読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

Camp in 朝霧JAM 2011 @ 静岡県朝霧アリーナ

Live







一週間経ってしまったけど今年の朝霧の振り返り。(毎年振り返れてないけど、それは過ぎてしまったら書く気が失せるから。今回は書ける気がする)

前日〜1日目

今年も昨年と同じく静岡県東部で前泊。今年も三島にしようと思っていたけど、結果的に沼津に。沼津に滞在することもあまり無いので良かったのだけれど、新幹線で三島まで行った場合は乗車券が余計に掛かるのでそんなにメリットは無い。しかし沼津には時刻表には無い23時59分のホームライナー静岡なんてのがあるのか!

当日。10時頃に富士駅着。友人の到着が東名の渋滞で遅れている間に富士駅から伸びる商店街をひたすら歩く。本当はイトーヨーカドーで買い物でもしていようかと思ったのだけれど、閉店していて…。結構長いこと商店街を歩いたのだけれどコンビニも賑わいもなく、厳しいなあ。でもきっと賑わっていた時代があったんだよなあ。とか思いながら。友人に拾ってもらって、あとはいつもの道で朝霧高原へ。東名だけじゃなく139号線もそこそこ渋滞、着いたのは12時過ぎたのはこの友人と来るようになってからは初めてかもしれない。

久々に売り切れなかった朝霧

久々にSOLD OUTしなかった今年の朝霧JAM。今年は奥のグリーンパークに通されたのだけど、いつものようなバス並びの長蛇の列もなくサクッと乗れた!(いつも長蛇の列だから、歩いた方が早いっつって歩いているのに!)リストバンド引き換えでの並びも無いし、Aサイトも見た感じ(来るのが遅れた割には)テントの間間のスペースが見える。開催中の会場内の渋滞もさほど無かったし、トイレにもストレスが無かった。今年一気に人が減ったのは、やはり年々“大物感”が無くなっているブッキングと、昨年の大雨の影響だろう。とはいえ昨年は赤富士が素晴らしかったんで(僕はその場に居なかったけど)、「こりゃ来年も行きたくなるよなー」って思ったもんだけど、それ以上に懲りた人が多かったんだなと(笑)

ガラガラ、って程ひどくはないけど、たとえば人が多い時が1万2千人だとしたら、今回は1万人は切っていたのではないか。でもそれもまた皮肉なもので、そのおかげで今年は地元の友人が難なくチケットを確保出来た。首都圏の人にとっては選択肢の一つでしか無いと思うのだけど、たとえ人が減っても僕にとってもやっぱり(東部だとしても)地元・静岡のフェスなので、それだけで特別な気持ちがある。今回はいつもの地元の友人だけでなく中学時代の同級生たちと一緒にテントを貼って、2004年以来のBサイトで、友人は肉を焼いたりスープ作ったりして。数年ぶりという友人も居れば、中学以来13、4年ぶりぐらい?に再会した友人も居て。「変わったなー!」「変わってないなあ(笑)」なんてことがあまりにも面白く。

その一方で元同僚のグループもふもとっぱらにテントを貼っていて。ふもとっぱらからの富士山は朝霧アリーナとはまた違う絶景だったみたいだし(東京に帰ってきてから会った友人の友人のダイヤモンド富士が素敵だった)、重い荷物をアリーナまで運ばなくても良い、風呂がある、2泊出来る、など色々良いところがあったよう。来年はそっちもいいかもね〜なんて言いながら。そんな具合に、静岡だから来られる人間も居るので(静岡だけじゃなく、そういう東海・関西の人も少なからず居るのでは?)。スマッシュ、またもうちょいブッキングに力入れてくれないかなあ…と思います。

