メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

ぼくらが旅に出る理由は、だいたい百個くらいあって【浜松〜熱海〜吉祥寺編】 とか

今回の一連のエントリは全日共通のプロローグから。今回の旅行は、昨年RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008への参加の為に行った札幌という都市と、Jリーグ入替戦の観戦の為に行った仙台という都市を、当初の目的とは全く違う部分で観光したことがこれまでの僕の人生において本当に新たな価値観を吹き込んでくれたと言っても過言では無かった新鮮味や刺激があり、「来年は今まであまり行くことのなかった西日本の都市へ行きたい」と思ったことがまず一つ。そして転職を控えせっかくの有給を充実したものに使おうと思ったこと、その理由として(入替戦と同じように)“ジュビロのアウェー”を利用しよう、というのが二つ目でした。結果的に本当に自分の思った以上にまた新しい価値観を吹き込んでもらえた経験になり、そして一緒に時間を過ごしてくれた素敵な音楽ピープル、音楽×サッカーピープルには感謝の気持ちでいっぱいです。そんな最終日。






大体実家のいつも通りな感じで昼頃まで眠る。この間は早く起きたけど、今日はこんな時間まで寝ていても起こしにくる猫が居ないというので、改めて実感や寂しさがあった。旅で増えた荷物の整理などをしてから家を出る。結局浜松であちこち行っていたので(勿論ジュビロショップにも(笑)お目当てがなかったので新しいバッグに付けようと思ったバッヂを買っただけですが)、浜松を出るのが17時半とかで、他の駅であちこち降りたりは出来なかったのだけれど。とりあえず行ったのが浜松城公園。今回の旅では結果的に色んな城を見ました。広島城岡山城、姫路城、二条城。電車から明石城も見えた。大阪城名古屋城にも行こうと思えば行けた。

別にそんなに城マニアのつもりは無いのだけれど(笑)、でもこういう時じゃないと行かないなあ、と思って。地元だけど十数年ぶりに浜松城公園の中を歩いた。ほんと何歳以来だろ?小学校低学年の頃以来かな?改めて歩くと、悪くない。と思うのだけれど、いかんせん場所が悪いよな…浜松にはそういうところ多いけど…(笑)駅から中途半端に遠い。そしてバス停からも中途半端に遠い。そして浜松城も昨日友人と話していて(地元が同じなので、というかその友人の方が街中なので)「浜松城なんて3階建てだもんなぁ」と自虐的に言っていたんだけれど、本当に改めて見たらそうだった(笑)当時からこうだったわけではないだろうけど、復元されたのがこれだけということで…。僕以外にも人が居なかったわけではないけれど、それでも観光とかそういうものとして見に来る価値があるかっていうと、うーん…。

まだ“若かりし日の家康像”の方が雰囲気があっていいと思う。でもぶっちゃけ地元民のくせに「こんなのあったんだ」と思った(笑)でも入替戦の時に青葉城跡通った時に「家康のプライド」とかなんとか書いたぐらい、やっぱ浜松の人はプライド・オブ・家康なところがあると思うのです。絶対江戸(東京)の人より浜松の人の方が家康が好きだと思う。…まあ家康は最期は江戸でも遠江でもなく駿河駿府)を選んだんですが…何この片想いみたいな感じ(笑)なんか昨日も友人の彼女さん(二つ下)に「家康は秀吉に三河遠江から武蔵国江戸城に飛ばされたから、それは本心じゃなくて…」なんてことを語っていて…引かれていなかったか心配です(笑)

別に僕は戦国マニアでは無いんですが(あと信長の野望もほぼやったことない)、子供の頃は日本史大好き大得意だったので、今でも戦国大名の名前とか言われたら多少は分かると思う。逆に世界史とか三国志とかはさっぱり興味が無かった。まあだから、城とか寺とか神社とか見てて楽しいと思える下地はあったってことかな。ほんと昨日の京都楽しかったもん。“旅行が好きになった”ところでようやくシンクロしてくれたという。今会社の近くに実は旧東海道があって、それを沿って自転車こいでいるだけでも楽しかったりするからね。今日も調子に乗って掛川城駿府城小田原城も行きたかったけど、浜松に17時半までうろついているようでは無理で。

5月に帰省する気無かったけど、気が変わった(笑)GWにも帰ってこよう。どうせジュビロも試合あるし、今回は地元の友人とは全く会えなかったので。その時に土日祝フリーきっぷでも買って、静岡県内の駅で降りてみよう(そういや今年はMAGROCKは無いのかな?)。ジュビロは、5月2日(土)のヴィッセル神戸戦。なんかシーズン前は「今年も帰って来たいと思うようなチームではないだろうなあ」と思っていて、まぁその通りになってしまってるんだけど(笑)でも今のところ…予想以上に悪くて(笑)2006年の山本や昨年の内山体制は、膿がなかなか出切らなくて問題が先延ばしになっていたから「見に来ても(結果が出ても出なくても)複雑な気持ちになる」と思ってた。でも、今ぐらいボロボロで“上しかない”という状況なら、上手くいった時嬉しくなれるなあと思った。まぁまた4月に関東でも2度見るしね。

で、ジュビロもボロボロですが、それと同じくしてボロボロなのが浜松の市街地(苦笑)松菱跡地に誘致が決まっていた大丸が出店を取り消した、というのは知っていたけれど、それが一つの引き金にもなったか…今日歩いていたら、コンプマート(EIDEN)も閉店するらしくセールをやっていた(もうめぼしいの無かったけど)。コンプマートに関しては、街から程近く程遠いところに出来たヤマダ(駐車場代無料)に徐々に客を取られたのもあると思うけど、もう皆街中をミキッチ…もとい見切ったのか…それに呼応して?田町中央通りの服屋さんにちらほら閉店セールの張り紙が出ていたのはやはりショックでした。こちらこそ負の連鎖が止まらない…。

