メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

ぼくらが旅に出る理由は、だいたい百個くらいあって【吉祥寺〜高崎〜越後湯沢〜新潟編】

西日本の旅行記もまだ書けていないのに、また新たな旅行記。先々週の西日本編と比べると今回は完全に“ジュビロを見るための目的地に行くだけ”の旅なので、エクストラ的な旅ではあるんですが、まだ人生において日本海を見たことがない僕としては、また新たなドアを開けるようなそんな旅行であり、転職前に気持ちを切り替えるには丁度良い旅立ったと思います。土曜の午前は起きたままで健康診断。血を抜かれに行ったんですが、あまりにも北風が冷たくて寒い。これで新潟なんてどんだけ寒いのか。ていうか予報、雪ですか…。

寒さのためか意外と花見客の少ない井の頭公園を通り抜け、予定通りの中央線に飛び乗る。しかし車内のモニタを見ていたら、人身事故で湘南新宿ラインが運転見合わせの報。まじすか。とりあえず予定通り新宿駅で降りたものの、高田馬場で人身事故が発生したのが12時42分、新宿駅到着が13時10分ぐらいなので「こりゃまだ運転再開まで時間が掛かりそうだなあ」と。山手線の人身事故でなんで湘南新宿ラインも止まるのかがわからないけど…新宿駅で待ってるのもあれだったので(外へ出たくても窓口が渋滞しまくってて…)、とりあえず高崎線に乗ろうと思い。といっても赤羽へ行こうにも埼京線が止まっているのでもう一度中央線で東へ。

んで、結局中央線で御茶ノ水、総武線で秋葉原京浜東北線で上野、上野から高崎線というルートを選択。でも東まで行ったら行ったで京浜東北線も山手線が止まってたおかげで遅延してたんだけど(笑)ともあれ、13時40分発の高崎線前橋行きに乗換。上野駅広過ぎ。で、そんなルートで無理矢理高崎線に乗ったものの、上野に着いた頃には湘南新宿ラインは運転再開していたようだったので…もしかしたら新宿でそのまま特別快速高崎行きを待ったほうが早かったのかもしれない。順次運転再開していたんだろうし、結局乗ったこの高崎線も途中で信号待ちで6分ぐらい遅れたりしたので、それは特別快速を先に行かせたからな気がすんだよね。


ともあれ、高崎着が15時30分。そこから先へ行くための水上行きが23分に出てしまうような接続だったため(←これが乗りたかった電車)、また足止め。次の水上行きが16時20分発。長い、けど高崎もちょっと歩いてみたかったし丁度いいや、と。てなわけで約1時間高崎に滞在。駅近くを歩く。といってもタワレコ行ったぐらいか。高崎線の電車の中で割と寝ていたんだけれど、窓開く度に「寒!」と思って目が覚めていたぐらいだったので、一度中にもう一枚シャツを着直したりしていたので。実質歩いたのは30分ぐらい。それだけじゃさすがに足りないけど、甲府よりは栄えているかなあ、と。まだまだ歩けたなあ。30分ではさすがに足りない。

水と駅弁を買って、いざ上越線。16時20分の水上行きも遅れて発車。たぶん湘南新宿ライン組との接続を待ったためではないかなあ。それもこれも人身事故のせいだー。せっかく多少早く起きたのだから、健康診断したそのままの足で出て、元々“いずれ乗りたい”と思ってた八高線で高崎まで来てりゃこんなことにも巻き込まれなかったんだろう。ここから長岡まで2時間半。遠いぜ…。20時05分に長岡着。長岡での接続でまた待たされたら新潟着は23時頃になるんだろうか?結局10時間の旅になるか…(笑)水上までは外の景色を眺めながら。ふーん、渋川とか沼田は人が多く降りるのだから人口が居るんだな…とか思いつつ。






