メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

Camp in 朝霧JAM 2009 @ 静岡県朝霧アリーナ 2日目










今回で6度目の朝霧JAM。お会いできた方々、おつかれさまでした。行く前は「今年はメンツがいまいちだなー」ってことばかり自分の中でクローズアップされていたけど、行ってみたらなんか下手したら今までで今年が一番満喫したような気さえする朝霧JAMだった(笑)そう思えた要因を考えると…

○初めて(友人と)前泊して東京から車で向かったこと
○それ含めて、今年初めて朝霧って人と会場で会えたこと
○地元からの友人も今年は増えたこと
○朝霧支部含めトータルして今年は今まで一番知り合いと会えたこと
○バンド見ずにカレーをぐつぐつ煮ていたこと
○バンド見ずに寝ている時間が多かったこと
○今年は朝起きれてダイヤモンド富士を見れたこと(2006年以来)
○曇ってた時間も多かったけどとにもかくにも晴れたこと
○初日から富士山にもうあんなに冠雪があったこと
○なんだかんだで見たアーティストは全て素晴らしかったこと

という感じ。金曜の夜から楽しかった、というのは今までに無かったこと。それがまず楽しかった。その人の家で犬と遊んでたのも楽しかった。道中も楽しかった。新富士に9時のつもりが、8時前には着いてしまったけど(笑)そこで車を乗り換わって、例年通り大体11時ぐらいにグリーンパーク着いて、今年は奥になっちゃったけど歩いて、昨年よりも体感的には遅く着いた気がするんだけど、Aサイトは例年よりも空いていた印象があって…良い場所に立てられて。今年は出店が結構減っていたと思うんだけど(景気のせいかなあ)、でもやっぱりごはんが美味しくて。

そうだ、道中は予想外の雨や濡れた路面で少し不安になるも、会場に着く頃にはそれも大丈夫そうで。雲で富士山は見えずも、そんなに寒くはなくて。睡眠時間が短かったから音を聴きながら眠って。夕方、ようやく姿を現した富士山は、もうだいぶ冠雪がかかっていて。初日からこんな白い姿は初めて。これはこれでテンションが上がる。というか、皆これだけで歓声が上がる。友人のテントでカレーを作って。初めて参加した友人らだったけれど、だいぶ満喫したようだったので、色々案内した身としては嬉しく。前日に大げさに寒さ対策を呼びかけたのも、間違っていなかったのでよかった(それでも今年は朝はいつも以上に寒かったと思う…)。

だから初日にちゃんと見たのってゆら帝THE FIELDぐらい。THE FIELD見終わって、前日睡眠時間短かったのと今年は朝絶対晴れる確信があってご来光見たかったからさくっと眠る。眠る前には月もはっきりと見え始めて、その光で真っ黒い富士山も少し見えて。THE POGUESの年には満月で、あの年はその日に初冠雪で、クソ寒くて。あの年の夜の富士山が一番かっこよかったけど、今年見えたのもそれを少し思い出せていい感じだった。

朝5時に目覚ましをセット。一度目が覚めるも、まだ周りが静かだったので「まだ早いか」ってことで二度寝。6時前ぐらいに、テントの外で人の声が聞こえ始めて、ちょうど「ダイヤモンド富士見たら寝るわ」って他のテントの人が言ってたから、ああそろそろかと思い目覚め。しっかし今年の朝はほんと寒かった…。昨年は夜中に寒さで目が覚めなかった気がするけど、今年はほんと寒かった。そんな中起きれたのは、“早く眠ったから”他に無い。ここ2年は毎年友人に起こしてもらいつつ、寒さと眠さで諦めて寝ていたもの(笑)

