メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

JFL Honda FC-SC鳥取、鹿島-磐田

13時からまず都田サッカー場JFLの第5節、Honda FC-SC鳥取を見に行って来ました。前回のホームゲームはジュビロを見に東京へ行って見れませんでしたので、開幕戦以来になります。ただ、開幕戦の時もそうだったんですが、都田サッカー場まで行こうとしたら…昨年まであったはずの道路が無くなっていました。通行止めにはなっていて、開幕戦の時はそれに従って。今日は「実はまだあるんじゃないか」と思って行ってみたら、無かった。谷になってた…。うちから少し北、北西の方でなかなか大規模な宅地開発が行われていて(もうすぐ浜松市になる影響なんでしょう)、新しい道路を作ろうとしてるらしく、その影響で昨年まで使ってた道路も無くなったようです。替わりの道がかなりデコボコな砂利の道で原付コントロールするのがなかなか危なっかしかった。他の道を探そう。

前半10分ぐらいに到着し、バックスタンドの中央寄り、最上段にて観戦。Honda FCは例年通り好スタートで、4連勝で現在首位。SC鳥取は昨年も都田で見ましたが、名の通り鳥取県のクラブチーム。ただ「Jリーグを目指す!」…と言う程の戦力、資金力、政治力もまだないのか、昨年は残留争い(一昨年もだったっけな)。今季は沢山の選手が新加入で入ったみたいですが、それでもスタートで躓いてまた勝ち点0みたいです。こういうクラブチームには頑張ってほしいんですけれど。一応元Jリーガーも何人か居るはずです(元広島の西村とか)。

で、今日到着したら早くもHonda FCが1点先取してました。その後も一方的に攻め立てるHonda FCSC鳥取は見た感じ5-3-2。守備を意識してと言うことだと思うんですが…前線二人はさほど守備しないから、中盤でのプレスが掛からずHondaに好きなようにやられ、MFの3人もあまり飛び込めないので全体がずるずる下がり。ボールを奪ってからも後ろ8人の押上げが遅い為に前の2人も簡単に止められ、また攻め込まれる。と言う展開。うーん、鳥取は昨年の方がもうちょっと良いサッカーしてた気がするんだけどなー。DFの枚数を増やしたところで、もうちょっと運動量増やせないと厳しいのには変わりないでしょうね…。カウンターするには1人じゃ足りないから2TOPだとしても、プレスが掛からず失点しちゃ意味ないなあ。環境の差からしてこの2チームにこれだけ運動量の差があってもおかしくはないんでしょうが…。前半で3-0。もう少し点が入ってもおかしくないぐらい。

後半も似たような展開。ただHondaは詰め切れず、ポストやバーにも嫌われ無得点。鳥取は後半35分ぐらいからようやく惜しいチャンスがあったりもしましたが、それでもまだまだ全然ボールを繋げていない感じ。結局3-0で終了。Hondaとしては無理する必要もないのでこんなものでしょう。次と次の次のホームゲームも磐田の試合等とかぶってるので見に来れませんが、その先にある上位候補のFCホリコシ戦、ソニー仙台戦は楽しみ。差が歴然としていましたが、それでも鳥取って遠いからねー。昨年も鳥取ホームではHonda負けてますし、コンディションが厳しかったのかも。サポーターも10人ぐらい来てましたから、もうちょっと頑張って欲しいなあと思います。しかしトットリとかサッポロとか、コールだと「トトーリ」とか「サポーロ」と言う風になるのはなんでなんだろう…。

そうそう、途中から出てきた、新人の関(16番)。開幕戦は多分出てなかったので初めて見ますが、大学時代の彼のプレーを「立命館のマラドーナ」か「関西のマラドーナ」(両方とも検索しても出てこないですが…)と評されていた選手でしたので、見るのを楽しみにしていました。今日見た限りでは、そう言われたのも大袈裟ではなかったんだ。と確認出来るぐらいの片鱗は見せてくれたと思います。足元も上手かったし、すごい左足弾丸ミドルとかもあって(ポストでしたが)。FKもバーに当ててたし、そして判断のスピードも早い。同じレフティーでも柴田潤よりフィジカルもしっかりしてるかも…(柴田今年出てないなー)。プレッシャーもフィジカルもJのクラブとJFL最下位の鳥取では違い過ぎるので何とも言えませんが(JFLではこんな良いサッカーしてるHondaも、昨年の名古屋相手にはフィジカルの差をかなり見せつけられたからなー。ウェズレイマルケスの2トップは反則でした)、正直何が足りなくてJのクラブへ入団出来なかったんだろう…と考えてしまうぐらいの選手かも(運動量少ないのかな?)。セレッソに移籍し活躍中の古橋に次ぐ、Honda FC目玉の選手になるんじゃないでしょうか。

そして次は鹿島-磐田。一度帰ってきて、メンバー見ようと思ってスパサカのサイトを開いたら、前半1分で先制されている(笑)秀人出るかと思ってたのに出ないのか…。とりあえずラジオ聴いてたら、17分に小笠原に2点目…。今日もひどいのか………。期待した僕が馬鹿でした。すいません。行かなくてよかったかな…。ラジオの解説者の方もかなり辛口。ひどいならひどいで映像見ておこうかなと思い、後半10分ぐらいから近くの大型電器屋さんへ行ってテレビ観戦。家から原付で3-4分ぐらいの電器屋さん。2002-03年頃にいつのまにか出来てて、それでも今まで近い割に全く来ることがなくて…来たのが今日で2回目。BS映ってるテレビあるかな?と探したら、1つあったのでそれを見てました。スコア見たら2-1。1点返してんじゃん!

