メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

CAPTAIN HEDGE HOG @ SHIBUYA-AX


土曜日の話から。夕方ぐらいに目覚め。とりあえず代々木公園へ行って難波さんのフリーライブでも見ようかと思ってまず渋谷へ。あとは渋谷、新宿と歩いて翌日の試合のチケットを金券ショップで探したりしようかなというのと、セールで服見たりしようかな、という意図もあって、代々木公園は道の途中で丁度良いかなというのがあったんだけど。最初に行った金券ショップで、「今日のライブ」の中に2,500円という安いライブを発見。何のライブだろ?とよく見ると、“CAPTAIN HEDGE HOG”の文字。一瞬目を疑う。え、まじで???

復活していたのは知っていたし(SHELTERのチケット取れなかったし)、ちょこちょこライブやってたのも知ってたけど、金券ショップに2,500円で目の前にある状況はなんかまた違って。これどこでやるんだ?SHIBUYA-AX。じゃあ行くしかない、ってことで全く予定に無かったけど購入。というか、むしろなんで知らなかったんだ。SHELTER以降、一度スケジュール追ってたのに。

代々木公園で軽く難波さんのフリーライブ見た後(押してたみたいで、18時55分までで2曲しか聴けなかった。こっちもこっちでゲスト的なものがあるんじゃないかと思っていたけど見れず。残念)、AXへ。先週も来たAXだけどなんか全然ワクワクさが違う。でも全然、はしゃぐようなつもりで家を出ていないので、一番後ろのほうでゆっくり見たけど。ライブは"Let's Lock"からはじまって、でももうねー、その場で沢山跳ねた。2時間半弱ぐらいかなあ。ライブ中3度ぐらい涙腺緩んだんだけど、最後の“You Don't Know How My Feel”もやばかったなあ。なんか、ファンも含めて、みんながこの瞬間を後悔しないための覚悟があの光景に含まれていたと思う。あの光景は、今年のベストライブになるであろう916に次ぐぐらいのベストなシーンになるかもしれません。

あ、あと本編最後にビークルの旧メンバーが登場して。ヒダカ、THAI、アラキ、UMUはお面だけで中身は別の人だったけど(笑)あれも、現メンバーじゃなく旧メンバーだからこその歓声があがっていた。無論僕からも。ライブ後はいつものピロウズ仲間のかた(アスパラ好き)と合流してごはん。ちなみにこの人も今日だと知らず、僕のメールで思い出して急遽家を飛び出してきたという感じだったし、元親会社のキャプヘジ好きも知らなかったようで、メール返ってきてたし。その二人が気付いていれば僕も当然知っていたんだろう…。


日々そんな風に相変わらず仕事であれこれしている中、家族にメールしたら姉貴からいのいちにメールが帰ってきた。中身はビックリ。“妊娠”、そしてできちゃった婚だそうです。バツイチの姉貴ができちゃった婚。文字にするとなんかあれなんですが、ぜーんぜん普通の人なのです。うわあ、そっかあ。んで、翌日、元会社の人から奥さんが出産したというメールが。いやあ、めでたい。「○○ちゃんは子供好きだから、周りには内緒だけど言っておくね」なんて話していてくれたことだった。本当に嬉しいです。遊びに行くのも楽しみだけど、朝霧とかで一緒に遊べるのもこれまた楽しみなことです。なぜならそもそも「朝霧行くと子供が欲しくなる」みたいな会話をしていた仲間なので(笑)

その日の夜のフットサルの後の飲み会で別の人ともやっぱり子供の話とか、キャプヘジ後に人とごはん食べた時もやっぱり子供の話とか、ああなんかそういう話が続くけど、いいね。彼女居ない暦が8年半経過した僕ですが、早く子供欲しいのは変わっていないわけですよ。7月2日は、10年前は当時の彼女とバインのライブ行ったなあ、とかそういうこと思い出すような気持ち悪い人間だけれど(笑)ほんとねえ、ようやくこの会社まで辿り着いて、バリバリやれていて。ほんとあとどこまでいけたら、“あの子からでも見える場所”まで辿り着けるんだろか?と、改めて思います。誰かがこっちを満更でもなく見てくれている話が、またあるようなことをふられても、僕としてはやっぱり満更でもないことがないなあ、というのはやっぱそんな中途半端な決断したくねえなあ、ということだと思う。単純な話、音楽の話が出来ないからだけど。

まあでもほんと、キャプヘジも高校3年の時に多分好きになったバンドで。ライブを見たのは今回が初めてだけど、なんか色んな気持ち、想いというかね、そういうのが頭の中で飛び交っていたなあ。10年経ってここに居る、というのは本当にすごいことで、本当に夢がかなっていると言って過言ではないわけでさ。特別なものなんて何も無かったのにっていう…そういうブログはやりたいんだけどなあ…。と思う。まあなんでしょ、“色々頑張ってるけど恋愛はダメ”的なオチは延々と続くんだけれども、毎年のことだけどフェスシーズンに何かが変わればいい、とは思うわけです(笑)フジがなあ、今年色々話している感覚だとやっぱ今年も会って分かる人が広がっている、んだけど、でもそれで案外全く人と会えなかったのが昨年なので。一人キャンプのせつなさがベースなので、今年は人と会えたら例年以上に温かみを感じること間違いなしだと思います。


日曜。チケット余ってたら等々力行こうと思っていたけれど売切れていたので断念。後半だけ見ていたけど、鹿島の同点に追いついたシーン。あの1回を決めるから鹿島は強いし、逆に言うとせっかくの数的有利の川崎が、わざわざ狙われやすい真ん中であんなパス回しするから、そこを狙われてしまう。結局鹿島の方が走っているんだよなあ。今日の結果はともかく、2位相手にこれなのだから地力はやっぱ鹿島が一枚抜けていると感じます。そんで、犬飼が「オリベイラ…あ、オリベイラって言っちゃったね」で良いと思います。ハイライトを見て思うのは、でもやっぱちょっとテセの交代が早過ぎたんじゃないかと。あれが無意識に川崎に引きを意識させてしまったんじゃないかなあ。

帰省の予定を考える。一応ap bankの週に帰ろうとは思っていて、ap bankも2日目に行こうというのは何となく決まってきたんだけれど。でも、せっかく久々に帰るのにサッカー観戦がないというのは、勿体無いなあ。という気にやっぱりなって。土曜日、帰る途中で日本平に寄ろうか、金曜のうちに帰ってしまって土曜は豊田にでも行こうか、なんかそんなことを考え中。しかしせっかくの帰省でジュビロでもないのに豊田まで行くというのも、なんか違うような気もするし、日本平に寄る前段で帰ると浜松で過ごすのは1.5日ぐらいになるし。でも浜松から離れている時期が長くなってきて、昔ほど地元で色んなとこ行きたいなみたな欲も無いのでそれで丁度良い気もするし。迷うところだなあ。