メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

STARS / OGRE YOU ASSHOLE @ 渋谷クラブクアトロ

朝いつもの吉祥寺駅井の頭線急行側のホームを歩くと、“ARTS & CRAFTS”と書かれた大きなポスターが貼られていた。車内にも同じく“ARTS & CRAFTS”と書かれたポスターが掲示されていて、何かの展示のポスターだと思うのですが…昨日までは見なかった気がするんだよ。今日からだと思うんだよなあ。そして今日はカナダの良心インディー・レーベル“アーツ&クラフツ”を代表するアーティストの一つ、スターズの来日公演で僕の今年のライヴ初め。なんて、ちょっと偶然にもよく出来ているお話。こっちのARTS & CRAFTSなわけがないというのはわかるけど、なんかロゴが似ていたように見えたんだよなあ…。

スターズを見るのは昨年3月のBroken Social Sceneとのジョイント・ツアー以来。この時に「今年最高のライヴになる気がする」と書いていた通り、やはり昨年の5本、いや3本の指に入る(←早くまとめたい)ライヴだったのだけれど、電車が止まってスターズは終盤しか見られなかったことが非常に悔やまれたっけ。でもこの時も滅茶苦茶良かったと言っても、一応メイン・アクトはBSSの方だったんじゃないかなぁと思っていたので、単独決まった時は「果たしてどれだけ人埋まるんだろ?」とちょっと心配もしたのですが。僕がチケット買った時点で整理番号350番ぐらい。じゃ、大丈夫かと。多分当日になれば5〜600はいくんじゃないかって。

で、今日開演時刻ぐらいに行ったけど、期待通り結構埋まっていたので(一番後ろの段差のところは空いていなかったけど、それ以外はちゃんと埋まっていた)、雰囲気も良い感じ。まずオープニング・アクトでOGRE YOU ASSHOLE。オウガを見るのは年末のCOUNTDOWN JAPAN以来。僕が入場した時が"フラッグ"で、その後は"J.N"、"しらないあいずしらせる子"、"かたっぽ"、"ひとり乗り"。もしかしたら"フラッグ"の前に一曲あったのかもしれませんが、MCは"ひとり乗り"の前、「初めまして、オウガ・ユー・アスホールです」「あと一曲やります」とだけ言うような、かーなり簡単なものだった。なんというか…アウェー仕様?(笑)まあ僕はまだオウガのホームの雰囲気のライヴは見たことないんだけれど、それでもCDJやその前のEASTでのライヴと比べても全く喋らないし曲間も空けずどんどんやったなぁと。

観客の反応に関しては、なんか別にオウガって超ノリノリになるようなサウンドかって言うとそうは思わないし(今日の中でそうじゃないのって"J.N"ぐらい)、ライヴのパフォーマンス自体は期待通り非常にかっこよかった!まあでも、やっぱ前に書いていた通り、スターズとの組合せが“合った”とは思えない(笑)別にこれはオウガのせいでもスターズのせいでもないですけど。まあ…逆に言うと、オウガはSMASHから見られているというか…今年のフジでWHITEやREDの一発目に出たりする可能性が…なきにしもあらずだったりして?フジで見てみたいけどね、オウガ。雰囲気に合いそう。というか、年末に見て…今日また見るんであれば、尚明日も見る必要なんて別に無かったんだけど(笑)一時期の「見たいのにー」という気持ちのせいで一気に重なってしまった。明日はMOGWAIにしときゃよかったかなー。

んー、でも“じゃあ誰だったら合ったのか”って考えると難しい。思い浮かんだのadvantage lucyとかトルネード竜巻とかなんだけど、完全に僕の趣味だから(笑)もうねー、こういう時にルーシーしか思い浮かばないのが引き出しの少なさだわー。トルネード竜巻なんて次のライヴ予定全然出てこないしなぁ…。そんなことうだうだ考えながら、19時50分頃にメインのスターズが登場!決して満員だったわけではないにせよ会場は大歓声!というか多分一人一人の声と拍手が大きい!昨年のライヴでも書いていたかも、「なんでこんなに盛り上がるんだ!?」みたいなこと。そういうところが…本気で好きな人たちが集まってるんだなあって感じた。

"The Night Starts Here"からライヴがスタートし、"Take Me To the Riot"と続いていくのですが、あとはあんまりよく憶えていません。スターズは好きな曲だけMP3プレイヤーに入れて聴いてたアーティストでもあるので…、結構曲と曲名が一致しなかったりという感じですが…"The Big Fight"、"Midnight Coward"、"Ageless Beauty"、"Bitches In Tokyo"とかアップテンポなのはほぼやっていたような。前回聴けなかった一番好きな"Set Yourself On Fire"はアンコール一発目!あのイントロが鳴った瞬間の高揚感はやばかったです。"Elevator Love Letter"はアンコール本編どっちだったかなあ。アンコールは4曲。トーキルがマイク無しで観客席に向かって歌っていた時の雰囲気なんか、もう今日のこのライヴの雰囲気が最高だったのを物語っていたシーンのひとつかと。

トーキルのMCも、まあ英語だから僕には何言ってるかわからないですけど、でも何かすごく良いこと言っていたんじゃないかなあ。そんなことが伝わるような単語は沢山出てきていた気がするので…とりあえずなんかHaruki Murakamiって言ってたのは覚えてるのと…あと「"Bitches in Tokyo"って曲名だけど、でも別に皆のことじゃないよ!(笑)本当は"We Are Bitches in Tokyo"ってタイトルだったんだ!」みたいなことを言っていたと思うのだけれど…わからない。トランペットを片手に、時には機材を扱うトーキルの姿は、うーん、カナダのTGMX?(笑)キーボードには本当の花が飾り付けられていて、メンバーそれぞれが度々、観客席に花を投げ入れていた。こんな情景、クラムボンのライヴ以来ぐらいじゃなかろうか。個人的にはpre-schoolの最後のライヴのエコちゃんを思い出していたけれど。

