メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

小田原の庭園(邸園)を巡る。古稀庵(旧山縣有朋別邸)、清閑亭、松永記念館 老欅荘、小田原城、東海道・小田原宿の古い町並みなど

小田原の邸園(庭園)を巡りました。

「邸園」とは邸宅+庭園の造語だそうで、ここ2年ぐらい小田原で乗換える度、駅に置いてある邸園巡りのマップに惹かれていた。小田原といえば小田原城だけど、明治〜大正期に小田原を始めとした相模湾沿いに、政財界の大物の別邸が多く建てられていて、それを観光資源として各自治体が売り出し中という話。それとは別に前から山縣有朋の別邸だったとされる古稀庵にずっと来たくて…ただここが日曜のみの公開でなかなかタイミング良く来るには至ってなかった。この日はちょうど静岡から東京戻る前に寄れるんじゃないかと。実家起きだとなかなか15時までに小田原来れないのが悩ましかったので静岡泊だった今回が丁度良かった!この日それまでの静岡の庭園巡りは↓。
romitou.hateblo.jp

小田原城


言わずと知れた北条氏の城郭です。昨年まで行われていた改修工事で天守もきれいになった。小綺麗になっている表の顔も良いけど、天守の裏側にある、昔の大地震で崩れたままになっている石垣というのも生々しくて(より歴史を感じられて)良いなあと思ったりする。


清閑亭(旧黒田長成別邸)




年間を通して公開している、小田原市の「邸園」としては中核施設となる清閑亭。大正時代に造られた建物で国登録有形文化財黒田長成福岡藩主で黒田官兵衛の子孫にあたる人物だそう。庭園の向こうに相模湾が眺められるのが良い。

古稀庵(旧山縣有朋別邸)







そしてお目当ての古稀庵。最寄り駅は箱根登山鉄道箱根板橋駅小田原駅から歩くと30分近く歩く距離。入口が分からず坂道を右往左往して疲れた…けどその疲れを吹き飛ばす、期待以上の庭園だった。古稀庵は京都の無鄰菴、東京の椿山荘と並んで「山縣三名園」と呼ばれているとかいないとか。山県有朋といえばやはり前の2つの方が有名だと思うのですが、明治時代後期、山県が晩年を過ごしたのがこの古稀庵。庭園の所々にある「流れ」が、無鄰菴を思い起こさせる、山県こだわりの庭園って感じがする。現在は企業の保養所ということで日曜のみの公開なのだけど、自治体が本気出して整備したら無鄰菴に負けない名園になるんじゃないだろうか。紅葉の時期が一段ときれいそうだな〜。また来たい!

古稀庵の近くには、同じく山縣有朋の別邸だった「皆春荘」や、国登録有形文化財「共寿亭」を元にした「山月」という料亭があるのですがいずれも非公開。皆春荘は個人宅なのだけど、入口の門からのぞくだけでもなんか良い雰囲気…。対する山月は廃業しているんだろうか。入口の廃墟感がなかなかすごい…。

松永記念館 老欅荘


松永安左ヱ門という昭和の電力王の邸宅として作られたのが老欅荘(国登録有形文化財)、その敷地に作られたのがこの松永記念館。松永記念館の庭園には茶室「葉雨庵」も大正期に造られた登録有形文化財





小田原文学館 白秋童謡館(旧田中光顕別邸)




東海道の南側へ。現在は「小田原文学館」になっている旧田中光顕別邸の本館(明治時代に造られた洋館)・別館も国登録有形文化財田中光顕も明治期の官僚で土佐では坂本龍馬の同志。ところで、フットサルがらみでよく訪れる新江戸川公園・椿山荘辺りに、公開していない古い邸宅があるのが気になっていたのですが、あれも田中光顕の邸宅だった「蕉雨園」なんだそう。同じく年2日だけ庭園が公開されていて行きたい、富士の「古渓荘」も。

