メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

ACL決勝 アルイティハド-浦項スティーラーズ @ 国立霞ヶ丘競技場 とか、ジェフ千葉の降格決定についてなど






(※日曜日に追記。画像の後ろ2枚はそれに関するジェフユニ。)まずは土曜、アジアチャンピオンズリーグの決勝を見てきました。ACLを見るのは確か2006年以来だから3年ぶりぐらい。近場のACLは見に行きたいなーと毎年思っているんだけど、近いところで言っても平日に等々力ってなかなかハードルが高いんだよね…。3年前はヴェルディが出場していて国立で見たんでした。準決勝で名古屋グランパスを破ってきたサウジアラビアのアルイティハドと、ウム・サラムを破ってきた浦項スティーラーズ浦項が破ったウム・サラムはJリーグから引き抜かれたマグノ・アウベスダヴィの所属チームだったから、そこだけはナイス浦項と思って。

でも決勝自体はどちらびいきということもなく、普段見れないチームを見れる、あと曲りなりにもJリーグの更にその上にある頂点での戦いということで見てみたかった。たぶん、UEFAチャンピオンズリーグを真似てこういう一発勝負というレギュレーションにしたんだと思うんですが、だから決勝は看板とか試合前のセレモニーも気合入ってるかな、みたいなことを勝手に思っていて。だから試合開始前には必ず行こうと思っていた…けど…普通にギリギリに行こうとした挙句、今日は中央線快速が走っていなかったり、なので各駅停車も激混みだったりで、間に合いませんでした。前半5分ぐらい着。うーん、何にもACL決勝の看板みたいなのが無い(笑)

話は変わって、先日のナビスコ川崎フロンターレの表彰式問題。記事で見て「そうだったんだー」と知ったんだけど(メダルの着用を目視で確認出来る距離では無いからね)、犬飼がおかしなこと言ってた時に楯突いたりフォローしてくれた鬼武が怒るんだから相当なことだと思った。で、帰国早々犬飼もまたいつものような発言をしていたけれど、ナビスコ杯決勝と比べた今日の国立の雰囲気の無さに…お前他にもっと考えることあるだろ、と思った。客入りだけ気にして…結果ギリギリ2万5千人だもんなあ。カテ4は埋まっていたけれど、でもどうせこれは協会会員用に撒かれたんでしょう?と疑りたくなるぐらい、僕の持っていたカテ2はガラガラ。

しかもハーフタイムにチアリーダーって。ヴェルディ主催ゲームか(笑)逆にこういうことをやることでチープになっているとは思わんのかな。別に犬飼はACLの会場企画には関わっていないだろうけれど(承認もしているかどうか)、あまりにこれは…と思うぐらい、「ただ会場立候補して貸しただけ」って感じだった。アジアの頂上決戦なんて謳っておいてこれではあまりに寂し過ぎる。今日はカテゴリ2(バックスタンド)のチケット。金券ショップで、カテ4定価より安い値段で売っていたので買った。そしたら1列目で(笑)しかも真ん中の方。…でも角度が無いところからの視点があまり好きではないので、結局すかすかの上の方の席で見ていた。

さて韓国のクラブはACLグループリーグやA3で見る機会があったけれど、今まで中東のクラブは見る機会が無かった。マグノやバレーやダヴィカボレと次々と引き抜かれている中で、でも特別活躍の報が入ってくるわけでもなく、ACLで驚異的に強くなっているわけでもなく、代表が強くなっているわけでもなく。だからどんなクラブなのか、ってのは興味があった。最初見ていたイメージでは、アルイティハドがフィジカル系、浦項がテクニック系って感じ。韓国って代表チームはフィジカル強いってイメージあるけど、多分それって対日本と比較するとフィジカルがゴリゴリしているだけで、中東と比較するとやっぱりテクがあって上手いなあという印象。

中東のクラブを見るのは初めてなので、中東クラブサポーターというのを見るのも初めて。代表戦のアウェーではよく拡声器の音が聞こえていたけど、今日も拡声器の音が目立っていた。けどこうして応援のテンションを聞いているとブラジルみたい。でもよくよく聴いていると「ああ、フェラ・クティというか…アフロといえばそうか」みたいなことも思った。サポーターは勿論韓国の方が多かったんだけれども、それでもアルイティハドが後半1点返した時、それ以降の惜しいシーン等では結構バッグスタンドでも立ち上がる人が多くって(日本人なのに)、ちょっと意外。イスラム教徒?エミレーツ航空?石油関係?大学の専攻とかNGOとか?

