メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

北海道旅行⑤。札幌国際芸術祭2017を巡る。【街中エリア】〜SIAFまとめ。『芸術祭ってなんだ?』

札幌国際芸術祭2017巡り・街中エリア編

北海道旅行その4。札幌国際芸術祭2017巡り・ここまでは↓。
romitou.hateblo.jpromitou.hateblo.jp街中は初日の夜と2日目の夕方以降に巡った。2日目にはレンタサイクルを利用(「ポロクル」が21時まで利用できる)。札幌〜すすきの間の移動や、札幌市資料館やHUGも大通エリアとはいえ地味に距離があるので結果的には自転車はとても便利だった。資料館まで行ければ円山公園や北大も行けそう。

【札幌駅エリア】

大風呂敷プロジェクト(札幌駅〜チ・カ・ホ)



《札幌デザイン開拓使 サッポロ発のグラフィックデザイン~栗谷川健一から初音ミクまで~》@ JRタワーラニスホール





この展示は芸術祭の文脈とはあまり関係なかったかもしれない、けど逆にこれは芸術祭見ずにこれだけ見ても面白い展示だった。古地図から最新のデザインまで、北海道に関わる様々なグラフィックデザインを展示。最近、根室とか厚岸とかの歴史を読んでて(←根室行きたくて)、やはり和人とアイヌの関係性というのは北海道に於いては自然とあるテーマなんだと思う(?)んですけど。つい40年前のオリンピックのポスター案にこういったグラフィックデザインがあったのはすごく面白いなあと。

あと清志郎の姿が気になって見たポスター。こんなイベントあったんですねえ。初回エゾロックの3年前。清志郎、CHABO BAND、スライダーズ、エレカシシアターブルック、一番最後に名前のある若手枠的な存在が、ミッシェル・ガン・エレファント!豪華!

【すすきのエリア】

梅田哲也《わからないものたち》@ 金市館ビル




北専プラザ佐野ビル

札幌国際芸術祭2017で最も面白かった場所の一つがここかも。現役ソシアルビルの空きテナントを利用して展示が行われていた。芸術祭の文脈云々置いておいて――超楽しい!!「伊吹」の内装すごかったし(←写真アップNGとのことだった)、DOMMUNEの元イメクラ?の部屋もニヤニヤしてしまった。

端聡

場所が面白いだけでなく作品も良くって、端聡さんの作品は昨年のあいちトリエンナーレでも印象的だったシリーズですごく良かった。

DOMMUNE SAPPORO!



レトロスペース坂会館の別館

大漁居酒屋てっちゃんサテライト

この「居酒屋てっちゃん」行きたかったなあ…試合後急いでれば行けたなと後で知って後悔。

【大通エリア】

札幌市資料館





大正時代の建築で国の登録有形文化財。SIAFの拠点の一つとして様々な展示が。

CAI02

入場した直前ぐらいにクワクボリョウタさんの「札幌ループライン」が故障で止まってしまったと…。円山動物園の《LOST》も見たかったけど行けなかったし今回は縁が無かった…。両方絶対今回の中で個人的には上位に入ってくる作品だったろうし残念。

中崎透《シュプールを追いかけて》@ 500m美術館


さわひらき《うろ・うろ・うろ》@ HUG


そして最後に見た作品が北海道教育大学 アーツ&スポーツ文化複合施設「HUG」でのさわひらき《うろ・うろ・うろ》。CAI02での作品も見たけど、こちらの方が圧倒的に良かった…。通常1時間半の作品らしく、閉館間際の15分ぐらい丁度エンディングのみだったけど。音も良かったので映像に引き込まれる。

これが19時半。夜のみ公開で21時までの「りんご」をチャリで見に行こうかなーと思ってたけど、さわさんの作品がすごく良くってーー気力失せたので(笑)、ここで終了。通りがかったオクトーバーフェストでファンクなバンドのライブが楽しくって一気に持ってかれました。ああ楽しい旅もこれで終わり。

それ以外

街中で見掛けたこういった彫刻作品、誰の作品なんだろう。

『芸術祭ってなんだ?』

今回のキュレーター大友さんが投げかけていたテーマでもあり、この夏時々考えた話。なんだろう?

