メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

the pillows / GLAY @ Zepp Tokyo

ピロウズとグレイの対バンライブへ。「あのZEPPのライブ行きたいです」と言って、ピロウズ仲間のかたにチケット確保してもらっていたら、後からGLAYが決まってビックリ。昨年プレデターズ見た時「もうJIRO見る機会なんて無いだろうな」と思っていたけれど、まさかGLAYを見る機会が訪れるとは…。ブログやってた頃、度々「ビジュアル系が嫌いだった、だからミスチルとかミッシェルとかピロウズとかバインが好きだった」みたいなこと書いてましたが、GLAYなんてその急先鋒なわけです。GLAYが20万人ライブなんてやってた頃、ピロウズは10周年ライブをON AIR EASTとかでやっていたはずで…。そんなピロウズGLAYを前座に迎えてのライブ。これを“感慨深い”以外に何と言おうか。

整理番号がめちゃくちゃ早かったので相当早く入場。前のほうは殆どピロウズのタオルマフラー持っている人ばっかり。意外と。発表前のファンクラブ先行で結構捌けていたという現れなのかな。「一体ピロウズファンはGLAYに対してどんな反応するんだろう?」「GLAYファンなら“JIROちゃんが好きなピロウズ”ってことでウェルカムな反応してくれるだろうけど、ピロウズファンは別にGLAYに対して何の縁も感じていないんじゃないか」みたいな話をしていたのだけれど、GLAYが現れると悲鳴のような歓声。

もうここからはネタの宝庫。曲中なのにメンバーの名前を叫ぶ声、全然関係無いところでの悲鳴、曲間でひっきり無しにメンバーを呼ぶ歓声。後ろにいた男子二人組とおぼしき人たちが「うわああ、JIROかっこいい!」「TERUーーー!」とかすごい唸っていて、もう面白くて仕方が無かった(笑)いや、すごく健全なことだと思うんだけど、なんかそういうのを面白がっちゃう人なんだろう、僕は。ただ予想と違ったのは、昔、たぶん非ビジュアル好きの人たちが毛嫌いしていた“捧げ”。これが意外とあんまり無いのですよ。それよりも、2曲目でoiコールがあったことにビックリ!!!GLAYでoiコール!!!

とまあ、僕も完全に偏見でGLAYを見ていたことがよーくわかる感想なんですが(笑)でもね、GLAY自身は謙虚でした。「この対バンツアーの中で、僕らは異質かもしれないですけど。でも中身は…同郷・北海道の後輩なんで…」みたいな。ちょっと面白い。しかし「今日は正統派なことをやるので、多分知っている曲もやると思います」というMCの後に鳴らされたのが“グロリアス”。すっげえ。そもそも1曲目も“誘惑”で、他にも“生きてく強さ”とか“HOWEVER”“彼女のModern…”とか、確かに僕でも知っている代表曲ばっかりやってくれたんで、ほんと面白かったです。“彼女のModern…”では完全にダンスフロア化してました。もうきっと、スタジオコーストの“アイアムディスコ!!”に匹敵するぐらい(笑)すげー、GLAYモッシュって。ほんと色々期待を裏切ってくれて面白かった。

「多分知っている曲もやると思います」って言われて、本当に知っている曲ばっかやるところが、GLAYの懐の広さというか。名前わかんない曲でも、「あ、これたしかドラマの主題歌の曲だわ」みたいな感じでさ、サビは知ってるのね。ミスチルにしても、LUNA SEAにしても、まあスピッツとかもそうなんだけど、J-POPとしても売れているバンドを見ると本当に素直に面白いです。GLAYの新曲“I am xxx”を今日ライブで見て、同じくピロウズとの対バンでこのZEPPで“フェイク”を初披露していたミスチルもそうなんだけど。ああいうスーパーバンドでも、「鳴らしたいのはロックなんだよなあ!」っていう。ロックンロールしたいんだと。

後でさわおに「彼らは函館出身だから俺らみたいな札幌出身者から見れば田舎者」だとか「GLAYは対バンに慣れていない」とか「超一流なのにこんな出るメリットが無いライブに出てくれて、バカじゃないかと」とか色々いじられてたけど、ほんとGLAYはこんなハコでライブする機会無いだろうし対バンなんてもってのほかだろうから…ピロウズが誘ってくれたことにはきっと感謝してるんだろうなあ、と思った。まあ、帰りに渡されたチラシに、“GLAY 15万人ライブ!”っていう大きな冊子が含まれていたのは、「20周年を初の武道館で迎えるピロウズに対して喧嘩売ってるのか?(笑)」なんて冗談でピロウズ仲間のかたと言い合ってたけど。

んでピロウズGLAYが思った以上に盛り上がったんで、客層が結構入れ替わるかな…と思ったら、思いのほか入れ替わらなかった。でも、ちゃんと盛り上がる。盛り上がるけど、所々でさわおが2階席に居るGLAYのメンバーをいじるんだけど、もうその時フロアの周りはみーーーんな2階席の方に手を振ってて(笑)あああ、GLAYファンなのね、っていう(笑)だからねえ、なんだろ…「僕らが思っている以上に、GLAYをきっかけにピロウズファンになったリスナーは多いんだ」ってことを痛感しましたね。いやいいことなんだけどさ。全然悪いことじゃないんです。でもね…なんかねえ、変な気持ちになった。僕らみたくビジュアル系に距離おいた上でピロウズ好きだった人たちって…実はもう少数派なんだなあ、って言う…。

