メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

ぼくらが旅に出る理由は大体百個ぐらいあって【長崎〜佐賀〜鳥栖〜太宰府〜天神〜博多〜小倉〜岩国】/ “フィンランド テキスタイル アート 季節が織りなす光と影”展 @ 太宰府天満宮宝物殿 / “mina perhonen 1995→”展 @ 三菱地所アルティアム とか

年始旅行後半、その1。3日に函館から東京に帰ってきて(前回のエントリ)、4日は東京で初蹴りをして、昼間から飲みに行って5日は二日酔い気味。元々九州行きたい理由は「まだ行ったことの無い県に足を踏み入れたい」だったけど、丁度良い理由でもあったミスチル福岡ドームが公演キャンセル。「九州はどの県もいずれJリーグの観戦ついでに足を踏み入れる気がするしなー…」とか最初は考えていたのだけれど、表題の二つの展示をサイトで見ていたら、やっぱ見たくなったので、九州旅行を決行。九州に行ったのは多分キャンプ見に行った時以来かな?なお、サッカー観戦はしてないけど、なんだかんだJリーグにまつわるものも多いのでFootballカテゴリにもする。

吉祥寺〜羽田空港長崎空港長崎駅

元々年末の時点で九州のどこから入るかもふわっとしていたのでANAの優待券だけ買っていた。んで表題の展示は二つとも福岡なので別に福岡県から入るのでも良かったし、「まだ行ったことのない県」ということで言うと佐賀や大分とも迷ったんだけど、佐賀や大分は今年アウェーで行ける可能性がある、という意味で、その可能性が今のところ無い長崎に飛ぶことを決める。

17時前に吉祥寺を出て、羽田を経ったのは18時25分、20時半に長崎空港着。初ソラシドエア。九州が近付く頃までは天気も良くってずっと窓の下の街を眺めていられた。あー、この碁盤の目は名古屋か、てことは次のこれは京都か。これは岡山かな。みたいな。そういえばこういう夜に飛行機で経ったのって初めてだなー。長崎空港からは市内へバスで45分ほど。


長崎駅周辺、出島とか

んで初日は長崎泊。駅前でバスを降りるなり、稲荷山の方の夜景がきれい!向こう側から見る夜景もいわゆる三大夜景ってやつなんだろうけど、こっち側から見るのもきれい。何か街並みも整っているし、古い建物もあるし…なんかすごい良い街じゃないか、長崎って!そしてまだJFL優勝というレベルだけど、V・ファーレン長崎に関連する横断幕とかがあって「ああ、応援されてるんだなあ」って思う。



駅から出島の方まで歩いてみたけどもう暗くて写真撮れるような感じじゃない。で、よくよく調べると、鈍行で鳥栖、福岡方面まで行く電車は7時10分のものを逃すと次は12時まで無い…飯山線かよ(特急乗れってことですね)。出島は8時から空いてるってことだったから「おお、早い。それ見てから出よう!」とか考えてたけどその予定は打ち砕かれる。というかどこにも行けない。函館には塩ラーメンを食べに行っただけ、長崎にはちゃんぽん食べに来ただけかよ…(三大夜景のうち二つに来ておいて)。とりあえずその7時の電車の前にもう一度出島に行って、明るかったら外から写真撮れるかなと思いその日は早めの就寝。

その電車のことを考えて初日は6時前には起床し6時半頃にはチェックアウト。しかし予想以上にまだ全然暗い。普通に考えて長崎って(那覇除いて)日本で一番西の県庁所在地だもんね…。時差だよね…。頭の中でピチカートファイヴの“ロンドンパリ”を口ずさみながら(たったの一時間だけど〜絶対時差があるのよ〜♪)。でも出島の目の前に路面電車の停留所があるから(それ乗れば5分で駅前まで行けるから)、ギリギリまで粘る。どうにか6時55分頃には多少なりとも明るくなってくれました。


