メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

ゼロックス杯 鹿島アントラーズ-ガンバ大阪 @ 国立霞ヶ丘競技場

朝、友人から「あけおめ」というメールが来ていた。何故、と思ったら「今日から開幕だね」と。ああ、そういうことか(笑)というわけで、富士ゼロックススーパーカップ鹿島アントラーズ-ガンバ大阪国立霞ヶ丘競技場へ行ってきました。そういえば昨年は来なかったので一昨年ぶりか。ところで昨日雪が降っていまして、例年は3月も近付くと「暖かくなるな」って気持ちになっていた気がするのに、3月目前に雪が降るゼロックスって…なんだか2003年のゼロックスを思い出しました。あの時は雪じゃなかったけど、気温が低い上に雨で。ジュビロ対サンガだったかな。見に行ったんですけど、凍えそうな気持ちになりながら…いや、でもジュビロが僕の中の希望だったから、気温は寒くとも3-0って結果に暖かい気持ちにさせられて。6年前の話になりますが、その日の日記のタイトルが"青と白の日々"だったのを憶えている。ちなみにザ・カスタネッツの曲名(という意味では前回と同じになりますね)。この曲のフレーズもエントリの最後に書ければと思いつつ。

そういうこと思い出しても、今になってこういう話(前々回のエントリ)が出来るようになったのは本当に嬉しく思っております。………まあでも、そういうこと書いていたって、今年も絶賛一人でサッカー観戦ですが…何か?(笑)音楽好きな人にとっては「……!!」と思われるように徐々になれているかもしれませんが…だから何(笑)来週の第一節も「日産と等々力、ハシゴ出来そうじゃん!」とか考えているんだけど、そんなのに付き合ってくれる相手なんてほんと見つかる気がしないね(笑)さて。先週洗濯出来なかったから洗濯とか思い立って風呂とかトイレとかの掃除してたらやっぱり遅れちゃって、スタ到着は後半。今年もまあそんな感じです。

さて、試合。ガンバを見るのは元旦以来、鹿島は昨年の元旦以来。電車の中で軽くワンセグで見ていたところで、鹿島の3点目。前半で早々と3-0。うっわー、こんな前半見なくてよかった、とちょっと思いながら(笑)でも、天皇杯は早々と敗退しオフやスケジュールに余裕があった鹿島と、元旦まで過密日程で働き詰めでボロボロだったガンバとでは、コンディションに差があって当然。これが本来の実力同士、と言うよりは…仕上がりに差があることは歴然としていた、と思う。ゼロックスって結構そういう試合多いしさ。元旦で天皇杯で鹿島に負けた清水が逆に3-0でボコったりだとか、同じく元旦は負けたガンバが4-0で浦和をボコったりだとか、昨年もJ2の広島が鹿島を破る番狂わせを演じているわけで(得点は同点であっても、その差自体が番狂わせと言えたという)。結構コンディションで大きな差になったりする。

だからとりあえず今日の試合で分かったのは、鹿島の仕上がりの良さと、ガンバの仕上がっていなさ。鹿島は昨年とはさほどメンバーが代わっていないけど、でもこれだけちゃんと仕上がっていれば昨年のような躓きは無いでしょう。今日に関しては動き出しの全ての面に置いてガンバを上回っていた。逆にガンバは元旦からのタームを考えればこの仕上がりは仕方が無いと思う。前半は新戦力の高木和道を含めた3バックだったので、もしかしたらそのシステムが全く機能しなかっただけかもしれないけれど。でも加地も居なかったし、同じくチョ・ジェジンレアンドロも居なかったわけだから(怪我?)。同じACLを戦う者同士で考えれば、選手層の厚さはどう考えてもガンバに分。シーズンが進んで過密日程が進む後、立場が逆転することはままあること(そしてどうせ鹿島はアジアで勝てないクラブだから(笑))。