その場に行ってしまえば「楽しければなんでもいいよ、だってお祭りだもの」と思う。だからもし作品のクオリティが低かろうが文脈が無かろうが、楽しければいい。アーティストやメディアの人の方が当然フォロワー数多い人が多いから、芸術祭の評価って作品のクオリティや名前、文脈、などで下されたものが当然発言力大きく出回るんだけど――多くの集客がある芸術祭って「アートじゃない人」が8、9割を占めているのではと思っていて。なのでもっと「町巡りとしての芸術祭」で語る声が大きくて良いのになーと思う。別に作品のクオリティ低くても良いというつもりはないし、極論それは芸術祭である必要あるのか?という議論になるけど……まあ理由付けて「非日常を見たい」のだよね。それは海でも山でも都市でも。

地方で行われる芸術祭にとっての成功って何だろうなと。
①作品のクオリティや世界観なのか。
②ビジネス的な成功なのか。
③メディア的な露出なのか。
④全国から人が集まることなのか、
⑤地域の人達が集まることなのか。

瀬戸芸や越後妻有がもし「成功」例とするならば別に①はそこまで重要じゃない気がする。僕もアートな人間ではないけど、そんな人達でも島や山を巡る動機になる、非日常へ旅行する動機になったから人が集まった感じがする。旅行主体。すなわち場所や交通に関する情報が最重要。人が集まって②へ繋がる。

そして、今まで行った中で「盛り上がりに欠ける」と感じたイベントと、小規模ながら人の往来があったイベントの差は『⑤地域の人達が集まること』。瀬戸内や越後妻有を除いても、中之条も茨城も「地元の人がスタンプラリーを楽しんでる」所から、ライトに、アートにふれて少しずつ意味を感じたというか、「ワタシらにはよくわかんねぇもんでねぇ」と笑って言いながら東京から来る若者に説明してくれる、それを楽しんでくれているから、なんか盛り上がって行ったのかなあと。全部重要なんだけどそうそう全部を得ることなんてできない。せめて何を得るか、それが共有できているか。

結局『何を目的に開催をしているのか』それが見えて、そこに向かっているように感じられるか。町おこしや地元の盛り上げ、商業的な成功にブランディング――。札幌の場合は、別に芸術祭が無くても圧倒的に観光は盛り上がっているし困ってないと思うので、「対外的なブランディング」や地元の関心が比重にあるのかな…。芸術の森モエレ沼公園のような魅力的な場所があり、一方で維持に税金が掛かってる場所でもあり。何年かに一度それらを気にしてもらう・足を運んでもらうきっかけとしての芸術祭――別にそういうのはあって良いと思うんですよね。市民に向けた――市民に届いてるかは微妙だけど…。

その辺の「何を目指すか」を示すのがプロデューサーの役割で――んで、大友さんはディレクター。少なくとも僕は大友さんに集客優先のディレクションなんて期待しない(笑)でも絶対面白いことやってくれそう――その期待には十二分に応えてくれていたのが、SIAFだと思う!楽しかった!前回が坂本龍一さんで今回が大友さん。音楽寄りの流れなのは担当の趣味でしょうか。次回は蓮沼くんとかかなあ…札幌なんだしサカナクション・山口一郎さんにオファーしたら面白いのに!それこそRISING SUN辺りも巻き込んで、音楽の新しい見せ方の提案をそうした角度からしても面白くないですか。

今回はスカイマークの0時過ぎ発、2時に羽田着の便を初めて使ってみた(からの平和島温泉、悪くなかった)。フライトは遅いのに新千歳行きの終電が意外と早かったのだけ誤算。テナント全部閉まってたし…。探せば接続してるバスとかあったかも。上のぶれっぶれの写真はたぶん苫小牧あたり。北海道は札幌一極集中とはいえ、こうして眺めて見ると大きな街が幾つもあるなあと思う。旅の終わりはいつも日常に戻りたくないなーと思うけど(ほぼ毎月)、中でもやっぱ札幌は楽しい街過ぎて寂しい気持ちが強い。また来年も来たいなー。別にジュビロの試合でなくても久々の(来年20周年の)ライジングでも良いので!
romitou.hateblo.jpromitou.hateblo.jpromitou.hateblo.jpromitou.hateblo.jp

北海道旅行④。札幌国際芸術祭2017を巡る。【モエレ沼公園編】

北海道旅行その4。札幌国際芸術祭2017巡り・モエレ沼公園編。札幌芸術の森編は↓。モエレ沼公園へ行ったのは2014年の秋以来約3年ぶり!
romitou.hateblo.jpromitou.hateblo.jp

モエレ沼公園







今回で5度目ぐらいですが夏でも冬でもなく今までで一番良い時期(まともな時期)だったので今までで一番人多かったー。みんな楽しそー。ほんと良い公園!芝でゴロゴロしたい!楽しい!大好き!ルーラ覚えたらここ記憶する!「より多くの作品を見たいからモエレ山を登るのは我慢して今回は早めに離脱する――」なんてことは僕にはできなかった。結局公園一周した。

伊藤隆介『長征―すべての山に登れ』



最初ガラスのピラミッド周辺の自転車を見た時は「なんだろうこれ?」と思ったけど、モエレ山の頂上まで連なる自転車!これは今回一番すごいと思った作品かもしれない。頂上のオチも最高。

「RE/PLAY/SCAPE」@ ガラスのピラミッド

てな感じでモエレ沼公園自体が最高なのでそれだけで満足なんですが、それでも気合入った作品が野外やガラスのピラミッドにあります。大友さん自身の作品は勿論だけど、ナムジュン・パイクの出展も面白かった!!