ピロウズのライブは。NO SELF CONTROL、RUSH、アナザーモーニング、Sad Sad Kiddie、I Know You、1989、サリバン、Funny Bunny、Ladybird Girl、MY FOOT、サードアイ、この世の果てまで、ハイブリッドレインボウ。アンコールでPlease Mr.Lostman、スワンキーストリート。だったかな?ライジング行けない分夏フェスとかで見る予定が無いのだけれど、可能なら武道館前にもう一度見る機会とかないかなあと思い中。やー、NO SELF CONTROLとかSad Sad Kiddieはたぶんライブでは初めて見たんじゃないかなあ。Sad Sad Kiddieにはちょっと驚き。JIROがカバーしてたからそのためかな?嬉しかったし、ロストマンも、916のDVD思い出しちゃった。あのイントロ鳴る瞬間には、やっぱり鳥肌。

奇しくも、長らくROJと喧嘩状態にあったピロウズがJAPANに久々に載ったのはRUNNERS HIGHのロングインタビュー時で、表紙がGLAYという、超冒険号の時だった。なんてことをふと思い出した。んで、その時の号の前後は未だに持っていたのに、ちょうどその間のGLAYの号だけ売っちゃってた(笑)勿体無いな。別に書いた仕事の話のようなことを、すごく考えている昨今なので、“僕らは間違いながら何度も傷ついたけど 信号が何色でも ブレーキなんて踏まない 壊れてもいいんだ スピードを上げてよ 壊れてもいいんだ 僕らが全部覚えてる”って、すごくそうだなあって思う。素晴らしいライブでした。

話が飛んで、月曜に出社したらさ、別部署で同期に入った一個下の契約の子がやめるって話聞いて…うわあ、マジかと。まあそいつもさ、すっごい大人しい…草食系って感じだったからなあ。うちの上司に「話す時は目を合わせろ」って怒られたらしいし(笑)あの部署に合わなかったのかな。とはいえ、たった3ヶ月で。勿体無さ過ぎだろ。こんだけ狭い門くぐって…なんでそんな風に、採用って上手くいかないもんなんだろうな?まあなんかそれに対して色々考えてて、だからこそやっぱり「出る杭打たれようが、這い上がってみせる」みたいな変に意地なところが僕にはあるよね(笑)物怖じしてたまるかよ、と。「お前が言うか」って感じだけど…元気無さ過ぎだものねえ、同年代の男性陣は。っていう意味で、なんか今の僕は、“ブレーキなんて踏まない”みたいな気持ちになっているんだと思うのですよ。

日曜は女友達に誘われて水族館へ行ってきまして。水族館なんて行ったのいつ以来だ。小学生以来だろう、多分。もう絶対普段なかなか目にすることのないものに「すげー」と思いっぱなしだったのですが、あまりのカップルの多さに「やっぱさあ、普通の人たちって、そういうデートをするもんなのかなあ。なんだかんだで、ライブとかフェスの趣味が合う、とかって、望み高いのかねえ。高校生の頃よく名古屋港にデートに行ったんだけどさ、名古屋港水族館なんて目もくれずに、ヴィレヴァンで立ち読みしてたんだけど、ほんとさあ、ひどいよね」みたいなこと話してた。しかしペンギンはいつ見ても、どんだけでも見ていられるな。次帰った時にはまた花鳥園にでも行こうかな…。

大体さあ、気づけば今年もフジロックで一人キャンプの予定ですからねえ(笑)2006年以来の。なんかね、一緒に行く人が居ないんだよ。いつまで経っても。んで、寂しがってる人に限って、誰か一緒に行く人が居る。なんだろうねえ、これ。勿論、行けば別に誰かに会える、みたいな部分もあるんだけど――なんていうか、ダメだなあ(笑)もうね、ほんと誰かお隣さんが現れるまで、根底の孤独感は拭い去れんのですよ。さてでもそんなフジロック。どうせ金曜行けない僕としてはキラーズがどうこうは関係ありません。ダイナソー嬉しい。タイムテーブル出てないけど下みたいな感じになるのかなあ、と。楽しみ。

土曜:9mm→セミュクティ→COOL WISE MENかドラゴンドラ→ベンハーパー→CBMDかZAZEN→シナトラズ→ダイナソー→BOOKER T→SHOES
日曜:ドラゴンドラ→フアナモリーナ→CYHSY→JEW→サニーデイBRAHMAN→帰る

土曜日はセミュクティとダイナソーさえ見れればあとはどうでも良い。日曜はアニコレ、ROYKSOPPを見たいと思ったらもう一泊決定なので…しょうがないじゃん…。というか、なんかJEWとサニーデイがかぶる予感がプンプンするんですが。超心配。ついでに言うとCYHSYもかぶる気がする(笑)昨年の最終のMaxときもすごく殺伐としていたので、出来れば21時30分のたにがわに乗りたい。よって20時前にはバスに並び始めたい。チケット代が勿体無いような気持ちにもなっちゃうけど、もうほんと今年こそ体力を考えて早々に帰りたいと思う。

あ。あとフェスエコ見てたら今年の朝霧は3連休の週みたいだね。寒そう。楽しみ。今年もチケット頑張ってとろう。それまでに一緒にキャンプ出来る相手はいないもんだろうか。明記はしていないけど、でもなんだかんだで今年もフジ行く以上はボードウォークで手をつないで歩ける誰かは居ないもんかと思っておりますよ!行く限りは!!