メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

THE ZUTONS @ 渋谷O-EAST とか

今年のフジロックでも来日したリヴァプールDELTASONIC(コーラル、来月SONYからベスト出るんだね…)のTHE ZUTONSのライヴへ行って来ました。フジロックの後にニュー・アルバム("You Can Do Anything")をリリースしたので、今回はそのリリース・ツアーというような位置付けになるのだと思う。今年のフジロックはちょうど行っていない2日目に出演していたわけだけど、2006年のフジロックにレッド・マーキーのトリだったり、その後AXでの単独とかもあったみたいだけど。見たのは初めてでした。画像はセットリストを見せてもらったので写メで撮ったもの。

今日は会社のかたと。会社のかたは今年のフジロックズートンズを見たので、「アビちゃんがすごい人気だった〜」なんて話をしていて、「僕はああいうタイプはそんなに好きじゃないんですよねぇ」みたいなところから(笑)、「洋楽のどの女性アーティストがかわいいか」みたいな話になり。色々な名前が挙がったけれど「あんまりそう思わなかった」というのが多く。「サブウェイズとかどうですか?」「うーん、それもそこまで…って感じですねえ」「大体どんな子がいいんですか?」「うーん…色白でひ弱そうな子かなあ?」「それって血を吐きそうってことですか?(笑)」「うーん…まあ、でもそんなところになるんですかね(笑)」みたいな会話をしていた。

元々(女性の趣味や好みとして)外国人には魅力を感じないところがあるから、そういうことも全然感じてこなかったんだけど…それでもどうにかライヴ見た時にかわいいと思った女性メンバーをふと思い返すと…Pia Frausのキーボードの子、Los Campesinos!のバイオリンの子、Operator Pleaseの(脱退しちゃった)キーボードの子…ってところだろうか。全部インディー系だから通じ難いんだけれど(笑)、なんだろ…女性ミュージシャンに(ミュージシャンだけじゃなく女性のタイプとして?)、セクシーさやエロさは一切求めていないから。そういう多くのありがちなアクティヴそうな女性ミュージシャンはそんな琴線にはふれない、ということかな…。

そんなこと話しながらEASTの階段を登っていると、後ろから名前を呼ばれ。ちょうど同じ時間に到着した、元会社のかたでした(Los Campesinos!でも会った人)。3人で一緒に入場しようとして僕が一番先に入場したら、…その元会社のかたが入ってこない。あれ?しかも姿消えてる?どこいったんだ?もう中に入ったのかな?でも姿見えなかったぞ?ワープ?ともあれ姿が見えなくなってしまったので先に入る。もうライヴ開始したばかりだったので何曲見た後、そのかたが入場してくる。後から聞いたら、「ドリンク代の500円が無くって…財布に300円ぐらいしかなくてビックリした(笑)」とのこと。そんなの声掛けてくれれば貸したのに!!!(笑)

結局終わった後、「今日レポート書くのに、何曲か見逃しちゃったよー…」って感じだったので…(しかも戻ってくるの結構遅かったから、ampmよりも遠くへ行った…?)なんというか、そういうところぐらい頼りにされるような人間にならんと駄目だな、と(笑)もしくは、最初に入るんなら「3人分です」とか言って払っちゃうのが大人の男性なんだろうか?とかなんか帰り道に考えていた(笑)僕らしくない行動だよなぁって思うけど(笑)その後は別々に動いて会社の人と自分は前の方に行ったのだけれど、途中ふと後ろ見たらちょうどその人も居て。ふたりして目が悪いから「あ!(笑)」みたくなり。目が悪いのに普段は眼鏡掛けない、けどライヴの時には眼鏡を掛けるのとか、フロアの右の奥の方に行くところとか、行動パターンが似ている。今日は他にもライヴ中に人が居ることに気付いて軽く会釈したり。