ああでもそれよりもただ韓国のクラブに勝ってほしくないだけ?(嫌韓?)僕も別に韓国に何の思い入れも無いけど、今年の立て続けの中東クラブの引き抜きがさすがに気に食わなかったので、そういう意味では中東には勝ってほしくない、みたいな気持ちが無くは無いんだけど、と言ってもアルイティハドには元Jリーガーが居ないので、やっぱフラットな気持ちで見ていた。前半はお互い守備を気にしながらの戦いに思えた。0-0で終了。後半、22番のノ・ビョンジュンのFKで浦項が先制。これはGKとしては仕方が無い、完璧なFK。前半からよく知らず22番面白いなーと思っていたけど、このチームのエースはこの選手なんだなあとようやく認識。

更にもう一度セットプレーから浦項が追加点を挙げ、そこからさほど時間が経たないところでアルイティハドが1点返したのが後半30分ぐらい。ここから一気に試合がヒートアップ。面白かった!それでもアルイティハドが押し込み切れなかったのは、浦項の前線のカウンターがすごく脅威だったから。浦項の前線のフリーランニング、そしてそこへのフィードは非常に精度が高かった。アルイティハドはロスタイムに良い位置からのFKを得る。今日の試合幾度とロベカルばりのキックを放っていたアブシェルアーヌのFKに、浦項の選手が9メートルラインから飛び出すこと2回(別の選手がそれぞれイエロー)。3度目も飛び出してたけど(笑)執念を感じたなあ。

ロスタイムの3分はその一連のやりとりと選手交代でほぼ使い切ってしまって、試合終了。アルイティハドの選手が「もう終わり?」って感じで抗議する気持ちもわからないでもないけど、でも今日の試合に関しては…当たりの強さ、スピード、技術と、浦項は優勝に値するサッカーをしていたと思います。いやでもね、やっぱ両チームとも強かったよ。特に浦項は良かったな。こういうクラブと毎年ACLグループリーグからやれるのは、停滞気味のJリーグには絶対良いことだと思う。そういえば川崎を破ってグループリーグ1位になった浦項が結果的にこうして優勝したのだから、川崎も…負けてなお強しではないけど、一つの指針になるんじゃないかと。

さて表彰式。遅い。段取り悪い。どんどん観客居なくなっちゃうじゃん。アルイティハドも待たされてぐったり来てたよ。最初の選手が犬飼からかけられたメダルをすぐに外していたのがビジョンに映されていたので、場内から変な歓声が上がる(笑)他にも2、3人居たな。でも無理もないよ、待たせすぎだってば。アルイティハドの選手、サポーターに挨拶もせず皆個々で引っ込んでしまった。中東のクラブは挨拶をしないのかな?対する浦項だけど、試合にも出ていない岡山コールが多め。そういえば試合中にも何故か“岡山、オレ!”のコールがあった。韓国のクラブでも愛されてるんだなあ。そんな感じで、カップをかかげて、紙吹雪がぶわーっとなる。

表彰式の後にゴール裏へ皆で来て、胴上げが始まる。ちなみにその時ワンセグを見たら、ちょうど巨人の原監督の胴上げが始まった(笑)まさに同じタイミング。そして岡山は、どんだけ愛されてるんだこの選手は。浦項サポからもコールが多いんだけど(応援歌に合わせてオタ芸を踊っていた(笑))、岡山自身一人でバックスタンドの最前列の一人一人と握手。「岡山おめでとう!」の声と、岡山自身は「来年はACL(で試合に)出るなぁ」と言いながら。仙台時代のユニを掲げている人や、柏時代のタオマフやゲーフラ掲げる人。特に(ユニは着てないけど)柏サポ多かった気がする、柏の時のコールもされてて。浦項サポはポカーンとしてたけど(笑)出た先、行った先ともにこれだけ愛されている選手もなかなか居ないよなあ…。岡山は時間を掛けてバックスタンド、ゴール裏、メインスタンドを回っていた。

