メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

池じゃない

いや、池ですけど。画像は。井の頭公園の。5日辺りまでに2008年振り返るエントリを書き切るつもりだったけど今週は無理そうなので別のこと書いて間を埋めることにします。年末なんですが、ある文章を添削とは言わないまでも誤字脱字のチェックなんかをしていた。というか本当はする予定じゃなかったんだけどあまりに多かったので(笑)そのうちの一つ。昨年“飛ぶ鳥落とす勢い”であったと言っても過言ではないであろうバンドのフロントマンの子が、この1年のベスト・アルバムの一つにナルたんこと菊地成孔さんのアルバムを挙げていた。「へえ、すごく意外。やるなあ」なんて思っていたんだけど。

…しかしよく見ると“菊池成孔”になっている。…“地”だから。せっかく良いところ突いてるのに…。まあそれだけなんですが、“地”を“池”に間違える人って結構多いよね。何故だろう?この間違いは“渡邊”を“渡辺”と書くのや、“澤田”を“沢田”と書くのや、宮崎あおいの崎を“立”ではなく“大”の方を書くのとは全く違うと思うのです。言わば、“伊藤”を“伊東”と間違えるようなもの。これでは“エスパーでもないしパンチョでもないしデビットでもない!”と思われても仕方ないところ。そう考えるとこの結構大事だと思うんだけどなあ(笑)ちなみに、元ヴェルディの菊池兄弟や、菊池桃子は“池”。イエモンの菊地兄弟、元ジュビロ菊地直哉は“地”。など。

…しかし今ググったら、「イエモン 菊地」の約60,000件に対して、「イエモン 菊池」は約270,000件。正確にはやはり“地”のようなのですが、なにこれどっちでもいいってこと?イエモン的にはそうってこと?んー。イエモンファンのかたに今度会ったら聞いてみよう…。なんか個人的に“池”の方が馴染みがないというか、まあDCPRGにハマったり、ジュビロ好きだったりと、そういうのはあると思うんだけど(あと最近他にも誰か居たんだよなあ。サッカーじゃなければ音楽かな…)。…しかしまあ、こんなこと考えていて久々に菊地(淫行王子の方)のこと思い出したけど、あんなことになってなければこんなにボランチセンターバックで苦労しなかったのにね。あんな性癖さえなければ…選手としては間違いなく、若くしてキャプテンマーク任せられる逸材だったろうに。つくづくバカなことをしてくれたものだと思う。

なんてこと考えて検索してたら、オフィシャル・サイトが!(笑)わービックリ。とんでもないことしでかしてくれたとしか言いようがないし、静岡県内のJリーグクラブでプレーすることは永久にないだろうけど(下部リーグの静岡FCならあるかなあ、と思った)、良い選手だったのは確かだと思うので。だってすげー期待してたのは間違いなかったから。頑張れ、とは思う…かなあ。さて、ジュビロ飯田産業、ジョインベスト証券との契約が終了と、来季のスポンサーの発表。胸がヤマハ発動機(自社)、パンツがサーラと…一気にローカルな感じになったね(笑)やっぱねえ…“勝てなきゃ駄目”なんだよ。ヤマ発が胸スポになったのは結局もう胸スポほどの額を賄ってくれるスポンサーが現れなかったということ、それは弱くなったから。これが現実。東京の企業にとって、弱くなったジュビロには価値が無いと言うこと。

“勝って、優勝争いして、代表選手出して、露出が多くなる”結局これがチームの価値ではないか。当然それだけじゃないのは重々承知だよ?それを承知の上、やっぱ勝てなきゃ駄目だってこと。結局勝てなきゃ感動は与えられないよ。…まあ、入替戦は感動したけどさ(笑)あと、正直下手に中位争いするより露出が多くなった感じはありましたけど…でも、結局今までのスポンサーは“強いジュビロ”“代表選手の多いジュビロ”を期待して応援してくれたわけだよね。それでこれではやっぱりガッカリだったってことだよなあ…。“勝てばいい”わけじゃないけど、夢や感動を与えるため、しいては価値を高めるためには、勝たなければいけない。と思う。