大友良英+青山泰知+伊藤隆之『without records』



松井紫朗



SIAFラボ

ちなみに、札幌芸術の森モエレ沼公園ともに地下鉄とバスを乗り継ぐ形で、両方ともSuica/PASMOが使えるのでフツーにそれで乗っちゃったけど、土日の地下鉄の乗放題きっぷ(ドニチカ)や乗り継ぎ割引きっぷ買えば結構割安になったな…ということを後から気づきました。それこそ札幌ドームへの往復ですらドニチカきっぷを使えば割安。来年は忘れず使おう。
街中エリアの展示へ続きます。
romitou.hateblo.jpromitou.hateblo.jpromitou.hateblo.jpromitou.hateblo.jp

北海道旅行③。札幌国際芸術祭2017を巡る。【札幌芸術の森エリア】

札幌国際芸術祭2017。札幌芸術の森へ初めて行った!

北海道旅行その3。前日までは↓。
romitou.hateblo.jpジュビロアウェーついでに札幌国際芸術祭2017を巡りました。2014は近代美術館と街中の幾つかしか観なかったので、実際に巡ったといえるのは今回が初。前回の評判があまり芳しくなかった気がするので、今回は試合が重なったから来た――という感じではあれ、めちゃくちゃ楽しんだ!まずは巡った流れ。

  • 1日目:試合後、夜めの時間から街中(すすきの)エリア⇒500m美術館
  • 2日目:札幌芸術の森モエレ沼公園⇒街中に戻って札幌市資料館⇒CAI2⇒JRタワー⇒HUG⇒チカホ

さすがに1.5日もない時間で回り切るのは厳しかった。円山公園エリアも北大も行きたかったな。ただ、すすきのエリアが20時までやっていたのは助かったし(しかも夜の方が映える)、500m美術館も22時まで・街中の他作品も19時台までやってる場所が多かったことを考えれば、モエレ沼芸術の森を2日に分けて行ければもっと余裕を持って巡れたなあと。その2つはどんな急いでも行き帰り滞在で2時間半は必要。というわけで、まずは札幌芸術の森エリアから。

札幌芸術の森・野外彫刻作品








まずは札幌芸術の森。何度も行ってるモエレ沼公園と違って芸術の森は初めてでした!ずっと来たかった場所だったので、野外彫刻を巡るのは今回の芸術祭関係なく楽しかった。芸術祭関係なく公園として遊びに来ている人も多く、ほんのり紅葉が始まり掛けていた。

『NEW LIFE: リプレイのない展覧会』@ 札幌芸術の森美術館

続いて札幌芸術の森美術館で『NEW LIFE: リプレイのない展覧会』。クリスチャン・マークレーの作品がとにかく面白かった…!こうした作品がアートとして分かり易いかは分からないけど、これを核の一つに持ってきた所に大友良英さんがキュレーターだからこそというのが出ているし筋が通っている。

Christian Marclay “Record Players, 1984

レコード盤がメインストリームだった時代の表現。レコードの評価が高まってる今観ると一周回って強烈な作品。あとは100のタイムテーブル同時演奏映像も凄かった…。

∈Y∋

芸術の森はEYEさんの暗闇の展示も面白かった。ブラックボックス展ってこんな感じだったのかなwこちらは出てきて「楽しかったー!」と言ってる子供が多かったのが印象的。

有島武郎旧邸

札幌市立大学芸術の森キャンパススカイウェイ

毛利悠子《そよぎ またはエコー》


バスで途中下車しなければいけないのかなと思っていたけど、芸術の森美術館から歩いて5分もしないぐらいの距離。こちらもやはり音系の現代芸術家・毛利悠子さんの展示です。空中回廊でシンクして鳴る音。

モエレ沼公園・街中エリアの展示へ続きます。
romitou.hateblo.jpromitou.hateblo.jpromitou.hateblo.jpromitou.hateblo.jp

