メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

U-22日本代表-U-22シリア代表 @ 国立霞ヶ丘競技場 / 浦和レッズ-柏レイソル @ 埼玉スタジアム2002 と柏レイソル優勝について

最終節は帰省しようと思っていたものの、仕事の状況とかでそれがかなわず、ひょんなことから埼玉スタジアムで柏の初優勝を見届けました。柏サポの方、おめでとうございます。その話から書きたいけどまだ憶えているうちにその前の週の試合も。(しかし埼スタ、全然スマホのネット繋がらなかった…)

U-22日本代表-U-22シリア代表 @ 国立霞ヶ丘競技場


まず11/27。昼間はサッカーバーで神戸-磐田を見て(中位同士の対決で完敗。なんというかヤンツーの集大成っぽい試合だなあ…)、ついでに甲府-新潟や鳥栖-徳島も見て。フットサルをした後、国立へ移動してU-22日本代表-U-22シリア代表を観戦。サッカーづくし。この世代の代表戦を見るのは多分初めてかな?アンダー代表の試合は多分この時以来だ。バックスタンド上段は開放していなかったけど、その上ではかなり埋まっていたと言えるか。思ったより寒くなくて良かった。

さて、うちの山山コンビも出場すると思ってジュビロマフラーで行ったのだけれど、…あれ、康裕スタメンじゃない…。扇原はなんだか名波みたいなセンスを感じる、すごく良い選手だと思うんだけど、山口蛍にポジション奪われるようだときついなー…。何よりチームでボランチで使われないのが痛い。柳下時代に出場機会を増やした選手ではあるけど、17歳の頃にアジウソンボランチで使われていたことを思えば、ねえ?ちょっと育て方間違っちゃった感じがするよ…。

試合はレッズの濱田のゴールで先制。その後は…組み立ててはいるんだけどシュートに繋がらないシーンが続く。なんともよくもなく悪くもなく…という時間帯が続き、そう思っていたら失点。シリアも中東のチームだけど、そんなガツガツ来る感じじゃなく、思ったよりはテクニックや繋ぎを感じるチームだった。勝ち越したい流れでようやく山崎投入!よっしゃ頑張れ、と思っていたものの…全然ボール来ず。そうこうしているうちに、大津のダイビング・ヘッド!ちょうどアウェー寄りの席で見ていたので興奮。そのまま2-1で終了。やーな流れの中、勝っておきたい相手に大きな勝利!

山崎…ボールさわったシーンあったかな?康裕…出てすぐ試合終了。ってな感じでジュビロサポとしては物足りない経過でしたが。まだ中盤の試合の組み立てが未熟な感じは受けるし、テコ入れ必要だなあって感じるので。康裕はチャンスあるよ。クラブで頑張れ。あとは試合終了後「大津祐樹を止めないで」も聴けた!(ボリュームはそれほどだったけど) 国立での壮行から4ヶ月で凱旋してこの晴れ舞台。大津はもってるなあ。しかしこの世代、前線の層厚すぎ。香川が入ることも無いんだろうし、宇佐美とかもクラブ優先で呼ばれないんだろうなと思うけど、彼らがA代表でポジション争う日が楽しみだ。

浦和レッズ-柏レイソル埼玉スタジアム2002 / 柏レイソルJリーグ初制覇!


前書きが長くなりそうだけど。前述の通り最終節は帰省する予定だった。天皇杯も無いし、今年しばらく帰省してないし。段々その気が折れたのは、雨の予報、前田の出場停止、天皇杯敗退、神戸戦の完敗というところ。川崎が「ジュニーニョのために」と一丸となって、ホーム最終戦にゴールを決めさせたようには――テンションが上がらない、正直なところ。柳下監督ラストと言ったって――うちのことだから正直5、6年後にまたやるんじゃないか(笑)ガンバにとっての西野監督みたいなものとも違う。

