メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

FC東京-ジュビロ磐田 @ 味の素スタジアム


試合の話の前に前回までの東京話の続き。忙しくて忘れていたけどもう2ヶ月で部屋の更新の時期。鉄筋でもないしアパートだし駅から遠いけど、それなりに広いし別にうるさいわけじゃないし駅までの道も嫌いじゃないしむしろ良い運動になるし(未だ入ったことないけど)ジブリ近いしアパートに住み着いている猫とも仲良しだし、はっきり言って不満が無い。すなわち引っ越す理由が無い。そりゃもうちょい駅から近くなると嬉しいし鉄筋の方が地震で揺れないと思うけど、引越しの面倒臭さを考えればやっぱりこのままで良いやと思う。結婚とかそういう理由で引っ越す姉や妹を見習いたいけど…、そういう理由でも無い限りこの部屋には不満が無い。

さてはてそもそもなんで東京に5年も居られると思わなかったかと言うと、東京へ出てくる時の覚悟を思い出すと、“どうせ自分のような職種(システム系)なんて働き詰めになって平日遊びなんて出来ないし、どうせ浜松でも週末は一人でサッカー見に行くか一人で名古屋とかにライブ見に行くかなんだし、それならサッカーやライブの選択肢が多い東京でも楽しめるや”なんてそんなもんだった。東京で連絡を取れる人が、二人や三人は居たけど、基本的には“どうせ週末はひとりだ”みたいな変な割切りがあったからすんなり東京に来れたと言える気がする。そんな孤独に沿った考え方だから、そんな生活が3年も5年も続くとは思っていなかったのですね。

でも来た頃を思い出すと未だに彼女が出来ていないとは思いもしなかったにせよ(笑)、ライブに関しては“どうせ一人だ”って頃とは程遠くなってきていて、まあ一人で行くことは未だに多いにしても、東京で見に行くライブは絶対大概誰か知っている人が居る、みたいな状況になっている気がする(会えるかとか、見つけて声を掛けるか、掛けられるかとかは別だけど)。しかし。肝心のジュビロに関してはどうだろう?この4年間で一体何試合見たことかわからないけど、人と見たことが一体何回あったことか…。なので結局ジュビロのこと書きたいなあって思うとブログに書くしかない。隣に「ハチ初先発大丈夫かな?」なんて言う相手が居ればこんなこともないのに。サッカーだけのブログをどっかで始めたかったんだけど結局忙しかったりで準備すんのが面倒になって何も出来なかったので、書かせてください。

さて3ヶ月ぶりジュビロです。今年はまだ7戦2分5敗。勝ち試合を見ていません。でも春先と違って先週も快勝しているし、前田とイグノが二人で得点ランク上位に居るし、期待しないわけがない。去年とも違う。20連勤目の会社を抜け出して、いざ味スタ!しかし先週も思ったけど、味スタのお客さんが減っている。ジュビサポは去年からのことなので、これはFC東京のこと。先週も“このカードならもっと入ってもいいのに”ってすーごく思ったから。日本代表の盛り下がりの影響なのか、Jリーグの魅力が下がっているのか、景気で娯楽を渋られているのか、単純にFC東京のプロモーションやイメージ戦略が上手くいっていない(?)せいなのか…。自民民主じゃないけど“ヴェルディが嫌だから”FC東京にした、という人は少なくなかった。ヴェルディ瀕死の今、そんな人たちにとってのFC東京の魅力って何なんだろう。

んで試合です。春先(ましてや去年)に比べれば確かに良くなってきている。ボールは繋げるようになってきている、けど、ゲームを組み立てるというところまでは至っていない。パスを繋いでは居ても前への決定的なチャンスメイクなんてものは一切無い。山本康裕や上田が居ればもうちょい違うんだろうけどなー、前へのパスやスペースを突くパスが無いよね、それこそ先日中村憲剛みたいな選手見たばかりだから余計に感じるけど。あとドリブルで勝負出来る選手が居ない。前半に関してはイグノしか仕掛けるシーンが殆ど無かった。ボールを受けたらゴールへ向かう、という意識ではなく、まずパスする味方を探す、というか…なんでゴールに向かってドリブルせずに、パスする相手に向かってドリブルをするのだろう…。それに別に前半10分までにシュート打っちゃいけない決まりなんてないんだぞ?(笑)

まあでも去年なんてほんと繋げなかったし組立てられなかったから、パサー二人欠いてこれというのは相当マシになってきていることではあるんだけど、でもそれにしてもドリブル出来る選手が居ねえなあ…村井もドリブルはするんだけど、そのままクロスって殆どない、殆ど切り返して、そしてゴールラインを割る(笑)なんだよそれー。アーリークロスも無いし。ジェフ時代に村井のアーリー⇒ダイレクトでマルキって形でズバっと決められた記憶が強烈に残っているんだけど…(笑)そして同じくあの頃は西もドリブラーって感じだったのに、二人とも前にスペースあってもゴールへ向かって仕掛ける、ということは全くと言っていい程なかった。FC東京が羨ましいよ。鈴木達也、石川、長友、平山ですら仕掛ける意識があるもん。ほんとジュビロで怖いのって前田とイグノだけだ。この二人がスペシャルなだけで勝ち点拾ってる。