まあなんか本当に素晴らしい、素晴らしい雰囲気のライヴで。最高過ぎたなあ。スターズは勿論最高だったんだけど、お客さんの反応も素晴らしかった!本当にこのライヴがライヴ初めで良かった!ところで今日のお客さんは男性率高かった気がするんですが(スターズ自体は絶対女性の洋楽ファンの方が好みそうな音だと思うんだけどねえ。それこそTahiti 80はライヴ行くと女性ファン圧倒的大多数なのに、同じようにポップでオシャレだと思うんだけれど。)、多分このうち100人ぐらいはEPIC45辺りのライヴの観客とかぶっていたりしてね。僕もだけど(笑)こういうインディー系のライヴのファンは結構根強いというか、外れはないと思える。

特にリリースも無く(日本での所属レーベルがポニーキャニオンからインペリアルに変わったみたいで、最新アルバム"In Our Bedroom After The War"がリリースされ直していました)、大きなプロモーションも無ければフェス効果も無い中、これだけファンが集まってこれだけ盛り上がれば。ファンが根強い証拠なんだけれど、なんかもう絶対今年のフジ出るんじゃないかなあ、って気がする。その為の今回の来日だろ、と。今回の来日決まった時にも「このタイミングで来日するなら…夏はフジかな?」なんて書いたけどね。でも予想のGREENは多分無理で…WHITEの昨年のMystery Jetsぐらいの時間帯かな。土曜日ならいいなあ。あとは勿論、一緒にブロークン・ソーシャル・シーンも連れてきてくださいってこと!!(BSSならGREENは勿論、WHITEトリぐらいまでいけると思ってしまうのは過信だろうか。)

しっかし渋谷のクアトロに来ると、つい“知っている人が居るんじゃないか”と思ってキョロキョロするようになってしまったな。どうせ目が悪くてよく見えないのに。今日の昼間に髪も切って色もまたより明るく染め直したので、知っている人が居ても今日はなんか会えなかった気もする。昼間会った友人にも「(黒かった頃の)面影が無いね」なんて言われると、そうなのかなあ、と思う。という感じで昼間、髪を切った。んだけど、大遅刻しました。起きて時計見てビックリ。完全に寝坊です。今週は結構集中して仕事を片付け始めたので、目が疲れていたのかな…とは思うけど、でも昨日は早めに眠ったつもりだったから、もうほんとビックリした…。

時間変更にご対応頂きご厚意に甘える。もう二度となきよう。前回切った時よりも更にだいぶすいてもらった。これで暫くは目の疲れが軽減される、と思う。そして色を染め直し。ねーもとーだけくろいかみー(スピッツの"ナナへの気持ち")のことはずっと他人事だと思っていたけれど、自分もそうなったんだなあと。寝坊に関して…目覚ましを全て止めていたように…夢に入り込んでた。見ていた夢も、ポジティヴとネガティヴがすごく混ざり合った夢だった。色んな人が出てきた。CDJで会った人と京王線の何かの駅から東八沿いまで歩いて(←実際には絶対無理だと思うのだけれど、夢だから。)、その途中に新たなライヴハウスが出来たとのことで行ったら、健康ランドみたいなとこだった。そこで上司とバッタリ会って、本音トークをぶっちゃけられた。というような夢でした。道にサミットがあったのがちょっとリアル。

その後、友人と有楽町〜銀座でお茶。H&Mへ初めて行きました。オフィスが新橋だった頃、何度か通り掛ったことはあったけど、平日の昼間でも超並んでたから“入ってみよう”とも思わなかったですが、今日行ったらもう全く並んでなかったので(混んではいたけど)。でも、そんなにピンと来ず。これなら(インナーにしかならないのなら)ユニクロでいいやって気がする。新橋駅まで歩いた。久々の新橋駅。当たり前の景色だったのに。…僕はすぐこうやってノスタルジーに考えてしまう方、な気がする。もっと新橋も汐留も銀座辺りも歩きたかったな。でもそれをするには、今日は風が強過ぎて寒過ぎた…。まあ、次行く理由がまず無いんだけどね(笑)

友人と会ったりライヴ見ていて思っていたこと。そもそもこのブログは前の会社を辞めて無職になったところから始めたので(スターズを買ったのもその頃。)、って言うのは何度も書いてきているし来月も同じこときっと書くんだけれど(笑)、だからもっとネガティヴなことももっとポジティヴなことも本当は書いていきたい。ネガティヴ過ぎることは外に出して気持ち良いものではないから別に自分の中にしまってくのはそれはそれで良いんだけど、ポジティヴなことを書けないで居るのは、勿体無いなあって。今すごくそう。だから…結局そういうのをどうやって解消するかと言ったら、“誰かと会って話す”しかない。恒例のお花見(昨年は参加出来ずでしたが)のあるであろう4月第1、2週ぐらいまでは賞味期限続いていると思うので、「こんな風になれている」って、特に付き合いの長い人には改めて伝えたくなった、そんな気持ち。たぶんこんな報告、結婚や子供生まれるかぐらいじゃないか越えられない気もするので(笑)だから、その時まで今は日々頑張ろうって。そう思っています。