…っつっても見ている以上はガンバ応援してたし、というよりは鹿島になんて勝ってほしくなかったけれど(笑)ソガハタが山崎に突っかかってったシーン見て…まあ鹿島見る度に思っているけど、マジであいつ予後ればいいのに、みたいなこと思ったりとか(笑)ああいうの逆に先に仕掛けた方を注意すべきだと思うんだけど。ああいうのがまかり通るから世界相手にギリギリの一歩を踏み出せないんだろ、日本は。まあ昨年のガンバの露出を考えると、J王者とは言え鹿島は完全にヒールだった気がします(アウェー側スタンドの客層を見て)。まあ、鹿島にはヒールが似合ってるんじゃないかな(笑)2001年のJリーグにとってもそうだったけど…。そのヒールの象徴がソガハタなんだと思うので、そういう意味では(これだけの期間、強豪チームの中心で居続けている)ソガハタは一流の選手なのだと思うけれどもさ…。

まあそうは言っても本当に鹿島は鍛えられているなぁ、と。伊野波すっごい成長しているよねぇ。つーかエスパルスはなんでマルキーニョスを出したんだろうね…。オリヴェイラ体制も3年目だっけ?セレーゾ時代と違って年々良くなっている感じがします。でもそれも全てはブラジル人体制というサッカーや軸がぶれていないから。ジュビロがそういうのがぶれぶれだったのは言わずもがなですが…、例えば大宮は昨年結構良いサッカーしていて、過去最高の勝ち点を収めたわけじゃない。でもあっさり樋口監督を切って監督を代えた。しかも札幌時代に結果を出せなかった監督に。こういうことはとても良い風に回るとは思えなかったりするんだよなあ。

ガンバも西野をすごく我慢し続けているわけで。今年で8年目だっけ?その間、2003年は低迷したりしたけど、でも我慢して使い続けたから今の時代があるわけだからね。…でも今日のガンバのサッカーは、コンディションについてあえて考えないとすると、ジュビロが悪くなり始めた頃のサッカーのようだった。パス回しが得意なチームというのは分かるけれど、パスを回すことに躍起になり過ぎて、そもそもすべきの“動き出し”が全然出来ていなかったり。播戸が中で一人しか居ない、みたいなシーンが多かったな。もちろん、播戸への物足りなさを感じたファンも少なくないだろうけど。播戸はオフサイド引っ掛かりすぎ。まあ…チョ・ジェジンレアンドロが戻ってきたら全然違うチームになる、というのは確かなことだろうからこれで判断は出来ないところ。でも、2週間後もまだこのチームなら…勝ち目はある!?(笑)

…でも勝ったところで、その後ガンバサポのかたと会うであろうこととかを考えると、気まずいよね(笑)今まであまり“対戦後に会う”みたいなことはしたこと無いから…昨年、埼スタの浦和-磐田の次週にクラムボン野音でレッズサポのかたにバッタリ会ったことはあったけど、一週間と直後は大きな違いですよ。まあでも、楽しみだなー。前の列にmina perhonenのコートを着ているガンバサポが居たのが今日の僕のトピックスでした。どうでもいいけど。で、試合終了後。試合行く前に気付いたんだけど、国立の近くに76CAFEというこじゃれたカフェが出来ていて。せっかくだから入ってみようと思ってそこでこの試合の感想も書いていたのですが、なんかすごく盛況で「千駄ヶ谷ってこんなに人が居たんだ…」と思う程、回転率も良く。…あーあ、一緒にサッカー行く相手が居れば一緒に反省会出来るんですけど(笑)