さて、ライヴの感想はその人がライヴ後に神経研ぎすまして書いたものを参考にしつつゆるゆると思い出しつつ書きたい(笑)勿論、とても良いライヴだったわけだけれど(ズートンズのライヴは良い!っていうのがなんだかすごくわかった!)。メンバーの並びが良いよね。アビちゃんがサックスなのに前に居るところ?ヴォーカルのデヴィッドは、眼鏡掛けずに見ていると…マキシマムザ亮君に見えてくるから不思議(笑)そういえば、ズートンズは「(英語の)訛りがきつい」と以前誰かが言っていて…。訛りだろうがなんだろうが英語が聴き取れない僕には同じなのですが、でもMC聴いててなんとなくそれがわかった気がする。普段より聴き取り難かったから。それでもフロアとの距離感や雰囲気がとても良くて…アンコールの3曲を終えた後の大団円!って感じがこの日のライヴの良さを物語っていたかなと。

それ以外、木曜から土曜の日記。前回の日記で、トクマルシューゴについて「GOMES THE HITMANの山田さんの…」なんて“ごく普通のように”書いているけど、そもそも社会復帰してから(←ぼかしたいけどこの表現以上にしっくり来る言葉が無い)、ゴメスを知っている人は2人しか出会っていないので(笑)、その時点でポカーンってなっちゃうよな(笑)そしてその二人はともにピロウズ好きで且つ、僕の97-99年頃の青春時代に聴いた音楽の話が一番出来た人たち。まーそのうち一人はメールの返事が来なかったわけで(以下略)。なーんてことを考えながら帰りの電車でJUICE MAGAZINEを読んでいたら、10月のライヴスケジュールの中で飛び込んできた名前は、Ca-P!大好きだった(けど売っちゃった)ピクシーズ・トリビュートの1曲目を飾っていた青森出身のシューゲイザーバンド。まだやっていたんだー。

このトリビュートのメンツが今となっては豪華、ってことは以前も書いた。今となっては「ビークルとかモーサムとか」って言っちゃうけど、あの作品を買った時に一番好きだったのはNAHTだったんだよなー。その次がビークルで、あの"Debaser"がずっとまた聴きたくって…先月再会した、上記のうちの一人ならこのアルバム持ってそう、絶対。と思ってメールしてみたら「持ってるはずだけどここ数年見つからなくて」。…数年って表現が果てしなさを感じる(笑)Ca-Pねー、CDも持っていたな。そのCDをあげたのがその茅場町に勤めてる友人だったっけ。見に行きたいけど25日じゃ無理だ。EGO-WRAPPIN'も行きたい…のにフットサルを優先しそうな自分。

そんなことを考えていた木曜は午前中に直行で横浜へ。こんな時間に東横線に乗るのは初めて。急行だったんだけど日吉で降りていく若者が多かった。ああ見えて皆天才的に頭良いわけだよなー。とか思いながら(笑)打合せ後、ひょんなことから3社で昼飯。変な空気だったけど、外の人と話すのは色々得るものがあって楽しいな。その人の意外な一面を知ることが出来たりするし。違うんだなーと感じたひとつ。「うちは残業って概念が無いので」「終電とかまで普通に働きますし」なんて言うと、ええーっ?みたいな反応をされたり、「でも前の会社では普通に午前2時3時まで働いてましたからねえ」なんて言うと、更にええーっ?みたいな反応になり。

まあでもなんだろうねえ。少なくとも今の会社では、それが嫌だって思ったことなんて殆ど無いよな。無いことは無いと思うけど、でも一番忙しくしていた頃が一番楽しかった気がするんだよな、落ち着いている今となると。前回の日記の中で「給料安いんでしょ?」ってなこと言われているけど、でも別にそれが理由で動きたいとは思わない、というのは当然あって。それは前の会社で「お金の為ならなんでもいいの?」っていうジレンマがずっと感じて仕事していたからだと思う。当然男性という立場である以上、歳を取るごとにそれなりにシビアに考えるようにはなるけれども、まあどうやら来年結婚するようになるわけでもないからさ(笑)今はまだね。

職種的にはもっともらおうと思えば当然もらえるとは思っているけれど、それ以上のお金じゃ得られない機会を本当に多く得られているから、今は。でも自分ではここまで積んだ実績が、すごいのかそうでないのかはよくわからない。思ったよりすごい気もするし、でも基本的に自信はないから、そんな風に普段思うことなんて全く無いし。でも色々なことに積極的に手を挙げたからこそ、この期間でそれ相応のの経験は得られたのではないかな〜という気がする。で、えーと、なんだっけ。それを考えていたのは夜で…そう、横浜。場所が何故か中華街だったんだけど、中華街は初めて歩いた。いい天気だったしほんとはなんかもっと散歩でもしたかった…。