そして17時半頃、水上に到着。正直「なんで水上止まりなのか」と思っていたんですが、水上は渓谷も壮大で雪もまだ多少残っていて、風情があっていい街っぽいなあと思った。上越線自体は、2005年のフジロックの時は18きっぷで往復したんでその時に乗っていて、その時も水上で乗換えたんだけれど…当時はとりあえず座りたいということと(笑)、ただ長いとしか思っていなかったから(笑)全然ねえ、違うねえ。でもそりゃそうだ、あの時の目的は越後湯沢に安く行くためだけなのだから。違って当然。今回は全編で「なんか、いい景色だなあ」なんて思いながら今回は乗っています。こんな、「渓谷いいなあ」なんて思うようになったのは甲府行ってからかな。あの時もずっと眺められていたから…いや、Rock On The Rockのおかげかな?(笑)僕が年を取ったらきっと国内旅行オタクになる気がします。

水上を出て、長いトンネルを抜けると…一気に雪国!さっきの「雪が残っている」どころか、一気に雪国です。浜松は雪とは割と縁のない土地なので(稀に降ることはあっても、積もることはないです。)、雪が積もっているとめっちゃくちゃテンション上がります。たぶんこれは全浜松市民共通なはず…って今はもう水窪浜松市だっけ(笑)越後湯沢に18時15分頃に到着。越後湯沢で長く停車するとのことで、せっかくなので駅標とったり。フジで来るのとはまた全然違った気分ですが、こういうのも良いよね。昨年、フジロックもスキーも好きな人に冬の苗場について話を聞いて。なんか夏の苗場しか知らないのはもったいないな、なんて気がした。

まあ…とは言え僕はスキーもスノボもやんないですけど(笑)とりあえず駅の外にも出て、自分の足で雪をざくざく。無意味にテンション上がりますどんなくつをはいててもーあるけばぼくのあしあとー。というか、さっきまで花見をしていた井の頭公園に居たとは思えない冬っぷり(笑)これは秋春制は無理だわ(笑)駅には見慣れたフジロックのフの字もない。そりゃそうか。なんか、イベントごとが無い時にこういった場所へ来ると、本当にあれって1年に1度の巨大ビジネスなんだなあ、と感じます。千葉マリン、幕張メッセはやっぱ違うじゃん、年がら年中色んなイベントがある(野球も含んじゃいますが、それこそ今日もオエイシスが)。

今日この地に降り立った時は、その“1年に1度のビッグビジネス”という感覚が、恐いなあってふと思った。やっぱ良くも悪くも、だよな。でも…絶対少しずつお客は減る可能性が強いとして(年齢の上昇とともに。幾ら今“フジが無きゃ生きられない”とか言っている人が居たとしても、別にフジが無くなったって絶対死ねないでしょ?(笑))、そこで「新しい若い層を今どこまで取り込めてんのかなあ」と。他のフェスを若い、若いってバカにするのは結構だけど、こんな不景気だからこそその“一人一人”の人数は割とシビアな話だと思うよ。絶対スポンサーとか減ってるでしょ、今年。(だからもし面子が悪くても、文句は言えないと思っていたり…。)

まあ…なんかそんな風に考えるのも、僕が今年フジへ行く意欲があんまり沸いていないからかなあ(笑)なんかねえ、“フェスとサッカーが好き”みたいなキャラを…多分今の会社で確立してきて…それが終わりになるから、そういうものもあるのかもしれない。あと2006年のフジで一人で行ってキャンプして…って体験は、なんだかんだで面白い体験だったなぁ、って気もして。会社の人の連絡先とかも知るほどまだ仲良くなれたりしていたわけじゃなかったから(笑)、ほんと一人でずっと居たんだけど、吉祥寺仲間のかたに見つけてもらって。そっから人が集まって、人に人を紹介してもらって。寂しかったからこそそれが刺激になった。今は、行けば知っている人が沢山居そう――それは当然満たされる要素でもありつつ、不自由になっているとも言える。ほんと一人っていう自由に僕はどっぷり浸かっていたからね(笑)