その後は原宿方面へ歩く。kurkku designがなくなっていた。明治神宮から副都心線で池袋へ行って、池袋マンホールで知人(フットサル繋がり)のバンドの初ライヴを観賞。デスキャブ仲間のかたが大学時代に良く出ていたらしく、Northan19もよく一緒に出てたんだよねーなんて話でこのハコの名前を知っていたので「あぁ、あそこね」と知ったかぶってたけど(笑)、行くの初めてなので迷いました。1月に“池袋は6年ぶり”と書いていた通り池袋の土地勘が全然無いので余計…。リバティーがまだ存在していたことがちょっと嬉しかった。思いつきで雑司が谷で降りたりしなくてよかったな。絶対辿り着けなかった…。僕がこの人のライヴを見に来ると言うのも変な巡り合わせだと思ったけど…それもまた面白いなぁ、って。アマチュアのライヴは久々に見たけど楽しかった。帰ったらMTRのスイッチ入れよう、と思った。

その知人のバンド見た後は適当に抜けて、せっかく一人なので池袋探索。割と広くぐるーっと回る。さすが渋谷、新宿、池袋と並ぶだけあって大きな街だねー、広いねー。…今更だけどほんと全然来ない土地なので(笑)わーまだこんな知らない街があるんだなあ、と…今更ながら思った。とは言え今後も行く理由があるかって言うと無いんだけど。でもまた違う時間帯で歩いてみたいな。吉祥寺へ戻って来て、22時過ぎから吉祥寺仲間のかたを誘って、ずーっと行ってみたかった公園駅近くの飲み屋さんへ。期待通り良かった。「一人で来る人とか居ますか?」と聞いたら結構居るということ、「ごはんだけ食べに来てもいいですか?」と聞いても快い返事をもらったので、公園駅で降りてお腹が空いていた時は寄って帰ろーっと。2軒目へ行ったのち、3時過ぎに帰宅…。色々楽しい話が出来た。吉祥寺で美味しいお店へ、という利害が一致している良い関係ではないでしょうか。東京に居られる間、“これは今までになかった、面白い”と思えることは、是非色々話を受けたいと思っている。

日曜はフットサル。いつも通りで楽しくって特段書くことはなし。もっと上手くなりたいとは思ってもなかなか身体のバランスと言うものは改善されませんねぇ…ってそりゃ毎日運動しているわけではないもんな。本当になんで皆あんな上手いんだろ、って思う。ただでさえ僕運動神経悪いので。…逆に言うとこの運動神経の悪さなのに今この歳になって夢中になってフットサルで走り回ってる姿が不思議と言えば不思議なのかな(笑)いやだって楽しいんだもの。次回は22日(日)です。昨日「僕もこの会社辞めたらなんだかんだでこの会社の人と全然会わなくなるんだろうなあ」なんて話を元会社の人としていたのですが、でもフットサル仲間のこの人とは2週間に1度レギュラー的に会えたらなあと…それは確かなことで(笑)そしてその度、新しいところでも頑張っているという話を、その人にも旦那さんにも出来ればね。

あと…このフットサルは結構バイリンガルなかたが多いので、ハーフで顔立ちが整ったイケメンみたいな人が結構居る…というのを今日改めて見ていて思って(笑)、でもそのうちの一人が「彼女と別れてさ…」みたいなネガティヴな失恋話をしていて、ええー!と思って。で、丁度その時Lily Allenが流れていて(笑)今回の冒頭で“音楽好きな人にとっては「……!!」と思われるように徐々になれているかも”とか書いているけど、仮にそうであってもこんなイケメンがフリーだって言ったら、変な話、かなうはずがないよなあと。僕でも絶対こっちの方がいいと思うもん。別に付き合える付き合えないの次元じゃなく。そんな人がフリーだとか言ってたらねえ。