そして先週はいちいち同期の柏サポ同僚に捕まった(笑)月曜から「シミュレーションしちゃって眠れない。どうしたらいい?」「今週一週間ぐらいいいんじゃないすか?」「選手なんかこんなの比じゃないプレッシャーなんだろうなー…」なんて言って、もう一人の柏サポ(えらい人)巻き込んで一時間ぐらい話してた。うちの会社は何故か柏サポが比較的多かったのだ。そして同期柏サポがチケットが一枚余るという話と、金曜日は仕事で飲み会が入って(立場的に)帰れないだろうという覚悟、月曜も外せない仕事が入り、帰省を断念。埼スタ行きを決定したのでした。単純に優勝争いが、どんなドラマも起こり得る面白い状況だった。そのドラマの現場への興味。案の定金曜は朝まで飲むことになり、つくづく帰省をやめておいて良かった…と思った。他サポの人や同郷の人と思わぬ形で繋がって楽しかったけど!

土曜。酒が残ってだるい。だらだら準備していたら超ギリギリになってしまって、浦和美園着が15時13分。そこから走って――よく試合開始に間に合ったと思う。メインアッパーの一番柏寄りのブロック。試合の感想です。柏サポがどんな期待や不安を抱いていたとしても、一ヶ月前に浦和に圧勝したクラブのサポとしては、普通にやれば柏が勝つだろうと思っていた(まあうちは柏にも2回圧勝してるけど(笑))。もし柏が負けるとしたら、この状況でよりによって埼スタ(レッズサポ)という特殊な状況、スタジアムの異様な雰囲気、それに飲まれて誰かが熱くなって退場になったり、本気でガチガチになったりするか。いや、それでも今の浦和に首位チームを負かす力は無いのではないか。残留をほぼ手中に収めた福岡戦も決して褒められた内容ではなかった。ましてエスクデロが出場出来ず、その代役の田中達也も出られない状態で堀監督の選択は、山田君の1トップ(登録はゼロトップ)。代表戦でも山田君は非常に良かったけど、2列目からスペース見つけて飛び出すセンスやゲームを組み立てるセンスの優れる山田君の1トップでは機能しなかった。

柏木やマルシオ・リシャルデスをも擁しながらゲームを組み立てられない浦和に対し、レイソルには硬さがなかった。もう一方的だった。2-0というスコア以上に、シュート数17、8本対0本という差が全く意外でないぐらいの差があった。鈴木啓太の左右をいいように使い、中盤〜前線はどこからでもゴールを狙っている。ジョルジ・ワグネル、橋本の左サイド、酒井とレアンドロ・ドミンゲスの右サイド。大谷と、栗澤を押し退けてスタメンを掴んだ茨田、北嶋を押し退けた田中順也と工藤。2-0というスコアは危ない、とはよく言ったもんだけど、それにしても内容に差がありすぎた。「甲府の残留のためにはあと12点かー」なんて柏サポが言うぐらいの内容。

でも結局前半2点で収まったから後半は面白かったのかもしれない。後半、ようやく本職FWの原一樹を投入した浦和が流れを掴む。早々に柏木が頭で1点を返す。スタジアムの空気は一変する。1点取られた後の柏は硬かった。ここから後半30分近くなるまでは浦和が押し込んでいた印象が強い。柏は澤を投入し前線の守備の安定をはかり、浦和はマゾーラを投入し攻撃に出る。ガンバ、名古屋はリードしている。1点差ならわからない。同期セレッソのことも頭を過ぎる。同僚柏サポも固まっている。そして後半30分。後半そこまでは少なかったレイソルのチャンス、CKのクリアから茨田が狙ったロングシュートを浦和GK加藤がファンブルし、ゴール!ムードといい、何から何にとっても大きな大きなゴール。もうさすがにここで試合が決まった。FW同士の交代でも北嶋ではなく林。交代枠も余っていたけど、そこで情に走らないチームだから強いのだろう。ホイッスル、柏レイソル初優勝!