…しかしその予定の時間に路面電車が来ない。信号が赤になった時点で諦めて、駅にダッシュ。まーにあった!よかったー。予定していた7時10分の鳥栖行きで長崎駅発。(2日前フットサルやったばっかってのもあり、荷物を背負ってるってのもあり)足首いてえ…。長崎は本当に素敵な街っぽかったので絶対10時間で去るべきじゃないんだけど(長崎県立美術館も行きたいし、市内はもちろん、平戸や島原、ハウステンボスとかも行きたい)、また鳥栖遠征とかとセットで今度はちゃんと本腰入れて観光したい。

長崎〜佐賀〜鳥栖



諫早駅で向こう側に居た電車が、V・ファーレンのラッピング列車!すげえ。だってまだ今年からJ2、って段階なのに。JリーグJFLクラブのある地域に結構色々行っていると思うけど、これだけフルのラッピング列車は初めて見た気がする(一部ロゴやマスコットが貼ってあるだけとか、バスでフルとかは見たことがあるっていうか、ジュビロも昔バスではやってたんだけど。今はどうなのかな?)。こういう地域を挙げてって本当に素晴らしいと思う。長崎って街が良かったから余計にそう思うなー。

長崎からの車窓の景色は、何か想像していたのと全然違って最初は結構山間を通っていく路線で。棚田なんかもあったりして、そしてやがて海沿いになるという、なんか好きな景色の路線だった。太陽が射す海越しの山は、雲仙普賢岳なのかな。佐賀市に近付くにつれ電車にも人が増えてゆく。そして佐賀が近くなったところで、なんか気球が一杯飛んでる!なんだ?なんかテンション上がった。(佐賀が気球の街だと知ったのはこの後)






佐賀に特に見たいものがあったわけではないけど、駅前にレンタサイクルがあったのでそれで駅近くを探索。歩くと30分ぐらいは掛かるという佐賀城跡までも自転車なら10分ぐらい。結局1時間半ぐらい――観光マップにある古い建物を見て回ったけど――まあそれ自体はそんなに楽しくはなかったかもしれない…(笑)サガン鳥栖のオフィシャルショップ?を偶然見つけたので、そこでほんと遊び気分でガチャガチャしてみたら、当たりのウィントスくんが出た!これはちょっと嬉しい(笑)もう一つやったら、これも知っている選手、赤星だった(静岡出身)。船谷とか早坂が出るとジュビロサポ兼Honda FCファンとしては嬉しかったけれど。

佐賀駅を出て鳥栖へ。ここで博多方面に乗り換え。ここからは本数が多い(一本逃しても10分、15分後には次がある…!)ので、せっかくなのでベアスタの前まで行ってみた。いいねー、かっこいいスタジアムだなー。次は試合で来たい!鳥栖駅前の風景なんかは、なんか磐田駅前と近い匂いを感じたけど(違うのは鳥栖はターミナル駅であるということかな)、そういえば佐賀は甲府と近い匂いを感じたかもしれない。「Jリーグのある街」なんて看板があったけど、ほんと、色んな街のクラブがあって、こうやって足を運べるから、楽しい…。




鳥栖〜二日市〜太宰府で初詣

鳥栖駅を出て、二日市で西鉄太宰府線に乗り換え。西鉄は多分初乗車かな。太宰府で降りると、時間も丁度お昼頃だったからか、人が多い!ここ数日曜日感覚が無くてあれなんだけど、日曜の昼だもんね。そりゃ賑わうよな。参道のスタバがなんかかっこよかった!あと参道にこの後見るフィンランド展のペナントが掲げられているんだけど、それがウニッコ柄をまんま描いたものだったから、そういう参道の景色っていうのが面白かった。昨年はこんぴらさんで御守を買ったけど、今年は太宰府で購入。神頼み神頼み!






