読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

ポール・マッカートニー @ 東京ドーム / the pillows @ SHIBUYA-AX / トロールの森 2013、菊地敦己展、森村泰昌展など最近見たアート展 など

11/18 ポール・マッカートニー Paul McCartney“OUT THERE JAPAN TOUR”@ 東京ドーム

ポール・マッカートニー@東京ドームへ行って来ました。10年前の来日公演は見ていないから、人生初のポールでありビートルズの人のライヴ。あまりビートルズのことをこのブログで書いたことないし、中高生時代の同級生以外とビートルズの話をしたことも無い気がするけど、まあ普通にビートルズは大好きです(そりゃあ、リアルタイマーと比べたらちゃちいもんだけど)。ここ1、2年ぐらいまたビートルズ熱の高まりがあって、その理由は――ここ1、2年よく通っている「俺流塩らーめん」のお店がずーーっとビートルズを流しているから(笑)結構通ってるから結構最近ビートルズ聴いてたんだよね、んで元々好きだからどれもつい口ずさみたくなっちゃう。

で、今回の来日公演。売り切れた後、「クソ席が安くなるんじゃないかなあ」と踏んでいた(ちなみに先日の福岡旅行の時、福岡の金券ショップではヤフオクドーム公演の良くない席が7〜8,000円で売っていた!)。けど結果会社の人が余りそうだと言うのでそれを譲ってもらったんだけど、それが大正解でした。全然値崩れしなかった。譲ってくれた席は1階2列目で、サイド寄りだったからステージの直線距離も近い良席。一瞬は痛い出費で、チケ代を色々なものに換算すると――ジュビロの試合5、6試合分。個サル11回分。銭湯40回分。俺流塩つけ麺22杯分。嵯峨谷のプレモル110杯分。毎朝飲む90円コーヒー半年分。とか思ってたけど、価値を思えば十分安い。

僕が行ったのは月曜日。オフィシャルにアップされている火曜日のセットリストはこれで、18日はアンコールが“Get Back”だった。18日に見て「もう一回見たい!」と思って19、21日のチケットも色々探したけど結果行くことはかなわなかった。火曜午前の時点では21日の注釈付き当日引換売ってたから後で買おうと思ってたのに、昼飯に出掛けた時点で売り切れてた!その判断の遅さが全てだった。木曜もYahooリアルタイム検索でずっと「ポール 当日券」で検索してその様子を眺めていた。無理かなと思いつつ会場まで行ったけど…開演時点で券種も無いのに長蛇の列だったのを見てさすがに無理だなと思って、音漏れに気持ちを切り替えた(音漏れ組、ものすごい多かった!)。

今日こそクソ席が金券ショップで安くならないかな、とも思っていたけど、それも無かったし(21日はゴソゴソ売り切れてた)、ライバルが僕なんかよりお金持っている人たちだもんなと思うと相手が悪い。まあ、今月金遣いすぎだったからそれがなくなってよかったと思うべきか…。今回の単独でほぼフジ1日券だもんなーって考えた時、(今回席アリで多少不自由だったから野外フェスで見たいなあと思ったけど、)「ポール呼びたいから1日券3万、3日券5万円にしていい?」て言われて受け入れられるか?僕は喜んで受け入れる!

…チケットのことばっか書いてるけどそろそろライヴの感想。ソロの曲も多少予習してたけど、でもやっぱビートルズナンバーの時の歓声と僕も同じだった。自分はスタンドの前の方で、且つドームは傾斜がゆるいから、僕が立ったら後ろの人も立たなければいけなくなる。周りが立ったら僕も立とうと思っていたけど、周りが立たないから僕もずっと座ってみていたんだけど。東京ドームでコンサートを見るのは初めてじゃないけど――ポールみたいな洋楽ビッグネームでは初めてだったから、どういう盛り上がりになるのかよくわからなくて。ミスチルみたく大合唱や全員手拍子みたくなるのかなと思っていたけど(笑)、逆に全くそういうことなかった。歓声は上がるんだけど曲中は静か。ビートルズ初来日の頃はそういう楽しみ方だった――とか親が言っていたかな、そういえばジョン・レノンスーパーライヴもこういう感じだったかな。

