読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

年始旅行2014その3・奈良の庭園を巡る。平城京東院庭園 / 依水園 / 奈良公園〜東大寺 / 旧大乗院庭園 / 大和郡山・旧川本邸 など

年始旅行最終日。奈良は中学の修学旅行以来16年ぶりとかだったんだけど、奈良公園鹿せんべいを食わせた記憶こそあれ、それ以外の記憶が無い。そんで覚えていた公園の景色と全然違う感じがしたのは、当時は何も考えていなかったんだろうな。

平城京平城京東院庭園〜平城京左京三条二坊宮跡庭園


前日は宿も平城京の近くにとって万全を期し、まず平城京へ。ホテルにレンタサイクルもあったけど、まあそれはためらう程度の雨だったので歩いて…もとい、走って。ホテルに荷物を置いて、チェックアウト時刻までの1時間でまわったんだけど――正直歩いていたら時間が足りなかった。それぐらい平城京スケールでかすぎ。雨だからか、何もないところに人っ子ひとり居ない。東院庭園までも約1kmあるという表示…と、歩いて行動する広さじゃない感じがした。構内めっちゃ車走ってるしさ。(でもやっぱ一番行きたい場所だったので行けてよかった)


平城京の中で一番の目的、平城京東院庭園。比較的最近復元された庭園だから庭そのものへの感動は薄かったけど、ずっと来たかった庭園の一つだから来られてよかった。(だから、「その割に庭そのものへの感動は薄かった」んだけど。)

そして平城京朱雀門から国道をやっぱり走って、同じく名勝庭園・平城京左京三条二坊宮跡庭園――は水曜休園だった…。旅行は週末にしろってことか!(そりゃそうか)ちなみに次の依水園が月曜休みだったかな。だから木〜日の間じゃないと奈良の名勝庭園を巡ることは出来なかったと。(あと法華寺も宿の近くではあったんだけど、こちらの名勝庭園は期間限定公開で今回は見られなそうだったのでやめた。どちらにせよまた奈良へ来る時にってことで。)
oniwa.garden

依水園






奈良公園の一角、依水園。こちらは素晴らしかった!今日一。前庭もよかったけど、後庭の東大寺が借景になっているのがかっこいい(晴れてたらその後ろの山も見えたのかも…)。苔もきれいな庭園だった。あと隣の庭園はやっぱ冬季休業だった。
oniwa.garden

旧大乗院庭園


奈良で最後に見た庭園が旧大乗院庭園。善阿弥による庭園だそう。これも比較的最近復元された庭園のよう。関係ないけど同時に居たのがVIE DE FRANCEの袋を持った外国人3人組で、ぼちぼちフェニックスも来日してるんかなーと思ったり。(ここはあまり人居なかったけど、奈良公園付近はとにかく外国人の人が多かった!欧米っぽい人が。)
oniwa.garden

それ以外の奈良の風景




大和郡山・旧川本邸




東京まで帰るための電車は奈良を14時20分発。微妙に時間が余ったので、大和郡山へ移動してみて、遊廓建築・旧川本邸を見に。途中の道に市の案内で行き先が掲示されていて、割とオフィシャルな存在なんだと思った。決して分かり易い場所ではないけど、急に重厚な和風建築が現れる。奈良の芸術祭「HANARART」で中を公開していることもあるようなので、今度は中を公開した時来てみたい。周辺には他にも幾つか重厚な和風建築が。

奈良〜加茂〜亀山〜名古屋〜・・・〜吉祥寺

14時20分に奈良を出て、そこから加茂、亀山、名古屋、豊橋、浜松、静岡、熱海…と乗り換えて帰京。加茂からの亀山行きが一両編成。せめて米原まで新快速だったらもすこしスピード感あったかもなー。亀山からの関西本線の快速も、電車行き違いでの停車が多すぎ(四日市からの快速は初めてじゃなかったはずだけど、こんなんだったっけ…)。今回の旅行で思ったことは、紀伊半島では近鉄強すぎ便利すぎってことかな…。(奈良あたりも)

名古屋に辿り着いた時点でもう割とかなり帰ってきた感というか、長かったわー感があったけど、でもここからまだ6〜7時間かかる。どこかでショートカットするか考えたけど(豊橋〜静岡、静岡〜小田原、掛川〜三島とか。回数券で安くなる区間)、結局各駅停車で帰りきった。雨で靴がすごい濡れてて冷たくて、久々にしんどいと思った鈍行の旅(1日で10時間も乗ったのはさすがに久々だったかな…)。もう今後は旅先から帰る時、行く時は飛行機や新幹線を積極的に使って(もうそういう年だ!)、行った先で周遊するぐらいのつもりで。それ前提で18きっぷの回数を使おう…。

てな感じで、サッカーも音楽もアートも無い珍しい旅だった。庭園とか遊郭跡とか言って一体何が趣味なんだ感。今回休館・休園日で行けなかった庭園、時間の都合や天気の都合で諦めた庭園が幾つかあるので、またいずれ。18きっぷ期間の3月に良きアウェーが幾つか組まれることを願って!