松本剛吉邸



小田原文学館の近くにある、明治時代の貴族院議員の邸宅。木〜日のみの公開。草が生い茂っていて庭園の写真としてはなんともあれなのですが、やはり古い茶室があったり敷地内の小さな山の上にも建物があったり。整備されたらすごく良さそうなのになーと思われられる。ちなみに小田原文学館・旧松本剛吉邸の近くには静山荘という非公開の邸宅も。

東海道・小田原宿の町並み







小田原というと小田原城という印象が強過ぎるのだけど、江戸時代以降は東海道の宿場町でもあった。今回邸園を巡るにあたって必然的に東海道旧東海道)を歩くことになったのだけど、広い道路沿いにもまだまだレトロな建物も残っていて面白かった――これらの幾つかの近代建築(看板建築)のうち、幾つかだけでも価値が認められて生き延びてくれたらいいなあ。白い近代建築の隣にあったメガネスーパーのふくろうのキャラクター、久々に見た気がする(調べたらメガネスーパーは小田原が本社らしい!)。冒頭の「済生堂薬局小西本店店舗」は国登録有形文化財

東海道から少し外れて、住所で言うと「浜町」の通り沿い。町の名前の通り相模湾に沿ったエリア。なんとなく古い面影が残る建物がいくつか。あと海沿いなだけあって海鮮系や練り物のお店が多い。




この喫茶店気になるなあ。「純喫茶 途上園」。

旧抹香町の町並み


東海道を進み「江戸見附跡」の近くにある「抹香町」が小田原の遊廓跡。カフェー街だった頃の面影のある建物が残る…ということだったけど、想像していた以上にはフツーの住宅街。細い路地や町割りも、若干の遺構――不自然な古い木の塀や、ちょっと変わった建築が残っていなければ何も感じなくなるんだろうなあ。木の手すりのある建物は数年前は飲み屋だったみたいだ。
以上、雨の中約4時間歩き続けた小田原邸園巡りでした。地図を見ていると他にも気になる所色々あるし(あと「竹の花新地」という花街の遺構もあったらしい…)、雨じゃなければ是非レンタサイクルしたかった…。今後も乗換で幾度と来る町ではあるので又の機会に。くたくたで帰りは小田急の特急利用。

静岡ダービー。清水エスパルス-ジュビロ磐田 @ IAIスタジアム日本平 / 静岡・臨済寺庭園の特別公開、清水・龍華寺観富園、清水の町並みなど

清水エスパルス-ジュビロ磐田IAIスタジアム日本平


最高の雰囲気の静岡ダービー日本平でのダービー勝利は気持ちいい!

静岡ダービー清水エスパルス-ジュビロ磐田IAIスタジアム日本平へ行きました。ジュビロを観るのは前節のFC東京戦以来、エスパルスを観るのは春の静岡ダービー以来。日本平でダービーを観るのは2010年以来です!日本平で開催されるダービーは(カップ戦を除けば)4年ぶり。ジュビロ側のサポーターも気合入っていたのでゴール裏は速攻売り切れてしまった。結果チケット(A席)をエスパルスサポーターの友人にお願いさせていただいた。ありがとうございました!感謝。
romitou.hateblo.jpromitou.hateblo.jpromitou.hateblo.jp前半途中から雨が降り出す。レインコートが橙と水色に分かれるこの景色良くないですか。一応A席だったので気を遣ってユニやジュビロのポンチョを持ってこなかったけど、思ったよりA席にもジュビロサポ多かったし持ってこればよかったな。そしてジュビロのゴール裏、ホームの試合より迫力なくないか?(笑)それはダービーという雰囲気がそうさせているのもあると思うけど、単純に日本平のゴール裏はヤマスタよりも(2階ある分)大きいということなのかも。ヤマスタでの試合は今季売切れまくりで手狭だし、2階に改修しちゃおうぜ!一部で言われてるゴール裏写真家多い問題もそれで住み分けられるのでは。

