メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

真っ赤な空を見ただろうか


前回の話を引っ張るんですが、“ずっと東京に居られれば”と思って東京へ出てきたわけでもないし、今そう過ごしているわけでもない。そして、地元が嫌いで東京に居るわけでもない。ここ最近、“地元に帰りたいなあ”とふと思うことがある。でもそれは別に今すぐというわけではもちろん無いし(今の地元の景気ではね…)、1年半後かもわからなければ、40年後かもわからない。ただその言葉だけを書くと、疲れてるのかなと思うけど(笑)、でもそうじゃないちゃんとした(?)きっかけもある。

画像は先日の味スタですが、半年前の大阪(万博)遠征からもう半年経った。早いものです。本当にあの遠征は楽しかった。そして夏の北海道も楽しかった。両方に言えることは、“その土地で、その土地の人に迎えられた”という体験が、東京と(地元から近い)名古屋を除けば、人生で今更ながら初めてだったんじゃないか?という気がするのだ。少なくとも近年にはなくって、なんか本当にそれがすごく嬉しくって。僕の性格的なものもあるかもしれないけど、東京に来た誰かに“ようこそ”って思うようなことは、あまり無い。それってやっぱ別に僕は東京の人間ではないからだろうし、(音楽仲間だとある種)東京へ来るのは当たり前だからかもしれない。

でもね、“ようこそ、よく来たね”って思いたいなあ、って思ったのです。で、そう思える時に自分がどこに居るかっていうと、やっぱり地元・静岡(浜松ないしは静岡県西部)なんだろうなあっていう…。なんかやっぱ、味スタや国立じゃ別にそう思えないけど、エコパやヤマハならそう思えるもんね。なんとなくそんなイメージが夏頃沸いたのが、“いつか地元に帰るんだろう”と思った一番の理由です。改めて書いておくと、今すぐと思うにはさすがに地元の景気もあれだし、それ以上に今の東京の仕事は充実していてやりがいがあるので(その分神経すり減ってるけど…)、別に今もう帰りたいわけでも東京から離れたいわけじゃないけど、でもきっといつか帰る。

さてこっから恋愛に話を切替えるのですが、誰かを好きになっといて、またはなられておいて、この人けっこう良い会社で仕事もバリバリやってんのに…“田舎帰りたい”とか言ってたら、詐欺みたいなもんでしょ(笑)そう思うからやっぱ今東京においての恋愛っていうことに対してブレーキがある。去る9月16日、開演直前に駆けつけた門の前で、声をかけられて振り返ったら好きだった子だった。過去形で書いているけれど別に今も好きなのだ(とその日思った)。だけど、これは以前のような感情とは違うな。でもそりゃあ、そもそも音楽の趣味が合うし話も合う。これで好きじゃない理由が無いし、別に恋愛感情じゃなかろうが仲良くありたいに決まっている。じゃあ他の仲良い人と何が違うのかって言ったら“タメだから”ぐらいしかないんだけど(笑)、でも姉妹に挟まれて育った自分にとっては案外これはすごく大きい要素。

その916を終えた後、家に帰ってきてふと10年前のWeb上の日記を開いてみた。のだけれど、これがまたひどい(笑)要約すると“欲しいCDが沢山あるけどお金が無い。空からお金が降ってこないかな”とかそんな内容。もう全体的に他力本願にも程があって…10年経って“誰かに依存しない自分作り”が少しでも出来たかな?と思うと良かったなぁ(笑)文章もほんと頭が悪いのだけれど、でも仕方ないよね。大学進学なんてハナから考えていなかった田舎の高校生なのだから(笑)これはこれで…、こんなんでも、頑張ればどうにかなるんだなぁってね。どうにかなってるどころじゃないよ、こんな天才のような人々に囲まれて働けるなんていうのは。僕自身は今大変忙しく、この5連休も休み無し(だけどサッカーは見に行ってる)、今日も夜中まで社内で一人カタカタやってたんですが、もはや逆に面白いと思える。

中学生の頃かなあ、ラジオを聴き始めて、マスコミとかメディアとかにぼんやり憧れたわけです(プロ野球選手にもまだ憧れていたけど(笑))。んで、親には「そういった職業就くには○高行って、○大ぐらい入れる頭の良さが必要」という風に言われて、当時は当時で一生懸命勉強したつもりだった。けど、その○高も僕には無理だってことに気付き、○大なんてのも遠い遠い雲の上の話だという風に気付き。そうして辿り着いたのが、インターネットであり、インターネットのメディア性だった。10年経って結果的に今こうして、○大だろうがゴロゴロ落ちるこの会社で働けているというのは不思議な人生だと思うし、そしてそのラジオ番組をプロデュースしていたのが、当時は知る由なんてなかったけど今の社長なわけで、そしてその番組で好きになったのが、916で20年を迎えたバンドだったりするの。回りまわっているよね。