そんな感じで越後湯沢を出て再び北上。六日町で6分停車。長岡まであと1時間。この後は上越線の中で睡眠。長岡では2分の乗換。信越線は水色と青を基調としたデザイン。越後湯沢では雪は積もっているだけで降っては居ませんでしたが、長岡では雪が普通に降ってました。新潟も雪だろうか。ちょっとワクワク。傘持ってきてよかった。ところで高崎の時点で「ドアが開くごとに寒い」と書いていましたが、高崎以北の上越線は、自動でドアが開かず、自分で開ける。という仕様。東京、しいては東海道線では考えられませんが、仙台、甲府でもそうでした。寒い空気が入ってこないようにするためかな。なので車内は全然暖かかったです。






ここからは丁度日本代表-バーレーン戦のやっている時間だったので、ワンセグで見ながら。長岡とかこの辺でもワンセグ入ってよかったなあ、と(笑)もう夜で外の景色も楽しめなかったので。試合に夢中になっていたら、(新潟市内に近づくにつれ)、いつのまにか雪もやんでいました。残念。結構ガンガン降ってたんだけどな。日本代表。とりあえず勝ってよかったよね。「野球が世界一なのに…バーレーンって…」とか引き合いに出されようが、一つ一つです。でも、本当に世界と戦うと思ったら、内田が中に入ってサイドからのクロスを受けてトラップをミスしたシーン、ああいう個々の技術を高めていかなきゃいけないんだろうなあ。(でも別にこれ内田を責めているわけではなくて。「内田で10年サイドバックの心配をしなくて良い」ってのは僕も同感なので。内田ほど“サイドバックの動きが出来るサイドバック”は日本には他に居ないでしょう。あそこで中に居るのも内田だからこそ。)

で、試合終了とほぼ同時に新潟駅到着。寒い。“途中までガンガン降っていた雪は新潟駅ではやんでいた”…はずだったけど、ホテルまで歩く間にどんどん雪が強くなり(笑)さみーさみー。高崎で厚着しておいてよかったわ。これは秋春制は無理だわ(笑)新潟も駅から繁華街が離れている広島みたいな街っぽかったので、駅近くではなく繁華街(古町)の方にホテルをとり、30分ぐらい歩いて到着。広島みたく路面電車は無く、バスはあるっぽかったけど、せっかくなので歩いた。駅前の観光案内所がもうやっていなかったので、地図とかがなく方向感覚と人の流れを頼りに…。チェックインして物だけ置いて、ホテル近辺〜古町とかその辺を探索。

で、どこへ行ってもとりあえず「せっかくだからその街ならではの美味しいものを食べよう」という意識はあるので、新潟でそういうのを考えたんだけど…しっかし、改めて新潟のおいしいものってなんなんだろう?米しか思い浮かんでなくって…もうこの時間(22時半)は全然ごはん屋さんはやっていなくて焦った(笑)寿司とかには興味無いし(コストパフォーマンス良くなさそう)…新潟まで来て博多ラーメンなんぞ食べたくないし…とりあえず“へぎそば”屋をこんなに幾つも見るのは新潟の他では無い気がしたので、それを食べた。うーん、でもなんかあんまり蕎麦じゃスペシャルな感じは全然しない…。でも、そもそもお米ってそういうもんかなあ。

魚沼産コシヒカリの使われたカツ丼とか、どっかにないかなー(結局カツ丼。笑)そう、こういうのサマソニCDJにこんなカツ丼のお店あったよね。明日行こう。で、明日はレンタサイクルで走り回りますよ、と(でも今日より寒いっぽいんだよねぇ…)。ちなみに一応本題である試合に関する期待を考えると、“無失点”。勝てなくてもよいので少ない失点を期待したいです。川口も居るし、矢野貴章と…駒野が居ないしね(笑)まあブラジル人FWや大島は手ごわいけどね。あとちなみに今日新潟でTHE NOVEMBERSとかUNISON SQUARE GARDENが出るライヴがあったので、当初の予定通り(19時半)に着いていれば見に行こうかなーと思っていたけど行けませんでした。まあ別に東京でいつでも見れるだろって話ですね…。明日はthe guitar plus meが新潟でライヴがあるっぽいのもちょい気になる。