来た時とは違う千駄ヶ谷門から出てもやっぱり(ナビスコと違って)ACLの看板のようなものはなく。ピッチ以外の一体どこから“アジアNo.1の特別な戦い”と感じられただろう?表彰式の時にはほんと人少なかったし…こんなんなら昨年までのような両チームのH&Aの方が絶対良いよ。昨年ガンバはアウェーで優勝決めたわけだけど、でもそれはそれで良いと思う。こんな喜びも悲しみも他人事のような会場より数十倍もね。メダルにどうこう言っている場合じゃないぞ、川渕&犬飼。でもやっぱタイトルマッチは良いなぁと。カップ掲げる瞬間、丁度目の前に居た浦項サポがカメラが左手に持ったまま右手をグッと挙げててさ。あれ自然とそうなるんだよね。

うーん、天皇杯良いところまでいってほしいな。来週は見れないけど、来週勝てば準々決勝の会場は埼玉、長居、仙台、長崎という噂。もし勝ったら(埼玉以外なら)神戸行きはやめて、そこで遠征しようかな(笑)仙台は昨年行ったから勝手が分かっているとして、長崎は絶対こんな機会じゃないと行かない。そしてせっかくだからハウステンボス行こうとか考えてるけど、何はともあれ来週の試合!明日は味スタの予定。平日は相変わらず怒涛のように忙しいけど、週末は休めて何より。今朝はだいぶ連絡を取っていなかった友人から電話があった。一時期元気なくしていたんだけど、元気になっていたようで何より。東京来る前に最後に行ったライブへ一緒に行った友人なので、改めてこうして「今、あの会社で働いていて」みたいな話が出来て…東京へ行って中途半端にならずにこうなれて、やっぱすごく幸せなことだと思う。たとえば当時行くことを惜しんでくれた人に対してもそうだけど。部屋の更新も決定(引っ越し考える余裕がない…)。12月から東京も5年目。早い。


日曜の話を追記。友人の電話で午前中に一度目が覚めたけど、二度寝して変な夢なんか見てたら14時だった。そこで味スタ行きは断念。音楽繋がりで千葉ロッテファンの友人から「今日は等々力に来てます」というメールが来て、意外だなあと思ったけど、ジェフの応援なようだ。この後、地上波でこの試合が見れるとは露知らず高円寺に行ってふらふらしつつワンセグでMXを見ていたら、電気店でこの試合がやっていた。川崎にとっても負けられない試合だっただけに、どっちがどうとか何にも言えないけど…千葉はJ2降格が決定。中村憲剛がインタビューで、全国地上波で深々と一礼。この勝利で川崎はまたチームもファンとも一丸になれたかなあ?

その後、大崎でフットサル。終わったらFootnik行って日立台の試合の後半を見ようと元々思っていたんだけれど、その友人からメールが来てて「大崎のサッカーバーで見てる」と。なんて偶然(笑)その友人とその連れの本格的なジェフサポのかたとレイソルエスパルス、及びガンバ対サンガの後半を観戦。清水はこれで完全に優勝争いから脱落かー…。レイソルは普通に強かったと思う。33節の大宮との直接対決まではもつれて欲しいけれど、どうか。J2もセレッソベガルタの昇格が決定。香川は移籍なんて言わずに、乾とのコンビをJ1でも見てみたい。ベガルタはまたユアスタへ行くのが楽しみです。次節には甲府と湘南が直接対決。見たいなあ。