試合。ジュビロは大井が怪我から復帰したのもあり、FC東京戦の4バックではなく3バックへ戻した。前半出足が良かったのはエスパルス(4月の静岡ダービーでもそうだった)。のだけど、先制はジュビロ。裏へ抜け出したアダイウトンがドカンと決めた。ジュビロにとっては大きな先制点。それ以後も追いかけるエスパルスは決して悪い流れではなかった――のだけど、前半終了直前に松原が暴力行為で一発退場。正直この退場が試合を決めたなあ。映像で見直すと祥平もオーバーアクションだと思うけど、松原は肩でぶつかったんじゃなく肘でぶつかって振り上げてるのが印象悪くしてしまった。不用意。

後半、10人でも戦おうと立ち上がり悪くなかった清水を打ち砕いたのが俊輔の直接CK。「雨が降り出してスリッピーだから、あそこに落としたら相手が嫌かも」という場所にピタリ。すげえ。痺れた。キックの精度は勿論なんだけど、その発想が中村俊輔の凄いところ(他の「キックの精度はピカイチ」な選手と違う所)なんだと思う。優しいキックをイヤーなところに。天使のような悪魔のボール……。そして山田の復帰後初ゴール。いきなり決めるのが山田!サイドから崩したシーンだっただけに相手は数的不利が効いた。これで完全に試合を決した。3-0になってから試した4バックはまだまだという感じだったし、この3ゴール以外はそんなに決定機も無かったけど…、気持ちの良い勝利!良いダービーでした。10人にならなかったら3点も取れたかわからないけど、守備は危なげなかった。この11人はバランスが良い。

改めて、おかえり!山田大記

山田の海外移籍前ラストになったのは↑これの次のサンガ戦なんだけどその試合後には何も触れてないや。なんで山形戦でこう思ったんだっけ。この時点はまだ自動昇格圏内だったから「なんでこの時に出て行くんだ」とは全く思わなかった。ましてや山岸に(ry …成績見直すとあんなに苦しかった2013年も山田はMFながら8点決めている。代表にも選ばれていたし孤軍奮闘と言っていい数字。むしろ落ちたタイミングで残留した時点で男気とジュビロ愛しか感じなかった。本当におかえり。(しかしこの頃まではアウェーの時はゴール裏結構空いていた。最近は本当に遠征サポ増えているなあと思う)

試合とは関係ないけどこの記事面白かった。速いボランチ。今年の躍進の立役者・ムサエフは正にそんな感じ。とにかくプレーの切替が速くてそれが観てて楽しい。切替が速いから走行距離より走ってるような印象を受けるし、良いポジションに居る。まず相手を剥がしているので余裕を持ってボールを受けられている。たとえば過去のジュビロでいうと小林裕記や上田康太のような「繋いで組み立てる人=プレイメイカー=ボランチ」像と違う。切替速さにプレイメイカーっぽさもあるのが川辺。川辺がムサエフと組み続けることでこの切替の速さを身につければ、ほんともっと上に行ける。

試合後、清水駅近くの踏切が根元からバキッと折れていてJR東海道線が止まっていた。ギリギリで車が突っ込んだのかなあ。下り・浜松方面の踏切…これがアウェーの洗礼。ただでは終わらない静岡ダービー。駅が混雑してるので魚介食ってから帰った。以下は試合以外の話。静岡・清水の庭園や町並みの話です。

静岡・臨済寺庭園の特別公開へ行きました。









戦国大名・今川家ゆかりの寺院(菩提寺)で、本堂が国の重要文化財安土桃山時代に造られた庭園は国指定名勝。この庭園が年に2回(5月19日・10月15日)しか公開日がない、そして今年は10月の公開が土日に当たっていたので、それが観たくて今回の静岡ダービーにも行きたかったようなもの。庭園は期待通り素晴らしい庭園だったのですが、上の方にある茶室「夢想庵」は整理券制で4、50分待ちだったので断念…。雨なのにそれぐらい(思った以上に)人が多かった。客層的に実はもっと遅い時間の方が人が少なかったりしたのかなあ(といっても15時までだけど)。庭園以外にも、徳川慶喜の書や今川義元・氏真像など、そうした歴史好きには見所の多い特別公開だと思った!




