メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

ガンバ大阪-ジュビロ磐田 @ 万博記念競技場 とか加古川〜梅田〜万博記念公園とか

airgyan2009-03-14というわけで、本日は多少予定が変わって加古川スタート。売店で炒飯買って、スタンド来て中見たら、焼そばだった(笑)アウェーの洗礼。しかしほんとジュビロサポって減ったんだなあ…。アウェー側スタンドが寂しい。今日は何点に抑えられるか!?

試合に関しては、寒かった(笑)ガンバは強かったし最初から勝てる期待はしていなかったけど、4点の内容がPK二つにファンブルなので、イマイチ悪さを実感出来ぬまま、惨敗したって感じ。流れがない。また今週も6点かなと一瞬は思ったけどね(笑)これで来週は立ち直りつつあるレッズだもんなー、厳しい。試合後は万博から歩いていけるガンバサポ家族宅へ。その後播戸行きつけらしい鍋やさんへ行ったり、他のかたがたとも合流したり。人の繋がりって面白いなー的な話はまた旅の総括にて。

他のジュビロ関連のブログをリンク集みたいなところからチラホラ見ていたら、やっぱ結構ネガな意見が多いので、ちゃんと書く前に先に、逆にポジってみたいと思う(笑)とりあえず前節と比べて守備が改善されていたのは確か。うわ、崩された!って思ったシーンは、最初のPKと最後に大塚が抜け出したシーンぐらい。あとは前節と比べりゃ集中してよく対応していたと思う。セットプレーの弱さは相変わらず考えものだけど…(必要なのは那須ではなかったのでは?)。で、たられば言ったところで何にもならないのは承知の上言うと、前半の山本のビッグチャンスもだけど、後半のロドリゴのシュートが入っていればねえ…。割とその直後に確かPK献上で、さらにすぐに川口のミスの4点目が続いちゃったから。あそこで流れと気持ちが途切れちゃった感が否めない。

結局ガンバはシュート7本で4点。確かに試合は支配されていたにしても、内容以上に点数が入ってしまった。山形に6失点ってショックに比べれば、(ガンバだけ間にもう1試合あったとはいえ)歯車一つで意外に勝ち星を拾うかもしれない…って言えなくもない…んだけど、その“歯車”が今最悪なんだよね(笑)まあ今もう膿が出ているのは良いことだと思うんですよね、シーズン34試合の中の2敗を今しただけ。まあ得失点差がどんどんマイナスになってるけど。それこそ外国人枠もアジア枠も余ってるわけだし。とりあえずファブリシオとジンギュでも獲得すれば?(笑)また移籍金払ってさ(笑)

もし来週浦和にまた惨敗したとしても、僕はまだ柳下で良いと思う。10戦ぐらいはやらせようよ。そう思うのは…旧来の体制を望んできたクラブやスタッフやサポにとって、柳下が最後の砦だった。下手にあっさり切り過ぎると、「柳下体制ならまだ良くなる可能性があった」的な言い訳を残せなくもない。だから、ダメならダメでもう完全に打ちのめされる必要があると思っている。もう過去の栄光を振り返れなくなるためには、それぐらいのことが必要でしょ。勿論、その間に徐々に結果が出だすならこれ以上のことはない。だってどうせ今年の目標10位なんだし。これも厳しいのは分かっているけど、でもまだ2戦終わっただけだ。それに後任の候補なんてまだ考えてないでしょ、どうせ。

で、もしたらればを言えるのなら。実力相応のサッカーをしていたところで、面白いサッカーだのポゼッションだのと言ってアジウソンを切って実力不相応なサッカーを志したのがこのスパイラルのスタートなわけで。結局サポも、クラブや選手を過大評価してたわけでしょ?それにさ、柳下待望論は結構あったわけじゃん(笑)何を今更手のひら返してネガってんのって感じだよ。待望していた人でも待望していなかった人でも(僕は割とアジウソン支持だったからねえ。まあ最後の横浜戦は「もういいわ」って書いたけど)、もうちょっと現実を見る必要があるんだと思う。柳下体制にしても、中山ベンチ外にしても、ジュビロにとって今年は“本当に変わる為の踏み絵の一年”になる。

…と、そんな風には思ってみたものの、昨日の万博の“見るからにジュビロサポが減っている”というゴール裏は、やっぱり寂しかったな。関西アウェー、万博でももっと居たよなあ。応援する人の数というものには今後尚リアルに見た目に表れていくわけだから、それはきついなあって思う。ファンは待ってくれない。…でも逆に考えると、“強かった頃にあれだけサポーターが居たこと自体がバブルだった”と考えれば、改めて“磐田・浜松”という基盤で、クラブ作りをしていかなければいけないんだろうね。昨日のゴール裏見たところで、遠征サポと現地サポ、(どっちも当然減ってるんだけど)どちらが相対的に減っているのかがわかんないなって思ったから。とかそんなことを色々思いましたが、また改めて書き直します。




明日は夜には浜松の実家まで帰ります。