ジュビロは小都市だから余計に…“美しさ”より“泥臭くても、大きな都市のクラブを倒す”みたいな、勝負・結果に拘ってほしい部分は正直あると思うんですよ。泥臭くても勝つ。それこそが希望ではないでしょうか?ていうか正直、サッカーは点が入れば面白いじゃん。セットプレイだってフリーキックだってカウンターだって…僕は形はどうあれ点が入る瞬間こそサッカーの醍醐味だと思っているし、まあ勿論その前の展開が良ければ良い程エキサイトするけど、“その前の展開”が目的ではない!“パスで崩して”なんてエゴだよ。“面白いサッカー”なんて二の次だ。だって、“サッカーは面白い”から(笑)さて、こんな御時世に新規に背中スポンサーの、本社が東京のアルトナーさま。派遣業にとっても厳しい情勢だけれど宜しくお願いします…!という感じです。今正に浜松に手を差し伸べてあげられないものか…。

まあでもさ、この会社さんも…技術者派遣業ってことで、きっと浜松(静岡県西部)の市場に期待してくれたからこそスポンサードしてくれるわけでしょ。不景気でハローワーク浜松が大変になっているとは言え、それでも会社も仕事もきっとある方なんだろうし。そういう利害関係にあるわけだから。逆にジョインベスト証券は完全に“全国向け”だと思っていたから、今のジュビロじゃもう駄目なんだと思ったし。今季の飯田産業のユニ、新シーズンになったら半額になるだろうけど、…わざわざもう二度と無い飯田産業ユニを好き好んで買う人がどれだけ居るだろうな(笑)秀人にセレッソが興味だそうです。正直、那須ぐらいなら…秀人は必要だと思う…。

そうだ!“池”話(ちわ)に戻りますけど。たしか入替戦で仙台へ行った時に。ホテルから程近かったローソン100の店員さんの名札にふと目がいったのです。そしたら…“池沼”さんでした。…たぶん、いけぬまさんだと思うのですが…内心「あっ!」と思ってしまうところが、ああ、僕もそういう言葉を知ってしまっているんだなあと思って(笑)でも別にめちゃめちゃ珍しい苗字かと言うと、そうではないと思うのですよ。多分、皆にこういう目で見られているのかな、と…。そういえばもう最近はずっと2chとか見ていないなあ。この2年ぐらいは夏フェス前に洋楽板を開くぐらいになった気がする。その前ぐらいは国内サッカー板は見ていたけどなあ。


今週の話。5日が仕事初め。現実に戻りたくないとか言ってたけど(笑)、いやでも気持ちはリセット出来てるんじゃないかある程度は。とは多少思えた。もう後には引けんぞ、と。とは言え終電まで働くつもりはなかったけど…。眠いです。ところで、この年始に結局名古屋行かなかったおかげで、18きっぷがあと一回余っているのです。今までだったらこの1回分は金券ショップに(期間に余裕があるうちに)売ってしまうところなのですが、今年に限っては…すごくどこかへ行きたい!そう東京へ帰ってくる電車の中で思っていた。1回分だから日帰り出来そうなところ。別に日帰りじゃなくてもいいけど。18きっぷで行けそうなところ。幸い、18きっぷの期間中に休みがあと5日もあるわけで…ってそのうち3日間(今週末)はライヴ、ライヴ、サッカーと決まっているけれど…。17日あたり、どこか出掛けたいねえ。

今のところ行きたいなぁと考えているのは甲府か高崎。吉祥寺を世界の中心として生きている僕なので中央線をベースに考えるわけですが、とりあえず中央線で西へ行きたいのですよ。今のところ中央線で最も西に行ったのが立川だから(笑)それを越えたい。イコール八王子まで行ったこともないし降りたことも無いから(結構そういう街多いけどね、東京でも。ついこの間までの自由が丘もそうだけど、町田とか新百合ヶ丘とか降りたことないもんなぁ)、そこがまず一つの到達点と考えていて、“そこから西へ行くか北へ行くか”というところで。甲府はJ2落ちたら絶対行こうと思っていたんだけど(笑)、まぁ幸い残留してアウェーで行く機会が無いので…。

なんかね、行ってみたいなあって。甲府。この変なワクワク感は僕が徳川のお膝元出身だからではないかとか思ったり思わなかった伊。想像以上に寒かったりしそうだけどまあそれもいいかと(甘く見てます)。高崎に関しては、夏前ぐらいに“八高線に乗ってみたい”とか書いていた気がするんですね。だからです。フジロック行く時には必ず通る高崎ですが、降りる機会なんてないじゃん。最初フジ行った時は18きっぷで行ったから下車してみたけど。でもセブンイレブン行っただけだったしなぁ。帰りたくなったら湘南新宿ラインでビューンと帰って来られるしさ。群馬もきっと寒いだろうね。でも雪が見られるにこしたことはない、とか考えていたりして。