まあそうは言っても相当マシにはなっていて。前半は案外パス回せたなあ、と。中盤でパスミスしてピンチになるシーンが前半からちらほらあって、だから無理に繋ごうとする意味は無いと思いつつも、でもマシにはなってきているなぁっていう。後半、西を替えて松浦。僕には松浦が入ってようやく“ゴールに向かった組み立て”が出来る選手が入ったように感じたけど、どうだろう。後半10分過ぎからはFC東京もエンジンが掛かる。最初の決定的チャンスはジュビロ。前田のどフリーのシュートはポストに嫌われる。そこから程無くして、FC東京は石川の先制点。この先制点は中盤でのパスミスから。やーっぱり…って感じ。今日もこのまま負けか…。

そんな風に思った直後、CKの混戦から前田がゴール!!!今年追いついた得点って観戦した試合では初めて見た気がする!?決めるべき人が決めてくれると嬉しいね、ほんと。そして更に同じく駒野のCKから、イグノがどんぴしゃで合わせて勝ち越し!!!うわー、逆転なんて見るのいつ以来だ!?(笑)少なくともこの1年間は無かった。そして1試合に2得点した試合も今年初めて見る!あんなセットプレーで期待出来なかったジュビロがCKから2得点なんて信じられん。前田、イグノ様様。その後、兎に角相性の悪い赤嶺が入ってくるも、羽生と石川が下がってくれて、決してペースも悪くなく、このまま勝てるんじゃないか…そんな気持ちに。

しかしそうは問屋が卸してくれない。というか2点目も結局自分たちの中盤でのくだらないクリアミスからだったと思うんだけれど、長友に決められ2-2。せっかくボランチを入れ替えたのに、明らかにジュビロは80分過ぎから足が止まってしまった。しかしその中でも船谷が入った辺りからはカウンターのようなシーンが幾つかあったんだけど…ロスタイムの松浦のカウンターのシーン、人数は一緒だったのに前田は松浦へのラストパスを選択し、これが長くなりGK。決勝点はここから生まれた。GKから相手陣内に攻め込んだFC東京、左からのクロスにマークを外しフリーとなり、キーパーの逆をつく見事なヘディングを決めたのは、24番………赤嶺………。

もうどんだけジュビロはこの選手に相性悪いのか。相性悪い以前に誰だよマーク外したのって話ではあるんだけど、でもこの20分は赤嶺をちゃんとケア出来ていたんだよ。ほんとこのシーンだけ。このシーンで決めちゃう赤嶺。ロスタイムももう相当過ぎていたんだし、前田もあんなパス狙わなくてもよかったんじゃないかなーとか、ていうか自身でもっと勝負するかタメてもいいんじゃないかなーとか、とか色々思うんだけど、でもそれでもなんか“赤嶺にやられるのが決まっていた”かのように、赤嶺にやられてしまった。最近久々によく聴いている"真昼の月"という曲に、“偶然じゃないよこれは魔法〜♪”という歌詞があるんですが、そんな感じ…。

もうそれまでの90分間の、前田石川の得点王対決!とか、前田イグノの日韓2トップ!とか、案外競り勝てない平山!とか、八田よくやってる!とか、もう全てをかき消す赤嶺の一撃。脱力です。はあ。そうして結局今日も勝利は見れず…これで今年8戦2分6敗…。心が折れそうです。懲りずに来週も日立台行くけれどさ…。一回断念したけどやっぱ赤嶺獲らなきゃこの呪縛からは解けられない気がします(笑)まあそれ抜きにすれば、やっぱ終盤足が止まってしまった。3失点は決してGKの影響ではなく、チームとしての守備力。八田は良かった。パントの軌道や精度もすごく良いし、上出来かと。前線(前田イグノ)はめちゃめちゃよく追っているだけに、やっぱ後ろなんだよな〜…。失点数リーグワースト何位なんだろ?向こうにカボレが居て、FC東京に相性悪い川口が居たら、もう2失点ぐらいしてた気がする(笑)

うーん、でもやっぱカボレが居ないFC東京に3失点は…へぼいよなあ…まあそりゃ山形に2試合で9失点しているクラブだから仕方無いのか…。後ろがもっとちゃんとすれば、前田とイグノを2トップとして擁すれば普通に上位争い出来るクラブだと思うのだけれど…。康裕と上田が戻ってきたらそれはだいぶ大きいけれど、でもきっともう一声欲しいんだろうな、本当は。西も村井も以前はもうちょっと怖い選手だったと思うんだけれど…。来週の柏は残留争い中ではあるけど、菅沼にも相性悪いからな〜うちは…(笑)今節出てないみたいだけど、ポポとかが戻ってきたら普通にやられる気がする。ちなみに調べたら失点はワースト1位でした。納得…。しかし。得点がリーグでトップ3だったことに驚きですよ。いつのまにそんなにとってたんだ。前田、イグノ効果おそるべし。ジウシーニョの怪我がなきゃなあ…。

しかし今日は負けこそしたけど、1年前の味スタでの観戦記を読み返すと、面白い。腹括った、みたいなこと書いてて(笑)あの頃と比べると本当に今は気が楽。ゆるゆる。とは言っても来週もし柏に負けたら入替戦圏内とはまだ勝ち点差5しか無いので、決してセーフティリードとは言えないんだけれど。昨年もヴェルディなんかは比較的余裕があった気がするし。そんなことを思って改めて昨年の入替戦の第二戦のロスタイムの映像とかをYouTubeで見直すと、今でもものすごくしびれるもの。あのゴールが無人だったシーンは本当に生死の境目だったなあ…。入替戦の頃の日記も面白い。なんだかんだであの状況を楽しんではいたよなあ、僕は。だからと言って繰り返したくはないので、来週はちゃんと勝ってセーフティな状況に近付いてほしいところです。しかし当時はよくもまあこんな長い日記を書いていたもんだ…。