メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

Shortcut Miffy! @ 渋谷club asia

Shortcut Miffy!。ショートカット・ミッフィー!。以後ミフィ!。このバンドを好きになったのは高校2年の頃。当時リリースされたばかりのシングル“nina/day by day”と2ndアルバム“GRAFITTI”を今はなきアクトシティのタワレコで買ったのが最初ではあるんだけど、当時お金持っていない高校生の僕が2枚同時に新品で買うなんて、知らないバンドに対してそんなことするはずがない。それ以前にあるきっかけは――誰かに勧められていた記憶もあるし(ピロウズとかペンパルズ好きならって感じで)、あとは2ndアルバムを買っているのはきっと“radio”が入っているからだったと思う。ちょうど前述のシングルリリース時期、これまた懐かしのBreakOutでShortcut Miffy!のライブ映像が流れていたんだよね。買う前後どっちか忘れたけど、きっと先だったんだ。演奏していたのが“radio”と“nina”だった。それがすごくかっこよくてCDを欲しくなったんだと思う。ちなみにPENPALSを好きになったのも“(I've been waiting so long)IN MY BED”からだからこの頃。

その後もミフィ!は好きだったし、僕自身がライブに通い始めたのもこの頃からだったからいつかライブを見たいと思っていたんだけど――まだ浜松で高校生やっていた頃だったからなかなかタイミングも合わず、そうこうしているうちに僕自身の趣味がギター・ロックからパンク、そしてエレクトロと趣味が変遷してゆき、ミフィ!もメジャー・デビュー、そのレーベルが潰れる、メンバー脱退という経路を辿っている間に結局ライブは見ないまま解散してしまった。くしくもそれは僕が渋谷系にハマり始めてもう一度ポップなものに戻ってきた頃だった。だからtaeになってすぐ、オフィシャル・サイトで“彼女”とかをダウンロードしてたんだよなあ。Miffy!を一時期好き過ぎた分、日本語詞があんまり馴染まなくてそこで止まってしまったけど。そこからまた数年、東京来て同僚にtae好きな人が出来て、そしてUNDER FLOWER NIGHT!があって。そこに行った時沼倉さんを見つけたので勇気出して話しかけて「ミッフィーはやらないんですか?」って聞いたこともあった。

微妙な反応だったのと(笑)、でもこういうお祭りイベントで再結成しないぐらいなのならもうやんないんだろうなあ、みたいな風に思った。そのUNDER FLOWER NIGHTからも、はや5年。先週、PENPALSの復活が各音楽メディアで報じられた。うおお!まずそれにも興奮したんだけど、その流れでハヤシムネマサTwitterを見たら「来週はShortcut Miffy!にベースで参加します」…ってミフィ復活すんの!?1月には発表されていたみたいだけど全く気付いてませんでした…。来週的には前売りも売り切れになったこのイベントのチケット。慌ててローソンで買いました。あぶねー。PENPALS@SHELTERはハコの広さからしてハナから諦めてたけどこれは諦められないし、PENPALSはまだ何度かライブを見たから(3人の頃浜松で、そしてCOUNTDOWN JAPANでの解散ライブも)。ミフィ!は好きになって12年越しでの初ライブですよ。前にもこんなバンドあったな。昨年のThe Radio Dept.かな?なんか洋楽のバンドならそういうことありそうだけど、日本のバンドだからね。

3連休、最初はどこかへ行こうって色々考えてたけど結果的には行かなくてよかった。自分の周りには音楽好きが多いと思うんだけどでもなかなかミフィ!(とPENPALS)の復活に対する興奮を共有出来る相手は居らず過ごした1週間。そして今日。何度か目覚めて「雪降ってないじゃん」と思っては眠り直し夕方まで眠る。眠り過ぎた。17時開演だよな。大丈夫かな?と思ってTwitterを検索したらやっぱりハヤシムネマサTwitterにて「20時付近に登場」とのこと。ほうほう。並び的にはこれまた今日復活のbabamaniaがトリなんだろうから、Miffy!は2番手の割に遅いなぁなんて思いながら。吉祥寺、渋谷で新しいフットサルシューズを探した後、19時45分頃にasiaへ。入場するとすごい熱気。なんかのライブが終わった後みたい、ミフィ!じゃないよな…?でもその後ステージ上ではハヤシと沼倉さんがセッティングしてる。じゃあ大丈夫か。会えそうな人には会えなかったけど、会社の別部署のえらい人とバッタリ。お互い「こういうの好きなんだ…」って思ったんだと思う(笑)

