メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

踊るかどうかはいつもキミ次第

木曜はsgt.を見に渋谷のApple Store行きたかったけど仕事が終われず行けなかった。まとめて書くつもりだった今週の色々をやっぱし今日のエントリとして。朝、井の頭公園の池の真ん中のところで気持ち良さそうに寝ていた猫。一緒にぼけーっとしていたいけど。今日は良い天気だったな。月曜はすてきな人からお話を伺う機会があり、一緒にいい笑顔で写真にもおさまるったのだけれど(前回のからコピペ)、妙に気疲れ。そして火曜に体調崩して頭痛がおさまらず(朝霧前なのに…)。本当は休みたかったけどやらなきゃいけないことが幾つかあったので夕方から少しだけ出社。

そんなだから火曜の通勤時間は学生の下校時間。私服の中学生に紛れても背の高さだけだと違和感が無い(笑)…でも僕の中学生の時なんて(授業は15時台に終わっても)皆部活をやっていたもんだけどなあ。東京の学校のグラウンドじゃ出来ないのか。通勤(と言っても夕方の)電車で向かいに座っていた女性が、バッグから取り出して操作していたのは…MD!以前も“隣に座っていたおしゃれ風な女性がMDを入替えていてぐっときた”みたいなことを書いたことがある気がしますが、MDを入替える人を見たのはそれ以来だと思う。目の悪い僕には電車の向かいに座った人の顔なんて完全にぼやけて見えないのですが、髪形・服装も普通にかわいい感じで…大学生ぐらいかなあ、と思ったけれど…今の大学生でもまだMDって馴染みがあったものなのか!?高校生の頃にはもうiPodが超流行だったろうに。

水曜。昼休みに“雨じゃない日に行こう”と思っていた浜離宮へ自転車で足を伸ばしてみる。そしたら都民の日で入園無料だった。ラッキー。ていうか都民の日って何?と思って検索したら、10月1日自体がそうなのね。美術館や博物館でも中には無料になるところがあったのだとか…それを知っていたら他のところへも行けばよかった気も。昨年新橋に来てすぐの桜の時期にも浜離宮へ来たけれど、来たのはそれ以来。改めて中に入ってみて…こんな緑や木と、対照的な高層ビル群のコントラストは面白い。でもやっぱり、僕はこっちの方が安心するな。あんな建物は嫌いだ。猫に6匹ぐらい遭遇。こんなところに暮らしている猫はいいね。

Spangle Call Lilli Lineの新譜はこんな曇りの日の散歩によく合う。感傷的な気分にしかなれんけど。こんな場所を散歩するのが本当に大好きだ。うーん、誰かと歩けなかったもんだろうか。と考えて沈む。でもそんなことを考え出さなきゃ(笑)、無になれる場所。…昼休みも一応勤務時間中なんだから、無になるなって気もするけど…なんかほんと…以前は“200%頑張る”とか言っていたのに。それが今は…40%ぐらいだろうか?それっぐらい、色んなことがどうでもよくなって来ている。心ここにあらずって感じで…。岡村ちゃん風に言うと、どぉなっちゃってんだよ。って感じなんだけれど、このテンションで引っ張っても何の為にもならないかな。

でもなんか今は…前の会社辞める時までのようなダークダークしてる感じとは違って(笑)、(別に何かまだ具体的に何かあるわけじゃないから過去形にするのもおかしいんだけど、)うーんでもほんとすごく楽しかったなあ。色んな人と、色んな音楽好きと出会えて、嬉しかったなあ。幸せだったなあ。という感じで。“夢みたいだった”というのは、大袈裟じゃないんだよね。というのも、たとえばの話、なんでうちの若い子はこんなによく居留守使うんだろ、って思って…別に全然良いんだけど、でも相手は別に“怖い人”じゃないわけでしょ?って思ったの(笑)まあ、怖い人だったら怖い人で居留守なんて逆に使えないんだけどさー…みたく思う僕の基準ってやっぱきっとずれていて。ほんと、良い夢見させてもらったなあ。ってのは、率直な思い。今後何が待っているがわからないけど…駄目で元々。ということかな!

水曜は井の頭線。先日も書いたけど…渋谷乗換っていいなあ(笑)ちょっと遅いぐらいでも、TOWERもHMVも寄れるもんねえ。水曜のHMVのダブルポイントでZUMREEDの新しいヘッドフォン買った。3,990円。なので、キリの良い数字にする為にもう1つ買うCDを色々迷う。40分ぐらい迷った…。1,590円の輸入盤でいいのがなくて…フラテリスの新譜が1,090円とすごく安かったので揺れたけど、でもそんなフラテリス好きじゃなかったので…結局邦楽インディーのところからColor Filterを買いました(昨年リリースの新譜を買っていなかったので)。うーん、来週まで待ってthe chef cooks me買えばよかったかな。あと、曽我部恵一ランデヴーバンドのアルバムが500円で叩き売られていました。なんでまた。数量限定とは言え。勿論買っちゃったよ。同じく500円であったFrontier Backyardと一緒に。