その他の方面だと…東の千葉方面は、京葉線はこの間乗ったばっかりだし、フクアリ行く時にまた乗るだろうし。常磐線も柏行く時は勿論として、ひたちなか行く時に乗りますし。北方面、東北本線とかは乗る機会無いですが、この間宇都宮、福島と通過したばかりだからね…今はさほど惹かれない。南は…横浜とか伊豆とかになるのかな…行かないよなぁ(笑)いつでも行けるよ。まーでも逗子とか行ったことないし、鎌倉とかも小学校の修学旅行で行っただけなので、いざ行ったら面白いかもしれないけどねー。いや、でもせっかくの18きっぷだもの。もっと遠出しなきゃ。「ああもう、遠く来過ぎたな。帰るの面倒臭いから一泊するか…」ぐらいの遠さ。

“どこへ行こうか。”なんて考えて、“キミを連れてくって決めたんだ、悪いけど”なんてフレーズが続いて思い浮かぶわけだけど。…でもさあ、全然ロマンティックなもんではないもんなあ、18きっぷなんて(笑)なんていうかさ、例えばもし誰かと箱根とか行きましょう、とかなることがあったとして。絶対僕は事前に小田急の優待券を金券ショップで買いたくなるのですよ。新宿-小田原間850円、もしくは下北沢-小田原間750円が、550円!この割引率はそうそう無いですよ!…とか思うのだけれど、いざそんなの出されたらガッカリするだろうねえ、相手は(笑)生き様からしてスモールな人間でして。まー僕みたいな小市民にはそんな小旅行がお似合い。

大体そんな細々として800円や1,200円浮かせたとして、I'm From Barcelonaみたいな人数だけはビッグなバンドのCDを買ってしまうわけだから(笑)でも「誰かと行きましょう、となったとして」と書いてみたけれど…これだけ色々フェス行ってるけど、基本的にどのフェス行くにもひとりor現地集合&現地解散なので、“誰かと行く”というのがまずイマイチ想像出来なかったりする。それは恋人云々ではなく、友人と一緒に遠出する、ということすら考えられないわけです。考えられないっていうか、僕が時間にルーズ過ぎるから“先に行ってて”っていうことにしたいんだけど(笑)そういう意味では“待ち合わせ”すら…普段からそんなにしないよなぁと…してないことないか。うーん、ほんと人と待ち合わせてどこかへ行く、というのがイマイチ想像出来ない。極力そんな待ち合わせて出掛けるような機会は…無い方がいいな(笑)だから早く結婚したい、といったら無茶苦茶な理由ですが。まあそんなんだから同じ吉祥寺の人だと楽だと感じる部分はあるのかもしれないなあという戯言。


なんか相変わらず浮かんだり沈んだりなんだけれど、たぶんこういう文字にしてしまうとすごくネガティヴ色が強くなってしまうんだけれど、会って話を聞いてくださる人からすれば「そうでもない」と感じられているような、今はそんな感じだと思う。なんだろう、“ネガったり叶ったり”、そんな感じだと思った。かなうことがあるからネガってバランスを取ろうとするみたいな――うーんわかんないけど。でもなんだろうね…コンフュとバーサクとポイズンとリフレクがいっぺんに掛かっているような状態な気がする。気持ちは前を向けるようになったというか、“後戻り出来んぞ”と思えるようになったけど、でも気持ち悪いのは変わんないというか。そうだから、ネガというかポジというか…それが両方とも今すごくグチャグチャしているので、気持ち悪い。すぐポジにもなれるしネガにもなれるしどちらの要素もある。

そう思って、というわけじゃないけど、でもやっぱ一人でだけあれこれ考えていると気持ちが詰まっちゃうので、外で人に多く会いたい、今は。リフレク掛かってるとケアルが使えんのですよ。ポーションください、みたいな(笑)でも人と話すと、気持ちがスッとするような言葉を掛けてくれるから。なんだろうなあ、過信するよりは自分を小さく思っていたほうがいい、みたいなのも勿論どっかであるんだけど、でもだから塞ぎこみがちになってしまうところもあるわけだから、改めて自分のコントロールというのは難しい。まあ今どれだけ頑張るかが3月どれだけの旅行が出来るかにかかってくるんであって。なので二日続けて山手線終電になっても、まあいいかあと。たぶん僕の仕事の仕方はキューとスタックで言えばスタックだと思う。LIFO