で、ふと電車の中で思ったのが…今までもそうだったし、もし今後また誰かに好意的な気持ちを抱いて頂いたとしてもそう思うと思うんだけど、「一体僕のどこが良いんだ?」ってのはね、結構思ったりする。僕から見て、多分この人は僕のことを分かっていてくれているなぁって人ならまだともかく、僕からしてそう思えないのに、そう思われるってのが、「ええっ、なんで?」って、変な反応なんだけど(笑)そうなっちゃうんだなあ。一体その人にとって僕のどこがスペシャルなんだ?と。音楽の趣味?僕みたいな音楽の趣味した人はゴマンと居る。だから多分そういう人は僕じゃなくて大丈夫(というか結局実際そうだったりして、僕は僕で虚しい思いをしたり(笑))。そう色々考えた時、今後の僕のステージも別に魅力には成り得ないなぁと…それはね、僕にとって。僕と同じように“こういう音楽の趣味で、サッカー(Jリーグ、しいてはジュビロ)好きって居ない…!”と思っている人が居たら、それはすごく利害が一致するし、それが魅力になるというのはすごくわかるんだけど。

「まあ、○○ちゃんが彼女出来ないのは“モテない”とか“魅力が無い”からじゃなくて、そこ(ジュビロ)でしょ?結局。」と、木、土と立て続けに言われてるんで(笑)、正にその通りなんですけど。でもね、そこへのコダワリを捨てることは無いと思います。ていうか別にジュビロに拘ってるわけじゃないけどね。他のJクラブ好きの同年代女子って東京に来てから出会ったことないので。まあ、同時に“それを越える程、息が合うか二人が似合うか、な人と出会えるか”はあるわけだけど、それの方が望みは薄いと思っているし、それ言っちゃったらピロウズ兼吉祥寺仲間のかた以上に音楽の話の合う人はそうそう居ないと思うからなあ。テトラプルトラップレッツゴー三匹TOUR(因みに50回転ズではなく)、The Concept(アルバム名)、“CDは株券ではない”。そんなワード全てにピンと来る人は、こっち側だと思う(笑)

で、月曜。3月になればちょっとぐらい落ち着くかと思っていたけれど、全然そんなことないですよと。あと十数日、これからが大変。色々なこと考えたけど、でももう人の心配している場合じゃないんだなあ。なんかもう変に首突っ込もうとしないことだなあ、と。そこはもう割切らなきゃ駄目なんだ。というか、今結局これだけバタバタしてしまうことも言ってみれば僕のせいなんだよね。7人から2人になる中で、あれもこれも抱えていって、僕は頑張っていたつもりだったしその結果がついてきた部分もあるけど……でも今になってそれ(僕が頑張ったこと)がリスクになっている。…けどもう僕はやるだけやったらそれ以降は心配する次元ではないのだろうね…。

そんな疲労困憊な気持ちで井の頭線最終で帰ってきて、二日後にして早速今日も公園近くの飲み屋さんへ。美味しいご飯にも癒されましたが、何故かその時にお店にサッカー好きが複数人居て、というか一緒の時に居たカップルっぽいかたの女性の方が出身静岡(藤枝)だそうで。親が中山に数学を教えていたとか、弟がユースで小野たちとやっていたとか(笑)彼氏っぽい人や店員の人もサッカー大好きで「あの頃の静学は倉貫っすよねえ」…ってなんでそんな詳しいんだと思う程(笑)当然静岡出身の僕はあの頃の静学とか見ていたけどさ…。そんなサッカー話やキャプ翼話で盛り上がって、めっちゃくちゃ癒されました。明日も頑張れる気がした。

普通に今後もご飯食べに行くのだろうし、また会えたら続きの話をするんだろう。ジュビロ話も当然してて、「そういやお客さん奥大介みたいな雰囲気醸し出してますもんね」と言われて4人で大笑いになるようなこと、そう無いなあ(笑。奥のフルネーム言える人はやっぱJリーグ見てた人だろうし、ジュビロサポに対して奥ってあえて言ってくれるところが面白い。)言われてみれば今の髪の色だとそうなのかもなあ…。しかし東京で(会社以外で)静岡人なんて殆ど居なかったのに、「あー浜松。あの角の服屋の子も浜松ですよ」…なんて言われたところで「へー」とか思えないけれど、でもなんだか近くに居たもんだなあと…。しっかし、僕が飲み屋さんに一人で行って、(店員さんや)初対面の他のお客さんと盛り上がるような時代が来るとはねえ(笑)僕以上に人見知りなんて居ない、ぐらい思っていたもんなのになあ…。