今回の旅で感じたことは、やはり駅から歩ける範囲のエリアが盛り上がっているのはいいなあ、ということだった。本当に今後浜松の街中はどうなるんでしょう。各フリーペーパーはたぶんそれを“どうにかしたくて”努力している感じは受けるのだけれど、現実はそう上手く行かず…。青葉城跡なんて同じ平日でもあれだけ観光客が居たのに、浜松なんて、なあ…。「そもそも浜松の駅近くは構造が悪い」ので(アクトがあんな場所に出来たのが元凶だと思う(笑))、本当になるようにしかならんな〜とは思うんだけれど。どうやったら街中に人が集まるのか?それは、イトーヨーカドー跡地にスタジアム建ててジュビロ磐田・浜松にするしか無いと思います(笑)

閉店の張り紙のあった“ELEPHANT STONE”というお店。このお店の前は幾度通ったことだろう。僕が洋楽聴き始め初期に好きになったバンドは、Teenage FanclubMy Bloody ValentineThe Stone Rosesってな感じだったので、ローゼズの曲が店舗名となっているこのお店は高校生の頃からずーっと気になっていた。…でも当時はほんと服とか興味無かったので(笑)入れなかったし、その後もなんか入ることなく…8、9年という時間が経過して。今日は…今回の旅のテーマ的にも…“最後なのなら”と思って入ろうとしたんだけど…外出中ということで自動ドアが開かなかった(笑)次帰ってきた時にはもう無いんだろう。結局入ることはなかったけど…でもこのお店の前を通ったり、地元のスタジオの店員さんなんかと話して、僕は形成されて、次のような仕事が出来るのだから。頑張りたいね。

17時半の熱海行きで浜松を出る。途中、掛川はもちろん、金谷でも降りてみたかったし(SLを写メで撮ろうかと思って)、静岡…はちょっと前にも降りたからまぁいいんだけど、改めて。次回の帰省時は静岡県内を満喫したいと思う。熱海到着が20時14分。すぐ東京行きに乗換える手もありましたが、せっかくなので熱海で降りてみる。熱海もほぼ歩いたことなかったので。商店街を抜けて、坂を下っていって、海まで。海へ行くつもりじゃなかった。ウソです。というか風が強くて寒い。さすが海。せっかくなので裸足になって海につけてみる。冷たい。そりゃそうだ。でもこんな時間でも他に歩いている人や、途中も戻ってくる人などが居たので。熱海ってこんなんなんだな〜、観光地だわ〜と思ったので(笑)、いつかまた来たいな。まあいつかなんていうレベルじゃなく、来ようと思えばすぐ来れる距離だけれど…。

せっかくなので熱海のお店で鮪定食を食べて、21時25分発の東京行きに乗る。丁度WBCの特集か何かがテレビでやっていて、同じ時に席にいたおじさん方のうち一人が「そういえば今日はジャパンどうだったの?」と言ったのが僕はすごくビックリした(笑)日本じゃなくてジャパンなんだ…韓国は韓国って言うのに…。でもそのおじさんが更に話していた「どうなったら準決勝なのかが分かりにくい」というのは僕もそう思った。普通に4チームの総当りじゃないのは何故なんでしょ。小田原で快速アクティーに乗換えて、東京着が23時。吉祥寺着が23時半。あーついに東京へ帰ってきました。改めて…帰ってくると、あっという間だったな〜って思う(笑)大人になってからの一日は早いね。改めて仕事は少なければあと6日。今から明日の忙しさが怖いけど、送別会の日が最終出社日になれるように頑張りたいと思う。

3月は月末にも新潟旅行へ行くつもりだし、割と予定が目白押しでまだまだ楽しめそう。でもほんと今回の旅行は僕の人生の中では…6泊7日、実質4泊5日でも、最も大規模なものだったので。本当に色々な新しい気持ちをもらえました。そして改めて、道中でお世話になった、Aさん&娘のMちゃん@梅田、Mさん夫妻&小犬のミントちゃん@加古川、Yさん夫妻&娘のKちゃん@吹田、一緒に飲んでくれたHさん、Mさん@吹田、Tくんと彼女さん@名古屋、電話だけだったけど何度かお会いしたことがあるKさん(このかたと、加古川の夫妻と吹田の夫妻が繋がっているという、面白い縁!)。今更ながら札幌も仙台も旅の中で人とは会っていなくて。今回はこんなに所々で人と会えたのは、誰と比べて多い少ないとかじゃなく、僕にとって本当に新しい出来事だったんだよね。本当に本当、感謝の気持ちでいっぱいです。今後とも宜しくお願いいたします。そして今後ご一緒することになる方も、またその時には宜しくお願い致します。ぼくらの住む世界には旅に出る理由がある。

翌日。火曜から早速14時間働きまして。うおおお、あと出社予定日5日とかそんなんなのに、大丈夫かこれ(笑)何のために休んでいたんだ。果たしてシミュレーションになっていたのか。しかしこうもなると、結局「自分がそう仕組めなかった」のが悪いんだよなあ…とすごく思った。疲れた…。しーーっかしほんとすべきことが多い。当然それを承知で休んでいたわけで、“自分が悪い”以上のことはないのだけれど…。なんか休み気分は完全に一気に吹っ飛びました。3連休は土曜日以外出ようかなあ、とか(笑)まあそのリスク背負ってでも出たかった旅だから仕方ないのかなー。とても平日のうちに日記は埋められなさそうです。また徐々に埋めます。