f:id:airgyan:20111205001058j:image

ジュビロは何度も優勝しているクラブだけど、僕はリーグ優勝の瞬間をスタジアムで見たことはない(スタンドで見たことあるのはカップ戦決勝だけ)。他のクラブ含めても、リーグ優勝の瞬間をスタジアムで見たのは初めてだったのです。だから普通に本当に感動した。同期柏サポはボロボロ泣いて、周りにもちらほら涙を流している人が居た。2度降格を経験しているクラブがリーグ戦を取ったのも初めてかな。それもつい2年前にどん底を見たばかり。同期も週始めから「勝っても負けても泣く気がするなあ」なんて言っていて、それも地元が柏でJリーグ加盟からずっとサポだった人だから「走馬灯みたくなるんじゃないですかね?」なんて話していたんだけど、実際「ロスタイムからやばかった、それ以降はもうコントロール出来なかった」って。泣き顔の写真を見て「末代までの恥だわ」なんて言ってたけど(笑)、それでも一生ものの涙だと思うよね、ほんと。個人的には――残留争いを経験した後の昨年のナビスコ準決勝→決勝はかなり感動したけど――それでも今回の柏の載冠はそれ以上にドラマティックなものだったと思う。ほんと良かったなあ。

レッズサポのつんざくようなブーイングも見届け、その後連れられて飲みに行った祝勝会?(日立台じゃないただの飲み会)も本当に楽しく、なんか飲み続けた24時間だった。帰ってきてすぽるとを見ていて改めて感動したし、あの場に居られてよかった。まあ身近な人がコントロール出来ず涙流すってのが感動したしね。↓は「オッオー オオオッオッオー レッツゴーかしーわー」を歌っている人たち。

f:id:airgyan:20111205001105j:image

そして、AIR JAM 2011があってこの年になってまた“STAY GOLD”は僕の今年の一曲ぐらい聴いている曲なのだけど、そんな曲とともに編集されたこの動画を見て思うこと。

ああ、僕はJリーグが好きだ。馬鹿みたくそう思う。色々あるし色々思うし段々年を取ってゆくけど、またいつかジュビロが優勝争いを繰り広げることを、心から待ちわびている。あとは例えば――仕事上の立場とか関係性とか、そういうの乗り越えて、サッカーを通じて、フラットに愛せたり、繋がればいいなって思うのだ。本当はね。ジュビロは狭いからあれだけど(笑)、柏を見ていてすごくそう感じたな。これは柏だけじゃなく、東京圏のクラブは全てきっとそうなんです。

それ以外で。ジュビロは奇しくも退団するジウシーニョが強豪川崎から2ゴールで勝利。ジウソンについては後日しますが、これも泣ける。ヤンツーも最終的には3年目で最高の8位フィニッシュ。レイソルの優勝見るにつけ、本当に監督って重要だなあと思ったけどねえ。そしてコンサドーレ昇格。おめでとうございます!!忘れられてるかもしれないけど、中山がJ1に返り咲き!!(笑)契約延長してもらえんのかなあ?ヴォルティスは残念だったけど、初めての昇格争いで上がれる程甘くはないのかも。四国初のJ1クラブを待っているのは変わらないよ。これで来年は札幌遠征だなー、楽しみだなー!お盆希望!(RSRとセットで!)

とか

本当はこの流れでジュビロの監督人事のことも書きたかったんだけど、すでにかなりボリューミーになったのでまた後日。色々書けないままフットサルやったり部屋の片付けに注力したりしているうちにどんどん日々が過ぎてゆきます…。

打ち合わせた人とエアジャム話で盛り上がりそうになったり、前職で大変お世話になった人から転職の案内が来てビックリしたり、夜会社のテレビでエアジャムの再放送、ハイスタのとこだけ見てたら、同僚がエアドラムしてたり(コピーしてたとか!)、自席に戻ったら小沢健二@オペラシティ!なんか色々なこと思ったり考えたり思考回路がショート寸前。洋楽インディ仲間同僚に「最近新しい洋楽聞いてないんですよね」と言ったらフォスターザピープルとドレイクを貸してくれたり。12月だから見たいライヴ色々あるなあって思うけど、全然都合つかないや。洋楽もだし、明日はDCPRGが年内ラストだったりするけど。とりあえずピロウズに行けたらいいな、ってところ。