メッセージ・ソング?

ジュビロ(Jリーグ)とか、野外フェスとかアートとか。

九州旅行その2。肥薩線で人吉を越える / 日向市・妙国寺庭園と細島の古い町並み

九州旅行2日目。朝6時起床で熊本を6時52分に出る。こんな早起きなのは目的地に早く移動したい気持ちもあったけど、吉松での乗換待ちをなるべく短くしたかったため。起きれなかったら水前寺成趣園でも行こうと思ってたけど。次は豊肥本線も乗りたいし、(今回は乗換だけだった)八代もレンタサイクルで走りたいし(松浜軒も行きたいし)、秋の熊本のアウェーはやっぱ来たいな。なお上の写真は西沢立衛さん設計の熊本駅前。明るい時間に撮りたかった!

肥薩線~人吉を自転車で巡る~吉都線


今回の旅行でどうしてもルートから外したくなかったのが、肥薩線の人吉~吉松の山越え。ただ鹿児島へローカル線で行くだけなら「おれんじ鉄道」の方が良いし、今回使ったフリーきっぷならそっちも乗れるんだけど、まず見たい景色が肥薩線だった。八代から人吉行きがすでに「いさぶろう・しんぺい号」だったのでテンション上がる。渓谷をうねうねしていく景色は、正に今回の旅で見たかった風景。人吉では1時間ぐらい乗換に時間があるけど、逆にレンタサイクルでさくっと回るには良い時間。国宝の青井阿蘇神社人吉城跡を回る。(逆にもう少し時間あれば温泉入りたかった)






そして人吉から1日5往復の吉松行き。スイッチバックループ線などで山を越え、途中には日本三大車窓のうちの一つがあった――んだけど、この日はとにかくもやがすごく、ぜーんぜん見えなかった。残念。同乗していた社員旅行風のおじさま方はアテンダントさんにぶつくさ言っていた(笑)本数が少ない分、観光列車として設定されていて、駅でゆっくり停車してくれたりしたのは今回のような車窓をゆっくり眺めたい旅では面白かったし、あととにかく空気が良かった!大畑駅には僕も名刺を貼ってきた。(結構東京のメディアの人も貼ってあって面白かった!)



吉都線昨年も乗っている…からってわけじゃないけど少しうとうとした。そして都城~宮崎までの景色は昨年夜だったから見えてなかったからほぼ初見で…「県庁所在地同士を結ぶ路線なのに、こんな山の中通るんだ!?」と思う景色が続いて、面白かった。宮崎で少し乗換時間があったのち、日豊本線で日向市へ。

日向市・妙国寺庭園と細島の古い町並み




日向市駅の設計は内藤廣さん。かっこいい。今これ書きながら写真を見直して、なんとなく旭川駅に似てるな…と思って検索したら、旭川駅内藤廣さんだった。駅前にトトロの電飾があったのは、日向市に土々呂という地名(駅)があるからのようで。事前に調べてあったレンタサイクルをして(18時までと遅いのがありがたい!結果17時前には戻したけど)、細島港のほうへ。細島の古い町並みを自転車で走る。

そして宮崎県では唯一の名勝庭園、妙国寺庭園へ。前日のエントリで参考にあげたURLの先では「酷評されていた」というような一文もあったんだけど、十分楽しめました。少しポリバケツ邪魔だけど…。




oniwa.garden
宮崎に戻って、街中をうろうろしてこの日は終了。A-net系のお店とマリメッコのお店が立ち並ぶ僕好みのエリアがあった。翌日の旅行記に続きます。