とは言っても、遅れてぎりぎりにふくらませた僕の人生なんかでは、もっと歳をとった頃に“昔、東京でね”なんて言うのが身の丈ではないかと思うのだ。でもそれは弱気でもなんでもなくて、そんなことすら言えない人生だと思っていたから。もう十分満足なんだよ。別に地元でブイブイ言わせていたような人間でもないしさ。周りがUターン就職したり、結婚し出す頃に東京へ出ていったっていう、ただの身の程知らず。そこから今こうして居られるのは、色んな(感謝してもし切れない程の)“巡り合せ”だと思う。別に前の会社でなくとも、今の会社でなくとも、僕は頑張ろうとしてしまう人間にはたぶん変わりないから。そんな風に東京へ出て来て今こうして居ることもエゴだし、帰りたいというのも同じようにエゴなのだ。…というか、関東アウェーで勝てずにホームでばっか勝ってて…それで悶々としているところもあるかも(笑)

ともあれ、本当にとめどなく時間は進み続けるなあって。半年経ったことも早ければ、半年前の自分の通勤路すら遠い昔のようだし、一年前に行ったランチはつい一週間前ぐらいのようのことにも思える。恋愛をするもしないも結局、“巡り合せ”なんだろう…なんて、こちらは10年前に負けず他力本願だ(笑)ところでつい先日、仙台へ行く夢を見ました。うーん、こんな夢を見ちゃうと、J1昇格争いはちょっと仙台応援したくなっちゃうな(笑)湘南も近いし、甲府もまた行きたいし、大阪もまた行きたいし、どこもいいんだよねー。大分も行きたいし、千葉や柏も近いし、…とかそんなことばっか考える。どうせ一人で行くんだろ(笑)ふう、とりあえずこの多忙期が終わったらどこかへ行こう。…とか言って結局10月末にアウェー名古屋戦を見に行く、とかそれぐらいな気もするけれど…(本当は鹿島戦の時に帰りたいんだけど…)。

ここまでは日曜に記述。ここだけ火曜に記述。本日で16連勤目。上の方でうだうだ書いているけど、追う気概と言うのが僕には無いのだな、と思う。なんかデフォルトで気疲れしているから。んで、10年前と比べて自立出来ているだろうか、みたいなことも書いたけれど、まあ別に今も働いているとは言ったって会社っていう他人からお金もらっているわけだから、本当の自立とは言えないんだろうなとも思う。と言っても別に独立欲みたいなのはこれっぽっちもないけど。なんか仕事は、頑張れるけど、“何かを追ってる”って感覚ではないんだな。不安に追われているから走れている、ぐらいのもので。なんか“いずれ帰りたいなあ”と思っていたぐらいの方が気休めになっているのかな。先日、昔使っていたtcupの掲示板の、アップデートのメールか何かが来ていて。“MP3のアップロードに対応しました!”とか書いてあるの。…時代が変わったなあ、って思った(笑)MySpace時代というか…昔なんかそんなのイコール違法アップロードだったのに。改めて、10年経ったのか、と思う。


仕事しながら、なんか昔の曲なんかを聴いて、すごくキューっとした気分になって、なんか復活とかでなく、なんかこのキューっとした気持ちをどこかで表したくてここに記しているとかそんな感じです。ところで先日のその916。本当はライブ後にメールしようと思ってたんだけど、携帯からメアドを消していたことにライブ後気付いて(笑)あれえ、無い。無いってことは消したのか…と。自分でもすっかり忘れてたけど、そういう行動取ってたんだなと(笑)以前仕事中に「色々な○○男子があって…」なんて話を振られて、その中に“リセット男子”なんて言葉があって…なんだそれ、なんて話をしていたんですが、ああこういうことかと(笑)言ってしまえば、東京からいつか帰るんだろう、なんて言っていることも、リセットって言ってしまうとあれだけど、清算みたいな…同じか(笑)そういうことなのかもしれないな。

ついでに17連勤目の水曜日に抜け出して見に行ったACLのことを書かさせてください。後半しか見てないんだけど、中村憲剛すげえなあ。この間遠藤を見たばかりだから思うのだけれど、今に限って言えば絶対中村の方が良い選手。良い選手っていうか見てて面白い。元旦に“フランサにお金落としたくなるというのは分かる”とか書いた記憶があるんですが、今の中村憲剛にならお金落としたいと思える。今後のリーグとナビスコの行方次第だけど、今年中村がMVPでもなんら不思議ではないんじゃないか。パサーであるだけじゃないもん、2点目のシーンなんて中村のフリーランニングが活きて中村が個人技で交わしたところから生まれた得点。

今日の試合に関しては後半だけでも見に行った甲斐がありました。後半の川崎ペースに名古屋サポはイライラしたかもしれんけど。でも来週1-0なら名古屋の勝ち上がりだからね。まだまだわからんよ。あと監督なのにピクシーは画になるわ。でも、Jリーグ人気は盛り下がっているのかなあ。土曜日の味スタも思ったほどお客さん入っていなかったし(2006年に見た同カードの方がお客さん多かったはず)、今日も“川崎サポも名古屋サポももっと多くなかったっけ?”って思った。名古屋サポにしても、5連休で遠征するには絶好のタイミングなのに。とか、川崎も等々力じゃないとは言っても武蔵小杉から電車で片道350円とかそんなもんでしょ。準決勝だったらまた違ったのかな…ACL決勝にもし日本のクラブが出られなかったら。しかも中東対中東とかだったら…引き抜かれている恨み節もあるし…ほんと寂しい客入りになるんじゃないかと。そういや、1年前もこの日は国立周辺に来ていたっけ。今年はこの週末にジュビロ戦。やっぱサッカーは面白い。土曜日は休むぞー!(と言える状況でもないけど…気持ちだけは…)