しっかしポールはとにかくかっこいい。やっべえ、あのヘフナー弾いてるよ。演奏も堂々、声もむっちゃくっちゃ出ている。あれで71!?しかも70にしてなお政治的メッセージを幾つも挟んでくる。何の曲か忘れたけど、スリーマイルを初めとする原発の画を使った映像を流していたり(でもそれがカラフルに彩られていく、って演出。震災の年のミスチルの“Everything is made from a dream”の時の映像みたい…といって適切かわかんないけど)、“BACK IN THE U.S.S.R.”の時だったか、“FREE PUSSY RIOT”ってメッセージが流れたり、フクシマに対しての言及もあった。この人は「サー」なんだけど、この年にしてなおロックンローラーなんだなあと。すげえ。

“BAND ON THE RUN”もすっげえかっこよかったし、“LIVE AND LET DIE”の時の特効もボッカンボッカンすごかったし(全公演ともあんなでかかったのかな?ポールが怖がってたのも演出?ちなみに木曜外から見てても、屋根までオレンジ色に染まってた!)、ビートルズナンバーは無論どれもすばらしく、ジョージに捧げた“Something”も、僕やっぱサージェント・ペパーズ好きなんで“LOVELY RITA”や“Mr.Kite”も、アンコールの“Get Back”や“Helter Sketler”も、へルターの前にやったイエスタデイや…その後のポールの演技も(笑)、最後の“GOLDEN SLUMBERS〜CARRY THAT WEIGHT〜THE END”のメドレーも……本当にどれもこれも素晴らしかった!本当に最高のライヴだった!

終わってみれば約3時間、40曲近い曲数をテンポよく、ドームの5万人を越える観客をだらけさせることなく届けたポール。本当は終盤は立ち上がって踊りたい曲も跳ねたい曲もあったから、そこだけちょっと消化不良だったけど。最後はオネムのポーズなんかとったり、不思議なポーズが多い人だけどそれがまたかっこいい。「SEE YOU NEXT TIME!」なんて、ほんとだな?って期待するぞ。本当にまだその時があるのなら、また見たい!!!そもそも親がビートルズ好きで。今はスピッツ好きだからライヴ一緒に行ったりフェス連れていってあげたけど、今回はさすがに気が回らなかった。もし次があるのなら親を連れていきたいなあ。(やはり見渡したら親子で来ている人多かったし、そもそも会社の人もそうだったから。)でも若い人も多くて、本当に幅広い客層、やっぱすげえなあって思った。きっと多くのミュージシャンがポールのライヴを見たと思うけど、相当な気合入っただろうなあ。

ちなみに今回の公演は携帯では写真撮影可能だった(というより制限するのが現実的に不可能だったから「フラッシュはやめてね」というのにとどめた、というのが正しかったのかもだけど)。ので、中の写真。あと“Hey Jude”の大合唱の時に客席が映ったとき、アルディージャのユニの夫婦が居たのを僕は見逃さなかった。Jリーグポール支部!あ、あと場外で売ってたサイリウムは青と赤だけだったのに、会場見渡したら緑、ピンク、黄色、紫もところどころで光っていた。うん、完全にあのグループですね…。

11/16 the pillows “LOSTMAN GO TO CITY”@ SHIBUYA-AX

the pillowsSHIBUYA-AXを見ました。ピロウズを見るのは先月のEASTでのイベント以来。今回もチケットを直前にお譲りいただいて見に行った。珍しく開場と同時に会場に行く状況だったのもあるし、ジュビロ降格から一週間ってタイミングでもあったし――なんとなく今回は前へ行こうと思った。名古屋で久々に前へ行って楽しかったのもあるけど。でも東京で前へ行ったのは本当に久々で、整理番号が無茶苦茶良くて開場から行かざるを得なかった人気バンドMとの対バンGとの対バン以来じゃないかと。

ところで、この日の正午に発表されたトリビュートアルバムも非常に楽しみで。面子も選曲も良い。どれも楽しみなんだけど、“ノンフィクション”って意外な選曲をしたのがカランコロンていう、これまた合いそうで楽しみ。ツアー初日に発表ってことはこの中から何曲かやるのかなと思って、そうだったのもあるしそうじゃなかったのもあるし(定番曲もあるしそりゃそうか)。2004年のトリビュート発売後、東阪では15周年ワンマンやったけど、その間の日程で名古屋ではピロウズテナーエルレって対バンをやってた。あれって売り切れてたのかな?でも当時の僕は同日程のジュビロを優先してヤマスタに行ったんでした。確か柏戦、名波がボレーでドライヴシュート決めてたっけ。