1日目見たの

Mountain Mocha Kilimanjaro、Dean Wareham plays Galaxie 500DJ SHADOW。マウンテンモカの時に前述の友人以外の友人や、仕事仲間の人たちと会う。トータル的には最も人に会った朝霧かもしれない。regaの時は基地で中学時代の友人と話していた。見たかったけど。Dean Wareham。Galaxie 500は10代の頃に通ったのだけど、忘れた。こんなふにゃふにゃだっけ…と思いながら芝生で眠った。ROVOの時はテントで寝てしまった。例年通り眠くなる時間…。

f:id:airgyan:20111010012333j:image

DJ SHADOWの時は頑張って起きた。多分東京公演と同じ演出だったと思うのだけど(GANTZみたいな球体の中でプレイ)、VJの映像と合わせてむちゃくちゃかっこよかった。球体がスクリーンでありながら時には生物のようになり、そしてその中のDJ SHADOWが現れたり現れなかったり。DJ SHADOWが朝霧ってのは意外だったのだけど、来てくれたおかげでまだメンツ的にも締まったのではないかと。終盤、新作からの女性ボーカルのバラードなんかもありつつ、終盤はまたあげきって締め!球体には最後スタッフロールが流れたんだった。そしていつの間にか球体から降りてきたシャドウがステージ中央で挨拶をして終了。「アサギリジャーム」という言葉が「センキューエアージャム」と空耳した人間は僕だけだろうか。僕だけかもな。引きずってるわ(笑)

テントに戻って遅くまで友人らと談笑。今年は彼女同伴だった友人からの結婚発表も!おお、このキャンプで言うって決めていたんだなあ。地元で結婚していない友人がどんどん減ってゆく…。なんにせよ、めでたい!

2日目、ダイヤモンド富士

朝6時前に起床。朝はやっぱり激寒だけど、例年と比べるとまだ外へ出る気になる寒さ。そして初日は姿を隠していた富士山も見える!




待つことしばらく。アリーナの手前の方から歓声が上がり出す!


f:id:airgyan:20111010012345j:image
f:id:airgyan:20111010012347j:image

うーん、寒さで起きられないこともあるけど(笑)なんかやっぱり朝霧はどのバンドというよりこの景色を見る為に来ているんだな〜と思う。前の4人が友人ともうすぐ奥さんになる人。

2日目と朝霧支部と









毎年Aサイトだから日の出見たらテント戻って二度寝しちゃうのだけど、今年はBサイトと行き来してたら割と目が覚めた。朝一のMoon Shineでコンソメスープといちごミルクなんてすすりながら、遠くの方でヨガやっている人を眺める。友人が毎年朝に参加してるって言ってたやつはこれかー。気持ちよさそう。その後テントに戻って、パンを焼いて食ったり朝から飲んだり。なんか今回色々食べたな…。

今年はラジオ体操が始まるのが遅くて、参加出来ぬまま今年もMoon Shineでサッカー。結構ずっと参加してるくせに何も準備せず参加だけしてるのが少し申し訳なくなった今回。ただMoon Shineの人の増える時間とか考えるともう少し早い時間のが良いのかな、とか思った今回でございました。今日この後戦う名古屋サポと鹿島サポの黄金エンブレム。羨ましいわー。僕も完全優勝した翌年のレプリカ持ってるけど普通のエンブレムだぞう…。

そんでCOMEBACK MY DAUGHTERS。多分今回のメンツの中で最も曲を知ってるのはCMBDだと思ったので見ようと決めていた。書いてないけどROCK IN JAPAN以来、いや、まともに見るのはThe Get Up Kidsの前座以来かな?あの時はなかなかアウェーだったのだ。今回もSMASH主催の、一応洋楽アーティストも混在しているイベント。一体どんなリアクションだろう?と思ったけど、もんのすごいホーム感。「朝霧、気持ちいいっすね」とメンバーも笑っちゃうぐらい。高本さんも終始アコギだった気がする選曲もばっちり。“Bored Rigid”は結構フェスで聴いている気がするけど、今回が一番伸びがあって気持ちよかったなー!最高だった。