静岡・城北公園 日本庭園






臨済寺(かつ静岡浅間神社)近くの城北公園の中にも日本庭園があります。昭和年代に造られたもので、賤機山を借景にのぞむのも良い感じ。公園内には図書館もあります。

静岡県護国神社


泊まった宿(カプセル付温泉)から近かったので行ってみた。神池はそんなに庭園ぽくは無かった…。

清水・龍華寺観富園









ここから清水の話。日本平スタジアムから1kmも離れていない所にある庭園。ここに寄りたいが為に、天気微妙だったけどレンタサイクルにしたのでした。江戸時代初期に造られたとされる庭園「観富園」は清水市指定名勝(清水区になってどうなったんだろう…?)、大ソテツは国登録記念物に指定。庭園も期待よりだいぶ良かった(天気が良ければ本堂の向こうに富士山ものぞめるらしい!)のだけど、蜘蛛の巣が滅茶苦茶多かった……こんなに蜘蛛の巣多い場所初めてぐらい。寺社によっては蜘蛛は神様だったりするので壊せないのも理解しつつ、それにしても多かった。虫苦手な人にはオススメ出来ない!
ちなみに龍華寺の近くには鉄舟寺というお寺さんもある。こちらも門が立派なので少し気になる。

清水の古い町並み

次郎長通り〜清水港付近の町並み





清水は日本平エスパルスドリームプラザなど何度も来ていますが、レンタサイクルして走ったのは実質初めて。「清水の町並み」と一言に言っても、清水駅付近の「東海道 江尻宿」の歴史を持つ場所と、湊町として栄えた清水という別の顔を持つのだなあ、と今回自転車で走って思った。上の写真は清水港から程近い「次郎長通り」付近の町並み。こぎれいな清水次郎長生家よりも、裏の細い道にある居酒屋やレトロな家々が気になる(特にレンガ造りの建物!)。「清水区清水市)清水町」という町名もこの辺なので、本当の「清水の町」とはこの辺を指すのだろう。あと今Google Map観てて気付いたけど、この付近にある梅陰禅寺というお寺さんに日本庭園があったみたい。来年のダービーはそこに寄ろう!



清水港テルファー。国登録有形文化財清水駅から歩いてエスパルスドリームプラザのMAGROCKへ来たのも10年近く前か〜とか思い出す。

旭町の町並み〜新世界通り


新清水駅近くの旭町は旧赤線だそうで、現在も清水の歓楽街。この「新世界通り」を見てみたかったのです。まだ健在みたい。広い道沿いにあった豆タイルの建物は元妓楼なのかな…。あと「スナックぼったくり」は何をぼったくられるんだろうなあ。笑

座商店街付近の町並み

ここまで来るとほぼJR清水駅です。清水銀座商店街のロゴが良い感じ。先の「清水町」に対してこの付近には「江尻町」という街区表示板が。「東海道 江尻宿」だったのがこのあたりで、この付近にある渋い飲み屋さんなんかは宿場町ルーツなんだろう。

それ以外




庭園巡りは小田原編に続きます。
romitou.hateblo.jp

Camp in 朝霧JAM 2017 @ 静岡県朝霧アリーナ

今年も朝霧行ってきた。

今年も朝霧JAMへ行ってきました。今年で14年目。昨年のエントリは↓。
romitou.hateblo.jp会えた人会えなかった人居るけど、今年もたくさんの人と会えて遊んでくれてありがとうございました!!また来年!! 今年はSOLD OUTする位にメンツも良かったし、数年ぶりに日曜にダイヤモンド富士も見れた。昨年と違ってあんまり日中に富士山は見えなかったけど、それでもダイヤモンド富士見れたことが一番嬉しい!前までずっと一緒に来てた(昨年子供が産まれて昨年はお休みだった)友人と見れたのも嬉しかったよ〜。てことで2日間のことを振り返ります。
あと来年以降へのメモ。朝霧JAMの天気予報、予想気温が一番低いのを参考に。
www.golfweather.info