f:id:airgyan:20090108003832j:imageそんな1月第一週。人から「よく食べなさい!」と言われて、ばれてる!と思った(笑)東京戻ってきてから食生活が割とひどかったです。せっかく近くにジャスコあるのになあ。そう思って水曜の23時半、ようやくジャスコへ行ったらば、一人暮らし男子の味方“調整豆乳”のシリーズがオール68円!!!安い!!!(ロヂャーズとSEIYUは88円です。)思わず多めに買ってしまった(笑)このシリーズは色々飲んでみたことあるけど、“フルーツミックス”なんてこのジャスコで初めて見た。それまでは今日も外に出られなかったので、お菓子食べたり…当然お腹がすくからオフィスの中をさまよってたら、画像のようなドラ焼きが。なんでM-ON TVのマークが?と思いつつ、大きかったです。助かった。でも勿論夜にもお腹すくから。後輩が何故かバナナを袋で持ってたから何本かもらった(笑)22時過ぎ、ひとりでバナナくわえながら仕事してた。ひとりだからボケっとそんなんだったけど、どこにどんな趣味の人が居るかわかんないよな、なんて思った。あんまりやめておこう。

帰りの電車で携帯でメールをしていてふと思ったこと。というよりは、その日の朝思ったことなんだけど…周りの皆が皆、自分の携帯をいじっていて。ふと、昔(高2の時)電車の中で恋人と一緒に居る(と思われる)のにお互い携帯をいじっていて、「なんでせっかく恋人と会っている時間なのに携帯をいじってるんだろう」みたいなことを思ったことを思い出した。でも、昔は「なんでだろう?」と思ったけど、今はもうそんなの当たり前も当たり前のことなんだろうなぁ。電車でメールすることぐらい、少なからず。じゃあ、僕はその時電車の中でどうしていたんだっけ。まだ携帯は持っていなかった頃。外の景色を眺めていた?(電車からの景色って僕すごい憶えている方だと思う。)それとも本を読んでいた?(ロッキングオンジャパンはいつも持ち歩いていたなあ。あとはbounceとかJUNGLE LIFEとかUndownとか。)

メールに「そういえば初めて会ってから10年ぐらいか」なんて書いていて、お互い年取ったんだなあと。25と28かあ。まあ、差が変わるわけじゃないけど。久しく会っていなかったけど、いつ会っても変わらない兄貴的な存在の人だと思う。でもほんと10年経って、こんな話が出来るのは、これは僕としては嬉しい限りでして。そう、これがすごいポジなことなんだよなあ。他にも人に連絡を取ろうとして、でもなんかタイミングが僕の中ですれ違いになっちゃって“やっぱり二人はずれてる、ロンドンとパリみたい。たったの1時間だけど、絶対時差があるのよ”という曲、まあPIZZICATO FIVEの"ロンドンパリ"なのですが、そんな曲を思い出した。

でも一応。たぶんこのタイミングで送ったこんなメールにすら反応が無いのなら、もう芽は無いなって思えたから、ひとつメールを送ってみた。たぶん、これからの3、4ヶ月で生活や日々の気持ちもどんどん変化してゆく。だから今ならどうなってもいいというか、踏ん切りが付けられる。その後には残らない。だから今このタイミングでしか、と思った。残らないのなら、新しい季節へ向かっていく中で、また新たな芽が出てくるんじゃないかな、って思っている。まあ人を好きになるのは大変ですけどね。でもこの半年灰色に塗っていたような日々を真っ白にすることで、また彩らせてゆける。これは間違いないことだよ。振り返らない。いや、振り返るかな。

f:id:airgyan:20090108104728j:image

木曜とかの話。アパートの敷地に住み着いている猫と、普段は見掛けないところ(道路)ですれ違って、へえ、こんなところも歩いてるんだ、と思った。向こうも気付いて鳴かれて引き止められそうになったけど、急いで仕事へ行かなきゃいかんのですよ。あー仕事早く終わらせるなりしてドナテロウズの猫に会いにいきたい!(そういえば今年まだ行っていない!)そんな木曜日はちょっと早めに上がって、おみやげ持って人のところへ。旅行行く時もそうだけど、おみやげ(お菓子)を考えるのが面白いのは、僕自身がお菓子が大好きで、甘いものが好きだからだろう。と思った。そして元気をもらいました。元気そうだった。頑張ってるんだなあ、って。

