読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

ニューヨーク旅行(3)。マンハッタンの街並み(後半)&ブルックリンの町並み:SANAA建築・New Museum of Contemporary Art(新美術館)、ブルックリン・ブリッジなど

初の海外旅行、ニューヨーク滞在記その3です。その2はこちら。

4日目:マンハッタン~ブルックリン。SANAA建築・New Museum of Contemporary Art(新美術館)、ブルックリン・ブリッジ など







この日も案の定午前6時半に目が覚めて、もう眠れる気がしない。でも眠気よりもこの2日間歩きすぎて踵が痛い…。これで今日歩き回れるんだろうか?休足時間がほしいなあ…。この日フェス前に行きたいのは以下のSANAA建築とブルックリン。まず美術館を目指してホテルの目の前のマジソン・アヴェニュー~そしてブロードウェイを南下してソーホー地区を目指す。途中足を踏み入れたのが「イタリア街」。汐留にイタリア街ってあるけど…そういうことかーとなんかそういう納得(笑)

SANAA建築。New Museum of Contemporary Art(新美術館)







SANAA建築の「New Museum of Contemporary Art」(新美術館)。自分が今回頼ったガイドブックには載っておらず、そして同じように他のガイドブックにもきっとあまり載っていないからか?、MoMAのように人も多過ぎるわけではなく、現代アートだから展示も滅茶苦茶面白いし、勿論建物も良いしで超楽しかった!中でもRagner Kjartansson「Me, My Mother, My Father, and I」は10人ぐらいの人が延々と同じ曲を弾き語り続けているという、斬新すぎる(笑)表現。皆少しずつ休憩してるんだけど、曲は止まらない。超面白かった。ガーディアン誌の記事はこれ。↓これをずーーーーっとやってんの。

チャイナタウン


新美術館を後にして、ブルックリンブリッジを目指して南へ。その途中にチャイナタウン。見事に東洋人ばかり。逆になんか安心感ある(あ、↑のチベット旗はチャイナタウンの外であったもの)。チャイナタウンはなんかやっぱ町並みが違って、なんか日本の風俗街みたいな感じがする(笑)

ブルックリン・ブリッジを歩いて渡り、ブルックリンへ。




まずブルックリンブリッジを渡って、ダンボ地区にあるレコード屋さん「ハルシオン」。ブルックリンのレコード屋さん「ハルシオン」。入り口のマネキンがなんかPerfumeっぽいなあと思って店内を覗いてみたら、レコード棚のかなり目立つ位置にピチカートが!おお(笑見てたら単体のネームプレートがあるアーティストはビッグネームばっかりで、それに並んでの扱い(しかも面出し)。オーナーさんが好きなのかなー。だとしたらマネキンのモデルもほんとにPerfumeだったりして。

ブルックリンの町並み。









お店の前にアート作品のあるスタバで休憩しながら(ほんと歩き疲れた…)。しかし小銭の計算になかなか慣れなくて、うまく消化できず貯まっていってる…。ブルックリンはマンハッタンと違って地元の人の街って感じで、そこに古着屋やインテリアショップ、ブックショップも紛れていて、緑のある通りもあって…なんかすーっごい吉祥寺みたいな感じ(笑)井の頭通り、五日市街道、中道通りそして成蹊通りって感じ!しかも路上でレコードとか売っているんだもん、面白いな~。

その後、道を勘違いして迷子になって…からの地下鉄も乗りたいのと違う路線乗っちゃって2回乗り換えて――どうにか125st。超テンパった…(´-`).。oO(ニューヨークとかブルックリンの空気を吸うだけで僕は高く跳べると思っていたのかなぁ…)。でもその中で、今回のニューヨーク滞在の中で初めて地上駅や電車からの車窓を楽しめたので、まあ良かったのかなあ。

フェスの話はこちらのエントリにて。フェスが終わって無事ホテル近くまで帰ってきて、最後の夜に行こうと思ってた「和風中華」のお店へ。久々の日本語が変な感じ。レストランにおけるチップが正直よくわかんなかったからそういうお店は避けてたんだけど、日本語が通じるお店なら聞けるなあって思って(笑)ラーメンが日本の感覚からすると高くて、「(高いお店なのかー…)」と内心思ってハーフサイズを頼んだら、大体日本の並のサイズだった。なるほどね、普通=アメリカサイズか。サッポロの生が美味しい。



最終日:マンハッタン~JFK空港~帰国!




