メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

FUJI ROCK FESTIVAL'08 3日目 @ 新潟県苗場スキー場

airgyan2008-07-27
てゆーことで“また行ってきた”。また書きます。以下メモ。

  • 寝坊。新幹線乗る夢とかオアシス歩く夢とか見て二度寝三度寝。
  • 初日があれだったので疲れていたんだとは思うけど。
  • 苗場着が14時…本当はRiddim Saunterから見る気満々だったのに。
  • たぶん1日目来ちゃって、ちょっともう満たされていたのかも。
  • オアシスでいきなり知っている人と会えたので、こりゃ今日は人と会えるかな?と思ったけど、その後の雨のせいで皆も僕もレインウェア姿になり、これじゃもう人の判別なんて出来ません。雨やんでる時に初日に会った人一人には会えたけど、もうそれだけだった。寂しいなあ。(滞在時間も短かったので連絡も殆どせず)
  • ジェイコブ・ディランをちら見、ミステリー・ジェッツちら見、ここで雨が降ってきてレインコート着て。Janet Kleinちら見、SEASICK STEVEちら見、とそんな風にちら見の連続でオレンジコートへ。とはいっても来たかっただけで別に見る目的じゃないので、友部正人with三宅伸治さんもちら見。
  • 奇跡の卵かけごはんは黄身が二つ!
  • ここで雨が本降り。結構雨に対して無防備な人が多かったのは、エルレ効果なのかなあ…?携帯とか大丈夫だったんだろうか…という心配。
  • この日一番の残念なかぶりはFUTUREHEADSとBEN FOLDS。でもせっかくこっち側来ちゃったので(たぶん朝からちゃんと来れていればこっち来ずにFOALS見てた)、FUTUREHEADSも開始だけ見る。"Walking Backyard"、"Decent Days And Nights"、"Radio Heart"まで見た。うーむ、やっぱしかっこいい。だけど結構ガラガラ。もっと人気あってもいいと思うんだけどなー。avex洋楽ってイメージが受けが良くないのか…なんてことは無いのかもしれないけど、でも他の大きなステージや遅くの時間に出ているバンドにこんなに水を明けられるバンドではないと思うのだけれどなあ。
  • とか言いつつ僕もBEN FOLDSへ行くのですが。エニー・ウェイツあたりはもちろん、PhilosophyとかARMYとかが聴けるとは!そして、更に、ポスタル・サーヴィスの"SUCH GREAT HEIGHTS"のカヴァー!うわー、あの曲がこんな風になるなんて。というか、ポスタル・サーヴィスの曲がフジロックのグリーンで聴けるだなんて!!
  • とか色々名曲披露してくれて素晴らしかったのですが、それ以上に最高だったのは、The Go! Team。昨年のベスト・ライヴの一つに挙げているので良いに決まってるのですが、"The Power Is On"、"Grip Like a Vice"、"Fake ID"、"THE WRATH OF MARCIE"、"Junior Kickstart"、"Ladyflash"、"Huddle Information"、"Do It Alright"、"KEYS TO THE CITY"。
  • 相変わらず、オナノコー!オトコノコー!トベ!と一言一言に場内盛り上がりまくり。外が大雨でレッドに避難してきた人は少なくなかっただろうけど、でもこの盛り上がりは本物。ていうか普通に外の大きなステージが充分つとまったと思うけれど。今日の一番はこれ。
  • ツチダカオリさんが素敵過ぎる。
  • 僕の頭の上でカンガルーが超踊ってた。(イギリスのかたの仕業である)
  • GREENでELLEGARDEN。"Missing"、"Salamander"、"Red Hot"、"ジターバグ"しかわからないけど、なんでバカにされるのかわからないなぁと思うぐらい、かっこよかった。特に"ジターバグ"、このフジロックで最後に演奏された意味っていうのがすごくよかったなぁと思って。