僕は幾ら前に進めると言ったって、誰かにかなえるかって言ったら全然そんなことは無いと僕は思う。それは、その人と一緒に居た、僕とタメだという初対面のかたの姿を見て(話を聞いて)感じたものでもあるけど。負けないように頑張らなきゃ、とは勿論思うけど、一人で抱え込もうとしてしまうところを…徐々に改善していかなければいけないところで、今更ながらこうやって初めて会う人からそんなことを思わせられたりするわけです。技術的な面とかにしても、なんだかんだで、ああもうすごい僕は遅れちゃったなあ、ってのは常に心に引っ掛かってる。自分が趣味で作った、自分個人のサーバーに置いてあるプログラムに、SQLインジェクションを狙ったと思しきログが一杯落ちていた時とかやっぱビビったもん。なんだこれって。ていうか別にこんな個人のとこで個人情報なんて取得もしてないし抱えてもいないぜ?(笑)

ここにはCDとライヴの感想しかないんだけど(笑)、でも別にそんなの必要なんじゃなくて、そのプログラムがサーバー全体自体の“入り口”にならないかって狙われたのかなあ…とも考える。いやだから…これが会社での仕事だったら怖いなって。今の自分のスキルでは僕だけじゃ100%無理だろうって。当然リスクヘッジは想定して作るものだけど、それを破ろうとする技術も間違いなく高度になってきてんだ…ってのはそれこそ年始に友人と話していた、前の会社が火消しに関わった情報漏洩の事件の記事を読んでいたからでもあるんだけど。自分でシステム作るのって、善し悪しだって滅茶苦茶思った。そういうのは技術的な面でのお話なんだけど。

でも忙しなくPHPやらSQLやらをガリガリ触らなきゃいけないことがあったりすると、やっぱ自社である程度出来ないと絶対ネットの事業なんてきついよなあ、みたいなことを改めて思ったのは、年末に「いやー、まさか自分がMySQLの設定やPHPデバッグすることになるとは思わなかったわー」みたいな話を聞いていたばかりからだろうか。そして。もし今の自分が以前より成長出来ていると言えるとしたら、落ち込んだ時や不安になった時、今まではもう本当に一人で抱え込むしかなかった。そういう時、人に会いに行くような勇気も自信も無かった。マイナスなだけだ、迷惑なだけだろう、って。でも、今はこうして人に会いに行けるようになった。

なんか、それだけの勇気や自信はついたのかなぁ、って。以前は考え過ぎていたのかもしれないし、いやでもその考え過ぎるぐらいが正しくて今が“図太くなった”かもしれないけれど、でも過去の自分と比べればやっぱ“だいぶマシになってきているんじゃないかなぁ”って思えるから、マシになってきてるんじゃないかなぁ?皆で食べた豆腐チゲが美味しかった。でも我慢のギリギリの辛さ(笑)その初対面のタメの人は、似ているかと言うと違うけど…「調整豆乳を愛飲してそうですよねえ」なんて言ったら(←初対面の人に言うことではない(笑))「ああもう大好きです」って感じでした。ほらやっぱり!朝やお昼とか抜いちゃうところも、わかる。

その人に「ちゃんと食べましょうよー」なんて言うぐらいなら、僕もだろ!って話で(笑)そして「良い子いたら紹介してやってよ」と言われても、紹介出来るような器用さを持ち合わせていたら僕はとっくに幸せになっていると思います!(笑)でもまあなんだろう…今年の(今後の)自分でも幸せになれなければ、もうなんか無理だと思う…という不安。自分がネガっているのとは裏腹に、たぶん今年の僕は25年(26年になるけど)の人生で一番価値が高くなるかもしれないから…うーん、だからこそ不安だとか自信ないとか辛いとかそうなっちゃうんだけど。翌日、早速持っていったキャンディと一緒にうつった写真なんて送ってきてくれて嬉しかったです。


金曜は寒かった。そんな今日はairdropなんて聴きながらほこほこした気持ちになりながら。"トンネルヲヌケテ"で青い青い景色を思い出しながら、その次に流れてきたのがグループ魂の"モテる努力をしないでモテたい節"で(笑)、“だって誕生日にデート誘って断られたら、その日一日すげえブルーで死にたくなんじゃん!”の歌詞にかなり自分の心の中で大笑いしていた。わあわあ。今日のあと何曲かはピロウズの"GOOD DREAMS"の“歩いたんじゃない 倒れてないだけ”に、うんうんと。あとくるりの"ハイウェイ"の最初のフレーズにもふと考えさせられた。旅に出る理由なんてありきたりの比喩でしかないにせよ、数え上げたら100個ぐらいあるんだろう。