友人とホットコーヒーとプリンを買って、身体を温めつつ。「日が当たっていなくて黒い富士山もなんか雰囲気あっていいよね」なんて言いながら、あの光が差し込んだ瞬間はとても写真には収められない、あの場所に居なきゃわからない絶景だよなあ。あの瞬間、まず丘から歓声が沸き起こって、その次の瞬間に時間差で下に居た人からも歓声が沸き起こって。大雨の2004年以来の参加の友人が「ようやくIt's a beautiful dayの意味が分かった、これは確かにそうだわ」なんて言っていて。そうだよなあ、と思った。その後は僕は二度寝。朝9時前に起きて、着替え⇒ラジオ体操。毎年ラジオ体操は下でしていて、牛乳を取りに行っていたんだけど…今年は準備間に合わなくてテントでラジオ体操。

そして毎年恒例の朝霧支部。ヘイッキさんの不参加表明の時はどうなるんだろうーと思っていましたが(笑)、思った以上に人が集まっていて「おおー」と。去年よりも多かったですよね、たぶん。そう思ったのは「そもそも今年の朝霧のメンツで断念した人って居るんだろうなあ」みたいなことも思っていたから、そうではなく苗場支部の人たちでもこれだけ“そもそも朝霧JAM好き”みたいな人が居るんだなあと(笑)なんか嬉しい、のは静岡県民だから。一応。この1年はだいぶ定期的にフットサルやっていたのに動けなかった自分にガッカリしつつ(笑)、楽しかった。他のJ1チームはどこもリーグやナビスコで優勝争いに絡んでいるのに、ジュビロはネタがないなーと思っていたけど、万博遠征の時以来にお会いした東京サポのかたに「2-6、1-4と続いたあの時と比べれば」と言われて、確かにラクだなあ、と(笑)そしてまさかこの裏側で天皇杯があんなことになっているとは思わんかった。

戻って、節分⇒グッドラックヘイワトクマルシューゴ。グッドラックの途中から寝てて気付いたらトクマル。サマソニ以来。「朝霧JAM初めてですけど、すごくいいですね、世界的に見ても素晴らしいです」と、らしくない興奮した口調で言っていて上がった。「調子がいいのでどんどんいきます」と言って繰り出した“Parachute”。素晴らしかったです。そういやこの日、日焼け止めがどっかいっちゃって。持ってきてたんだけど。まんまとめちゃくちゃ焼けました。戻ってエミーザグレード、ジョシュアジェイムスも眠りながら。東京から一緒に来た人はジョシュアを最前列で見る、と意気込んでいたけど、僕としてはこういう音楽を芝生で眠りながら聴けるから朝霧って楽しい。エミーの後に知り合いのレーベルの人ともお会いしたけど、でもそういや会社の人とは会わなかったなあ。なんだかんだでこのメンツでは雑誌の方の取材は入っていなかったのかなあ…関係あるのエミーだけだもんな。

スペアザの後にテントをかたして、ユアソンを見終わって歩いてグリーンパークへ。今年は一層楽しさがあっただけに、名残惜しさがありました。東海道線の上り線が止まっているという情報があったので、新富士から新幹線。小田原から小田急の急行。目の前に座っていた同じく朝霧客が同じ下北で降りていた。23時35分に吉祥寺着。翌日は起きれずにフクアリは行けませんでした。


もうちょい朝霧。僕は別にゆら帝そんな好きじゃないので、好きな人よりは余計に「ゆら帝がトリって…」みたいなところがあったと思うんだけれど、でもあの時間の…真っ暗の中にカラフルなテントが立ち並ぶあの非現実的な雰囲気にゆら帝は完全にハマっていた。素晴らしかった。その前に出ていたHypnotic Brass Emsambleは、僕はカレー作ってて最後しか見れなかったんだけれど、遠くから聴いててもう完全にやばかったし、最後少し見れただけでもどかんどかん盛り上がっていた。同じくSINDENも。THE FIELDも、これがフジだったらRED MARQUEEでどれだけ入るだろ…ぐらいだと思うんだけど、きっとWHITEも結構埋まるんじゃないかぐらい人が集まっていた。