で。そこから磐田は押せ押せでした。中盤も簡単にボールを失わずにボールを繋げていたし、両サイドとFWも度々裏を取ってはゴール前のチャンスを生んでいたし、DFラインもカウンターのボールを上手く跳ね返しては繋げていたし。とにかくちょっと前では信じられないぐらい中盤と前線の運動量が多い。メンバーもだいぶ違って、殆ど最初干されかけた選手達ですが(笑)相手鹿島ってのもありますけど、もうかなり気持ちも入って…追い付くしかない!と。息が詰まった。苦しかった(笑)後半の映像見る限りでは、誰が悪かったとは言えないところです。ただ、そうだったからこそ、選手交代が難しかった。中山投入の時は前田が少し後ろに下がって、でも前田も藤田も前線へ積極的に飛び出してチャンス生んでたからいいと思うんですが、前田に替えて川口を投入してからは、中盤でボールが繋げなくなって、セカンドボールも拾えなくなって。自分から良い流れを断ち切ってしまった気がして残念。決して前田の運動量が落ちたと思えないだけに。

結局1-2で逃げ切られてしまい、ACLに続いて2連敗となりましたが、今日の試合(と言うか僕が見た後半)に関しては、このチームなら応援したい。勝ってほしい。と思える内容でした。これだったら見に行ってもよかったかも(笑)帰りきっと悔しくてたまらなかっただろうけど、そういう気持ちも最近は味わってないですから。DFラインが前半崩れてしまってるのが残念で仕方ないんですが(キムは休み無しでずっと出てるからなー、次はそろそろ秀人でいいでしょう…)、前田、カレン、菊地、太田と若手がやっぱ期待通り運動量多くて。あれだけセカンドボール拾えてたのは名波も頑張ってくれていた証拠だと思います。西も今日の後半は動く時の西でしたね。シミュレーションはとにかく納得いかなかった(と言うか、主審の西村さん。今年は大分-浦和戦を皮切りに評判がかなり悪いんですが、本当にその通りでした。西のシミュレーションも中山のシミュレーションも、ちゃんと見れば普通に倒されてんじゃん!PK取れとは言わないですけど、ファールじゃないと思ったのなら流せよ。なんでシミュレーションかPKの2択なんですか?勝手に「欺かれた」とか思わないで下さい。そんな欺こうとしてプレーしてないのにシミュレーションだなんて、選手にも失礼過ぎる。←これは、西村さんだけじゃないですけどね。上川さんとか柏原さんとか…3人ともSRじゃん!(笑)それに西のがシミュレーションなら、本山なんてシミュレーションだらけでしょう(笑)でも鹿島もフェルナンドとアリの警告は可哀想だった。どっち寄りと言う話じゃなく、普通に下手で且つ高圧的の駄目審判っぽい)。

まぁ、これなら浦和戦、そして柏戦はちゃんとした気持ちを持って僕も試合を見に行くことが出来そうです。太田のゴールもかなり鋭い良いゴールでしたし(敵ながら深井のゴールも見事だ)、この若手達に勝たせてやりたい。采配が外れたと言っても、もうちょっとは山本監督で我慢してもいいかなぁ…と。家に帰ってくるまでは思ってましたが、コメントを読んで、ちょっと気が変わりました(笑)運動量ある選手を干して運動量の無いベテラン中心の布陣をベストメンバーとしてたのはどこの誰ですか。その選手達が怪我しなかったら今活躍してる若手達は出番が無かったかもしれないと言うのに…。思った通りにいっているようなニュアンスで言わないでほしいよ。それに、「良いサッカーをしながらも、勝てない」のでは、自信も糞も無いと思うんですけどね。コメントからしても、やはり山本監督には「勝負運」やそれを引き付ける能力(精神的なものも含めて)は無いのではと思ってしまいます。具体的にここがこうだから、とは上手く言えませんが、山本監督自身結果から連想することは多く答えても、内容一つについてコメントすることがあまりない気がするのです。守備の修正が一向にされないですし…。そして、結局は負けても良しとしまってるから(自分擁護の為に、チーム自体を擁護してしまうの)。後半攻め込んだと言っても、前半終了時点で鹿島としては2点リードで無理する必要は無かったんですから。なんだかまだ複雑だな…あまりこういう試合後コメントは見ない方がいいのかもしれません(笑)

藤田さんですがまだ安心は出来ないようです…。
藤田、磐田フロントに移籍直訴−オファーに「前向き」
「将来のジュビロの方向性とぼくの方向性は別の問題です」
まさかとは思ってましたが今回も藤田まで話を通さず断ったのね…それじゃ選手の印象も悪くなるよー。

と言うわけで、28日の浦和戦は楽しみです。前線中盤は同じメンバーで見れたらいいな…。