帰社時は横浜乗換。トイレへ行きたくって、新しくなったモアーズへ。モアーズのトイレがめちゃくちゃオシャレ&多機能になってた。「やっぱきれいなトイレがいいじゃん」みたいなトイレトークはまたいつか書く。横浜から新橋までが、(東海道線で)3駅だけなのに思ったより遠い。こんな遠かったっけ。…こんな遠いのに、前は夜横浜でライヴ見た後、会社戻ったりしていたっけな――なんて考え始めてしまって切なくなった。そう、なんかいちいちせつなくなっちゃうんだよね、なんでも。本当は、もともとが必要以上に忙しなくしていただけで、今がちょうどいいぐらいなのかもしれない。今ぐらいが、健全に生活出来るぐらいなのかもしれない。

だけど…どうしたって、ここに居る以上、「なんであんなに頑張れていたんだろ?」と思っちゃう。殻を破りたくて、壁を破りたくって、仕方が無かった、のかな。渋谷のライヴだったら当たり前のように戻っていたりしたんだよ…信じられないよね、なんか(笑)でもぎりぎりまで弓を引けば…僕にも何か撃てるんじゃないか…って信じていたんだよね。撃てたかそうでないかは、自分というより、僕を見てくれていた人たち次第なのかもしれないけれど。なんてことを考えているうちに新橋へ到着。戻ったら思ったよりも色んなメールが来ててあれこれこなして久々に結構な集中力が求められた一日。にしても改めて、色んなことをこなしていると思った…。

THE PREDATORS、結構CM流れているなあ(深夜のフジだけか?同じく深夜にC1000レモンウォーターのCMがよく流れるのは、肌に悪いと知っていながら夜更かししてしまう女性向けなのかな…)。上記ピロウズファンの方が横浜BLITZでのプレデターズのライヴのチケがとれたそうなので一緒に行くことに。行けると思ってなかったからなんだかんだですげー楽しみだったりする。…って、よく考えたら11/9ってスターレッツもmonobrightもあるんだった!忘れてた!まあ…スターレッツはその他の2日間見るわけだし…monobrightはなあ…見に行きたかったけど…また見れるだろう。ていうか、ピロウズ@ブリッツをさ。赤坂なら会社から近いしいいなーとか思ったんだけどさ。…12月15日にはもう新橋じゃないわけか(笑)うわあ、実感沸かない。移転したら赤坂なんて超行き辛くなるよ。嫌だなー…。


土曜日。11時半から大崎でフットサル。先週と同じ会場であり、こないだの野球に続き午前中から運動だなんて、健康的。ズートンズの話の中で「ひ弱そうな子がいい」とか言っていて、逆に言うと…僕は体格的なところでそういうところを目指したわけだけど(笑)今年も夏なのにずっとカーディガン着てたしさ(これはイコールとして夏なのにカーディガン着てる女性とか大好きなわけです)。でも僕はリアルに夏にカーディガンを必要としてしまう色白男子ではないから、「暑くない?」と言われたら正直に「暑いよ」と言っていた(笑)大きな怪我も病気もしたことないし、大豆と野菜が好きで健康そのもの。ただ風邪はすぐ引くし睡眠欲は人一倍だけど。

フットサルはいつもながら楽しく。前回と同じ、音楽を大音量で流せるコートだったのだけれど。スチャダラパーとかBoom Boom Satellitesとかあと知らないけどジャムっぽい良い感じのインストが流れていて、良いなあ。と思っていたら…親会社の女性のかたのiPodだそう。その人とは今日初めて話したぐらいで、でも一方的に名前は知っていたタメのかただったんだけれど、なんていうかさ…もう一昔前と違うわけだから、東京のちょっとファッションに気を遣った女性なら、今時未だにチャート音楽やビジュアル系聴いている…なんてことって、無いよなあ。と思った。無論、スチャやブンブンやジャムバンドだってTSUTAYAで借りれるし(笑)

