メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

君の街は朝が来ない街だ

“誰もかれもが、ヘッドフォン耳に当てて歩く。”さて、クリスマスイヴは日付変わるまで仕事をしていたのだけれど、でも「まぁ間に合うなぁ」なんて余裕かましてたら、終電を逃しました。中央線最終に乗り継げる大崎0時42分発の新宿池袋方面の終電を。階段を降り切った瞬間に目の前で閉まるドア。さすがに仕事的に意図して徹夜した時以外では、終電を逃すのって初めてで。最初は「どうしよう…」と思ったし、とっさに“1時頃までに渋谷に辿り着ければ吉祥寺行きの深夜バスがある”ということも思い出したけど、車でも自転車でも18分で渋谷まで行くのはきっと無理だろう…と。そこで、いつも大崎と会社間の往復で乗っている自転車で、吉祥寺まで帰ってきました…。

0時45分に大崎を出て、山手通りを北上し、246を一旦西へ、その後三宿の辺りをさまよって、代沢通りに出てからはもう知った道。茶沢通りを北上して下北へ出たのが1時半頃。そこから井の頭通りに出てそのまま真っ直ぐ来るのがシンプルなところだったんだけど、“せっかくだから今まで通ったことない道通りたいな”とか思っちゃって、井の頭線の線路の横をずーっと来たりして、その中でちょっと迷ったりして、それがなければもっと早く帰って来れたかも。2時20分に井の頭公園着。1時間40分かぁ。大体予測したぐらいの時間の掛かりぶり。長旅でした…。そこからは今日は駅に自転車を置いてあったので、二台引きながら…(これが大変でした)。

最初走り始めた頃は気持ち的にも余裕だったんだけど、遅くなるにつれて寒くなってきたので(風が無いだけ楽だけど)、なんだかんだで大変でした。そしてさすがに遠い…!自転車で山手線圏内から帰ってきたのっていつ以来だろ。2年ぶりぐらいかなあ?また乗って元に戻さなきゃいけないのが面倒臭いよ…。ついこのあいだ帰省した時に磐田スタジアムまでチャリで行ったおかげで(?)身体はなまってなかったけど。でもまだ足が完治しているわけではなく(もうすぐ一ヶ月だけど…)、一体何やってんだって感じだけど(笑)まあ、日が日だけに、今夜ばかりはトナカイ気分…なんて思いながらね。時間で解決するのなら、タクシー代よりマシだと。

普通に“終電まで働いて日付を越えたクリスマスイヴ”なら、2003年とか一昨年とかもきっとそうだったんじゃないかなあって気がするけど、終電を逃して20km、1時間50分掛けて自転車で走って2時半に帰ってきたなんて記憶は、忘れられない…ある意味笑える記憶になるんじゃないかって思う。終電逃して、自転車で走り始めて、トナカイ気分だとか考えていた時はまあいいにしても。中目黒、三宿、三茶、下北とかそんな風に色んな街を走れたのもそれはそれで面白かったけど。でも、そもそも終電まで働いてしまったのは、火曜日部屋から出られず、眠れず、水曜は頭が痛くて起きれず、頭痛が治まらず、それは風邪とかそういう部分ではなくて。

何でまたこうなっちゃったかな、なんて考えてはそれがまた沈む要素になって。そんな一日の始まりだったからであって。どうにもそういった負の連鎖が治まらない。辛い。そんなことばかり色々、昨日から今日仕事中している間もなかなか頭から離れなくて、終電を逃して自転車で帰らなければいけなくなった時、ようやくそのことが頭を離れたとも言えるので(笑)悪くはない。タイトルは今年よく聴いていた曲の一つ、木下美紗都の曲のフレーズ。夜明けが長いんじゃなくて朝が来ない街なのかもしれない、なんてことを思った。だから画像は以前夜撮った猫の画像を探してみた。自転車に乗りながらピロウズの"THAT HOUSE"を聴いていて、また落ち込み。