さて、LOSTMAN GO TO CITYツアーだから基本的にマニアックな選曲なんだろうと期待していたけど、5年前の入替戦後のLOSTMANツアー以来?と思い出す曲が多くて(境遇的なものもあり)、俺得なセトリで前で跳ねて楽しかった!以後、折り畳んでいるアンド文字を白くするので読む人は反転させてください。あ、あとこないだのEASTでサンガのタオマフが居たのに触発されて、水色いタオマフをして。

まずセトリは別サイトに載ってたこちら

トリビュートからやるかなと思っていたけどいきなり“WHITE ASH”!そしてアルバムの流れで“NO SELF CONTROL”!ここからシンナーズ、ハッピーズーと完全に前に来て良かった流れ。“ウィノナ”も今年の僕には響くよ?前述の2008年の時も似たようなこと書いてるけどな。“RUSH”は僕の中では跳ねる曲なんだけどあんまり周りの反応がよくなかった印象。それ以降の“Crazy Sunshine”だったり“Wake up, Frenzy!”だったりアンコールの“Blues Drive Monster”だったり。“LITTLE BUSTERS”〜“HAPPY BIVOUAC”は多分人生で最も影響を受け易い時期の一つである15〜6の頃に出た作品の曲だから。やっぱ楽しいっていうか完全に俺得(時期的には“Sleepy Head”もそう。これは割とライヴでやってるからそんな新鮮さはないけど)。ただでもこの日一番僕の中で「うおおお!」って思ったのは、“モールタウンプリズナー”。これほんとやるの2008年のLOSTMANツアー以来じゃない?で、正にあの年の入替戦に向かう時の自分的テーマソングだったので――まあ今回はもう落ちてるんだけど――それでもJ2だからって、逃げるなんて出来るはずないだろう、ってね。ハイブリは降格が決まったこのタイミングでやられたら泣きそうと思ってたけど、全然そんなことなく冷静に見られた。まあ定番曲だから。

てな感じで大変楽しかったです。また前行きたいな。ファイナルのZepp Tokyoのチケットも探して、行けたらいいな…と。ライヴ後は飲みに行きつつ代表戦。やっぱ柿谷より大迫の方が前田に近いのかな?て思う。日本代表に求められる1トップに合うというか。山口蛍がフルで使われて且つ長谷部、遠藤とも活きたことは大きい。勿体無い先制点やロッベンさすがの2点目の時にはどうなるかと思ったけど、良い試合だった!あと天皇杯は3回戦で負けてるガンバや浦和、磐田含めて、ここ10年ぐらいのチャンピオンが多く負けているので今後の組み合わせが面白そうだなー。2000年以降のチャンピオンで残ってるのってもうあと東京だけ?

最近見たアート展

トロールの森 2013“森の幸福論” @ 善福寺公園




毎年やってるけど2年に1回ぐらい見に来ている(昨年行かなかったから一昨年ぶり)。最も身近な野外アート展。こじんまりとしてるけど、面白いのです。

菊地敦己展“Creation Is Free. Production Needs Fee.”@ クリエイションギャラリーG8

青森県立美術館のADでもある方の展示。そういえば青森県立美術館行った時もちょうど関連展という形で個展やってたなあ。この時。面白かった。

森村泰昌展“ベラスケス頌:侍女たちは夜に甦る”@ 資生堂ギャラリー


今回の森村展も面白かったー!原美術館の展示も行きたいなあ。

その他に見たもの






先週末全然予定合う近場の個サルがなくて、どーしよっかなーと思ってたけどそろそろフットサルじゃなくマラソンの練習しなきゃまずいよなと思って、土、月、で今週水曜は個サルと、それなりに走ってジュビロマラソンへ向けた調整を。これぐらいのペースなら疲れとか痛みとか残らず身体が慣れたかな…?てことで今週末はジュビロマラソン!