっちゃあどっちも雲の上の世界の話だなあと(笑)でもだから…すごいよなあって思うのは、一昔前だったら僕はこんな人とも一緒に歩いたり話せたりしなかったんだと思うよ。この人の居た会社の下請けの下請けの下請けの工場…みたいなところで働いているのが関の山だったと思う。今の時代だから、こんな僕でもこんな人と一緒に歩いて話せているんだと思う…。

まあでもなんでしょ。自我だのエゴだの言うけれど(同じだ)、でも“やりたいこと”は忘れずに持っていてほしいものだと思うし、それを言えているといいなと思う、なんか。特に僕の場合…学生の延長で社会人になっているわけではないというのもあり、“仕事をしたくてしている”んだよね。それと僕の場合通ってきているところがあれなので、「仕事したくなけりゃ何にもしなきゃいいじゃん」って言えるもん(笑)「現実はそうはいかないでしょ」って思ってるかもしれないけど、別に仕事しなくたって人と会わなくたって死なないよ?みたいなこと言えるもんなあ(笑)

なるようにしかならんし、やり直しはきくもんだって。失敗したと思ってもそれがきっとバネになるとか言えちゃうからねえ…。あとは別に僕は“仕事が出来ている”のではないし(そう思われるのは過大評価もはなはだしいところで)、それ以外の物事を大幅に犠牲にしているから、だもの。友達もいなくなってベイビーブルーとかひとりでカラオケで歌ってる人間ですし(笑)でも元々、人間関係とかを犠牲にして、むげにして、仕事に入れ込むんじゃないか、みたいなことが分かっていたから、入れ込んだ時にそれでも幸せな要素…として僕は少しでも音楽に関わる仕事がしたかったのです。何も失くしても音楽は残ってくれるんじゃないか、って思ってね。うん。

あとは音楽話。ap bank fesには姉貴も行くようなのですが(別の日)、「11時開演じゃないの?」「え、11時って毎年開場時間で14時開演でしょ?」なんて会話をしてたら、…本当に11時開演なのね。はえーよ。14時から見れればいいや…と思いつつ、今回は2名一緒に入場しなきゃいけないチケットなので友人の意向を確認する必要がある…。…ていうか何気にSUIKAの名前があることにビックリ!SUIKA見てからでも東京帰れるかなあ?バスの並び次第、なんだけど。

ap bank fesみたいなイベントだからこそ、そこで見たいなー。21:58掛川発のこだまが吉祥寺まで帰る最終の新幹線です(とか考えていたけれど今のところ20日はSUIKA見て実家でもう一泊する予定)。そして最終日の同じ時間にもポメラニアンズ×アロウズという組合せが。昨年だったか、マイスの"-ネモ-"で(僕以外に)超踊ってた人がいたことを考えても、たぶんぐっと来る人も居るだろう。というか19日のNatural Recordsを今聴いてるんですが、超良いわ。これに間に合うように帰れないかな…(Ego-Wrappin'とか小谷美紗子さんとかcopa salvoとかcutman-boocheとかサカナクションと同じ事務所。それだけでも良さそうでしょ?)。

Fromエストニアマイブラmeetsソニック・ユースなんて評された洋楽インディーなバンド、Pia Frausが来日するそう!9/15、16、O-NEST。2daysなんてやってそんな人入るのか!?なんか今年はインディーやらシューゲイザーの来日の当たり年なのだろうか。絶対行きます!Pia Frausを買ったのは掛川のCD屋さんだった。ついでにユアソンを買ったのは袋井市内の掛川寄りのお店だ(ユアソン、10月にメスカリンでやるみたい。今のユアソンにしては狭いハコ!)。なので僕は絶対地方のCD屋さんのことを忘れたくはないしそこで育つリスナーを忘れたくはないよなあと。そう思う。なんかまー別に今は僕は何をしているわけでもないけれど…。

あとね、Gang Gang Danceって洋楽のバンド(Battlesとかと対バンしているみたい。音もバトルズっぽい。)が何故か浜松でライヴやるみたい。70人とかのハコで(笑)9/17、ROCK BAR LUCREZIA。絶対二度と無いし見たくてもきっと次はフジのホワイトステージとかレッドマーキーだと思うので静岡の音楽ファンは見逃すな!(マジで!)こんな情報、きっと浜松のタウン・フリーペーパーになんて載らない(笑)あとは9月はモーサムも浜松でやるみたいね。今の浜松ライヴシーンは一体どれだけ人入ってるんでしょ?前述のgroup_inouの話もそうだけど、友人曰くジンも全然人入っていなかったらしいし、バインも売り切れていないみたいだったし…。

そんなこんなで今週も終わり。週末は帰省です。思ったよりも余裕が出来たので、2泊3日で帰ろうと思います(今年の8月は帰省無し)。ところで、今更ながらカート・コバーンって2月20日生まれなのね。長嶋茂雄名誉終身監督と同じだ!でも、時差で計算したらカート・コバーンは日本時間で言うと2月21日生まれみたいよ。わざわざ生まれた時間を調べて計算してみたら(笑)そういう話をカート・コバーン大好きな友人にでもしてみよう(笑)カートと一緒に僕を祝え、と(笑)時間が出来たら八高線に乗ってみたい。それでどこでも降りずに、湘南新宿ラインで新宿まで戻って来て、定期区間内で下車してみたい。(特別乗車区とかそんなやつで)