日曜は天気良かったし暖かかったし出かけたかったけど、競馬→ガンバ×パチューカM-1マンU×キトとテレビの前から離れられませんでした。年末までにこの間し損ねた目黒通りのインテリアショップ巡りをしたいなーと思っていて。どうせ何も買わないんだけど。で、CWC決勝より3位決定戦の方が見応えあったよね。両者ともパス繋いで繋いでサイド走って走って。やはり攻撃的で面白かったパチューカを破ってのガンバの3位は価値があると思う!決勝はちゃんと見てなかったんだけど、それにしてもパクチソンは本当によーーーーーく走るねー。うーん…太田も縦横無尽のスタミナがあるはずなのにな。活かしきれていないのかなあ。

その課題は多くの日本人選手が持つ課題なんだろうけど。走れるのに止まっちゃう。そして、M-1は…毎年吉本がどうこう言われても、対吉本で本命のナイツが学会なのでは…どっこいどっこいだよなあ(笑)だから結局そんな陰謀論関係ないでしょってことで(Jリーグと違って(笑))、NONSTYLEは普通に一番面白かったと思う。今年のオンエアバトルのチャンピオン大会でやっていたネタはネタが悪かったんだと思った。趣味はあれど、特効薬的なオードリーが優勝するのもなぁ、と思ったので。多分僕が10kg太ったらNONSTYLEの右の方っぽくなるんじゃないかって気がした…。Wikiだと公称165cmだけど、ならきっと165無いんだと思う(笑)

日曜の夜眠れず。なんか、プラスのことも全部マイナス1で掛けちゃってる気分。全部自分が悪いのはわかっているんだけど、それをどうにか出来るようきびきび動けるのなら僕はこんなんじゃない。気ばかり疲れる。そんな日曜月曜。月曜、昼間は暖かかったのに、夜はマジで寒かった。罠か。月曜、帰りの山手線が空いてた。寒くて皆早く帰ったのかな?なんて思っていたけれど、それも罠だった。井の頭線の吉祥寺行き最終はホームに人が詰まりまくって、電車も多分今年一番の混み具合だったと思う…戦場だった。なんだみんな渋谷で飲んでたってことか…。僕はもう今年は忘年会の予定も誰と遊ぶ予定もないや。寂しいなあ。あとはもうCDJだけか。

でもそんなに誰かと会いたい感じでもなかったのが、ここ何日か。こんな暗い気持ちでは運も寄り付いて来ないよ。そんなこともわかっているのにな。負のスパイラル。でもそんな時だからこそ誰かに会いたい、って思えるようにはなってきたけどじゃあ誰を誘えばいいだろう。ところで井の頭公園駅近くに気になる飲み屋が出来ていたことに、ごく最近気付いた。定期が井の頭線に戻っただけで、実は結構前からあったのかもしれないけど。近くに住むピロウズ仲間のかたでも誘ってみようかねー。


前後してしまうけど25日の話。やっぱ前日寝つき悪くて相変わらずきつい。さすがに自転車に乗っていけないので電車。親会社の野球部の写真を皆で撮ったのだけれど(僕も試合に出てるので)、練習にも試合にも現れたことのない人が結構居たよ。なんだそりゃ、と思った。楽しいのになー。ついでにCDを貸したり返したり。いつもCD貸したり借りたりしている人の後ろが親会社のかわいいあの子だった。羨ましい。(でも多分人にとっては別に羨ましいようなことじゃないらしい)今日は人が帰るのが早くて、仕事がし易かった。まあそんな状態なのもあれなのだけれど、仕事を集中して出来る状態になれることは、今は少しでも前向きなことではあって。

逆に言うと、昨日今日ぐらいほんと皆とっとと早く帰ればいいのにな、と思って(笑)そうじゃない人も中には居るから…みんな幸せならいいのにねえ。僕はなんだかんだで一人で居るのが好きだし得意なのだと思う。というか、少なくとも僕は20代になってからクリスマスやイヴに特別な思い入れも思い出も出来事も何も無いわけで。別に良いことも悪いこともね。仕事していた記憶と…あとは国立でジュビロが浦和を破った記憶と(笑)それぐらいだね。あ、昨年はルナシー見に行ったっけ(笑)個人的にそういう楽しかったことはあれど、そこに誰かが居たことも、誰かを求めていたことも無いからなあ。だから“クリスマスだから”みたいなのって無いし、別に恋愛したいなーと思うとしたら別にクリスマスじゃなくてこの1年半ぐらいは毎日思っていることだし(笑。この1週間はそう思える状態ではないけど)。

