メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

Summer Sonic'07 2日目 @ 千葉マリンスタジアムとか幕張メッセの辺り

金曜のフットサルによる筋肉痛なのか、慣れない砂浜を歩いたせいなのか。足の張りが日曜になって来た。目覚めるのは早かったんだけれどそんなこんなで身体が重かったため部屋を出るのは遅くなり昨日と同じぐらい。トライセラどころかAPOGEEにも間に合わなかったサマソニ2日目。この日も結局誰とも会えなかったんだけれど(連絡取っていた人とも)、誰かと会えるとしたらさほど多くの人が集まらなさそう(でも僕の知っている人は好きそう)なAPOGEEだったのかなと言う気がする。なのでやっぱ間に合わなかったのは残念。

昨日に引き続き今日もチケット無しなのでタダで見れるステージのみ。駅からの道もそんなにチケット譲って下さいな人が居なかったな。今日も暑い(朝は昨日よりはマシかなぁと思ったんだけれどね)。Beach StageでKahimi Karie、River Side Gardenで高田漣おおはた雄一を見る。カヒミは以前菊地成孔クインテット・ライヴ・ダブを見た時以来、2年ぶりぐらいおおはた雄一5月に見て以来です。カヒミ、MCでDCPRGの名前出してなかった?聞き間違いかなぁ。

昨日と比べると、意味無く?Beachへ流れる人が多かった気がするなぁ。皆そんなカヒミ見たいわけでもなかったように思えたのは、来てすぐ出て行っちゃっうから。思わず流れに乗ってしまったんだろうか。Sea Side Villageも昨日と比べると集まっている人がかなり多かったような気がするし、全体的に今日の方が昨日と比べて人の動きが多い気がした。マリン/メッセ間を移動する人数とか。今日の方がそういうお客さんを集め易いメンツだったってことかな。

おおはたさんがやっぱオリジナル曲は"南洋航路"のみ。メインは高田漣さん。二人でカヴァーとかもやってて、やっぱおおはたさんは良い声してんなぁと。MetallicaやらMotorheadのフレーズの弾き真似を度々していて「おおはたくんそういうの結構好きだよね」なんて高田漣さんに言われていた。途中(終わり近く)から前方の割と埋まっているスペースに来てシャボン玉吹いていた二人を見て、RIJFであったと聞いた「水鉄砲やシャボン玉は、やっている本人ほど周りは喜んでいません。」という注意書きを思い出した。この注意書き自体は僕もどうかと思うけれど(笑)、とは言え最初からそこに居て吹いているのならともかく、途中からあれだけ中で吹き出すのは、ちょっと違うかなとも思ったのだ。シャボン玉吹いてりゃピースフルってもんでもないし許されるもんじゃないのではないかなあと。

この後はもう一度マリン方面へ戻りBeach StageでThe Holloways。暑いから帰りたいかなとも思ってたんだけれど(笑)せっかく来たんだからもうちょい頑張ることにした。暑い中ロックなサウンドでタフな状況ではあったけれど、前方は盛り上がっていたなぁ。最近出てきたUKのバンドだったと記憶しているんだけれど、最後から2曲目の"Generator"って曲が今んところの代表曲なのかな。myspace。相当盛り上がっていたし、でもこれはかっこよかったし踊るにもってこいの曲だったと思う。前日の冷やしトマトも美味しかったけどきゅうりも美味しかった。皆食べている理由がわかったよ。普段こういう野菜もなかなか食べれんし…。

マリン近くのお店でドリンクを買った時に今マリンでやっているバンドは何かって聞かれたんだけれど、その時はThe Fratellisだったんだよね。なんか沢山人が入って行ってたってことだったんで、そんなに人気あるんだなって思った。でも僕は外で座りながらLegend Of Rockのステージを眺めて、メッセ経由で駅に戻り15時40分には海浜幕張を出ました。今日も駅までの道は「リストバンド買うよ?」って何度も言われた(笑)はー、本当に暑くて疲れた。でもやっぱ人と会えなかったのと、メッセの中で行動を出来なかったのは悔やまれます。あ、あと駅前でやってた大道芸の人はフジで見た人ではなかったか?