  • ビークルへ行こうかなあ…と思っていたのだけれど、エルレが終わってレッドへ駆け出すキッズたちを見て、さっきの混み具合を考えても、やめるかーと思い。まあマグロックでも見たしね。
  • THE BREEDERSへ。わあ、キム・ディールだ!というより、虹が!
  • ちら見で3曲聴いた程度で菊地成孔ダブ・セクセットへ。DCPRG以外の菊地さんは3年弱ぶり(その時はクインテット)。うーん、フジロックに似合わない黒服。ジャズ。でもこれだけ足場の悪いオレンジにこれだけ人が集まっていたのだから、フジロッカーズに人気があるんだろう菊地さんは。というかフジのこの時間に出るジャズメンも菊地さんしか居ないだろうけど。
  • だからなんだかんだで、ROVOとかDCPRGとか渋さとかあの辺が好きな人が菊地さんを見に来てるんだろうねえ。菊地さんも程ほどに、この日はもう帰るためにグリーン方面へ戻る。THE BIRTHDAYをちら見。ベースの人は僕とタメなのだから、それでグリーンに立っているんだからすごいよね。
  • CSSの前に人と会おうとしてたけどもうCSSもはじまりそうだったんで断念。バス並びへ。
  • 会場を出る時、シャトルバスに乗るまで90分掛かる…というアナウンスがされていて、90分掛かるんじゃもう最終の新幹線(22:22のMaxとき)にすら間に合わないじゃん!と焦る。一昨年はこの時間ぐらいに並んで21時30分のたにがわに乗れていた気がしたのだけれど…。
  • 一瞬、結局会場に残ることを覚悟したけど(笑)、90分のアナウンスが60分に変わったので。60分ならまだいける!と思い並んでみる。
  • そしたら「タクシー相乗りしませんかー?」と言っている女性が居たので「しますよー」と申し出てみる。4人集まったものの、タクシーがつかまらず…。
  • タクシー、見た目は結構ライトがついたのが走っているんだけど、ついているのに手を挙げても止まってくれなくて。しかも時には人が乗ってたりして。じゃあ消せよ、っていう(笑)
  • 交番できいてタクシー会社に電話してみたら「予約でいっぱいなんですよ」なるほどね…。断念してやっぱりバス並び。
  • なにはともあれバスにも思ったより早く乗れて、時間には余裕がある状態で越後湯沢にも着けたので。よかった。
  • でも一緒にタクシー探した安藤裕子似の阿佐ヶ谷在住だというおねえさんは知り合いの車をキャッチ出来たとのことで、バス乗る前にお別れ。中央線で一緒に帰れるかなーと一瞬思ったんだけど(笑)
  • 2年前に人が言っていた通り、最終のMaxときは座れる気配はなく、通路に折り畳み椅子を置いて座ることに…。丁度今日はビッグスワンで新潟対札幌がナイトゲームであって。幸い、サポとがっつりかぶったってことはなかったけれど。うーん、たにがわなら余裕で座れるのだけれどな…。
  • 通路に寝転がっていた人がいたのはどうかと思ったけど…
  • 23時40分頃に東京ついたのかな?いつもの中央線のホームへ。そして0時20分頃にたぶん吉祥寺着。13時間前のいつもの景色です!
  • そんなんなので今年のフジロックは例年と比べれば、非日常を感じることが出来なかった…。
  • 滞在時間が短かったのも含めて、やっぱなんだかんだで不完全燃焼。人も全然会えずだし。
  • とは言え、じゃあ来年3日いけるのかっていうと、なんかそうではない気がする…ので(来年どうなっているかなんてわかんないし)、うーん、1日を目一杯楽しめるようになりたい(って前回も書いてるけど)。
  • メンツがどうあれ、来年は2日目には行きたいな。で、3日目を休養日にあてられたらいい。あとやっぱ起きれないなと思ったのでキャンプがしたいな(笑)
  • でももうこれでフジロックが1年無いんだなと思うと、やっぱ寂しいな。
  • 3日目は雨で大道芸が見れなかったから余計に物足りなかったよ。
  • 虚しい虚しい書いているけど、まあこれで変なこだわりから解き放たれて、早く恋愛出来たらよいな…。あのおねえさんともし中央線で一緒に帰ってきたら僕は恋に落ちたのだろうか。(ど妄想)
  • 3週間で4往復(8回)分も新幹線乗って一体僕は何をしているんだろうか。

という感じでまた書きます。