音楽話。遅れたけどbonobosからコジロウ脱退。ビックリ。TYFTMはコジロウ曲なのになあ。蔡くん一人でギターが務まるとは思えないので(笑)誰かサポートのギターは入るんだろうけど。これからアルバム、と言う時に残念なニュースでした。bonobosと同じくP-VINE話。月末のSpangle call Lilli lineのライヴのチケットが売り切れていた…!!!うわーショック…今探し中。あと何か忘れてそうなライヴはあるかな…。25日の面影ラッキーホールは行きます。「2名様まで入場出来ます」なんて…面影ラッキーホールでそんなのあんまり効果ない気がするぞ!(笑)P-VINEがOKな友人を誘い中ですが…。面影ラッキーホールはお好みですか?(笑)

しかし思うに、グループ魂の"ペニスジャパン"でコールアンドレスポンス出来る女性や、ビークルのいつものコールが出来る人や、面影ラッキーホールを好きだと思える女性は…やっぱ同類なんでしょうか(同じ人なんでしょうか)。逆に、いずれかは出来るのにいずれかは駄目、みたいな人が居るとしたら、一体何が違うのか。と思ったりもする(面影はちょいエグい?)。赤犬もそうかな…。僕はコールしたりはしないけど、渋谷系大好きとか言っておいて…人んところにあんなかわいいお菓子とか詰め合わせて買って行っておいて…こんな汚いのも大好きだよなあ(笑)…とかそんなこと思ってたらちょうど今iTunesのシャッフル再生で小沢が流れてる(笑)

そう、でも前も書いたけど、ビークルは昔はあんなコールしていなかったし、別にあれが無くてもビークルのライヴは見ていて楽しいし曲もかっこいいと思うしさ。…なーんて思うのですが、ビークルも好きなかたからのメールで知りましたが、Captain Hedge HogShort Circuitが復活するんだって!!!ASPARAGUSのオフィシャル・サイトを見ると、3月20日(祝)@下北沢SHELTER。しかもTHUMBも一緒!SCのアルバムを買い直したばかりでなんてタイムリー!なんですが、けどシェルターじゃ絶対チケット取れる気がしません。多分一夜限りなんだろうなあ…。まあその時旅行かもしれんけれど…。あーーーでも見たい。一般発売日は2月21日!

あと、僕の見るメディア見るメディアでやたら高評価のNo Ageのアルバムを聴きました。その高評価が理解出来るっちゃ出来るけど…目新しいかといえばそうではない…と思う。人に薦めるほどではないかもしれないけど…でも、僕はすごく好き。"Loveless"を聴いた時のような…とか言うと大袈裟だと思うので、そうだなあ、スパカの"Jump Up"の"Walk Slowly"がギャーンと鳴った瞬間を初めて耳にした時の感動というのかな、それをふと思い出した。うん、"Loveless"とか言っちゃうとさ、付加価値があのアルバムってすごいから(笑)でも感触は似てると思った(=目新しさは無いと思う)。でもAll Natural Lemon & Lime FlavorsやMonolandより、シンプルな僕好みのシューゲイザー&インディー!みたいなところは確かにあって…うーん、好き。「こういう最近流行ってる髪形しているようなかわいい感じの子好きでしょ?」と言われて「ああー、うん。」と答えてしまうようなそんな感じ。だからこれからもっと聴く。でもこれは単曲で聴くより絶対アルバムで聴くべきだろうなあ。

友人に「これいいよ」とか言ってイケヤ買ったMystery Jetsのアルバムをあげておいて、木曜に来日ライヴがあったとは知らなんだ…。(←一発変換されなかったので遠州弁なのだと思う。)そして土曜はスターズなのにCDを会社に忘れてきた。予習出来ず。いや部屋にもあるかもしれないけどこの山では見つけ出せる気がしない…。今週末はSHERBETSのライヴへも行くことになった。連休、3日ともライヴ。自分で選んでおきながら、なかなか面倒臭い…。ていうか今年の選手権の準決勝って埼スタなのね!何故に?完全に土曜午前に外苑前で髪切ってから国立向かうつもりだったんですけど。埼スタじゃ間に合わないよ。と思ったので有楽町で友人と遊ぶことにした。なんか寒いとまだ足が痛くなる、ような気がする。来週フットサルなので来週までには完治してほしいけどなあ。もう一度病院行っとくか。

広告を非表示にする