メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

the pillows / UNISON SQUARE GARDEN @ Zepp DiverCity(TOKYO)

the pillows presents “Shoegazer speaker in swanky street”』the pillows×UNISON SQUARE GARDENZepp DiverCity(TOKYO)へ行きました。すんごい久々のゼップ。昨年はお台場来なかったかも…いつ以来だろ?と思ったけどブログによるとこの時以来約2年ぶり!どうりで東京テレポートからダイバーシティへ向かうまでの道に既視感がなかったわけだ…!

UNISON SQUARE GARDEN

まず先行はユニゾン。インディーで最初に出した『流星前夜』から聴いているバンドだけど、ライブで(裏とかじゃなく)フロアから見たのって実は初めてかも…!行った小さなサーキットイベントやフェスに出てても実は見たことがなかった…。セットリストがこんな感じ。勿論ピロウズのカバーの“Fool on the planet”は「おおっ」と思ったけど、それがなくても無茶苦茶良かった…。キラーチューンだらけで抜群にかっこよくってビックリした。色んな魅力があるにしても演奏がかっくいいわー。オリオンはなぞらなかったけど“桜のあと”“シュガーソング〜”みたいなヒット曲(?)も聴けて楽しかった。

「田淵がさわおさんに“ピロウズ大好きな割にピロウズの影響を感じる曲がない”と言われていることを気にして、今回出来た(だけど影響というかパクりじゃないか…と不安でさわおに許可を取ったw)新曲」と紹介された“RUNNERS HIGH Reprise”は――GRAPEVINEの“1&MORE”って僕は当時矢野顕子さんの原曲を知らなかったので普通に真新しい曲として聴いたんだけど。知っている人は最初はこんな風な気持ちになったのかな?と、この曲を聴きながら思った(笑)歌詞もPlease Mr.Lostman、Back seat dogっぽいフレーズが混ざってて(笑)、「10曲ぐらいを1曲に詰め込んだ」てなこと言ってたけどそれなのかなと(笑)

しかしその「詰め込み」というのが、ユニゾンの場合それ以外の普通のオリジナル曲も「やりたいこと」を3曲分・5曲分を1曲にグッと詰め込まれている感じ。だからリズムも演奏も手数が多くて面白い。ストイック。アニソン好きな友人が以前「田淵は界隈では神」的な話をしてて、へーと思ってたけど、実際曲も良いし彼の運動量も多くて楽しかった。ステージであれだけ動かれるとフロアも盛り上がる他ない。中山が前線から走り回るから中盤がサボれない、いつぞやのジュビロみたい。

ところで“シュガーソングとビターステップ”ってようつべでの再生回数も凄いしカラオケランキングで同年代の歌った曲でも実は上位に入っている。んだけど実際歌うと同世代は知らない人の方が多い。どこで聴かれてるんだろう?不思議な曲だな〜。

the pillows

そして後攻ピロウズ。人生で一番観てるバンド・ピロウズ昨年の6月以来…と結構久々。ピロウズもこの日がライブ初め。2曲目のあんなにかっこよくて大好きな“Ritalin 202”――すら、ユニゾンの後だと物足りなく聴こえる…(笑)それぐらいユニゾン良かった。ユニゾンが現代のサッカー選手だとしたら、シンちゃんは昭和のプロ野球選手のような感じかも…(笑)実際年代はそうだけど。

この日のピロウズのセットリストはこんな感じ。「この持ち時間だったら大体12曲ぐらいかな?と話していたところに、田淵から20曲リクエストが来た」。これはLOSTMAN GO TO CITYツアーかね?田淵のリクエストがただのコアなファン過ぎる(笑)「ピロウズも予習しなきゃ…」と事前に思ってくれたユニゾンファンが居たとしても序盤は殆ど動画サイトにな無い曲ばかりだったんじゃ…。ピロウズファンからしたら「いいぞもっとやれ」感。“Happy Bivouac”以上に“Walkin on the Spiralとか超久々に聴いた気がする!

しかしマニアックな曲の中でも選曲からにじみ出る世代感。田淵って同年代ぐらいか?と思ったら年齢は2個下。なんかもう“Happy Bivouac”や“日々のうた”を高校時代に聴いている情景が浮かびすぎて参る(笑)自分たちのファンがついてこれなかったとしてもw、好きなバンドがセトリで応えてくれるなんてこれ以上ファン冥利に尽きることはそうそう無いよなー。そしてアンコールでは田淵をベースに迎えて“Ride on shooting star”と“RUNNERS HIGH"。ダブルアンコールで“ハイブリッドレインボウ”。ハイブリッドレインボウ、10年前に「あの曲出てからもう10年ってすごい」って言ってたけど、もう20年か…(遠い目)

ところでライドンの時、近くで見てた欧米人が「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」って感じで発狂してたのが良かった。そして動画を撮り始めていた――んだけど、もしこの為に来日してたとしたら…と思うと止められないよねー。訪日客が増えてる中で、J-POP目的で来日してる人が少なからず居ると思うと(この日のライブ、欧米の方が何組か居た!ピロウズもユニゾンもアニソンと縁深いというのもあるのかな)、ライブの撮影については再考してもよいのでは――と少し思った。解禁には高い壁があるのは理解しつつ。もしくはもっと日本のバンドが海外のフェスに呼ばれるきっかけが出来ればいいんだけどね。

そんな感じで感想長くなったけど良い夜でした!昨年全然ライヴへ行かなかった反動か、この日でもう今年のライヴ4本目。ユニゾンを見て「今年はまた若いバンドのライブも見たいなー(ユニゾンは言う程若いバンドではないけど)、アラバキとかひたちなかとか行きたいな」と思っていたらちょうどアラバキ譲ってもらえることになった。3年ぶりのアラバキも楽しみ!