僕が聴いているような音楽を聴いている人なんて居ないよなーって思っていたけれど、それって地元浜松の前の会社でのことで。しかも入った当時は一番近くて二個上で、殆ど10歳近く年上。これじゃさすがにテレビに露出が少なかったロッキンオン系を知っている人はなかなか居ない(静岡にはJAPAN COUNTDOWNも無いので)。けど、その二個上の人は(唯一)そういう音楽の話が出来たし、今もフェスへ一緒に行く友人もそうだった。その後行ってた学校の人を思い返しても、年齢が近い人は普通に渋さとかテナーとかビークルとかゴーイングとか好きだったもんなあ。(ちょうどアジカンが大ブレイクを果たした後のタイミングではあるけど…)

ミッシェル、ブランキー、ハイスタ、Dragon Ash…みたいな流れをもろに受けたのって2つ上ぐらいからなのかなあーとすると、年齢層をそれ以降に絞って、今20代半ばとなったそういう人たちに今聴いている音楽を聞けば、意外と皆(今の)そういう系を聴いているのかもしれない(今更ラルクとか言わない気がする)。いや、前述のバンドより影響が大きかったのって実は“バンプの大ブレイク”かもしれないけど…。地方の人や男性の人はそういうものへのアンテナはそんなに強くないかもしれないけど、東京の女性って日本で一番アンテナを強く張っている人たちだと思うから。もうそういう音楽聴いている人は、特別ではないんだろうな。と思った。

話したことがないだけで意外と皆フジロックとかRIJFとかサマソニとか行っていたりしそうだなーって。実際、フットサル一緒にやってる親会社の去年の新人の子はいつも今年のフジのビニール袋に荷物を入れて来ているし、野球を一緒にやった一個年下の子はいつもRIJFのTシャツやタオルを身につけている(野球部にはそういう人が何人か居る)。他にも普段暮らす中でそういうTシャツ着ている人居るもんな。いちいち「行ったの?」とか触れないんだけど(笑。どうなんだろ、そういう話とか実はしたいものかな?)。あとライジング行ったって人も居た。そういう意味では…朝霧はまだキャンプってハードルやキャパや年齢層含めて、特別な気がする。

そうかあ、でもあれだよね。僕は大学行ってないから、Dragon Ashがブレイクしてちょっと経ったところで皆の音楽遍歴みたいなものが終わっているわけ。その後にバンプが売れて…ブルハ系が流行って…モンパチが大売れして…アジカンが大ブレイクして…みたいな流れの中に、同年代と一緒に居なかったから。それ以降に大学みたいなところで人と接していた人たちは、なんかそういうところから…チャート音楽やビジュアル系から脱していったのかなあ〜?5年以上高校の同窓会の連絡とか来てないけど(笑)、高3の時にひとりで「フジロック行きたい!」とか言ってた僕だけど、今話したら皆フジロックとか知ってそうじゃない?そんな気がする。

でもだとしたら皆どこからそういう情報や音を仕入れているんだろ?フリーペーパーとかファッション誌とかでJ-POPが紹介されていることって殆ど無いよなあ、ってことは思うんだけど。でもじゃあ前述のアーティストたちがすでに特別でないとしたら、僕にとって何を聴いている人だったら特別だと思うのだろう。渋谷系かな?(笑)まあでも…ピロウズは売れたから(そういう観点では)特別じゃないかもしれないけど(でも特別だけど)、新しいファンがさほど付いていなさそうなバインとか…ゆずとかは(笑)、意外とこう…ぐっと来るポイントじゃないか?って気がした。"Lifetime"をBOOK OFFの250円で見つけると、切なくなるよねー…(笑)

で、今日のフットサルのお相手は親会社の取引先。だったのだけれど、「どっかでこの名前見たことあるよなー…」と思っていたら、…前の会社の取引先!まさかこんなところで繋がるとは。フットサルの後に皆でご飯を食べて、その席で「前の会社が○○(サイト名)のシステムをやっていた静岡の○○(社名)なんです」なんて話したら、自分が思っていたよりも「えーマジで!?」みたいなビックリした反応をされ、ちょうど担当のかたが何人か居て!共通の名前(前の会社の人)が出てきたりして(笑)、非常に楽しかった。いやあ、巡り巡るもんだなあ…。僕が居た時期からすでに担当だったそうで…「僕はそのプロジェクトじゃなかったんですけど、若かったから電話は取って“○○さんからです〜”なんて言ってたんです」「じゃぁ、もしかしたら話したことあったのかもしれないね!(笑)」なんて話をしたり。