なんかねえ、やっぱ朝霧ってあの雰囲気と、あの景色と、夜の非日常さと寒さ、そして朝のご来光と、日が上がった後の暑さのギャップ、そういったところに価値があるんだなって、今年はより感じました。2日目の昼に会った前の会社の後輩が「今朝来た」と言っていて…2日目だけでもそれはそれで楽しかったかもしれないけど、いやいや。1日だけ来る行動力と(そのために交通費を勿体無いと思わず出せる)経済力があるのなら、その行動力でテントセット一式揃えて2日来なきゃ勿体無いよ。と思った(笑)初日と二日目とライブやっている時間が違うのは、本当によく出来ていると思う。

そんで、ライブも(このメンツでも)あれだけ盛り上がる。かたや、ライブ見ずに焼き物している。でも別に「ただキャンプをしに行く」んじゃない。あれだけの人が集まって、あれだけのテントが立ち並んで、なんか良い音楽が鳴っているから、あの景色と雰囲気が成り立つのだ。あれだけの数の人が日の出を見ようとする瞬間は、日本でも(RISING SUNに次いで)あの日あの場所ぐらいじゃないか。「ていうか皆絶対普段はこんな朝早くないぜ」と友人が言ってたけど(友人は普段から早い)、その通りだと思う。そう、朝霧は、ライジングサンな富士ロックなんだよ(笑)それもただ朝日が昇るライジングとは朝霧のご来光は訳が違う。

僕も結局のところ二日目のトクマル⇒スペアザ⇒ユアソンの流れは好きなバンドばかりですごく楽しかった。一番好きなのはスペアザだけど、この2ヶ月で3度目のユアソンが今回素晴らしかった。クロージングとしてよかったと思う。なんかメンツ云々って本当に“行くまでだなあ”と思ったし、でも“メンツ云々”言ってたのが信じられないほど、あれだけあの場所に最高に楽しみ切っている人たちが居る。僕もそれにやられてしまっている。今回初めて行った友人や久々の友人も早くも来年の話をしていたし、こうして皆リピーターと化してきたんだよなあ。僕も来年も絶対に行くだろうし、東京に居ようが、静岡に居ようが、きっと行くだろうし。全員日本人メンツみたいになってもきっと行くんだろう。……いや本当はMogwai、Faithlessやフロッギングモリー、ストチーやポーグスの年が懐かしくはあるけど。もうちょい頑張れ、とは思うけど、でも行く行かないの判断には繋がることはないなと。どうせ来年も前売りないし初日で絶対買うよ。そしてなんだかんだで来年も発売初日で売り切れる気がします。ああ楽しかったなー。やっぱ僕にとっては朝霧は別格だわ。これで今年の野外フェスは打ち止め!

                                • -

まだ浜松で働いていた頃に初めて来て、翌年浜松で無職だった頃は一人で来たこともあった。そんな朝霧だから何か色々思うことは毎年あり、そして今年は今までで一番楽しかったんじゃないかってぐらい楽しかったので何か書こうかと思ったんだけど、相変わらず忙しく時間の余裕がない…。11月はもっと東京から離れるのが厳しくなりそうなので(仕事じゃなくて面白そうなイベントが揃っているのもあるけど。)、10月25日の豊田スタジアムのアウェー戦観戦を軸に、帰省します。その帰る道中ででもなんか思ったことなど書きたいな。

さくっと。2005年の朝霧の後、音楽の仕事をしたいなあって具体的なことが思い浮かんで、そんで深く考えず東京へ来て今に至る。相変わらず朝早く夜遅い中、結局好きだから出来てるんだけど、でもそのモチベーションがもしなくなった時、東京にも居る理由は僕にとってはなくなるのかな。なんてことを考えた。

考えたけど、でもこの頃と比べると地元に後ろ髪ひかれていることもない。ってぐらい猫の居る居ないは、こうして帰省前に思うと全然違うね。今年は失ったものが多い1年だった気がする。得たものもあったかもしれないけど、今のところはまだあまり実感出来ていない。24日は静岡で下車して、藤枝の公園のイベントへ。25日はヤマハと豊田をはしごしたい。そういやまだ25日のチケット買ってないや。そういやモザイカルチャー展ってのがあったね。26日行ってから帰ろうかな。