松屋が牛丼並300円。普段はあまり肉を食わない僕でも、こういう時ばかりは牛丼チェーンに足を伸ばします(先月のすきやも)。そろそろ朝霧JAMの準備をし始めなきゃなあと思って、まず大き目の荷物…リュックやらキャリーカートやら寝袋やらを収納から出す。…でも結局キャンプとかテントを張るのって昨年の朝霧以来。なので、この間に何か無くなったとかそういうことはきっと無いはずだし、何か新たに必要となるものって特段無いはず。ああ、1年って早いなあ…。ところで、今月の“音楽主義”は、夏フェス特集。それを読んでいて、うーん僕も徐々にフェス熱は冷めていくのだろうなあ…と考えさせられた(そんな友人もすでに居るし)。

思えば、2005年以降の僕は完全に野外フェス・ジャンキーで、野外フェスを中心に1年が回っていた。ひとりでRock On The Rock行って、ひとりでap bank fes行って、ひとりでサマソニ行って、ひとりで朝霧行って、ひとりでフジロック行って、ひとりでライジングサン行って……ああ寂しい人間だなあ……とかそれを言いたいのではなく(笑)、ひとりでもそれだけ行くぐらいハマったし、エネルギー注ぎ込んでいた。でも最初ひとりでROR行った時とは色々状況も変わったなあと。あの時は、bonobosクラムボンって言って通じる人間は、ほんと1人しか居なかった!でも今はもうそうじゃない。音楽に詳しい知人、音楽絡みの知人が、ほんと増えた。

…でもひとりで行ってしまうのは、…僕という人間に問題があるということだけど(笑)でももっと上手く、自分は弱いんだ、って見せ方をすることも、きっと出来たのかもしれない…なんて言うか…Fishmansの"うまく歩けないよ"という曲で歌われているような、“君がいなけりゃ歩けないよ きっと一人じゃ歩けないさ”っていう世界観を本当は僕もそっち側だ、って思っていたんだけれどさ。現実的に、“君”が居ない中でも、人生って続いていくんだなあ、っていう…君じゃなければ、ひとりの方がいいや。って割切りだった、んだよねきっと。今日のエントリのタイトルは、PLATONの"アンダーザミラーボール"という曲の一節。良い言葉だなぁ、と思って。“左右されない”と思っていたって、でも内心は誰かの行動によって、すっごく流されていたり揺られていたりしているし本当はそれを求めている。ような気がする。


ところで先日。「はてなスターを付けられないので…」という風に、たぶんこのブログからリンクの貼られている唯一のメッセージ手段であるLast.fmを通して、メッセージを頂きました。メールアドレスを載せたこともないし、コメント欄も無いし、スターも無いし、mixiへのリンクも貼ったりしないし、“あるとしたらここかなぁ”とは思っていたけど、わざわざそこからメッセージを頂くのは、(今更ながら)初めてで。Last.fmに登録してリンク貼ったのが2006年2月ぐらいなので、2年半経ってようやく(笑)まあ、別にそういうのを欲しがっていないからそういう機能や手段を全て取っ払っているわけなんだけれど、いざ頂くと、素直に嬉しかったです。

嬉しかったけど、でもまあ別に“やっぱりそうやってレスポンスがあると嬉しいよな!だからメッセージ残せる何かを設定しよう”みたくなるかと言うと、全くそうは思わないわけで…。“ああ、スターってそんな使われてるんだ?”って思ったのを含め、なんでそれを設定しようと思わないかなどをこれを機に綴ってみたいと思います。はてなスターに関しては機能が付いたその次の日ぐらいに消したわけだけど(ここら参照)、この時はちょっと怒ってるようなテンションで書いているんだけど(笑)、“今となっても付けたいと思わないこと”を冷静に細かく書くと。一番の理由としては“そのレスポンスに自分の書く気持ちや方向を左右されたくない”という部分。

“何年後かの自分に書き残そう”とした時に、極力その時々の自分にとってリアルであったことをなるべく包み隠さず残していたくて。まあ最近は色々隠し隠し書いている部分も多いんだけれど、なるべくそれを左右する要素は減らしていたいと。(←この時点で「じゃー別に公開せずに書けばいいじゃん」って話なんだけど、“それじゃつまらない!”ので、10年間同じように、極力オープンにはしていたいのです。それは第二の前提でもある。んで…いくら、気持ちで“(反応に)左右されたくない”と思っていても、いざ機能として存在しちゃうと、絶対人って反応に左右されると思うんだよ。だから最初からそれを遮断する為に、機能として外した。

だから…場合によってはさ、良い反応してくれている人を題材に(笑)、その人のような人を批判するようなことを書くかもしれない。というか、書いちゃってたんだよね、たぶん昔(笑)僕の中では別に個人攻撃とかでなく思ったことを書きたいだけでも、勿論それは悪口にしか見えなくなるわけで…。そこで「じゃぁ書かなきゃいいじゃん」と言う方を選択するのではなく、「じゃぁそういう人が居なければいい」みたいな方を選択した、というわけですね。“所詮、Web上のコミュニケーションだ”という判断をしたわけ。…でも僕としては、“そんな風に思っている”ことすら知られるのが、面白いんじゃないかなあ…と思ったりもするんだけどね。

