メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

いつの日か立ち止まるのなら冒険家のように / いつまでもあきらめの悪い挑戦者のように / 進めmy foot / 道なき道を踵を 鳴らして












中山、ジュビロスタジアムでのラストダンスの日。今日もきっとスタッフとしてスタジアムに居たのであろう先輩からメールも来たけど、今週末は休日出勤。それもこれも来週の神戸行きのため。4日金曜、7日月曜の休みは承認を得た。果たして最終戦も中山を出場させるというような気の効いたことをしてくれるかはわからない。少なくともアウェーで最後見るのとホームで見るのとでは全く違うから…今日も行きたかったな…けれどやっぱ出てほしいし前田の得点王も掛かっている。今節エジミウソンが無得点だったことでほぼ手中だと思うけど…点取って決めてほしい。中山の前への姿勢を見れば見る程、今日タイトルにした歌詞の曲("MY FOOT")が、彼の為に鳴り響いている気がする。さてあとはその神戸遠征の時、神戸だけの観光にするべきか春の時みたくもうちょっと色んな街へ行くべきか、すごく迷い中…。

仕事しながらワンセグで優勝争いの試合は見た。ルーカスの退場とかはあったにしても、それでも鹿島は強かった。相手が勝ちに来て前に来たところを、一気に仕留めた。つい一ヶ月ちょっと前、なんでジュビロは鹿島に対してあんなに良い試合が出来たんだ?(笑)あの時のパフォーマンス続けていれば絶対もっと良い結果が続くのに…。仕事を終え、六本木へ行く前に恵比寿のFootnikで柏-大宮を見る。次の待ち合わせのため85分には店を出たのだけれど、良い試合だった。お互いのゴールともすごく良いゴール。日比谷線を降りたところで柏降格を知る。会社を出る前に柏サポの人と会話を交わしていたので、内心柏を応援していたんだけれどね。最終戦は行くって言ってたけど、そこまで望みを繋げず仕事で今日の試合を目の当たりに出来なかったのは悔しいだろうな。昨年、入替戦見れてよかった、僕は。

鹿島は最終節浦和戦。今日は京都に完封負けしているけれど、それでも今季ホーム最終戦でそもそものあの戦力で、そう簡単に負けてはくれないだろう。と言いつつそこを乗り越えてしまうのが今の鹿島の気もするし、割と粘れないのが今季の浦和な気もする…。川崎の相手は柏。降格が決まったクラブだけど、前節同じく降格の決まっていた大分相手にアウェーで負けてるんで、同じ轍を繰り返さないかどうか。鹿島が引分け以下なら得失点差では川崎が有利。引分けなら…でもまずは自分。また来週もワンセグで見たいなあと思うんだけれど、あんまりスタで試合を見ながらワンセグって見ていられない。結局目の前の試合に集中してしまうから。

その後六本木で、先週エレグラに一緒に行った友人の誕生日パーティー。二人居て二人ともに対して。サプライズの演出だったようで面白かった。先週幕張メッセを一緒に行動していた時にそのことをメールで知らされて、どうしようかと思ったけど(笑)上手くいってよかった。今年は定期的にこの仲間たちと遊ぶことが多かったので人と会わない週末はすごく減っているんだと思う。人と会っている週末が(それ以外にも)増えているのに、その割に今年は過ぎるのがすごく早くてあんまりよく憶えていないことが多い。…のはたぶんブログを止めてたからだ。確実に。最近なし崩し的に結局再開させちゃってるけど、でもまあ一時期止めていたおかげでテーマに縛りを持って書くことに違和感が無くなった気がするので良かったなと。音楽のこととか仕事や内面のこととか書き出すと止まんなかったからさ、以前は(笑)

高校卒業から今年の3月までは、朝ちゃんと起きる。ということを(仕事上とかで)しなければいけなかった時期って2005年の1年間ぐらいで。それ以外は割と朝とか適当で過ごしてきたから、今年の1年はほんとすっごく一般人・社会人としての時間の考え方が変わった1年だった(笑)それもあって寝る時間も早くなったりしたので、そういう意味でも変化の時期に(書き始めるとそれなりの時間を要する)ブログをやめてたのはよかった。だけどこうして1年過ぎて“書き残してなくてよく思い出せないこと”があったりすると、やっぱ書き残していきたい。と思いました。その中で音楽ネタを自粛ってのは立場上というかそういうのもあるけど、単純に音楽ネタ、特にライブの話書かないだけでも分量が全然変わってくるので、時間的な理由という意味でも効果は大きいなと。ほんとは忘れちゃうことだから書きたいけどね。

たとえばこの間考えていたこと。こういうこと考えて、書きたくなるからブログが長くなっちゃうんだなと思ったこと。“僕がネットでのコミュニケーションをあまりしたい方ではないからなあ。あまりにも高校生の頃にそれにハマり過ぎたり、仕事としてしか考えられないからだろうな、それって。人の気持ちを文字で動かせる、ということをメカニズムとして考えてしまうから、自分はもう動かされない。人とのコミュニケーションは会ってる時だけが良いよ。”みたいなことを考えて。“…ていうか、なんでこんなこと考えたんだっけ、僕。”と思って。直前にNIKKEI DESIGNを読んでいて、“デザインとコミュニケーションの在り方みたいな記事でも読んでいたのか…Webデザインが人の気持ちに語りかけることについての記事でも読んでいたんだっか…考えたけど両方とも違う。うわ、なんでだ。気持ち悪い。”

で、ふとその前に聴いていた曲を2、3曲戻してみた。それがenvyだった。「そっかあ!」ここで解決したのですが、これがまたまどろっこしい。envyを聴いて、「そういえば今度Johnny Foreignerがやるハコって、toeとenvyの対バンという素敵なライブはあったハコだ。あんなライブ見逃すなんて悔しかったな。」「って、toeもenyも東京でいつでも見れるじゃん。でも東京だとそんな積極的に見ようと思わないのに、浜松で良いライブがあると気になってしまう。ほんと地元でのことっていちいち思い入れが違うんだよなあ。」「以前“別に今のような会社での仕事が出来れば全然東京じゃなくて浜松に住みたい、と思っていたけど、今もそうかもな。」「いや、でもそれってやっぱ猫が生きていたからだっけなあ。今はいざ戻ってもそうでもないのかもな。」「思えば、今年あった悲しいことの中で、一番はやっぱ猫が死んだことだろうな。」「よくあの時、仕事後に予定もなく新幹線飛び乗れたよな。」「でもあの時、電話越しだとかメールだとか、そういう“言葉”で表現することで満足も出来なければそもそも恥ずかしいし。やっぱ会いに行く、って手段しかなかったんだよなあ。」……みたいなことを考えたところから、文字とか言葉のコミュニケーション。みたいなテーマに辿り着いたんだった。…ダメだな、ブログを変に復活させてしまうとこんな無駄なことも書き残したくなるのだ(笑)明日も仕事だ。寝なければ。

明日も追記予定。“後悔”について。音楽ネタ自粛自粛書いてるけど、でもやっぱ音楽の話しか出来ないんだよなー僕。って話をブログでつぶやきたい。