今週の話はこのエントリで。火曜日かな、その日は雪の予報で夜に会社の後輩も「雪降ってますよ!」とか言ってたんだけれど、終電近くまで働いたその日は僕が外に出た時にはすでに雨っぽい雪で、吉祥寺帰ってきたら車に雪とか積もっていたんだけれど、でも僕が外を歩いている間は一切降ったりしなくて。なんか損した気分になりました。その日帰ってきて初めて小沢一郎の秘書逮捕のニュースを見たんだけど、「人の不幸を喜んでいると得てしてこうなるんだなあ」と思って、やっぱりそういうの良くないなって思った。僕は決して自民や与党が好きではないけど(永遠のアンチ巨人です)、どうもその対抗馬であるべき民主の動きが最近イマイチしっくり来ていなかったんだよね。「与党の陰謀だ」とか言っている議員も居たみたいですが、この次元で陰謀論なんて言ってたらとても政権が務まるとは思えんよ…。

さて、引継ぎが大変。新しい人が入ってきて。当然、期待のようなポジティヴな気持ちで居てくれるわけで、変な態度は出来ないなというプレッシャー。僕の前回の会社の辞め方は決して良い辞め方だったとは思えないけれど、次の人のことなんて考えないで(考えられる気持ちではなかったけど)、それはある意味気楽なものだったなあ…。色々なことを思って辞める中で、今の会社のこの状況であっても、入りたいと思ってくれたこの人にどう前向きに、チャンスだと感じてもらいながら、去るか。前回はそんなこと考えなかったので今回初めてそういうことを考える中で、これは意外と難しいなあと…。上手く言えないけど。言葉に出来ない。何も言えねぇ。

いやでもほんと改めて言われて、そうなんだよなーこんなにチャンスがあるのになーって思うこと、一杯あるんだよね。「ああ、仕事ってこういう本当にその仕事がしたい人がすべきなんだよ多分」なんて、そういう色々を考えていると、結局“僕は変われた”かもしれないけど、何も良い風には変えられなかったなあ、という無力さはすごく感じている。それはすごくせつないこと。せつないことだけれど、でもそんな良い風に変えられるような人材だったかよ僕は?って思えば「んなはずない」って話で(笑)だって3年前は、チームの6人目だったわけだし、本当に一番下だった。…まあだから、3年前のスタート(や期待)と、次のスタート(や期待)は、全く別次元のものだとは思うのでそれは改めてプレッシャーで、そのプレッシャーに耐えるためにはとてもこんな程度のプレッシャーになんて負けていられないぞ、と。

でもスイッチが入ってからは、誰にも負けないぐらい頑張り続けられたのはウソじゃないと思っているから。上手く気持ちを上げつつ3月は過ごせればなあ。(そういう意味では出来る限り切替えの期間は持ちたいけど、でもやっぱ難しい気もするので、月末の新潟旅行?で気持ち切り替えられれば。)その民主の話も含め、“結局自分自身”なんだろうなあと。とは言え資料をガリガリ作ってて“改めて僕はこんなにもシステム全体抱えてたのか”と…本当にリスクだったなぁ、と(笑)ほんとによーやったと思うよ。でもそもそもが2月中に作り終わる予定だったのが3月になってもこんな状態なので(たぶん日曜も出る。どうせ水曜からは休んじゃうし)、上からは色々言われそうだけど…でも何言われようが作らないと僕の頭で憶えている部分が多過ぎるので。困るのは僕じゃないからもう何言われようが出来る限り作る!