あとは…はてなスターの“記事毎に評価される”のが嫌だと思った。“良いエントリを書いている”ことがある種使命や価値観になっているブログってあると思うんだけれど…僕はそういうんじゃないし、このブログの大きな軸は“サッカー”“音楽”と二つあると思うのだけれど。僕の中では、ジュビロにまつわるエントリが正直言って一番力入ってるんだけどさ(笑)、たぶんこのブログを見ている人って、どちらかと言えば音楽の話の方に親近感を沸いている人の方が多いんじゃないかなあ(とは、昔から思っていて)。そういう時、ジュビロの観戦レポは全然星付かないのに、なんか普通のライヴレポに星が付いたりしたら、嫌だなあと思うんだよ(笑)

ザ・カスタネッツの"うつつの世界"と言う曲に“毎日に名前つけて まるごと抱きしめている”なんてフレーズがあるのですが、なんかそんな感じで記事毎の思い入れの差は無いわけだから(そして、繋がっているから)。…仕事で書いたことがあったような記事には、記事毎に思い入れがあるし、はてなブックマークがあるとかないとかで一喜一憂するんだけど(笑)ブログはそうではないし、…なんかさ、猫の画像載せたらスターがたくさん付くのだとか、僕のブログではしたいと思わないわけで(笑)←こういうの、先に書いてたことの良い例なんだけど(笑)別に他のブログに矢を向けているわけではなくて、“僕はしたくない”だけという話なんだけれど…。

以前からブログによく猫の画像は載せているけど、なんか…そういうのを狙っているわけではないし(今日もだ)、逆にそういう傾向が見えちゃうと、“狙うようになっちゃう”かもしれないし…逆にそう思われるかもしれない。そういうのが嫌だからね。先日“高校生の頃に書いていた日記はその日の気分を天気で選択した”なんてことを書きましたが、16歳男子が沈んだような日記を書けば、ポジティヴな時よりも…メールをもらえるわけ。とんでもないかまってちゃんなのですが(笑)だから、高校生の時のそういう下地があって…“そうやって、書くことを操作してしまうようなことが嫌だな”と思って。そしてゼロから、レスポンス付けられない(反応を受けない)環境で、このブログの前身となるWeb日記を(再び)書き始めたのが6年前。それは、2年間でアクセス数は5桁いかなかったんじゃないかな…?(忘れたけど)

今と比べればほんと少ないんだけど、でもやっぱアクセス数が増えていくのは嬉しかったし、そして今のアクセス数はひと月で5桁いくか/いかないかぐらい。言葉での反応が無くても、そういった数字は何よりの反応だと思う!アンテナ登録数とかさ(←ちょっと気にしている。笑)。先日のタヒチの時に、何年か前の日記を振り返って見てみて、面白いな〜って思ったけどさ、やっぱりぶれない軸はそこだなあ。あそこまでのことを書いているから、後で見て面白い。だから出来るだけ正直なことを書いていたいな。良く思われるようなことを書こうとは思っていないから…“見なければよかった、見ない方がよかった”と思われるようなことを書きたい(笑)でも…“それ”を覗けることが、面白いと思ってもらえるのなら、それは嬉しいことだなあと思います。そして、良いレスポンスは、やっぱ嬉しかった。ってこと(笑)


金曜。帰りに元会社のかたのオフィス移転パーティーなるものへ。お酒は別の人たちとまとめてお金出して買ったけど一緒に行くわけではなく、手ぶらもなあ…と思ったので、近くのスタバでお菓子詰め合わせを用意。なんとなく僕らしい。なんというか色々大きな会社のかたとお会いすることになった。以前会ったことがある人にも覚えていてもらって嬉しく。久しぶりに会うかたも、んー相変わらずかわいらしいなーとか思ったり。でもそこそこ酔いつつ帰ってきて、あれはたぶん夢みたいなもんだって。もう二度と会わないかもしれない。さっきまでの笑顔も完全に醒めている。そういえば2年前のこの頃も、沈んだ気持ちで外苑前から千駄ヶ谷へ歩いた。

その後、希望と思えるものに出会えたのは確かで、今はそれがない。昼間に社外の打合せですごく前向きなことも話していたのに、ハロー、ハロー、ハロー、なんて歌も聴いていたのに。でもそれは自分の心と矛盾している。ウソをついているわけでもないけど。それも僕だしこれも僕だけど。でもそんな笑顔だって出来るようになった。別にフリーになれるなんて思っていないし、無職になるだけだってわかっている。でもそれでいい。優柔不断な僕には、強引に何か変えようとしないと、グズグズしてしまうから(笑)疲れたな。離れたいな。さよなら、さよなら、バイバイ、バイバイ。って思ったって、君に会いたいな。でも、会えないかな。寂しいね。届かないということは、こんなに悲しいもんなんだな。数時間後には朝霧。それも夢みたいな時間だって、楽しみにしている。日曜は雨かな。今年は早めの撤収になるかな。