Jリーグの話でも盛り上がって、特に湘南サポのかたは僕が見たことある湘南の試合は全て「それ行ってたよ〜!」って感じだったので。加藤大志がキレキレだった天皇杯や、佐野裕哉が試合を決めた天皇杯や。うーん、でもやっぱりそんな前の会社を…東京で知ってくれている人とこう話せるというのは、不思議なもんだなぁ。今も別に大きな会社では無いけど、でも名前を…知っている人は知っている会社だと思うのね。親会社もだけど。たぶん東京でなくても…通じる人には通じるかも。でも、前の会社は全然そういうんじゃないから…あんな田舎のね…だからこそ、嬉しかったなあ。一応は嫌になって辞めた会社なのに、やっぱ思い入れってあるね!「○○さん(前の会社の人)に、○○さんって人とフットサルしたよ、って言っとくよ(笑)」なんて言われて、お別れ。またスタジアムで会えたら良いな(入替戦!?(笑))。

フットサル終わった後、Footnikでガンバ大阪-ジュビロ磐田(大崎店は初めてだ)。ジュビロが先制したものの、逆転負け。内容はとても良いと言えたものではないし、二つともセットプレー崩れであったことを考えると勿体無い部分もあるんだけど…今のチーム状況と相手がガンバということを考えれば“惜しい試合だった”かな…?そんな中、松浦は初得点は勿論のこと、それ以外にも光るプレーが沢山!明るい話題どころじゃないぐらいのパフォーマンスの良さ。西や成岡が戻って来ても出れる保証は無いんじゃない?松浦や山本康裕はマジでジュビロの未来です。ヴェルディが大宮相手に勝利したので再びジュビロ降格圏内だけれど(16位)、なんというか残留するチームにはラッキーボーイが居る気がする。松浦にはそんな期待を掛けてしまう。来週も豊スタへ行けなくてもまたこんな風にどっかで見ます。

友人のmixiのアルバムにアップされてた朝霧の写真に、ジュビロユニの僕が子供とサッカーで1対1になっている画像があった。その後抜かれて得点されたやつかな(笑)これなんかいいなと思ったので切り取って載せたい。その他のかたの撮った画像を見て、今回はほんと髪が茶色くなってんだな〜と思った…。こうして画像で改めて見るとさー、子供っていいよねー。でも15の時から10年間電磁波浴び続けた僕の子が男の子になる気がしない(笑。そういう人は女の子が生まれやすいという話。)そういうのって科学的にも証明されていたりするのかなー。キャッチボールとかサッカーとかしたいよなーって思っても、ねー…。そしてまた他の友人のmixi日記に書いてあったことで、今更ながら…15、6の頃の僕がしていたことって、僕の知らないところで、人の人生に影響を及ぼしていたのかなあ、と思う。(前も書いたか)

特にあの頃ってネット初期で、且つロック初期じゃない?なんていうんだ、第一世代?(笑)今程ネットも当たり前ではなかったし、(もう特別じゃないんだなーとか上で書いているけど)こういうシーンも当たり前ではなかった。大袈裟に言うと、16歳にして結構色んな人の人生動かしていたのかもなーっていう…僕自身は田舎に居たから全然知らないんだけどさ(笑)そっから10年経って…500円のドリンク代すら貸してと言われない頼りにならない僕ですが(笑)、でも、たぶん…なんとなく描いていた目標はそれなりに達成出来ているのかもなあ、って思うよ。それは来週火曜日を終えた時点で改めてそう思うのかもしれない。その話はまた火曜日に。

帰ってきて、喉が痛い。激しく動いた後に昼間っからビール飲んで更に身体を冷やしてしまったからか。あまりひどい風邪にならなければいいなー。→寝る前は結局かなりしんどいことになって、薬飲んで熱さまシート貼って寝た。さすがに効果あって楽になったけど、まだまだしんどくて日曜は夕方まで寝てた。秋華賞荒れたなあ。そういやもう東京開催か。今年まだ行っていないから一度ぐらい行こう。夜に外出。だいぶマシになったかと思ってたけど、思ったより涼しくて…帰ってきてみるとちょっとぶり返した感。風邪は引きやすいけど、とか書いたばかりに…。札幌降格かぁ。RSRと札幌観光の日記まだ書いていないうちに。時間が経つのは早いなー。