その後もアフターゲームショーを見ながら飲んで楽しかったのだけれど、でもさすがにジェフの試合の時、試合のVTRはともかく、巻の涙のインタビューの時にはジェフサポの方は(それまでの笑いが嘘のように)思わず涙ぐんでいた。いやでもそりゃそうだよなあ…。こうして帰らずに話していることも、なんか自分も昨年の入替戦終わった後、友人と焼肉店で「ほんと良かったよなぁ…」なんてしみじみ話していたことを思い出しました。「巻が残るのなら深井も残るだろうし、他の選手にも伝染すると思う」と言っていたので、あれはすごく大きな発言になるんだろうな。そうでなければ、本当にJ2降格ってチーム崩壊に繋がりかねない、本当に大きい。

他サポとして聞きたかったこと。「なんでミラー監督辞めさせたんですか?」。「わからない、あれもおかしいのよ、まだ15位タイぐらいで初めて連敗したってぐらいのタイミングだったのに」とのこと。「それで経験の無い日本人に任せるんだから…ミラー監督は昨年あんな状況から残留させた人だよ?」という話を聞く限りでも、結局“あの戦力で上を争えると思っていた”という勘違いによるものだったんだろうな。あの戦力で上を争えると思って解任し、監督経験の無いヘッドコーチに任せて失敗、これはジュビロも2007年9月から昨年残留を決めるまで、苦しんだ状況。今年の柏もそうだ。何故フロントというのは同じ過ちを繰り返すのだろう?

僕がスタジアムでジュビロ対ジェフを見たのは、オシムが就任した初年度のヤマハでの試合。あの時は確か1位対3位ぐらいの天王山だったはず。あの時のジェフも本当に良いチームで…1-2のジェフリードから、ジヴコビッチの左足クロスから決まった前田のドンピシャヘッドは、個人的には前田が覚醒したと感じさせた一つのゴールという印象があります。今でもあのシーンはよく覚えている。2004年のヤマハでの試合もジェフは強くて、でも西のスーパーゴールで試合が決まったことも印象深い。2005年は村井・茶野のこともあってやられっぱなしの印象が強かったんだけど(苦笑)、でもそんなジェフ、そしてフクアリでの試合は燃えるところがあった。

2005、2006年のナビスコ連覇も国立競技場で見ているだけに。なんでこうなってしまったんだろうな?巻と工藤ぐらいじゃないか、オシム時代に出ていたのって。なんで皆が皆こうして出ていってしまったのだろう?そしてクラブはなんで昨年のあのギリギリの残留で、大きな補強も無く、下位争いしないと思えたのか。でもそれもこれも、明日は我が身、じゃないけど…うちであっても全くおかしくない話。イグノにはジュビロだけじゃなくジェフもオファーしてた筈。ジュビロは結果的に最初あれだけ大ゴケしたからこそ、イグノも本気で獲りに行けたんだと思うし、フロントにも監督にも選手にも危機感を植えつけることが出来たんじゃないかな。

ジュビロは今日シュート2本という結果で負けたみたいだけど(鹿島戦〜名古屋戦途中までの良い流れはどこへやら…)、でも迷走するチームを見ていると、柳下みたく安定した監督を無理に替えるのは得策ではないと思うんだよね。どうせうちもイグノ以外は昨年あんなクソサッカーで残留争いしてた戦力なんだから、この戦力である限りもっと我慢しなきゃダメだ。得点王争い中の前田にしたって、イグノが来なければ前田だけに負荷が掛かり続けて…こんなことにはならなかったと思う。だから、多分イグノが途中で居なくなる来季はまた危ういと思う。フロントが勘違いをしなければいいけれど(とりあえず外国人枠2つ余っている。ボランチ獲れ!エジミウソンとか)。来年フクアリへ行けないのは残念ですが(来るなら歓迎するよ、と言われたけど(笑))、迷走せずに頑張ってほしいと思います。しかしまあ、初対面なのにジェフサポのかたとの会話は楽しかった。ほんと僕ってJリーグ好きだなあ、と改めて実感。次の観戦予定は再来週の埼スタ、浦和対磐田です。