クリスマスだけじゃなくて、冬だからとか夏だからとかそういう季節やタイミング的なものは全く無い。フジロックでボードウォークを手を繋いで歩きたいとか言ってたぐらいだよ(笑)もう二度と言わないけど。もう8年も恋愛してないと、動く手段すらわかんないわけですね。でも大抵の人は…もし今年はそうでないとしても、1年前や2年前や3年前、僕と同年代ぐらいであればどうせ大学生の頃とか恋愛に一滴でも溺れていたわけでしょ?(適当な想像ですが)。そういう人の気持ちは僕にはわかんないわけだよねえ。たとえば、当時友人は「長期休暇前になると彼女が欲しくなるんだよねえ」みたいなことを言っていたけれど。でもそれでいいじゃんね。

僕はそんな時期や季節や気分で恋愛なんて面倒臭いことしたくないけど、いちいちくどくど恋愛で自分を卑下するようなこと言いたがる人は、もっと気軽にアクション起こせばいいのになー。そういう時に、以前漫画から引用した「男女の純粋な友人関係は成り立たない」じゃないけど、むしろそうであってほしいというか。だから僕は早く周りの皆、良い相手見つけてくっついてしまってくれればいいのにって思う(笑)これは北へ西へ東へひとりでフェスへ行く僕だからこそ言うことですが(笑)、フェスとかもそうだけど利害関係無く行動出来る異性がいればそれで充分じゃん、っていうね。でもさ、なんで前の相手と別れたいと思ったんだろうねー、お互い。

僕には“別れたい”という感情が分からないので、それが分からないのです。ざっくりと家の事情とかなら分かれるのですが(実際に)。あとはたとえばの話、「良い人が居ない」みたいなこと言う人の気持ちって僕全然わかんないしなー。基準が出来てこそ出来たハードルなんだろうね。僕にはそれは…無いこと無いかもしれないけど、あってないようなものだからな。そうだなあ…今更ながら、別れたいという感情が僕はわかんないよなあ。振るっていう感情はなんでか知る機会が何度もあったけど…まあそれだから“別れたい”って感情が分かれなかったとも言えるんだろうけど…会社を辞めるようなもんなのかな?(笑)それならもう僕転職組だから(笑)

んー。僕は最後に残った連戦連敗中の駄目な子にたまらなく魅せられるような元々そんな人間だと思うので、姿を見つけやすくなるように(笑)、ほんと早く皆幸せになればいいのにね。前の記憶なんて殆ど夢や幻のようなもんだけど、でもそれに上書きされているものがない分、色々憶えていることも多くて、あの頃は“これで最後でもいいや”って思ってたけど、変な話、別に今もそう思ってしっくり来ないわけではない。そう、中途半端に別の絵を重ねるつもりが無いのは今も変わっていない。そう思う中、ようやくひとり手を伸ばしたいと思えた人が居るのなら、ほんとは…賭けでもいいからまた自分からメールしてみろ、とか思うんだけど。難しいねえ。

理由が無いとか考えてしまうと…。“理由が無くちゃすぐ会えないのなら 何か考えなきゃ”ってことだね。うん。なんだかんだでこんなことを考えたのがクリスマスならではなんだよ(笑)…みたいなことを考えていたのは、終電の中で。今日も終電まで仕事していたのだけれど、…今まで乗ることがなかった最寄駅の終電を10分遅く勘違いしていたことが発覚。なんてこった。今日は自転車が無いが為に一瞬タクシー帰りが頭を過ぎったけど、「今からタクシーで大崎に向かえば、まだ山手の終電には間に合う…!」という判断が当たり、タクシー代1万以上になるような惨劇は免れました。でも焦って大崎へ着いたものの、人身事故で電車が遅れていた。そんな焦ることもなかったか、と思いつつ、でもこんな日にも人身事故が起こっていることがなんか…刹那だなって思った。でも、紙一重なんだよなあきっと。

