メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

the pillows @ Zepp Tokyo / ASIAN KUNG-FU GENERATION・ストレイテナー @ 新木場STUDIO COAST とか

12/12 ASIAN KUNG-FU GENERATION / ストレイテナー / ART-SCHOOL新木場STUDIO COAST

アジカンテナー、アートという豪華な対バンの“STUDIO COASTクリスマスライブ”@新木場コーストを見ました。最初は行く予定じゃなかったけど、金券ショップでなぜか定価以下どころかすごい安くなっていたので(でも一応チケットはソールドアウトしてたみたいです)。仕事終わってから行ったのでアートは見れず。以下、テナーアジカンも詳しいライヴレポはこれが非常に分かりやすかったです。

2番手はテナー。僕、フェス除くとテナーはコーストでしか見たことない気がする。ピロウズ、バースデイとやった時、デスキャブの前座、そして今日。2階で見ていたのだけれど、1曲目の“ROCKSTEADY”から前の方はモッシュ状態。同年代のバンドが集まるのって、ファン層が近いからいいんだろうな。中盤の“VANISH”“A SONG RUNS THROUGH WORLD”でまた盛り上がって、ラストは“Melodic Storm”。

ラストはアジカン。見るのはスタジアムライヴ以来。“新世紀のラヴソング”からスタート、3-4曲目に“ソラニン”〜“君という花”という大人気曲が来るセットリスト。なんか豪華。クリスマスライブだから?そういえば「決まってみたら“クリスマスライブ”だった」「そぐわないけどいいの?」というテナーのシンペイ、ホリエのMCを思い出した。その後も比較的新しいシングル“踵で愛を打ち鳴らせ”“今を生きて”そしてやっぱり大人気曲“リライト”に最後は“新しい世界”、アンコールで“遥か彼方”という豪華なセットリストでした。

それぞれのMCは先の詳しいライヴレポを参考にされたしなのだけど、ゴッチがポールのライヴを見たことを引き合いに出して「世界最高齢で『消してー!』って叫んでギネスブック載る」のくだりは、なんていうかやっぱ皆ポール見て結構刺激を受けたんだろうなあ、と思った1コマだった。あとアジカンのサポートキーボードがthe chef cooks meのシモリョーになっていた。シェフ、すんごい好きだった時期があったのです。数年前ジュビロのアウェーで新潟行った時にちょうどライヴがあって(この時)、その頃は結構メンバーが出たり入ったりしていた時期だったけど、今また前向きに活動しているというのは嬉しい。

12/14 the pillows “LOSTMAN GO TO CITY TOUR 2013”FINAL @ Zepp Tokyo

土壇場でチケット譲って頂いて、the pillows“LOSTMAN GO TO CITY”ツアーファイナル@Zepp Tokyoへ。このツアーを見るのはSHIBUYA-AX公演に次いで2度目。渋谷とほぼ同じ俺得なセトリ、ライヴ前にフットサル行ってたので体力的に迷ったけど、結局今回も前で沢山跳ねた。で、前回はセトリを書いていないので以下。

01. WHITE ASH
02. NO SELF CONTROL
03. ROCK'N'ROLL SINNERS
04. Hello,Welcome to Bubbletown's Happy Zoo
05. Mr.Droopy
06. 都会のアリス
07. ウィノナ
08. Last Holiday
09. RUSH
10. 新曲
11. FUN FUN FUN OK!
12. Skim Heaven
13. Crazy Sunshine
14. ハッピー・バースデー
15. クオ−タ− 莫逆の友
16. Wake Up,Frenzy!
17. Sleepy Head
18. モールタウンプリズナ
19. POISON ROCK'N'ROLL
20. Ready Steady Go!
アンコール1
21.Blues Drive Monster
22.WAITTING AT THE BUSSTOP
アンコール2
23.ハイブリッド レインボウ

前回のライヴの時にも書いているんですが、やっぱ僕は(ロストマン〜)バスターズ〜ランナーズハイ〜ハピビバが青春なんだなあと。それは序盤の“WHITE ASH”“NO SELF CONTROL”“HAPPY ZOO”然り、中盤の“RUSH”“Crazy Sunshine”然り、終盤の“Wake Up, Frenzy!”“Blues Drive Monster”然り。三十路になっても10代の時と同じく“Crazy Sunshine”で跳ねているとは思わなんだ。それ以外では“モールタウンプリズナー”が入替戦の年以来だと思うし、大好きな曲なので、最高だったなあ。後ろに居た男子が、サビの英詞をほぼ完璧に歌っているのに、“Penalty Life!”の部分だけ、“にゃにゃにゃにゃ〜にゃ!”ってなってて、「え、なんでそこだけ!?」と面白かった。

つーことでやっぱピロウズは僕の青春です。それは↑で見たライヴで、アジカンテナーやアートに青春を奪われた人たちのように、僕にとってはそれがこのバンドだ。30歳になって、こうしてまた前に行くようになるとは思わなかったけど、なんとなく、まだ純粋にロックが好きだって思えるとしたら、こういうところなのかな。前に行くようになってさあ、ピロウズのライヴって元々年齢層も幅広いし男女もバランスよくいるんだけど、ああ前ってこんなに男ばっかなんだなって思って(笑)そして僕よりも年齢上だろうって人も全然居るし。でもきっと皆同じような感じでピロウズ聴いてるんだろうな。次は――年末は見れないしロフトは諦めてるので、また次のツアー待ち遠しい。

それ以外のこと

土曜ライヴ前にフットサル。早稲田と雑司が谷の中間ぐらい、目白台て場所に初めて行ったんだけど、迷ってたら庭園が!地図で見ると行きたいと思ってた椿山荘もすぐ近くだし他にも庭園と思われる池が幾つか。次回は散歩しつつ行きたい!


てことで以上で久々の更新終わり。