フィンランド テキスタイル アート 季節が織りなす光と影”展 @ 太宰府天満宮宝物殿 とか九州国立博物館とか




表題の展示は規模としては大きくなくて、全国を巡回している“フィンランドのくらしとデザイン”展の方が全然大きいけれど、面白かった。先日東京で石本藤雄さんの展示を見たのもある気がするし、そこでの石本さんの展示はテキスタイルだけじゃなく陶芸的な作品も多かったから、ああこういうところとリンクしてるんだなって思った。今回で言うと、石本さんのテキスタイルの上に置かれていた「太宰府天満宮 飛梅柵釘隠」なんて、普通にウニッコだなー!って思ったりして。

f:id:airgyan:20130108091812j:image宝物殿以外にもテキスタイルが置かれていたので、それを見ながら九州国立博物館へ。ちなみに右の画像は太宰府のはずれにある「浮殿」の中に収められていたウニッコ柄の馬。フィンランド展の関連展示“江戸の粋、印籠 フィンランド・クレスコレクション”を見る(常設展の一角。せっかくだったので共通券を買って見た)。印籠のコレクターであるフィンランド人のクレスさんのコレクション展。このクレスさんが印籠を知ったのはドイツでの展示だったとかなんとか。今日の行程の中で反省点があるとしたら太宰府に2時間近く滞在したことだったり(あと博多駅でラーメン食って電車を一本遅らせたこと)。もう少し早く切り上げられたらもう少し明るい時間に電車乗っていられたかなー。

太宰府〜天神、“mina perhonen 1995→”展 @ 三菱地所アルティアム

西鉄で天神に移動し、“mina perhonen 1995→”展。三菱地所アルティウムってなんかよく面白そうな展示をやってるから「どんなところだろう?」ってずっと思ってた。今回初めて行くよなーって。そしたら、初めてじゃなかった。景色に見覚えがあった(笑)前回福岡来た時もここ来た!でも多分その時はここが三菱地所アルティアムと思ってなかった、ってことなんだけど。

んで、ミナ ペルホネン展。昨年4月青森県立美術館に行った時、ちょうどそこでも常設展の一環としてミナ ペルホネン展をやっていた(青森県美のユニフォームがミナ)。けど今回はそれとは全然内容も違って面白かった。ていうか、今改めてもらったチラシ見てたら、スパイラルでやってた“進行中”の巡回展なのね。それも見に行ったけど、感想を書いていない通り内容を覚えていなかった…。

天神での用事はこれだけで終わり。勿体無い気もするけど、買い物だったら別にここでせずに、今後立ち寄る京都や帰った後の東京ですりゃいい!と思い聞かせ、なるべく明るい時間に次の場所に移動することを考えて、1時間にも満たない滞在時間だったけど天神から博多へ。

天神〜博多〜小倉〜門司〜下関〜新山口〜徳山〜岩国






太宰府の滞在時間が長かった後悔と並んで、別に博多駅で博多ラーメンを食べる必要はあったのかというのが後悔(笑。20分やそこらだけど)。小倉行きの快速で博多を出る。博多と小倉って意外と遠いんだなー、1時間ぐらい掛かった。これだけ離れていれば別に福岡市と北九州市、別の都市として体をなしていても不思議なことじゃないんだなって思いつつ。小倉ではすぐに下関(門司)へ向かうことも出来たけど、せっかくなので少しだけ途中下車。ギラヴァンツ北九州っぽいものを探す。けど、そんなに無かった。最初にV・ファーレンの推されっぷりを見てしまったので少し寂しい結果。

門司から下関で関門海峡を渡り、本州へ。駅標がJR西日本のものになると少し戻ってきた感がある!そこから山陽本線で、新山口(途中下車しようかと思ったけど、何もなさげだったのでやめた)、徳山(時間の都合で少し途中下車した)、そして小倉を出て約4時間後に本日の終着地点、岩国に到着。広島までも行こうと思えば行けたけど、今後もなかなか足を踏み入れる機会がなさそうな山口県で一泊したかったのでした。島耕作バスを見ることは出来なかったけど。山口県と言えば他にも山口とか萩とか宇部とか防府が中心地なんだろうけど…、いつか足を踏み入れる機会があったらいいな。

というわけで、翌日のエントリに続く。

それ以外のこと

それ以外のことって言うか4日にフットサルをやったのでその写真だけおいておきます。