木曜は半ば無理矢理仕事を19時にあがって渋谷で用事を2件。だからちょっと久々に早く帰った。西日本から東京に帰ってきて18日に発売される某雑誌に僕が掲載されることになり、その用事。コンビニでも結構普通に置かれている雑誌なので、記念に何冊か買おう。…一体どこへ行くんだ僕は。あのーなんていうんすか。新たに立てて書こうと思っていたエントリは、"トンネルヲヌケテ"ってタイトルで…書こうと思ってたら実はそのタイトル以前使ったことがあって、どうしようと思って止まってるんだけど(笑)、そういうトンネル期があったよねーみたいな前段があって、なんかこういう用事や用事があって、このブログ自体“もう一人の僕がもう一人の僕に残す”的な意味合いを持たせているってのはプロフィールのとこにも書いてますが、ほんとねえ、“もう一人の僕が一人歩きしている”感じがすごくします。我ながら。

そしてそれを特に制御するでもなく、“生暖かく見守っている”自分が居るというか…。まあ、AB型らしく?、そういう二面性はやっぱ常にあるものだとは思ってるんですけど。ただ、今のような“僕と僕”の関係性は、今までにはなかったなあ。なんか上手く言えないけど。たとえば昔、こうして書くWeb日記に対して、レスポンスが一杯あった頃(高校生の頃)は、そのレスポンスに対して「別の自分が一人歩きしてるな」みたいなことを思ったことあったけど、それとはまた全然違うんだよね(今もレスポンスがあるとそう思う…のが面倒臭いからなるべくそういうコンタクトの手段の無いブログにしていたんですが)。なんだろう。自分が思いもよらなかった風に何か色々変わり始めている、のかなあ…。僕が思ってもいないように人にポジティヴに受取られているようなことが、まあ昔と比べて確実に増えています。

社内的には知らんけど(笑)、別に転職のような話するでもなく、なんかねえ、今までと違ってきてるんだよなーなんだろ。でもちょっと久々にAB型にまつわる話をするんですが(笑)、ちょい前にAB型の女の子(会社の子)が「結局私は自分のことが一番大事なんです。」みたいなこと言ってて、なんかね、それはやっぱすごく分かるんだな、なんだかんだで。AB型って基本的に自分好きだから、僕もそういう自覚はある。んだけど、僕がここ何年かやってきたことは「自分が一番大事だから、自分を守る」んじゃなく、「自分が一番大事だから、最終的に自分に何かが返ってくるように、自分の身を削ってでも誰かの泥や汚れでも躊躇わずかぶる」というか…。それしたところで別に何か返ってくる保証なんて何も無いんだよ。所詮“いつかパチンと音がして弾けてしまう幻だろ”ってことも当然思う人間なわけですし(笑)だから「返ってくる、かも」ってレベルで、期待していたわけじゃなかった(自己満足で終わってた)のに、“思いのほか”色んなものが返ってきているのかなあ…徐々に…。

…と言ってもその雑誌に載ることになったテーマは…「結婚したがってるのに出来てない男性とかって居る?」みたいな話から「…むしろそれ僕じゃないですか?(笑)」みたいな感じで受けた話なので、まあ別にポジティヴな話ではなく(笑)まあこれもひょんな繋がりですけど。いやー、これ(そのテーマ)についてはねー…ほんとどうしようと思って。改めて考えてると結構沈みます。どうしたら恋愛出来るんだ。いや恋愛というか彼氏とかになりたいわけじゃなく旦那になりたいわけじゃないですか、要は。いちいちジュビロ云々言うのも、“狭めたい”意図があって言っていることで、本気でこだわっているわけでは全然無いわけで(笑)…まあなんか…色々考え出すと八方塞に(笑)なんか…面白いことになっていようが、今は“誰か”の背中が見えていなくなってしまっているなあ。まあ、そんなものに載ることで何かが変わるかもしれないし、刺されるかもしれないし(←なんだそれ)、まあでも面白がれるネタが誰かの日常に転がればいいんじゃないでしょうか。楽しみです。

