メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

Johnny Foreigner @ 浜松G-SIDE とか






前回の日記の最後を「明日追記する」と書いていて、その流れで神戸旅行の準備のことでも書こうかと思っていたんだけど、やっぱり今週は忙しくてそんな状況ではなかった。井の頭線の終電に乗らず中央線の終電に頼る日々。定期意味無し。前々回のエントリの熱も忙しさにより冷めていたので神戸で3泊しようかと思っていたんだけど…木曜帰ってきてからようやく予約や準備に手を付け出すと、3泊だと全然手ごろなところに泊まれない。ということで結局ライブへ行って浜松の実家で1泊することを選択。木曜で仕事も一段落、金曜は下北から小田急⇒小田原から新幹線で帰省。浜松は1ヶ月ちょい前に帰ったばっか、そして1ヶ月後にも帰るので早く着いてもな…と思い、小田急とJRの乗換でよく降りる割に殆ど歩いたことのない小田原の街を歩いてみた。小田原城にも行った。なんか小田原は猫が多い街だな。

19時頃浜松着。1ヶ月ぶりなので全然何も変わっていない。そりゃそうだ。そしてG-SIDE。やっぱりこのビルはよーく見覚えがある。入場したところでJohnny ForeignerのTシャツを販売していた。なんか一目見て欲しいと思った。いやでもこのTシャツ普通に良いよね。会社に来ていけるかはわからないけど…。2バンド目の途中だった。へえ、こんなライブハウスなんだなー。狭いしステージは低いけど思っていたよりも良い感じ。20時になるかならないかの頃からJohnny Foreigner。昨年のサマソニ以来。その時のライブは本当に素晴らしくて、どこかに書かれていたような書かれていなかったようなベストアクトとの呼び声も高い。的な表現は決して大げさではなかったと思う。そもそも前回書いたように来日前から取材オファーしていたぐらい1stアルバムが好きで、入れ込んでいたのもあったにせよ。

なので、いくら神戸行きの寄り道と言ってもわざわざ地元に帰ってきてまで見るぐらいなのだから期待していないわけがない。今日の客入りは、まあジョニー・フォリナーの時にはそこそこ入っていたけど、でもなんか「浜松にもっと洋楽ロックファンって居ないのかなー?」とは思った(まあ僕は友人2人誘ったけどダメだったんですが…)。サマソニでの素晴らしさを見ているだけになー、勿体無いと思うけど…でも浜松のインディーファンのパイは大体これぐらいなんだろう。いや、これだけ居るだけ立派か。そもそも浜松にJohnny Foreignerのようなバンドが来ることすら結構奇跡に近い気がする。ところでおとといには同じく浜松のライブハウスにPeople In The Boxが来ていたようなのですが、同じ浜松のライブハウスシーンでも客層は全然違うんだろうなあ。どれぐらい入ったんだろう。ちなみに6日は神戸。

ライブ。MCで言っていた通り22時には新幹線に乗って東京へ戻るということで(笑)、20時45分頃には終了。機材をかたす時間を考えれば仕方ないか。それでもたぶん今度のBRITISH ANTHEMSより持ち時間が長かったと思うし、曲短いから曲数自体は多かった。"Lea Room"は聴けなかったけど1stからも多めにやっていた。来日してライブとしては2発目で…序盤はエンジンの掛かりが遅かったような気もするし、息が上がるなあとは思ったけど、でも浜松でこのバンドのこのテンションのライブを見られたのが何より嬉しかったし素晴らしかった!競馬風に言うと、4走目のBRITISH ANTHEMSでは仕上がっているでしょう!今日みたいな狭いステージでも良かったけど、きっとCOASTの大きなステージでも映える。見たかったなー。まあ見れないのがわかっていたから浜松まで見に来たわけなんだけど。