しかしまだ僕の中のサマソニは終わっていません。この時間に幕張を離れたのは、昨日Summer Sonicに出演したアーティストさんへのインタビューの為です。今回はフジの時よりも直前で決定したもので、レーベルさん経由。ライターさんへの依頼をする期間がなかった為、僕で良ければ受けますがなんて言って決まったんだけれど…一回やったとは言え僕も簡単に受け過ぎじゃないか?自由と責任は背中合わせで、自由に決めてしまうのはいいけれど、どこまで責任感あるの?等、向かう電車の中でも結構そんなことも考えていたし、不安でもあった。

当然やるからには覚悟は出来ていたし、資料も質問も用意して目を通して準備は頑張ってしたつもりだけど…でもこの準備の仕方が正しいのかがわかんないから(笑)元々大好きなアーティストで知識もそれなりにはあるつもりだったから受けたわけだし。まぁでも後ろ向きなことを考えたのはやる前よりも、やった後かな。やる前はもうやっぱやるしかなかったから。やった後に、こんなんでいいのかな、大丈夫だったのかな。ってすごく思ったんだよ。決して手応えは悪かったわけじゃないんだけれど…そもそも、結構大御所さんなので(笑)近年日本の大型野外フェスティバルでもヘッドライナーを飾っているバンドの方です。

場所が急遽渋谷の某一流ホテルに変更になり、そこのカフェにて遂行(この某タワーも何気に初めて来たなぁ)。ドリンクの桁が一桁違ってびびる。インタビューは30分程。前回よりは落ち着いて出来たと思うけれど、僕も特定のワードは出さなかったものの当然向こうは勘付くわけで、でもどんどん喋ってくれるので(笑)、僕も自分でやっといて冷や冷やしているところはありーの、レーベルさんも冷や冷やしているところはあったと思う。申し訳無いところです…(「でも彼はそこまで気にするような人間じゃないですから大丈夫ですよ。」とは通訳さん。)。

握手もしたし、タイミングがタイミングだったけれど良い表情を見せてくれていたから…だから手応えは悪くなかったと思うんだけれど、でも本当にびびるよ。普通インタビューするまでってどんな場数を踏むものなんだろう?国内の小さなとか、そこそこのバンドからやるようなものなんじゃないかなって思うんだけれど。なんでいきなりこんな洋楽の、しかも海外でもヘッドライナー級の(?)、2つのアーティストのインタビューをしてるんだろう(笑)しかも別に外国語が得意ではないわけだし。今日もThank you very much!としか言えなかったもんな…。Nice to meet youって言われて言葉が出てこなくて、宜しくお願いしますって言っちゃったもん。ひどい(笑)ほんと勉強しなきゃ駄目だ。明日教えてもらおう…。

振って頂くからには、こんなこときっと二度とないし僕にとって大きなチャンス・経験で財産になるのは間違いないから是非やりたいって思うんだけれど。本当に、いいのだろうか(笑)「許されるのだろうか?」にも近い感覚。前述した自由と責任は背中合わせ。進むスピードが速過ぎて、責任の重さまで頭が回っていない部分は少なからずあるし…逆に言えばそういう責任を考えちゃうと絶対受けられないから、覚悟持って割り切って、その為の準備をして臨んでいる部分もあるわけだけれど。でもさぁ、刺激になるって言っても、刺激的が強すぎるよ(笑)