その他この日あったことは羅列。キッズエリアで太鼓に合わせてダンシング。サークル作ってぐるんぐるん。ノリで参加したら結構長くて疲れた…。叩いていた人(富士宮出身・磐田在住)が中に着ていたジュビロユニに気付き、なぜかじゅびーろいわたコール。L.E.D.をちら見。TETE見ながらうろうろしてたら東京サポとフロンタサポに絡まれる。このコンビ(笑)結構、朝霧支部を知らないJリーグサポって居るので、巻き込めないかなーって思う。何かの時にレインボーで踊り狂ってた枝村ユニの人とかも居たしね。両方の意味でいかしてる(笑)THE BEATNIKS見ながら寝て、カーニバルスターで勝井祐二さんの即興演奏聴きながら寝て、テント片付けた後SEUN KUTI & EGYPT 80。

シェウン・クティ。アフロ・ビートの創始者、フェラ・クティの曲を教えてもらったのが5、6年前のこと。その時教えてもらった2曲ぐらいしか知らんのだけど(笑)それでもそれが無茶苦茶かっこよくって、フェミ・クティとかシェウン・クティとか、その子供のライヴはずっと見てみたいと思っていて、ようやく見れた。エジプト80は父親が率いていたバンド(メンバーがどれだけ変わっているのかはわからないけど)。DCPRGが“構造と力”を作った時に菊地成孔さんはアフロ・ビートの影響を挙げていた気がするのだけど、なんかバンドメンバーのステージ上の立ち位置、フロントマンであるシェウン・クティが菊地さんのように同時にコンダクターでもあることなど、これがアフロ・ビートのバンドなのかあ!みたいなことはかみ締めながら踊った。シェウン・クティ。偉大な父を持ちながらも、その運命を受け入れたシェウン・クティは、きっと生まれながらにしてスターの資質を持った存在なのだろう。演奏も歌も腰をくねらせたダンスも観客の煽りも、生まれながらにそれを背負った人間のそれだと思った。でももうちょい年いってるかと思ったら、82年生まれなのか…。見えないぜ(笑)

ラスト、Soul Flower Union。あんまりソウルフラワー見たことなかったんだけど、2日間のライヴで一番人が居たんじゃないか?ぐらい人が居たし、無茶苦茶盛り上がっていた。近年で言うとOAUやユアソンよりも人が居たし盛り上がっていた気がする。朝霧の客的にはそういう感じなんだなあ。でも僕自身、ソウルフラワーってこんな面白いのか…と今回知りました。後ろの方でぼんやり見ていたけれど。最終的に終演が30分ぐらい押した。そのうち15分ぐらいはシェウン・クティのせい(笑)帰りはいつも通りグリーンパークまで歩いて、友人の車で新富士まで送ってもらった。11月末まででまだ使えていない小田急の優待券があったので、小田原で乗り換えて小田急。23時半頃に新宿着。小田急で乗り過ごして新宿まで行ってしまったのは初めて…。東京は結構な雨。これ朝霧で降らなくてよかったなー。そして中央道で帰ってきていた友人夫婦は渋滞にハマったそう。じゃあ新宿行きのバスも遅れたんだろうな…。

振り返りとまとめ

序盤で色々まとめっぽいこと書いてしまっているけど、今年の朝霧は人が目に見えて減った。しかしその分快適だったし、地元の友人が多く来れたということ、結果的に最も人と会えた朝霧の一つになったこと。ほんと楽しかった!富士山は2日目の朝以外は隠れている時間も長かったけど朝見れただけ良かったし、気候も本気で寒い時と比べればだいぶマシだった。夜露も例年と比べればひどくなくて、今年はだいぶ過ごしやすい2日間だった。

「オーバーナイト羨ましいな…」と思いながらも、この日帰らねばいけないのは月曜の為だったわけで、そもそも仕事が入りそうだったところを無理行って来た今年の朝霧だった。来年もここに仕事が入らない保証はどこにも無い。もう8年も来てるんで、そろそろ一回行けなくなってもおかしくないと思っている…けど、やっぱ地元・静岡での最も大きいフェスの一つだし、来年も来たいなあ。昨年も思ったけど、来年は新しいテント買おう(笑)あとは誰かと来られるように!!

翌日以降に見たライヴとかの話はまた後日。