今回の飯島愛もそうだし、野田凪さんもそうだったのかもしれないけど…、薬の誤飲だとか…誤飲と見るしかない事故なんて…ちょっとした弾みで出来てしまうことで。苦しまずにもう起きることがないと分かるのなら、ね。吉祥寺着が1時半過ぎ。すきやでカレー食べてたら、ポルノグラフィティの"ヒトリノ夜"が流れてきて、内心超笑った。なんだこのいたずらみたいな選曲は(笑)ゆっくり食べて帰ってきたら結局今日も家へ着いたのは2時半ぐらいでした。昨日とそう変わらん。でも吉祥寺着いたあたりから、今日は昨日と打って変わって北風が物凄く強かったので。ああ、自転車で帰ってきたのが昨日でよかったと思う、マジで。今日だったらマジで泣きそうになりながら自転車こぐことになるところだった(笑)明日で今年も終わりですがやること山ほどあります。明日もみんな早く帰ってくれると僕は仕事がし易い。


金曜日で仕事納め。この日も仕事の始まりが遅かった分、最終日らしく皆が早く帰った後に集中してドタドタと仕事を片付ける。近頃後回しにしていたことが多かった分、朝5時まで掛かった。最終日に一人で何してんだかって感じですが、いずれやらなきゃいけないことだしね。でも、2005年に入社してから毎年最終日は人と飲みに行っていたことを考えれば、4回目の仕事納めは寂しいもので(なんか割かし他の人もバラバラと帰っていた感じで)、まあ人のことはともかくとして、自分自身“どうしてこうなっちゃったの?”って状態だなあ、と改めて。どうにかしてるだとか、狂ってしまっているだとか、当然そんな言葉が思い浮かぶわけだけど。

考えれば考える程、良いことは全く浮かばない。良いことも沢山きっとあったはずなんだけどなー。目に見えるもの、得たものとは裏腹に、気持ちが全く盛り上がらない。とりあえず年末年始で一度気持ちをリセットしないとなあというところです。偶然にも、帰りの始発電車で読んでいた日経システムズに前の会社がなんと載っていた。メインじゃないけど、前の会社が付き合いのあった某大手ECサイト(これがメイン)のトラブルの火消しをした、みたいなそんな登場の仕方。12人が対応にあたったらしいですよ。大きな会社じゃないから大体想像もつくわけで。それ読んで、なんかちょっと嬉しかったというか、頑張ってるんだなー!って。そして同時に、一体僕は何をやってんだろうなあと。双方の意味でちょっと泣きたくなった。一体僕は前の会社で何を学んだのか、って。プラスとして学んだことも色々あるのに。

…いや、でも年始に帰って地元の友人たちと話せばきっと僕は恵まれている状況には違いないって実感することになるんだと思うんだよね。地元はやっぱ主要な取引先は何でも自動車産業トヨタとかホンダなわけですよ。それがやっぱああいう状態だし。今年あった出来事にしても、来年変わっていくことにしても…“一体それで何でそんなにネガティヴになれるの”、って思われる気がする…。当然僕もこの3年自分なりに頑張ったつもりだし、それによって得られたものは多いと思う。けど、一体それで何が残ったのか?残す力が自分には足りなかったということなのかな?…いや、残っていないことはないのか。道筋が残ったのだから。誇られるものが本当はあったかもしれないけど、いや、あるんだけど、“そういう気持ちになれない”。そしてそれも何の意味を今は為さない。そう、今は気持ちの部分ばかり。

“どうなれば頑張るの?”とかじゃないんだよなあ。必要なのは薬ではない。クリスマスにプレゼントを神様に願うとしたら、“気力だなあ”と思っていたけど、すごく根本的なところ。とかなんか色々、最終日の始発電車で考えた。渋谷からの井の頭線は、夜のように人が多かった(笑)何はともあれ、年末年始すべきことは気持ちのリセットやリフレッシュ。それに尽きる。28日がCDJ、29、1日が天皇杯、1-4日で帰省というところ。30、31日のどちらかで、今年1年を振り返る日記でも書く。“今年良かったアルバム6、7枚”を早く書き起こしたくて。29-31のいずれかの日に、自転車を大崎まで置きに走る(笑)そのアルバムの中の話に書くつもりだけど忘れそうなことをメモ。2/11(祝)のUNITのonsaのレコ発の対バンが、シェフ!これは絶対行かねば。そういや、年始に18きっぷで名古屋行きたいなあとか考えていたけど、2年前の年始に行った時は1月5日まで休みだったから行けたのか。休みが4日までの今年は無理かなあという気がしてきた。とか年始の行動も考え中。