2ndも事前に聴いていればもっと楽しめたかも。もっと長く見ていたかったけど、それでも浜松でこんなライブ見れて大満足です。ライブ後はセッティングと同じく片付けも自分たちでやっていた。来日のバンドでこういう姿を見る機会はあまり無い気がする(セッティングはともかく、片付けは)。規模的にはそりゃそうだけど。片付け中話し掛けられそうだったからジュニアに話し掛けてみる。マフラー見せたら思い出してくれた。変な英語でほんの少し会話をした。アレクセイも同じく。写真撮ろうとした時、とっさに英語が出てこなかった。うーん、この時用の言葉だけは覚えていたのに。でも表情をとってくれた。ありがとう。楽しいライブでした。

今年の洋楽シーンはUSの方が強かった印象があるというか、昨年ちょいと来たようなロスキャンやジョニフォリみたいなのより…頭が良さそうなインテリっぽい方が受け入れられた気がする。GIRLSは例外だけど。なのであんまりこっち系が話題に上ることが少ない印象だったんだけど――でもきっと日曜でまたUKファンの心をグッと掴んでくれるだろう!と期待。見たかったな。ライブ中、今年のフジロックで知り合った浜松在住ジュビロサポの方と再会。ライブ後に会話。今では東京で、ある種特殊な環境で仕事したり人と繋がっていったりする僕ですが、地元浜松には中高の同級生以外で音楽で繋がっている人が1、2人ぐらいしか居ない。だからこうしてそうではない人と地元浜松で会えて話せるってのが、ものすごーく嬉しかったりする。明日の試合は行かないそうだけど、来年の苗場までにまた機会があれば。

しっかし、ジュビロ見てからエレグラだのジュビロ見るために西行くついでにジョリフォリだの、今更だけど物好きだよなあ…。今日は浜松でのライブだから長々書いちゃったけれど、音楽ネタ自粛とはしたいものの、でもやっぱ僕が個人として生活として“音楽の話をしない”というのが想像が出来ないなあ。となんか最近思う。そう、これは前回追記するつもりだったことなんだけど、あんだけ「どうしたら人を好きになるんだろうか、それ以前に気になり出すんだろうか?」とずーっと考えてて、わからなかったのに、先月「ああ、こういうことかー」ってことがすーっごくあっさりとあって。理由は一番好きなバンドが合って、話が合ったからというだけ。こんなことでか、と。でもそう思ったのが翌日だったため、連絡先交換しなかったことを非常に後悔しており、その後ずっと忙しかったからそんな後悔すら殆ど薄れてきてしまったけれど…でもやっぱ、僕は音楽とJリーグしか引き出しがないので(笑)音楽の話が合う、これ以上のことはないんだなー…と知った出来事でした。

なのに結局、あくまでめぼしいライブそっちのけでジュビロのために遠征なんかしちゃってるから(たとえばこの週末もそうだ)埋まるものも埋まらないんだと思いますよ。さて、明日から神戸。今のところ決まっていることは、神戸で2泊すること、まず明日ホムスタへ行くこと、月曜の帰りは飛行機で帰って17時には着くこと(そしてあわよくばNESTへ行きたいこと)、月曜は神戸を散策すること、土曜もおそらく神戸で行動すること、そのかわり日曜は神戸じゃなく他の街へ遠出しようかと思っていること。日曜の行動が未定。関西出身の同僚に「3日とも神戸なんて絶対勿体無い」と言われたのでどこかへ行こうと思っているんだけど、どこかなー。

ジャパンカップダートを見に阪神競馬場へ行くか、みやこ音楽祭のある京都へ行くか、それとも奈良へ行くべきかもっと遠くへ行くべきか。東へ行き過ぎても、正直そのまま浜松帰ればいいのに、って風に思ってしまいそう。だからあえて先に帰りの足を押さえたのだけど。18きっぷの季節だったらもっと積極的に行動考えるんだけど(笑)帰ってきて新聞開いたら、神戸ルミナリエが始まったという記事。ホテル全然とれなかったのはこれが理由かー。これは早速明日行きたいと思います。楽しみー。スポパラにて99年のジュビロ×エスパルスのCSの特集。2戦目は来週だそう。み、見たい…。こう見ると、チャンピオンシップって面白かったよね。リーグ戦はともかく、こういう決勝H&Aの大会が一つぐらいあってもいいと思うけどなあ。あと中山がベンチ入りするって言ってた。出てほしいな。また明日ホテルより。