あと木曜日はフジの第一弾が出ましたね。今んところピンと来ず。当然“行ったら見たい”アーティストは居るんだけど、去年のように“見たいから行く”アーティストは居ない…という差。そりゃ、マイブラは越えられるはずないんだけど。あと、フランツのアークティックの交換はなかったな…。逆にあってほしかったけどな、またかって感じは否めないし…。このメンツだと(フジのことだから)WEEZERはヘッドライナーの1つかな。トリ前でしょ、と思わせておいてヘッドライナーだったりしそう。あとRoyksoppは前回はレッドマーキーがパンパンだったので(音的にはやっぱマーキーなんだけど)是非外でお願いしたい…って何を行くつもりで考えてるんだ、僕は(笑)まあでも、ロイクソップとアニコレが土曜ならいいなあ〜と。あとは今回発表のない?ART&CRAFTS勢の動向かな。STARS来るかと思ったけど今回では発表無しだし。

金曜も終電。今週5日中3日は井の頭線の終電に乗れず中央線で帰宅。ジャスコも閉店しちゃってるから帰ってきてから更にSHOP99とか行って、更に帰ってきてから部屋の掃除してたらもう5時。眠い。これで明日13時に横国なんてたぶん無理だわと思いつつ、まあチケット買ってないんで起きたなりで考える。味スタかもしれないし。16時に等々力か恵比寿かもこれから考える。幸い部屋は片付きました。明日は普段のノートPCじゃなく旅行に持っていくつもりのやつを持っていこうと思ってたけど設定する時間が無かった。たぶんこっちかなあ。…それにしても今週は眠かった。久々に毎日終電って感じなのでそりゃ眠いはずで。部屋の中にあるバンドスコアも漁りたいし、週末姉貴がまた東京来るらしいので部屋の掃除もしなきゃいけないのに、余裕ありません。金曜の夜やろう。そんなんなので旅行の計画も進んでませんが、11日大阪(梅田)、13日加古川、14日大阪(吹田?)、15日名古屋で会える人は決まったので、当初の予定通りな日程で広島まで行くつもりです。

部屋の掃除しながら1月に出たピロウズのDVD見てたんだけど、ずるいよなあ、これ行った人(笑)でも東京では"Skeleton Liar"やってなかったんだっけか。一度ロック聴かなくなって渋谷系に大ハマりしていた僕としては、"Daydream Wonder"と"Tiny Boat"のこのメジャーセブンな感じってのは、CDでは勿論だけど、ライヴだと余計にたまらん。しかしほんと、すべきこと終わらないな…。日曜は髪切ったのち出社して仕事する予定。11日からは休む気満々だけど、でも本当に10日に浜松帰れるかは正直実感沸かない…。でも11日は朝9時に(実家の)最寄駅を出て、大阪に13時43分着。知人とごはん食べたのち、大阪を16時に出て、広島に21時17分着。というスケジュールを立てた以上、火曜は18きっぷじゃなく新幹線になったとしても浜松までは帰る。だから週末のうちに18きっぷ買っておきます。

まあ、この6日間で1回分余ったら新潟からの帰りででも使うかなあ(でも正直思ったよりも各駅だと遠いんですよねえ。そりゃ、反対側の海だもんな)。何気にまだ僕は日本海というものを生まれてから目の当たりにしていないので、3月は新潟にも是非行きたいのは変わらずで。部屋片付けつつ、またなんかせっかく5日間の旅で、12日以外は人と会えるのだから、お土産みたいなのがあればいいなあと思って色々見ていたら、…あるんだなあ、やっぱりそういうのが(笑)ちょっと持っていくの面倒臭いけど、候補を袋に入れた。というか袋自体も候補。また考えよう。最後に画像は試合の日に国立のスタンド最上段に掲げられていた(ユニとタオマフを着用した)生茶パンダFC東京のゴール裏にもよくガチャピンが居ますが(色的にも目立つ)、ああいうのいいよなあ。と…部屋にあるリラックマのぬいぐるみを見つつ考える。まあ持ち運びはしないが。邪魔だし。普通に。でもいいよねえ。