早いもので最終日。ホテルに泊まったこの3日間は毎日9~10時前にはホテルを出ていたけど、この日はある程度ゆっくりして(チェックアウトが12時だったので)、11時過ぎまでホテルに。拙い英語で無事チェックアウトして、マンハッタンを歩く…も、荷物がやっぱそれなりに重くて「歩きたくない~」と思って。MoMAでちょっと買い物をした以外は、2時間ぐらいスタバでダラダラしてた。

そしてJFK空港へ~帰国!







飛行機は18時。「アメリカの空港はセキュリティチェックが厳しいから2時間前には空港行った方が良い」というガイドブック通り…つっても1時間半前ぐらいに着くように、(4、50分掛かると想定して)15時半頃マンハッタンを地下鉄で出る。ここからも勿論初めてのルートで、「Jamaica駅で乗り換え」ってなってたけど、Jamaica Van Wyck駅とJamaica Center駅とあって、どっちだ!?と焦る。でもとりあえず大荷物の人が降りないから大丈夫かな…と思ってそのまま乗り続けていたら、Jamaica Center駅で乗り換えでした(電光掲示でも「Go To JFK」みたいな表示はあったけど)。あーホッとする。

そしてエアトレインでJFK空港へ。この旅2度目の車窓風景。乗換の時に上手くメトロカードのチャージが出来なくてちょっと焦ったけど(でも空港の自販機では日本語が選べた!)、まあ着いてみると全然スムーズだった。なんかほんと色々びびりすぎだったなーと思う。またこの景色を見に来たいなー、もっと列車で郊外の景色も見に行きたかったなー、と思う…でもやっぱ13時間のフライトはしんどいけど(笑)空港でのセキュリティチェックは本当にすごい時間がかかった(長蛇の列。まあ間に合ったけど)。

飛行機の遅れで出発が30分ぐらい遅れ。6/9(月)18時半頃にニューヨークを出発。13時間の搭乗を経て、6/10(火)21時過ぎに成田空港へ到着(着いてみると意外と遅れなかった)。帰りの13時間は、それなりに寝た時間もあったけど、(コンセントがあったので)ノートPCでフェスの感想を書き始めたり、映画を見たりとそれなりに順調に過ごせた。外の風景はあまり見られなかったけど、アラスカの方を通っていくから――広大な自然がまだまだ世界にはあるんだなーとか思ったり。機内で聴ける音楽はプレイリストが作れるようになっていて…その中からゲスの極み乙女。“パラレルスペック”→サカナクション“Aoi”→Dragon Ash“Fantasista”→ミスチル“終わりなき旅”をずっとリピートさせてたら(その後にフェスで見たデーモン・アルバーンやスクリレックスも入れてたんだけど、なんだかんだJ-POPがしっくり来るんだな~)、丁度成田へ到着した時点が“終わりなき旅”で、長谷部気分(笑)また明日から心整えていこう!

行く前はあんなビビってたけど、行って帰ってきてみるとあっという間で、ほーんと楽しかった!(そして無事何も無くなにより!)海外はもちろんだけどニューヨークもまた行きたい!でも、やっぱ日本が一番だよね。なんかこの感覚、Uターン率の高い静岡へ帰って行く気持ちはこんな感じなんだろうなーとかちょっと思った(笑。いや違うか。や、なんかニューヨークでの中韓系の人の多さを見て――日本人が比較的少なく感じるのって、やっぱ日本が居心地良くて皆帰っちゃうからなのかなーと思って)。てな感じで、長くなりましたが初の海外旅行、ニューヨーク旅行記は以上です。