読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

Jリーグのユニフォームをフェスで着ること、Jリーグ苗場支部のこと

↑の写真は2007年のFUJI ROCK EXPRESSより。上手くまとまるかわからないけど、やはりそれなりに思い入れのあったことなので自分の思いとして書き始めてみる。

Jリーグのユニフォームをフェスで着ること

初めてフェスに着ていったTシャツは、2004年のひたちなかpre-schoolのTシャツだった。フジロックに初めて行ったのが2005年。やっぱフジロックって日本の最高峰のフェスだなって気持ちがあって、その中でどのシャツを着るか。シャツはやっぱ一番分かりやすい自己主張アイテム。そうした時、どのバンドのTシャツ、どのフェスのTシャツよりも、「自分の熱中しているもの/自分の場所・属性を示すもの」として、けっこう迷わずジュビロ磐田のユニフォームを会場で着ることを決めた。

その年はまだ海外ビッグクラブの日本遠征が多い時代で、バイエルンジュビロ@国立って試合を蹴ってフジロック来たんだよね。見に行きたかったなーって気持ちとかもあって。それからずっとフジロックではジュビロ磐田のレプリカを着用しているし、2度目以降のひたちなかでも、初めて行ったライジングやアラバキでも、そして今年行った海外フェスでもジュビロ磐田のユニフォームを着用している。もちろんそれ以外のフェスでもそうだし、あとはそうじゃない時もあるけれど。

Jリーグ苗場支部との出会い

Jリーグ苗場支部と出会ったのは翌年2006年。ドラゴンドラから帰ってきて、なーんも知らずお昼時にオアシスエリアを歩いていたら、ネスレ時代のユニを着ていた僕に「ジュビロジュビロ!」「飯田じゃないのかよ!」と声をかけられたのが最初だった。ほんと何も知らずに偶然だったけど、こんな風に他クラブのサポーターと話すことなんて生まれてきて今まで無かったので、それはとても新鮮で刺激的で楽しかった。

mixiを割とちゃんと見るようになったのもそこからだし、Twitter登録したのも告知がそっちに移ったから。朝霧でのサッカーも翌年以降の苗場での集まりもほんと楽しかったし楽しみにしていたなー。でもSNS上で積極的に連絡をとる方でも無いし普段から会いたい欲みたいなのは無い方なので、繋がった人は「偶然、他のフェス・ライヴ会場で会った人」「偶然、スタジアムで会った人」しか居なかったと思う。あとは仕事絡みで仲良くなった人の友達だったー、とか。狭いっすねえ、みたいな。

(でもmixiTwitterで、「繋がり方」って違うというのもあるよな。苗場にせよ朝霧にせよ、人数も多くなかったから大体のサポと話せた上で繋がったりした。けどTwitterは誰か分からない状態、会話もしない状態で繋がったりする。「ま、繋がらなければいいだけじゃん」という話なんだけど。やー、僕そういうネットでの気遣いとか出来ないから。)

だからその「偶然」であったり、フジロックや朝霧のような自分にとって…聖地というと大げさなんだけどちょっと高みにある場所だったり。もしくはスタジアムのような「最も特別な日常」で会う/でしか会わないからこその美しさというか、特別感みたいなものを僕は「Jリーグ苗場支部」に感じていた。選民意識みたいなのは好きじゃないけど、「Jリーグ」と「苗場」というところですでに狭まっているというか、普段の週末はスタジアムに行くけど、7月最後の週末だけは特別なんだっていう、言葉に出さない共通意識が心地良かった。苗場で人が増えていくことも、単純に「その文化が広まってゆく」状況変化を共有できた気になって楽しかった。それはJリーグのクラブが増えていくことと同じで。

というのが思い出と思い入れ。

浦マガ騒動と感じていた違和感

ま、その「フジロックや朝霧やスタジアムのような場所で会うから特別」というのが思い入れの根底としてあるので、あんまり理由つけて集まり過ぎるのはなーとは感じていたけど、それは別に自分が行かなきゃいいだけの話なので行かなくなっていたし(J2に行きまくってるのもあるけど)、それが新たなコミュニティに発展するのならそれはそれでいいんだと思う。んで、今回の色んなことを見てて、「あー僕もう関係ないな」と思ったけど、関係ないなりに何か書き残したい性質。

まずこの騒動について。RTが700ぐらいされてる。苗場支部開催のRTが100ぐらいでしょ。参加者が約200人。だから5~600は「レッズ憎し」という感情のある、フジロック関係無い他サポによるもの。まあ、これはあくまでレッズサポ内のサポーター論…みたいな話であって、あんま関係無いなと。「そういうサポーター論もあるよね」と思うし、これは浦和に限らずどのコアサポ層にも居るよな、ぐらいなもんで。それは苗場支部の最初の頃から、「スタジアム来ないでフジロック行くとか、それでもサポーターかよ」みたいな反応があったことから考えても、そういうものだと。

繰り返してしまうけど、なんていうか苗場という場所でやってたから面白いというか、シャレになってたというか。これは別に相手がレッズだからとかではない。これが仮にアントラーズでも(僕が一番嫌いなのは鹿島です)、エスパルスでも同じ。何かに対して喧嘩売る、それって総意なの?で、「エー!?」と思ったのは、「見てる~?」の中に「フジロックに居なかったじゃん!?」という人が居ること。なんかそういうサークルになっちゃったんだな、フジロック云々じゃなくてJリーグのおもしろネットサークル。そりゃあ毎年フジロック行くわけじゃないだろうけど、「苗場支部」って言葉がもう何か、僕が魅力的に感じていた「フジロックのあの場所だから起こる化学変化」的な何かとは別のものになってしまった感。

元来「オフ会」みたいなものが苦手なんです。大体「ロクでもない」感じになるから。共通の趣味ありきでも。高校生の頃自分が作ってたサイトで、そういう大人によって色々面倒くさい思いをしたから(笑)、嫌悪感があって。昔と今じゃ「ネットをきっかけに会う」の意味合いが違ってきてるというか、とても普通のことになってるんだけど、でも「普通になってる」だけ。ま、そういう違和感もあったのでやっぱ「自分が行かなきゃいいだけの話」。

別に誰かが嫌いになったとかではないので、ジュビロマラソンは個人的に参加するから誰か来るならアテンドするし、朝霧も個人的に朝サッカーしたいなーという呼び掛けはするけど。そういう集まりにしたい人が居たら仕切ってくれたらいいんじゃないかな。でも朝霧でサッカーしたいからそれは参加する(笑)ま、その為に朝霧まで来る人は居ないと思うし。

だし、冒頭にも書いたけどフェスでジュビロのユニフォームを着ることとそれとは関係ない。別に元々みんな着てるからとか、仲間に入りたくて着てるんじゃないしね。来年以降も夏フェス会場でジュビロのユニフォームを着ることには変わらない。あと個人的なフットサルへ声かけてもらうのはそれは今後も参加できる時は参加するし、僕は男らしくないので男に二言はある。やっぱ上手くまとまらなかったけど、140文字ずつ区切るのも嫌だったので、とりあえずブログに思いを書いてみました。