1日目





1日目割とちゃんと観たもの:MARTHA HIGH&オーサカ=モノレール⇒D.A.N.⇒BICEP⇒EGO-WRAPPIN'⇒Mount Kimbie⇒Belle and Sebastian
前日までの大雨も朝には上がり、着く頃には晴れ間が。富士山🗻は雲で隠れちゃっているけど、テント張る頃には長袖じゃ暑いぐらいに快晴。最高です。でも夕方ぐらいに微妙な雨。もう降水量は0だってなってたから信じてたのに…!やはり山の天気はわからない(準備はぬかりないけど足元がねぇ…)。

今年目を惹く新しい試み:レンタルテント群。予め張ってあって泊まるだけなら至れり尽くせりですなあ。いきなり買うのは高くてハードルも高いけど、こういうのがあれば朝霧に行きやすくなるし、結果テントが欲しくなる人も多いと思う。良い試み。

BICEP

Mount Kimbie

D.A.N(すごく良かった!)と比べてマウントキンビーの前方の男性率の高さ!Mount Kimbieは初めてだったけど無茶苦茶良かった…!溶けた。単独売切れてなかったら行ってた…!

Belle and Sebastian

数年前のHCWぶりのベルセバ。エゴ終わりで思ったよりも沢山人が去っていたので、折角なので前の方に。序盤から“I’m a Cuckoo”やってくれたり90分間大満足の内容だった!ライブ中、割とはっきりと富士山が見える時間があったけど終わった頃にはうっすらに。明日朝はどうなる…!

2日目:ダイヤモンド富士でスタート!


今年は久々に2日目にダイヤモンド富士が見れたー!最高!ありがとうございました!ちょうど地元の友人とバッタリ会えたのも良かった。前日雨が降った分、朝そんなに寒くなかったのも結果的には良かった…。朝早起きしてダラダラしている時間帯が好きです。
2日目割とちゃんと観たもの:TXARANGO⇒Yoggy New Waves⇒UA⇒NONAME⇒LORD ECHO



TXARANGO

好みで言ったらMount Kimbieが今回一番良かったんだけど、MVPはこっち。本当に最高に楽しかった!「カタルーニャは今難しい状況に置かれているけど…」と言いつつも楽しい要素ごった煮の振り切ったライブパフォーマンス。朝一で燃え尽きたわー。

NONAME

2日目はテント片しながら終始テント付近に居たのであんまりちゃんと観ているライブが少ないのだけど、夕方に見たNONAME滅茶苦茶かっこよかった!チャンス・ザ・ラッパーとも共演してる女性のラッパー…て情報しか知らなかったけど、こういうメロウな生音トラック大好き。予習しておけば良かった…。洋楽アクトなのに女性ファンが多かったのが印象的(Mount Kimbieとは逆。笑)。ファッションアイコン的な人が良いものとして取り上げている等でケンドリック・ラマーとかチャンス・ザ・ラッパー周辺を熱心に聴いている若い女性が想像以上に多いのかもなーなどと。

LORD ECHO

最後にLORD ECHOを見て、今年は最後のSuchmos前に離脱!なんだかんだ観たかったけど、またの機会に。今回観れなかった中では、思い出野郎Aチーム、CHON、あとあとリハだけ聴いたロットバルトバロンも気になったけどまたいつか。