間に掛かっているDJはPENPALS“RIGHT NOW”、PEALOUT“爆裂世界”、AIR“Rush And Rush”、SUPERCAR“White Surf Style 5”など。今って何年だ。クラブイベント得意じゃないからJ-ROCKのイベントとかも行ったことないけど、こうして聴くと楽しい。そしてミフィ!登場。その時の呼び込みで「いよいよ最後のバンドの…」という紹介あり。え、そうなの?ってことはbabamania先に出ちゃったんだ。Miffy!目的だったと言えばそうだけど、それしか見ないつもりでもなかった…。“I'll be back”から始まって、“gossip dirt”“day by day”“Good-bye”“STORY ENDS”“nina”“drifter”、アンコールで“electric king”だったかな。8曲。曲が長いバンドじゃないからそんなに曲数は多くなかったけど、割とMCの回数が多かったので40分ぐらいやった気がする。好きになったきっかけでもある“radio”とか“apollo”は聴けなくて残念だったけど、それでも聴いた回数だけだったら相当な数聴いているバンド、オリジナルメンバーじゃなく正直練習回数も決して多くなかったんだろうな…って感じではあったけど、それでもそれ以上に「あの曲達がライブで鳴らされている現実」に、ウワー!って感じだった。ほんとよかった。

気持ちは高校生の頃に戻ったようで、それでもTシャツで前に行って跳ねたりしないあたりはもう歳を取ったということで(笑)“Good-bye”の時のMC笑った。「僕らも一応メジャーデビューしてまして」「メジャーデビューなのに黒歴史(笑)」「メジャーデビューシングル“Good-bye”!ってそりゃ終わるわ(笑)」みたいな。始まりで歌詞忘れて「ニャニャーニャーニャーニャー…」って歌い始めも笑った。“NOTHING”が素晴らしい作品だったかは置いておいて、それでも「メジャーで次の作品」があったら、どうなっていただろうな。今日初めて見て改めて「早すぎたバンドだったんだろうなあ」と感じた。あくまでも「お祭りの余興として」ということではあるので、かなうかわからないけど…また見たいなあ。今日聴けなかった曲聴きたいし。ハヤシが「ほんと好きなバンドだったんだよ」「楽しい」「練習します!」と繰り返していたので、是非ハヤシくんが「またやろうぜ」と引っ張っていただいて…。PENPALS/Shortcut Miffy!とかやってくれないかな(笑)

小野ちゃんに引っ張られてハヤシ、飲みまくり。そのせいか、単純に急造だからか、ミスは目立った(仕方ないけど)。“Good-bye”の時のコーラスがひどく、沼倉さんは「間奏の時蹴ってやろうかと思った」、客からは「ハヤシしんでくれ!」と何度も言われていて(面白い風にだからすごい笑えたけど)、「しにてえ!」と言っていてまた笑った。「(ライブで)ベース弾くの10年ぶり」みたいなことも言っていた。PENPALSにヨシトが加入して以降はもう弾いてなかったってことか。13日大丈夫なのかな(笑)「オリジナルメンバー」というのを気にする人も中には居るだろうし、僕にとってもそういうバンドは居るかもしれない。けどそれでもやっぱり、「大好きだった曲がライブで鳴らされていること」に勝るものはない、気がした。それは別にミフィ!に限らず、声が違くともそういうライブもあった(Fishmans)。まあなんか、ユニコーンサニーデイみたく新曲作ったり割とガッツリ活動してほしいわけじゃないから、LOVE LOVE STRAWみたく時々やってくれたらいいなって思う。そんな感じ。見られてよかった!雪は降ったけど期待程積もらず。明日は早めに起きて公園を歩きたい。写真の一番右は5年前のUNDER FLOWER NIGHT!でもらった冊子の中の沼倉・小野・ハヤシ、そしてbabamaniaYujinの対談ページ。そういえばMiffy!表紙のQuipとかも持ってたなあ。あれ今どこにあるんだっけ…。