そもそも…僕が無職だった頃に特に良く聴いていたバンドの方で(笑)、そのヘッドライナー飾った時ってのも僕は前の方で見ていたしさ。一体どれだけの運を使っているんだろう?どれだけ寿命が縮んでるんだろう(笑)ほんと、交通事故とかに遭わないように気を付けないと…。ここまでのことが出来たら、「思い残すことは何も無い」って言えてもおかしくないんだけれど…でも今は思い残すこと沢山あるから(笑)音楽はともかく、技術屋としてやり残していることが多過ぎるし、何よりこのまま新しい恋愛が出来ないままではね(笑)ボードウォークを誰かと手を繋いで歩くまでは死ねんよ(笑)とか言って多分来年も叶ってない気がする…。

スピードが速く感じるということは大抵足元がちゃんと見えていないということ。いつ転ぶか、いつ失敗するか本当に怖い。怖いと思えているから、慎重になれている部分もあるのだろうけれど。ま、深く考え過ぎる余裕も無いところが今なんだよね(笑)不安も生まれても新しい記憶にポンと弾かれたりしている。なるようにしかならない、って思っているから楽なんだけれど、でもやっぱ全部「良かれ悪かれ」なんだよね。少しずつ、良いものだと確信を持って動けるようにならないと。

まぁデフォルトで慎重で臆病な僕としては、ちょっとぐらい(←?)勢いで押されるのは良いんだと思うけど。押されてもすごい踏ん張ってストップ掛けようとしているというか、同じスピードで左右確認して更に手を上げているというか。怖い怖い言っている間は調子に乗って足元が見えなくなることもないかなと…。うん、でもほんといつしっぺ返しが来るか、怖いですよ。上げるだけ上がって、いつ落とされるか…。だって、厄年なんだから(笑)とりあえず今一番怖いのが、インタビューが上手くとれていなかったとか…そういうことかな(笑)

ほんとねえ。すぐにパチンと音がして弾けてしまう幻ぐらいのもんなんだろうから、まだ手が暖かいと感じられる為に怖いもの知らずで時代をはしゃぎ回っているのが今だと思う。どうせ歴史には価値の無い化石の一つになる程度だと思うんだけれど、でも君と出会えてよかったと思えたらいいなと思うし今は僕にとってはそんなことばかり。もう2度とはないので、だから飛び乗るし、もう2度と来ないので存分に進もうと思っている。不安でもあるしFUNでもあるみたいな、そういう…。

インタビューはそんな感じで…やる前よりやった後の方が色んな事考えまくった(笑)何が何に繋がるか、何がチャンスかって…本当にわかんない…。とは言え、英語も当然だけど知識も勉強不足や自分の浅さを痛感したし、何もかももっと一回りも二回りも大きくならなきゃ駄目だと。んー、また肩に力が入っているぞ(笑)でもほんと今は良い経験させてもらっているし、きっと財産になる。RSRよりジュビロ見る為にフクアリだね、なんて言ってる人間がさ…。

そういや、インタビューの待ち合わせ前にこのホテルのトイレへ行ったら、そこに(ジュビロの)西にすっごく似ている人が居て。背は…175よりは低く見えたけど。「西クラスならこんな良いホテルに居ても何ら不思議ではないけれど、でも昨日神戸だったしなぁ」なんて思ったりして…でも奥や福西、金沢辺りと仲良いはずだし、恋人も女優さんの娘さんで東京在住だとか週刊誌で報道されたんだっけ…?まぁ関東にはクラブも沢山あるし…居てもおかしくはないよなあ…とは思ったんだけれど…「ジュビロの西選手ですか?」…まさかね、そんなこと言えない。なので今之浦のABCに居たとかそういう目撃談があったらちょっとホッとします。

それにしてもレーベルの人は本当に休みなしのよう。こんな暑いのに朝は早くて夜は遅い、ほんと僕なんか楽なもんなんだと思う。なんだかんだで僕は楽しようとしていると思うし、もっと頑張らなきゃなーって思うよ。もっと頑張れるだろ。なんて言って肩に力を入れ過ぎないことなんだけど。まぁ、インタビューの後は暫く自分の中で余韻は冷めやらず…そしてサッカーの話に続く。そう、でもまだ僕のサマソニは終わっていないのですよ。これはまた後日、か?