今年の朝霧を振り返る:初めて物を盗られてもやっぱり朝霧が好き

  • 場内以外ではふもとっぱらが最初に売り切れたという初めての年。最終的に全券種売切れたので全体的に昨年迄より人は増えたんだろうけど、Aサイトは昨年に続き「スペースに余裕ある」感じ。その辺の住み分けがどんどん進んでいる。ふもとっぱらは昨年と比べてもバス並びがすごかったようなので、やっぱ僕はテントからステージが眺められるこの場所が好き。
  • 椅子を盗られたツイートが会期中に回ってきたけど、ちなみに僕もテント横に置いてた椅子を盗まれました…キャンプで初めて物盗られた。EGOまではあって、ベルセバ終わりで無くなっていた。GREEN DAYのロゴが特徴的、けど機能性が良い訳ではない椅子。自分的には座り心地良く5年以上使っていたので残念……。(自信持って言えることではないけど)自分は基本安物しか持ってない!(笑)ので、まさか自分の物が盗られるとは思わなかったなー。残念。近くのテントではカートを盗られた人も居たらしい。モラル云々という話なのか、毎年起こっていてたまたま運が悪かったのか…。
  • ……だけどステージが近く環境が良い、やっぱり朝霧が一番好き!今年は(途中の小雨こそあれ、)寒くなく過ごし易かったしダイヤモンド富士も見れたし。今年来た人はリピーターになる気がする!
  • 2日間、同じグループのお子さんと沢山遊んだので何気に例年以上にハードな朝霧だったかも…おじさんは身体がバキバキです(笑)
  • 年々子供が増えている一方で、今年の朝霧はフジロック以上にヘリノックスの足をしまわずに運んでいる人が多く感じた。危ないなーと思うシーンが何度もあったのでどうにかならないものかねえ…。例:レッドカードで退場。

3年ぶりに朝にサッカーをやった

前2年、開催できなかった2日目朝のサッカー。天気が心配だったので(笑)直前の告知になってしまいました。2年やってないと全く想像出来なかったけど、3年ぶりに出来てよかったよー!参加いただいた方ありがとうございました!前日の段階で大きな水溜りがあったのでそこは避けて、以前ほど広く取らなかったけど。初参加の方も飛び入りの方も含め、出来たのが嬉しかったです!また来年もお待ちしてます!

日曜朝のムーンシャイン、意外と人が全然居なかったので来年以降もスペースは大丈夫そう。数年前はそれ(朝あそこで遊ぶ人が増えつつあった)に気を遣ってたけど、これもふもとっぱら効果かなあ。空気ちゃんと入れるとボールが転がりすぎるなーと思ったので来年やれたら空気はゆるめに入れよう。

帰りは温泉寄って飯を食べて帰宅。運転お疲れ様でした&ありがとうございました。帰りに上野原で見つけた看板。とんでもないレトロな香り。後で「大正館」でググったられっきとした国登録有形文化財みたいだぞ。なのにこの手書き看板に電話番号。行ってみたい。

【告知】TVBros.に『おにわさん―お庭をゆるく愛でる庭園情報サイト』が紹介されました

おそ松さん表紙の『TVBros.』2017年10月7日号。「ネット探偵団」のコーナーに『おにわさん―お庭をゆるく愛でる庭園情報サイト』(http://oniwa.garden/)が取り上げられています。
oniwa.garden制作者こと自分のインタビューが掲載されています。錚々たる連載陣が半ページなのに自分のインタビューが1ページで載ってるってなかなか痺れる大きな扱い!親しい人からのオファーだったので饒舌になったんだろう、読み直すと本当に恥ずかしい笑。ライターとしてインタビューしてた時代はあったけど、自分がされるのは初めてでした。改めて自分で読むとなかなか恥ずかしいのですが、今後も全国様々な庭園をサイトで紹介していきたいし、それだけではない形でも庭園の魅力を紹介していきたい…!という思いです。日本全国の書店さん等で取り扱いがあると思うので気になった方はぜひ。

今期に入って忙しくなってしまいサイトを更新するので精一杯なのだけど、本当にもっと色々広げたい。「古墳×サッカー場」みたいなのバズってると羨ましいなと思う……。ほんとこのサイト、というかプロジェクト、もっと色々やりたい。ただサイト更新するだけじゃなくて…(PVは増えてきてるけどまだまだ…)物理的に時間が欲しい……。ちなみにTVBros.には約10年前にも一度載せていただいたことがありました。その時は彼女募集企画(笑)それも久々に見たけど、髪型見たらもっとこっぱずかしくなった。当時誰かに「奥大介みたい」と言われたことあったけど確かにそうだなー。いやー若い。