北海道旅行②。コンサドーレ札幌-ジュビロ磐田 @ 札幌ドーム / SIAF以外のこと。中島公園 日本庭園と小堀遠州の茶室「八窓庵」、モエレ沼芸術花火 など

コンサドーレ札幌-ジュビロ磐田 @ 札幌ドーム

北海道旅行その2。目的のジュビロアウェー・コンサドーレ札幌-ジュビロ磐田@札幌ドームです。北海道で前泊しといてドーム着くのは試合開始ギリギリ。ってぐらい北海道は広い(でも室蘭から札幌なんて北海道の地図で見たら近い方…)。2014年最終節以来の札幌ドーム。コンサドーレ観るのはその時以来、ジュビロは8月のアウェー吹田スタジアム以来。
romitou.hateblo.jpromitou.hateblo.jp前半、川又がPKを決め幸先よく先制したもののそれ以外はコンサドーレの出足が良くて相手の方が自分たちのペースで進めている時間の方が長かった印象。前半のうちに都倉のゴールで同点。そして後半もジュビロはなかなかリズムを掴めない。対するコンサドーレは怖かった都倉に替えたジェイ・ボスロイド、そして小野が最終的には起点になり、逆転ゴール。1-2逆転負け。何も出来ませんでした。「まあこんな試合もある」と思うしかない程、コンサにやられっぱなしの90分。2点とも相手に繋がれて中を開けられ(最近のうちのDFにしては甘かった…)。交代策もハマらず。

札幌まで来てこれはなかなか厳しい結果だけど、コンサのサッカーも良かった。川又やアダイウトンを複数人で抑えつつ、終始出足が良くて後ろからスペースへのボールも効果的。終盤はセカンドボールも拾われまくり。都倉は競って強いし走って速いし運動量あるし、チャナティップも面白いし。ジェイと小野のパス交換から決勝点に繋がるリズムを生み出した。つうかマジで小野のボールタッチ最高。今季のジュビロは前半戦甲府に全くサッカーさせてもらえない試合もあったしこの間広島にも負けたし。まだまだそれぐらいのチームなんだよな。そして札幌がこんな良いサッカーをしていても現実的には残留争い。広島もそう。今季良かったからと言って来年どうなるかわからないのが今のJ1のレベルの拮抗ぶりなんだと実感。

今回に限ってはどこをどうすれば流れが変わったかというと難しい。松浦でリズム作りたかったけどそこからセカンドが全然拾えなくなっただけに。しいて挙げれば、吉彰が渚に代わってそのまま右WBに入ったけど、川又とアダが抑えられてた分吉彰を前で自由に動かせても面白かったかな…。とはいえ都倉とヘイス、チャナティップと相手の前線の動きが良い中で守備陣形変えられる状態でもなかった。まーそれ含めて完敗でした。思えばジュビロをこのスタジアムに観に来て勝ったことはまだ無い。スタの相性はあるよね…。なので今日はジェイ・ボスロイドにおめでとうと言いたい!おめでとー!!

以下は北海道旅行・札幌編!その中でのメイン・札幌国際芸術祭は分量がかなりあるのでそれ以外のこと。

中島公園 日本庭園、小堀遠州の茶室「八窓庵」





札幌は何度も来ているけど、実は来たことなかった中島公園。日本庭園があると知り今回初めて行きました。池泉回遊式庭園もほどほどに、おおおと思ったのが茶室 八窓庵(国指定重要文化財)。小堀遠州が地元・近江国に作った茶室が巡り巡って現在は中島公園の中に移築。まさか北海道で小堀遠州作に出会うとは思わなかった!



中島公園、良い都市公園だったなあ。洋館「豊平館」は明治時代の洋館でこちらも国指定重要文化財

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)


札幌それ以外の町並み





2014年に札幌に複数回来た時にできたお気に入りのカプセルがあったのですが(3500円ぐらいで泊まれる個室キャビンでサウナ広い)、今回そこも埋まってた上なんか全っ然宿が無くって。でもゲストハウス・ドミトリーは嫌だったので、大手宿泊予約サイトにはまだ載っていなかった、ルートインホテルズ系列のキャビンホテルを見つけ出し宿泊…新しくてオサレだったけどカプセルに5,000円以上も払ったのは初めてだわ…。ルートイン系に泊まるの滅茶苦茶久々で、これってJリーグの半券割引使えるやつ?と思って半券差し出したけど、対象外だった…。入り口にJリーグのポスター貼ってあったのに。

モエレ沼芸術花火

丁度この日開催されていた「モエレ沼芸術花火」へ行ってみた。当日券が無いということだったので外から眺めようぐらいの感じだったけど、向かうバスがもう途中から大渋滞……。今までモエレ沼公園行った時の倍以上掛かった……。幸いにもバスの中からもまあまあ眺められたし、最終的には会場近くの外からでも楽しめた。最後の花火に今年もなるかな?
そして翌日は北海道旅行・札幌編は札幌国際芸術祭2017を巡る!
romitou.hateblo.jpromitou.hateblo.jpromitou.hateblo.jpromitou.hateblo.jp